FC2ブログ

Entries

野党がまた離合集散か

なんでも民進・大塚代表が希望と合流して新党をつくりたいという構想を出したそうです。これはこれで、内閣支持率が思うように下がらず倒閣が絶望的な局面を見ればありうる選択肢ではあります。しかし当然そんな思い付きのような合流には反対する勢力があるわけで、少人数なのに内部分裂しているという末期症状が更に加速しているようです。

世論調査によれば立民の支持率が上昇しているということで立民を含めた合流新党という声もあるそうですが、これは立民の枝野さんが拒否して終了でした。当り前です。枝野さんはコイツラ戦えない集団と袂を分かって折角自分の政党を建てたというのに、なぜ今更一緒になる目があると思ったのか、理解に苦しみます。

だいたい大同団結して巨大野党に、という(そんなことはあり得ないが)ことにでもなったら、枝野氏の序列はかなり下のほうになってしまうでしょう。折角鶏口となって、しかもその鶏に成長の兆しがあるというのに、なぜ牛後とならなければならないのでしょうか。立民巻き込み案を出した人は自分の利益しか考えていない、少なくとも立民・枝野の利益は考えていません。

まあしかし、枝野立民も国民の役に立っているわけでもなく、馬鹿な雄鶏よろしく時宜をわきまえずに四六時中コケコケ鳴き喚いているので、いずれ鶏肉にされてしまうでしょう。枝野さんの頭の構造はおかしいと思いますけど、上手く立ち回って泡沫野党の第一党になった手腕と決断は見事でしたし、一瞬でも総理の夢を見られたなら幸せな人生だと思いますよ。

今急に合流を、というのは前回準備不足で解散を打たれて惨敗したことの反動でしょうかね。取りうる手段が「合流」しかないのは惨めですね。本来の野党は政策で政権与党と争い、あるべき最善の政策へと与党案を修正してゆくのが仕事なんですが、彼らは仕事をしないので仕事による支持率上昇効果がありません。だから合わさるしかないんですね。

商業的なM&Aでも、ただ買収合併するだけではなかなか上手くいきません。合併がwinwinになる条件が整わなければダメですし、あるいはスクラップ&ビルドが必要だったり血の入れ替えが必要だったり、甘い考えではリスクのほうが大きかったりします。野党各党も自党の商品価値が何なのかを明確にしないと、合併しても共倒れで死ぬだけです。

共倒れたければ倒れればいいんですが、彼らを信頼して票を投じた人もいるわけで、それらの人に対する責任感があるならばただただ無為に死んでゆく選択肢はありません。しっかり真面目に仕事をし、「反アベ」以外の政党の意思をはっきり表明することが最低限必要です。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3320-9752633a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索