Entries

岡田病多少発症するも反撃を抑えカープ辛勝  S4-C5

この3連戦はストライクゾーンがいい加減なシリーズだったので投手の好調不調は参考記録のようなものでしょう。全体としてはカープ投手陣のほうが多少有利な結果になったと思われます。最後の打席で青木選手が怒っていましたけど、怒りたくなるのも分かる判定でした。

岡田投手の突発性四球連発症候群、いわゆる岡田病は今日も兆候がありました。無駄な四球の走者二人をしっかり還されて2失点ですから世話が無いとはこのことです。スワローズにもう一枚駒があればやられていたかもしれません。今年のスワローズが侮りがたいというのが最初のカードでよく分かりました。

田中選手の本塁憤死はバレンティン選手の好守備というより、いちかばちかの暴走です。バレンティン選手の守備にかける集中力が今年は一味違うのかもしれませんが、今まで当ることのほうが多かった超積極的走塁が今期は外れ気味です。サードコーチが変わったことで精度が鈍ったと言われないよう、確実に決めていきたいプレーです。

圧倒的な強さはまだありませんし、ミスも多く反省する点の多い神宮遠征になりました。それでも2勝できたのはカープの地力の強さです。明日からはホームでベイスターズ戦です。あちらはまだうまくいっていない感じなので、今のうちに叩いておきたい相手です。勝ちましょう。

最後に、登録抹消になった頭部死球の川端選手が一日も早く元気に一軍復帰できることを願います。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3332-2f961f5b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索