Entries

国会で流石におかしいことが起きてしまった悲劇

ネット上では陳さんの愛称(?)でおなじみの立民・福山氏が、総理に向かって「総理、いったいこれ(森友問題)、いつまでやってんですか」と言ったというまとめ記事があり、馬鹿の野党でも流石にそこまで酷いことは言わないんじゃないか、大袈裟なんじゃないかと思って動画を見たら・・・言ってましたね・・・。

どう考えても脳に障害があるんじゃないかというような発言ですが、実際に脳の障碍に苦しんでいる人に失礼なのでこういう書き方はいけませんね。シンプルに頭がおかしいのか、思想がねじ曲がりすぎて出てくる言葉が理解不能になってしまったのか、どちらかでしょう。

何の証拠もなく、現在もまた何も出てきていないことを、「いやいやそんな筈はないんだ!」と言い続けて長引かせてきたのは主にコイツらの党です。実体のない「疑惑」で国政を惑わせるというのは江戸時代ならばお家取り潰し級の大犯罪なんですが、今の日本は優しい国になりました。陳さんなんかは言わば家老ですから切腹は免れなかったものですよ。

疑惑を晴らし真実を追求するのはもちろん重要なことです。ですが、それは事態を打開する程度の確たる証拠が出て来てからやることであって、とりあえずで始めることではありません。「議員」は議することが仕事で、主題と関係ないことで騒ぐのはしつけのなっていない子供がやることです。仕事をしないならお辞めになるべきでしょう。

今も昔も野党がやらなければならないのは、もし政権が道を誤ったときにそれに対抗する政策を打ち出すことです。いつまでも役に立ちそうな政策を出さないので、政権支持率が下がってもその分の支持が野党に来ないのです。党のポスターに「反アベ」以外のコピーを書けないような党に何の価値があるのか、私には分かりません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3309-51a12a09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索