FC2ブログ

Entries

札幌市長「札幌ドームでセ・リーグの試合を!是非!」の件

根拠は「北海道日本ハムファイターズが来る前はそれで黒字だった」というものらしいです。何ヶ所か関連記事を見たところ、以前は年間およそ20試合程度が行われていたとのことでした。

ファイターズが出て行く経緯で札幌市長以下の無能は周知のとおりですが、この発言からは更なる無能無責任が溢れ出しています。もはや擁護する点がありません。

まずフランチャイズ権の問題があって市側が主導的に誘致することができません。仮にセ・リーグの試合であっても目と鼻の先の新球場でファイターズが試合している日には開催を許すはずがなく、必然的にビジターでどこかへ遠征している日に限られます。日程的な制約が大きいハコを無能役人が効率的に運営できるはずがありません。

以前は北海道の英雄・若松氏と関連の深いスワローズや、北海道でも人気が高かったジャイアンツの試合に多くの観客が詰めかけたそうです。しかし、ファイターズ移転後にはその勢力図が大きく変わりました。もちろん全員が宗旨替えしたわけではないでしょうが、現在はファイターズファンが非常に増えたという調査結果が出ています。

以前の「詰めかけた」は、他に公式戦が開催されていないからということがあったでしょう。地方の球場でたまに開催される試合は常にそういう状態です。しかし、現在はファイターズ戦が恒常的に開催されているわけですから、特定球団を目当てに行く人を除いて「是が非でも行かなきゃ」という熱を生むことは無いでしょう。

セ球団だって北海道のファンを開拓しにという色気と、確実に満員になるだろうという経営予測が無ければ、わざわざ北海道まで足を運ぶメリットがありません。更に言えば、ファイターズがいない日なら新しくて恐らく賃料が安く、空港からも近い北広島新球場が使えるかもしれないのです。

何のメリットもない札幌ドーム開催を市が誘致しようというなら、当然以前より条件面で譲歩しなければなりません。それも大幅に。余程強力なコネでもあれば別ですが、旨味が無ければそれも長くは続きません。すなわち、市長がいう「セ・リーグの試合を誘致」が実現したところで以前のような収益を見込むことはできないのです。

出来ないことを出来るように言うのは詐欺を働こうとしているわけで、この市長は単に無能なだけでなく有権者からの信頼を裏切ることを何とも思っていないというのがこの発言から分かります。札幌のような巨大な市ですらそんな人が当選するわけですから、日本中を探せばこういうのはいくらでもいるでしょうね。悲しいです。

北広島新球場でのカープ戦ならば現実味があります。あそこはカープファンが多いことで知られている旧広島人の土地ですからね。地元からの誘致もあれば商機にもなるでしょうし、当然の選択です。それは間違いなくあるでしょう。その時に弱いチームになっていたら盛り上がりに欠けるので、そうならないよう頑張りましょう。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3316-481abdf5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索