Entries

国難の時代が来るかもというのに 特定野党は呑気だね

米大統領は方針「大転換」と言いながら、支持率が低く予断を許さないわけです。
露大統領はこちらに期待させておいて旨味だけ吸い取っていき、油断ならないわけです。
北の将軍サマは暗殺問題にミサイル発射と、米朝外交への失望を実力でどうにかしようとする可能性が見えるわけです。
南の告げ口コウモリおばさんはあんなことになり、政権空白状態なわけです。

隣国が問題だらけなのに、いつまでもブーメランをブンブン振りまわして国会を空転させようとするのは、まさに「国賊」という名称がしっくりくる振舞いです。問題があるなら「追及」に時間を費やすのではなくさっさとケリを付けるのが彼らの仕事でしょう。

「招致」が「喚問」になってなぜ不都合なのか意味が分かりません。蓮舫さん。お前ら解決するつもりないだろ。

もし会期中に北の将軍サマが南へ侵攻したらなんて言いますかね。「信頼できない総理に防衛の指揮を執らせるわけにはいかない」とか言いそうです。バカですからね。南北再戦は現実的には難しいでしょうけど、「ありえない」と高を括るのが一番危険だというのが歴史の教訓です。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://isejyuman.blog43.fc2.com/tb.php/2903-02f96977
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索