Entries

今季から導入の「リクエスト」意味なしの可能性

まあ、審判団は我々の見ているテレビ中継用映像と違う何かを見ているのかもしれませんから「誤審だ」「誤審だ」とは言いたくないのですが、中継映像ではまずアウトに見える丸選手のホームインが認められ、明らかにアウトの福田選手の一塁ゴロがセーフになり、どちらも「判定覆らず」というものでした。

メヒア選手と野村選手のお見合いはお粗末なプレーだったので、まあセーフにされても自業自得と言うべきものでしたが、ナイスプレーを帳消しにされたかもしれないホークスの甲斐選手には気の毒な結果になりました。オープン戦で公式記録にならないのがまだ救いでしょうか。

恐らく「どちらともいえない、判定を覆すほどではない」という判断で最初の判定のままだということなのでしょう。審判さんも公平にやろうという気持ちはあるんでしょうが、所詮審判団が見直すだけだと最も近くで見ていた審判員の判定が先入観となってしまうのは仕方ありません。

一度主観が形成されると、短時間で客観性を持つのは難しいことです。そこに今までの野球の常識「判定は覆らない」という意識もどこかにあるでしょうし、積極的に判定を覆す気持ちなどあろうはずがありません。今季のこの制度は「やらないよりまし」程度のものだと思うしかないですね。

やはり審判ではない独立した判定チームがいるMLBの水準になるにはお金も時間もまだまだかかりそうです。もちろんMLBのそれが完璧だと主張するわけではありませんが、審判団が自分たちで誤審を認めることになる今季のシステムは明らかに矛盾しています。

このままではリプレイ判定の申し子・田中広輔選手が被る誤審被害がまた増えてしまいそうです。緒方監督のストレスメーターもヤバそうです。もちろん被害はカープにとどまらないでしょうから、また意見書の山が審判部へ届くことになるでしょうね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3305-743ce4e7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索