FC2ブログ

Entries

カープは死んだふりだったのか? C6-D2

オープン戦ではレギュラー打線が本来得意とする3打席目以降が無く、1~2打席で若手と交代していたのでそのままずるずる負ける試合が多かったですね。やはりシーズンが始まれば昔取った杵柄じゃないですけど、本来の野球に近いものが出せていると思います。

昨日に引き続き戦闘の大島選手をほぼ完璧に抑えたことが勝因でしょう。京田選手にはやられているので、一二番が繋がったら厄介です。明日以降のドラゴンズ戦もそこがキーになるでしょう。

明日からはオープン戦、練習試合等であまり内容が芳しくない先発陣が次々登場します。勝敗はともかく早々にノックアウトされる試合が増えるとリリーフ陣にしわ寄せが来ます。多少の失点ならば取り返す打線を信じてグイグイ攻撃的に投げて欲しいです。1点もやらないという投球より負けない投球が必要です。

よく「死んだふり」と言われますが、今年のカープはレギュラーがほぼ確定している「成熟した」状態なので、オープン戦では個々のタスクを達成することに比重があります。采配的にも勝ちに固執することはしていないのが見て取れました。投手も制球がままならない幾人かを除けば普段あまりやらない組立を試したりしていました。

オープン戦で意図的に負けていたわけはありませんし、仮にそうだったとしてシーズン開幕して急に勝てるようになる理由にはなりません。相手があることですから、別に「死んだふり」をしたわけではなくしっかり準備が出来たということです。明日も勝っていいスタートダッシュにしたいものです。

ドラゴンズのジー投手はなかなかの好投手でしたが、カープが苦手なタイプではなさそうです。カープキラーが出やすいドラゴンズなので新加入選手には警戒しなければなりません。今日ホームランを放った福田選手や好調の京田選手あたりは危ないですね。新カープキラーを育成しないようしっかり抑えていきましょう。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3315-982df8f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索