FC2ブログ

Entries

高橋昂也5失点K.O. 今季全勝優勝が消滅 S8-C5

酷い負け試合でしたが、カープの未来を担う高橋昂也投手とアドゥワ誠投手のデビュー戦として記念すべき日になりました。今日の経験と反省を次に生かしてくれれば問題ありません。

点差以上に内容は大差でした。四球に暴投では守備のしようがありません。打線も三振祭りで、同点に追いついた回以外はロクな攻撃ができませんでした。折角のチャンスを貰った美間選手も、守備では存在感を見せたものの攻撃は3三振に沈みました。

悔やまれるのは、中村選手のタイムリーツーベースに松山選手が追いついていたのに落球したことです。あれを捕っていたら犠飛にはなったものの1失点で走者なしとなり、まだまだ分からない流れでした。フェンス際とはいえ足が止まっていたので、捕って欲しかった打球です。

高橋投手的に致命傷になったのはその後の山田選手への四球でしょう。あそこで勝負しきれていればまだなんとかなったかもしれません。逃げたわけではないにしろ、やはり「山田だ、抑えなきゃ」という気持ちが無駄なリキミを生んだものと思います。ああなってしまえば、もはやバレンティン選手のホームランは打たれるべくして打たれたものでした。

後続の投球もイマイチでしたけど、対照的にスワローズの秋吉~石山~カラシティーというリリーフ陣は見事でした。後ろがこの3投手で回ったならば今季のスワローズは侮るべからざるチームになりますね。バレンティン選手も真面目に守備走塁をしていますし、監督コーチが変わったことがいい方向に出ているのかもしれません。

明日は問題の岡田投手です。「岡田病」克服がなったのかが問われる試合になります。本来の力を出せれば負ける試合ではありません。勝ちたいですね。

ところで、今季急に誰もかれもが制球を乱しているのは「ボールが変わったから」という説があります。実際にどれくらい変わったのかは我々素人には分かりませんが、ボール変更で制球ができないというのをシーズン開幕後まで引きずっているのであれば由々しき問題です。対応している選手もいるわけで、なんとかしないといけません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3330-a5cb1d1c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索