FC2ブログ

Entries

ハリルホジッチ氏解任

たしか最初から「厳しく自分の戦術を徹底させるタイプの監督」だと知っていて起用したような気がするんですが、なぜ今になって「コミュニケーション不足」とか言い出したのかよく分かりません。ただ私は直ちにサッカー協会を批判するほど彼らのことをよく知らないので、セルジオさんのように「総辞職すべきだ」とは書けません。

まあ、誰が考えてもワールドカップまであと2カ月になってからの監督解任は遅すぎますよね。親善試合の結果で判断するのならば去年の10月にニュージーランドに辛勝、ハイチにギリギリ引き分けという惨状があったわけで、ブラジル、ベルギーに歯が立たなかった時点で解任しておくべきでした。

ブラジル、ベルギーは強いからしょうがなかった、としたとして、国内組で韓国に大敗した12月で解任することもできたはずです。そこならまだワールドカップまで半年弱あり、新監督の戦術をマリ、ウクライナ相手に試す機会があったわけです。もし変えないより変えたほうがよかったとして、遅きに失するとはこのことです。

西野さんが新監督だそうです。実績はある人ですが「代表監督の準備」をしていたはずもなく、彼が肩書き以上の名将だったとしても2カ月弱で戦術を代表に浸透させなければならないというのはかなりの難事です。結局、選手たちが各々やりやすいサッカーをやって、無様な結果に終わる可能性のほうが高いように思います。

ポーランドもコロンビアも私でも知っているようなワールドクラスのストライカーを擁し、(或いは高くはないかもしれないが)優勝の可能性がある強豪です。一段落ちるような気がするセネガルだって欧州主要リーグの選手を揃え上位進出の有力候補と言われています。どこも「日本には絶対勝たないと」と考えているに違いありません。

全部のチームと全力で正面から戦って全部敗北というのも清々しくていいのかもしれませんが、負けるために行くわけじゃないのだとすればそれでは困ります。日本のほうが弱いのは確実なので、相手の強みを消し弱みをさらけ出させるような執拗で狡猾な戦術が必要でしょう。それをほぼ最終合宿だけでやれという、なかなかの無茶振りです。

もしこれで予選リーグを突破するようなことがあれば「奇跡の名将西野再び」「ハリル解任大正解」ということになります。自国の代表が負けるのを見るのは忍びないので、なんとかそんなかんじの「奇跡」を手繰り寄せてくれたら嬉しいです。セルジオが「もっと早く監督を変えていれば優勝が狙えた」ぐらい書いてくれたら、結果オーライです。

とりあえず変な時期にこんな東の果ての国にやってきて監督をやってくれたハリルホジッチ氏には感謝しておくべきでしょうか。サッカー界では電撃解任はよくあることとはいえ、直前でワールドカップ出場監督の座がナシになったのはお気の毒です。今までお疲れさまでした。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3334-25d72b00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索