Entries

高橋大樹、小窪哲也二軍へ

この時期に二軍へ行くということは、アクシデントでもなければ開幕一軍はありませんよ、という意味でしょう。

ヒロキくんの打席を見ましたが、内容でも結果でも明らかに下水流選手、堂林選手よりも劣っていたし、いかにも二軍選手、という感じの打ち取られ方でした。ただ、打撃は調子ということがあるので、シーズン中のどこかで一軍に上がって来る可能性は高いと思います。去年より一軍との差は縮まっているように見えました。

小窪選手も打ち取られ方が良くなく、甘く入った球をファウルして打てない球を空振りしていました。今のところ西川選手や美間選手のほうが優先度は高いでしょうし、ユーティリティ性で勝る上本選手を脅かすには打つしかないのが小窪選手です。今のままだと選手としての寿命はあとわずかという感じです。

シーズンは長いので、レギュラー陣だけで戦えるはずはありません。怪我や不調は付き物です。二軍が充実していれば小さな怪我でもすぐに入れ替えて戦うことができ、結果的に長期離脱を防ぐことが出来ます。一軍昇格のチャンスが多ければレギュラーを掴む可能性も高まります。いいことしかありません。

今回残った下水流選手や堂林選手も内容が悪ければ次に落ちるかもしれず、安泰ということはありません。もし不調でも流石に「タナキクマル」は落とさないだろうと思いますけど、今のところ彼らも打撃はそんなに良くないので、絶対的なレギュラーとして試合に出続けられるかは今後の調子にかかってきます。

高橋大樹選手も小窪選手も、これで終わるわけではありませんから、捲土重来、再び一軍に上がってくることを期待します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/3294-6ebc48e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索