Entries

ベイスターズ先発ローテは

ニッカンスポーツによると
 井納投手     >三嶋投手 > 砂田投手 の順が有力だそうです。
こちらは
 ジョンソン投手  >福井投手 > までは決まりでしょう。
三戦目には九里投手ではなく大瀬良投手だという説もあります。なんか先週の三人より厳しい感じになっていますが、絶望的な相手というわけではありません。特に三戦目の谷間で勝つといい感じになります。勝ちましょう。
スポンサーサイト

今日も危く逆転しそうな勢いだった件

結果論&イフでいえば、8回の代打・松山選手が三振だったところでもし繋いでいたらそのまま逆転していたのではなかろうかというところです。そして最終回にあと1枚松山選手並みの左打者がいたら、とも思いましたが、鈴木誠也選手、エルドレッド選手に代打はないでしょうし、最後も今日二塁打2本の会澤選手ですからそのまま行かせたでしょう。

ビッグイニングで一気に1-7になった時点で負け試合覚悟なので、追いつけなかったことは仕方ありません。むしろその後の追加点を許さなかったこと、追いつきそうになったことを評価するべきですね。今の勢いなら追いつけば追い越したでしょう。

満塁で薮田投手はリスキーな賭けで、しかも見事に裏目に出ました。球の強さと最近の調子に期待したということでしょう。他に誰が投げるんだということもあります。九里投手を先に出したところで制球力はそんなに大差ありません。今後の糧になれば意味のある満塁被弾だったといえるようになるでしょう。そうならなければいけません。

火曜からは3連勝で勢いづくベイスターズ戦です。ちょっとあちらの情報は分かりませんが、今週通りだとすると井納投手、久保投手、ぺトリック投手かもしれず、優勝するほどのチームであれば3連勝したいところです。優勝マジック13というのは勝っていれば結構あっという間です。最後はあっけなく優勝したいものです。

カープ打線 終盤にやっと本気を出す説

時期的に夏休み最後の2~3日にようやく宿題に着手する子供を連想しました。その程度はあるあるですね。徹夜で最終日に賭けるなんていうケースもありますしね。

やらないヤツは問題外です。義務教育とは何かを義務教育のうちに学ばず大人になると思われ、ロクなことになりません。サボったり手を抜いたり(とそのリスク)は大人になってからいやっちゅうほど存分に経験できるので、義務は果たしましょう。

書いているうちにカープは勝ちました。明日からはもっと楽に勝てるといいね。

親まで連座しろと主張するのは文明人にあらず

有名人の犯罪ということでまだニュースはもちきりです。結構聞こえてくるのが「親の責任は?」という声です。まあ、家族だから無関係だとはいい難いにしろ、「同罪だ」とか「むしろ親が悪い」みたいなのは時代錯誤の的外れです。

当たり前ですが、犯罪者の親族が連座する制度は、少なくとも現代日本にはありません。民事訴訟なんかでは支払い能力の関係で当事者になることがあるそうですけど、刑事罰が波及することはありません。犯罪の幇助とか教唆という、別の犯罪に手を染めていたら別ですが。

念のため調べたら公職選挙法にだけ連座制があるそうです。そういえば聞いたことがありました。まあこれは妥当な法だと思います。しかし、これにしても「親族だから」という理由ではありません。

高畑淳子さんの話に戻りますが、テレビから排除するべきだ、のような意見は典型的な「加害者の親族いじめ」です。『親子でのテレビ出演』『家族のエピソードや子育て論を語る』『シングルマザーキャラで話をする』のようなことが出来ないという制裁を既に受けているわけで、被害者側の人がいうならともかく第三者が過剰な「加害者の親族いじめ」を主張するのはいただけません。

私は特に高畑さんのファンというわけではありません。そもそもあまりドラマを見ないのでそんなに詳しく存じ上げません。大河ドラマは好演だと思いますが、普段からそうなのか、あれが特にいい演技なのかすら分かりません。なので別に「いい女優だから」とかいう意味ではありません。

繰り返しますが、当事者でもない人が「親族にも責任がある、だから徹底的にいじめるべきだ」と言うのはどうかしているとしか思えません。頭が悪いのか性格が悪いのか、それとも両方悪いのか、そういう人に見えます。これが通用するのは「私は関係ない」とか「たいした犯罪じゃない」のようなことを言ってしまうトンデモ親族が出てきたときだけです。

今重要なのは高畑淳子さんを排除することではありません。これを主張するコメンテーター(などの人)はおかしいということだけ押さえて欲しいです。どのみち人気商売なのだから、視聴者からの需要が無くなればテレビからは消えます。観覧者からの需要が無くなれば舞台からも消えるでしょう。それを決めるのは視聴者と観覧者です。

自分に置き換えて、成人した子供がもしレイプ犯罪で捕まったなんてことになった場合、あのように振る舞えるかと考えると自信がありません。立派だというのは言葉が違うかもしれませんが、自分にできることをしっかりやった印象です。そんなに追い打ちをかけられるような酷い会見じゃなかったと思いますがね。

今日は天敵・八木投手

「八木を打って完全優勝」というのも興味がそそられる展開ですが、この期に及べば『勝てばいい』のほうが重要です。そもそも何を持って完全優勝と呼ぶのか定義が定かではありません。

せっかくジャイアンツに勝ち越したのですから、このまま終わりまで緩めずに突っ走りましょう。勝てそうな試合は確実に、負けそうな試合も出来るだけ勝ちましょう。

芸能人の性犯罪

誰とは言いませんけど(みんな知ってるでしょうから)、仮に罪を償ったところで、ドラマに出ていたら「あいつ強姦魔なのにこんな役やってんだ」と思ってしまうだろうし、バラエティに出ていても「さすがに強姦してたやつでは笑えないや」と思ってしまうでしょう。テレビや映画に出る芸能人としては死んだも同然です。

別に芸能人では無くても、もし私が同じことをしたとしたら職を失う可能性は極めて高く、家族にも縁を切られるでしょう。親くらいは口をきいてくれるかもしれませんけど。賠償金もあるでしょうし、同じ生活を送れるはずはありません。

性的欲求というものは本能に起因するので、満たしたいというのはおかしいことではありません。しかし、時と場合、相手によって抑制するのが法治国家に生きる人間です。「つい我慢できなくて」みたいなコメントが出てくるということは、単に「反省した」では社会復帰できません。特に性犯罪は再犯率が高いといいます。

お母さんが出演中の大河ドラマにも出演予定だったそうですし、スケジュール的にもう撮影していたのかもしれません。典型的な「これから」という時期にこういう犯罪に走る意味が全く分かりません。たぶん本人以外は分かりません。分からないので「常習じゃないの?」「今まではもみ消せてたんじゃないの?」という邪推があっても仕方ないと思います。

非常に不快な犯罪のニュースでした。彼に限らず、性犯罪者が間違っても再犯に及ばないよう、今後の法の改正を含め厳しく管理して欲しいです。

集中打で菅野を撃破! 優勝マジック20点灯!  G3-C7

仕事から帰って来たら9回表石原選手の打席で4点差を付けていました。程なく中崎投手が上がったので、恐らく8回に得点したんだろう、中崎投手は準備していたのでそのまま出したのだろう、と思って見ていました。

試合終了後、録画を初回から見ています。とりあえず最低ラインの1勝を挙げ、マジックも点きました。仮にジャイアンツがこの先無敗だったとしても、自力で20勝すれば優勝です。26試合あるので6つも負けられますね。もちろん全勝するつもりで戦うでしょうが、どうしても負けてしまう試合もあります。6つくらいは仕方ありません。

詳しいことは調べていないので分かりませんが、恐らくマジック対象チームはジャイアンツなので、明日勝てば二つ減るでしょう。九里亜蓮という投手は相手が良ければ良いほど力投するタイプなので、十分期待できます。直接対決で2勝すればジャイアンツファンもだいぶトーンダウンするでしょう。勝ちましょう。

再三のチャンスを全て逃し最後はサヨナラ負け  G1-C0

東京ドームで何度も見た光景です。このところ残塁が多くて攻撃があまり機能していなかったのでこんなこともあるかなとは思っていました。終わったことは仕方がないので、明日また勝ちましょう。ジョンソン投手の投球は見事でしたね。次に期待しましょう。

ここへ来て緒方称賛の声が高まる 金本批判も高まる

率いているチームの勝敗は結構差が付きました。去年は「5年もコーチやってこれか、早くクビにしろ」というような声がよく聞かれた緒方監督も最近は名将ではないかとまで言われるようになりました。流石に掌を返し過ぎですが、去年はリキみまくって全部自分でやろうとしていたことを、周囲の有能コーチに任せられるようになりました。

実際問題緒方監督が去年と変わった点はそこだけだと私は見ています。それを「有能」と評するならそうなんでしょうし、たいしたことないという見方もあるでしょう。結果としてチームがこの時期に貯金25で首位独走という結果を出しているので、いずれにせよ去年の「無能監督、はよやめろ」という汚名は返上したといっていいでしょう。

他球団のことなのでよくは分かりませんが、金本監督もちょうど去年の緒方監督のような悪評を得ているようです。解説者時代も「知らない」「見ていないから分からない」ばかりで精神論好き、言葉足らず、しかも苦言を呈すのが大好きな人でしたから、チームが負け出せばそうなることは目に見えていました。

彼にしてみれば今年は「監督勉強の年」です。球団側も初年度は最下位でもいいとした、という記事も出ていました。そりゃプロですから訊かれれば「目標は優勝」というでしょうけど、今年は来年以降使う選手のセレクションという意味が強いでしょう。自分勝手にやっているようにも見えるでしょうけど、その通りなのでそこを批判しても変わることはありません。

そもそも金本さんが何の指導経験も無く名将になると本当に思っていた人がいるんでしょうか。なりそうもない可能性なら解説者としての言葉の端々にぷんぷん漂っていました。今季の苦闘を経て、来年どうなるかが彼の真価になるでしょう。焦ってはいけません。

今季の緒方監督が勝っているときも負けているときも、いい意味でも悪い意味でも一貫していた(もっといえば去年からも野球のやり方自体はそんなに変わっていない)のと同様、恐らく金本監督も「自分のやり方」というものがあるのだろうと思います。もし修正するにしても来季でしょう。

今季のチャレンジが実を結んで高山選手、原口選手、北條選手らがレギュラーに定着し、鳥谷選手が復活、福留選手が最後の輝きを見せるようなシーズンが来年あるいは再来年やってきたなら十分に優勝の可能性はあります。それが「超変革」でしょう。

批判するなとはいいませんが、もし「やめろ」とまで言うつもりなら、来季大躍進したときに掌を返さないで欲しいですね。返すしかないとしても「見る目が無かった、申し訳ない」と書き添えるのが礼儀というものです。まあ、むしろそうなってほしい、謝らせて欲しいと内心思うのがファンなんだろうと私は思います。どうでしょうか。

とりあえずPS4は見送り

ネット記事を色々読んだら今の品薄は既に予想されていた「計画的な」品薄だそうです。噂では9/7に新型PS4の発表があるらしいということで、VRの絡みを考えてもクリスマス商戦までに発売する可能性が高いと私は予測します。

で、現状ですぐ遊びたいゲームがあるわけではなし、アトリエシリーズも初回特典にこだわったりもしないので、今焦って現行品の残りを買わずにPS4neo(仮)の動向を見てからにします。

問題は「新型が高い上に要らない機能しかないが、市場に新型しかない」という事態になる可能性があることです。まあそのときはそのときで。ちなみに私は多少スペック厨気味なおじさんなので、仮にゲームに対してオーバースペックだったとしても性能差に見合う価格だったら盛ってくれても許容する傾向があります。

できれば税込み4万円台まででお願いします。

台風の影響で隣の入間市が避難準備

おおざっぱにいうと、入間は山の端っこ、川越は平地の入り口、狭山はその間になります。入間市の北西部はなかなかの山で、自転車では生活しづらかろうという感じです。ヤバそうなのはあの辺りから入間川・霞川の両岸じゃないでしょうかね。

うちも入間市寄りの狭山市なのでもしかしたら避難準備の警報が出る可能性があります。今日は野球が無いので台風が行くまでの一時的な避難なら別にどうってことありませんが、家が壊れたりするのは困ります。幸い今のところ裏の小川が氾濫するような感じはありません。

近くで災害が出るのも喜ばしいことではないので、なんとか軽微な損害(軽いものがちょっと飛ばされるとか)に収まることを願います。もちろん遠くならいいというわけではありませんよ。

アトリエシリーズ最新作を予約したい

追記を表示

今日も守備の差 スワローズに3連勝で首位固めだ!  C3-S0

解説の達川さんはたぶん関係者にだいぶ絞られたんでしょう、今日の序盤は殊勝な感じを出していました。「谷繁解任」のあたりからかなり機嫌が悪い日があったので、たぶん達川さん的には面白くない出来事だったのでしょう。私も義憤のようなものを感じました。谷繁監督に途中解任されるような落ち度が何かありますかね。

それはさておき、山中投手の好投に苦しみながらも予定通りカープは勝ちました。絶対的存在だった山田選手や、カープ戦に強い川端選手・雄平選手、きっちり仕事をする畠山選手らがいないというのはそういうことです。怪我人ばかりは仕方ありませんが、いい選手が試合に出られないのは残念です。

打線のほうは以前のように「どこからでも点が取れる」とは行きません。それでも相手より1点多ければ勝てるのが野球ですから、そこを目指して行きましょう。今日でジャイアンツと8ゲーム差なので、確率論的には次で3連敗しても恐らく優勝するでしょう。でも、2位に大きく負け越して優勝とは情けないので、ここでしっかり3つ勝って終戦ムードにしましょう。

艦これ E-3にハマり今日ようやく攻略

E-1 クリア E-2 クリア 前段作戦攻略
仕事があるので休み休みですが徐々にやってました。E-1、E-2はすんなり行ったのですが、E-3がなかなか上手くいかず、攻略記事を見て編成を変えたら余計に上手くいかず、結局自分なりに(仕事中に)丸1日考えた編成・装備にしたらなんとかなりました。いわゆるラスダン状態から8度目でボス艦隊を撃滅しS勝利、攻略できました。
E-3 クリアAquilaさん 攻略の報酬のタイミングでAquilaさんが出ていたのでこの時点ではドロップ艦だとは思わず。ボスS勝利は最終戦を含めても2度しかなかったのでラッキーでした。

追記を表示

タイムリーなしのどさくさ2点でカープ完封勝ち!  C2-S0

小さな大エース・秋田の星・石川投手からなかなかタイムリーヒットが打てませんでしたけど、チャンスに打てないなら打てないなりにこうやって勝つんだという試合でした。昨日と変わらずミスの多かったスワローズと、致命的なミスをしなかったカープの差だといってもいいでしょう。レギュラーを何人も欠くチームは厳しいですね。

久しぶりに黒田投手に勝ちが付き、猛追するジャイアンツを寄せ付けない4連勝です。残塁11と褒められた内容ではありませんが、要所でやるべきことをきっちりやったことで勝つことが出来ました。こういう試合が続けば大きな連敗を喫することはないでしょう。明日は再びヘーゲンズ投手です。負ける要素はありませんから、きっと勝つでしょう。

来週はいよいよ「天王山」の東京ドーム3連戦です。前回と同様、こちらは最低1勝すればよし、あちらは3連勝しないとほぼ終戦です。有利なことには違いありませんが、苦手な東京ドームですから情けない試合をしてしまうと何があるか分かりません。しっかりとまず1勝し、ジャイアンツの息の根を止めましょう。

PCデポが猛炎上している

「PCデポのサービスに批判 会社が対応策発表」というニュースがあり、どうもPCデポが悪質な商法に手を染めているらしいですね。デポは私の街にもありますが、PC自作を始めてからは品ぞろえも悪いし値段も高いので滅多に買うことはありませんでした。

しかし、自作時代前の最終パソコンは6年前にデポで買ったものでした。今考えてもそんなに高い買い物だったとは思いませんし、ショップブランドながらそこそこの品質の部品で揃えてあって悪いものではありませんでした。当時はそういう店でした。

だからまあ「そんなに知識のない人が買うなら選択肢のひとつとしていいのかも」という程度の認識でいたのですが、今回明るみに出たのは「(主にお年寄りに)異常に高額の契約を結ばせ、解約しようとしたら高額の違約金を請求する」というものでした。これでは「知識のない人」は「いいのかも」ではなく「いいカモ」ですね。

この他にもサポート料金の搾取など、実体のないものを高額で売りつけているようです。モノが売れない分をそうしたもので賄おうというのは間違った商売ではありませんが、商売というのはもともと「信用を売る」ことが基本です。どう見ても詐欺まがいのこのようなやり方では、仮に一時的に潤ったとしてもすぐに破綻します。

こういう記事を読んだらPCデポブランドの修理カウンターなんかも利用するのが怖いですよね。本当は問題が無い部品まで交換料金を貪られそうな気がします。デポに持って行く層だと本当は換えてなくても「換えときました」と言われれば自分で中身を確認したりしないのではないかと思います。言うだけで1万円くらい(不当な)利益が出ます。

まあ、修理のことを言えば「念のためやっといたほうがいい」ことを全て行うと結構な労力ですし、完璧に直したいのなら高額になってしまうこともありえます。だから結果として高くても必ずしもインチキではないと思いますが、他に信用できない要素があると「ボラれているんじゃないか」と疑ってしまうでしょう。

もはや「どうしても通販はイヤ」という人以外はわざわざパソコンを店舗で買う必要がありません。送料が発生してもそちらのほうが安いことが多いですし。皮肉にもIT革命が進行したことによってITアイテムの店が成り立たなくなるという現象です。成り立たなければ別の道を探すしかありませんが、商売である以上信用を失ったらジ・エンドだということをお忘れなく。

無念! 下水流抹消

せっかく個人応援歌が出来たところだったので残念ですね。以前も書いたのですが、ある程度強引に打っても長打になるタイプの打者なので、本来打てないコースを強引に打って凡打というのが増えていました。打てるのは分かったので、次は相手に警戒された中でどう勝負するかの姿を見せて欲しいです。

エルドレッド選手が上がってルナ選手が下がった絡みで、恐らくは堂林選手が上がるものと予想されています。小窪選手も一時期ほどではないがそんなに調子が良いわけではないので、先発起用されることもあろうかと思われます。ここで活躍すればレギュラーもありますし、チームは優勝します。

同時に岩本選手も抹消です。最初は良かったんですがね。最初だけでした。故障明けで体も以前より絞れていたしまだやれるとは思うのですが、オフにトレードの話が出ても驚きません。代役の外野手は野間選手だと言われています。下での数字はいいですし、元々ポテンシャルは高い選手なので爆発して欲しいです。

来年以降の打線を考えると、野間選手が一番を打てるようになっていたらなかなか理想的です。スピードではチームトップクラスですし外野守備に穴が無くなります。田中選手のように3割後半の出塁率に加え、盗塁技術も向上させなければならないとハードルは高いですが、やって欲しい選手です。

投手陣もヘーゲンズ投手で急場をしのぐなど、なかなか厳しい状態です。しかし、ここを乗り切らないと今まで頑張ってきた意味がありません。先週好投しながら敗れた福井投手には雪辱戦となるであろうタイガース2連戦です。これが終わるとタイガースとの連戦はもうないので、是非ともふたつ叩いておきましょう。

エルドレッド昇格即ホームラン! カープ久々のカード勝ち越し  B2-C3

去年は打つ手打つ手がことごとく外れていた緒方采配ですが、今年は当たるほうが遥かに多く、今日のエルドレッド選手のホームランのように勝利に直結することも結構あります。だからこそ首位にいるわけで、監督個人の発案なのかどうかは分かりませんが、「うまくいって」います。

「先発ヘーゲンズ」も「大瀬良中継ぎ」も結果としては上手くいきました。もちろん上手くいくことばかりではないでしょうけど、あと2カ月足らずでシーズンは終わります。そこまで上手く行き続けたら栄光が見えてきます。

随分二位に差を詰められた気がしますが、カープ自体は落ちていません。あとは今月後半の直接対決で叩いておけば問題ありません。勝ちましょう。

甲子園を揺るがす手拍子からの4点差大逆転サヨナラ劇

9回裏4点差で負けていた東邦高校の攻撃に入ると、応援に合わせて球場全体から拍手が起こるという珍しい現象が見られました。それでも4点差なので「善戦すれども惜敗」となるかと思いきや、まさかの逆転サヨナラになって、点が入るごとに私も思わず「ほぁーー」と呆けた声を出して見てしまいました。

これが高校野球、これが甲子園ですよ。

「ゲームセットまで何が起こるか分からない」とは言いますが、本当にこういうことがしばしば起こるのが甲子園大会です。勝っているほうは気をしっかり引き締めて、負けているほうは最後まで決して諦めずにプレーして欲しいですね。

三上ヤマヤス打ちで逆転勝ち!  B2-C3

たらればを言うなら、石田投手を代えてくれなかったら負けていたでしょう。必勝の継投が崩れるということもシーズンにはありますが、ベイスターズは山崎投手が不安定になっているので初戦で叩いておけたのは良かったです。これで明日明後日ビハインドのセーブシチュエーションがあっても「イケるぞ」という期待感が出ます。

丸という選手はなかなか評価の難しい選手です。攻撃指標の数字は間違いなく優秀なんですが、特に今季は他の打者が好調なのでそんなに打っているイメージがありません。守備も上手くてチームの危機を何度も救いますが、背走フェンス際はほぼ100%捕れず長打にします。

今日のように勝利の一撃を打ってくれると実力と印象が合致し、「今日は丸で勝ったな」という記憶になります。そういう試合がもっと増えてゆくと確実に優勝します。明日からも期待します。

それから今日は絶不調の田中広輔選手が先制のホームを踏みました。最近はいつも打たないので、打たない人が打つと点になります。明日からは打つ人になりましょう。疲労と、恐らく表に出さない怪我があるのだろうと思いますが、ここで踏ん張れないと真のレギュラーにはなれません。信じて応援するので結果を出してください。

石田投手が打てないのは困りものですが、野球はそれだけではありませんからね。ナイスゲームでした。明日も勝ち、ベイスターズに引導を渡しましょう。

ドラゴンズ なぜか谷繁監督をやめさせる

よその球団なのでそんなに内情が見えるわけではありませんが、今年の低迷は監督のせいじゃないと思いますけどね。スポーツ紙などは「内部不破・派閥争い」と書き立てています。実際、そういうことでもないと説明できないようなことです。

個人的には、そもそもなぜ「谷繁兼任監督」にしたのかが疑問でした。その後を見れば、残念ながら私の疑問は正しかったことになります。任命しておきながら権力を与えないということをやると、当然ながら組織は機能しません。そういうことだったとしたら実に愚かなことです。

いずれにせよ、こういうことをやっているようではさしものドラゴンズも向う三年は強くならないでしょうし、同リーグにいるカープにとっては追い風になりそうです。

イチローさんも遂に衰える

メモリアル打はいつもホームランで決めてきたイチローさんが、ホームランを狙って打った大飛球が、フェンスを越えず。

これは衰えでしょう。衰えた結果が三塁打という。レジェンドオフレジェンドですね。同じ国の同じ年代にこんなに凄い選手がいるということを誇りに思います。MLBで日本人が3000本打つ、なんて、今までは夢物語でしたし今後も恐らくそうでしょう。

普段MLBの試合は殆ど見ませんが、今季は前田投手が投げている試合と、イチローさんが出るかどうか分からないマーリンズの試合をたまに見ます。NPBの試合とだいぶ違うので同じようには見られませんが、簡単な舞台ではないのは分かります。

そんな中で42のオッサンが塁に出れば普通に盗塁するんですから凄いというより異常ですよ。常ならぬ人ですよ。

恐らく今季終了後もまた打撃フォームを修正するんでしょう。絶え間ない改善努力をやめる時がたぶん彼が選手を辞めるときなのでしょうから、来季はまた違ったイチローさんを見られると思います。行けるところまで行って欲しいですね。二度と日本人が到達できないくらいの遥かな境地へ。

岡田くん抹消でどうなる投手陣

違和感ということですが、まだ詳細が分かりません。

最短10日で戻れる場合は先発を1回飛ばすだけということになります。その場合は薮田投手を先発させるか、二軍の誰かを上げることになりますが、公式ページの数字を見るともしかしたら塹江投手にチャンスが巡ってくるかもしれません。四球はかなり多そうですけど球速は出ているしどこかで一度見てみたい選手です。

しばらく戻れない場合は、大瀬良投手・横山投手・中村恭平投手の誰か、或いは全員で交互に穴を埋めるということになるでしょう。遅くとも来月には戸田投手が戻ってくるので、そこまで2~3試合をなんとかやりくりする感じになりますが、もし好投すればそのまま「九里枠」に収まる可能性もあります。

順調な時は首脳陣は特別なことをする必要はありません。こういうアクシデントがあったときにその真価が問われます。どうするのか月曜以降を見守りましょう。

3つ負けてたまるか! カープ最後に意地を見せサヨナラ勝ち!!  C8-G7

連敗を4で止め、首位攻防戦の全敗を防ぎ、主砲の一撃がカープに逆転勝利をもたらしました。全敗濃厚の展開で今日も1点差負けを覚悟し始めた9回2アウトからのサヨナラはシビれました。来週からの試合にも期待が持てます。

岡田投手にアクシデントがあり、継投もうまくいったとは言い切れず、カープキラーのギャレット・ジョーンズ選手にきっちり打たれ、相手のクローザー・澤村投手が出てくるというどう考えても負けの試合でした。これを勝ったのは大きいですよ。

昨日一昨日は残塁の山のジャイアンツに競り負けるという情けない試合でした。今日もあちらは残塁また残塁ながら、得点は終始リードされました。結果的に見れば新井選手のセカンドゴロ2発による2点が効きました。不利な中でも取れる点を確実に取っておけば何かが起こります。

最低1勝2敗ならなんとか、という最低ラインは辛うじてクリアしました。ここからまた勝っていきましょう。肩の違和感で岡田投手が抹消という悪い話もありますが、もともと開幕時にはここまでやってくれるとは思っていなかったであろう投手です。穴を埋める、埋めなきゃいけない人はいるはずですよ。チャンスと思って勝ちましょう。

弱い ただひたすら弱い カープ4連敗  C2-G3

残塁11のジャイアンツもロクなもんじゃありませんが、無死満塁でゼロ、一死満塁でゼロのカープは何をやっているんでしょうか。昨日は活躍したルナ選手が大ブレーキ、6回に気を吐いた新井選手・鈴木選手もチャンスには音無しと、抑えるべき場面で抑えるべき選手が抑えられています。

首位の重圧なんてものを感じているわけじゃないでしょう。なぜなら去年までのジャイアンツ戦と同じ負け方をしているからです。ただただジャイアンツより弱いから勝てない、それだけです。各打者の打てないコースが全部ばれているので、相手投手のコントロールが良ければ簡単にやられています。

さて4連敗です。明日負けたら5連敗のうえ、二位チームに3連敗するという首位のチームがやってはいけない展開になってしまいます。しかもあちらは好調のマイコラス投手、こちらの打線は沈黙中です。こういう敗色濃厚の試合を今季はいくつも勝ってきました。明日も勝ちましょう。勝って優勝へ突き進みましょう。

継投崩壊 今日もミスが響いて遂に3連敗  C4-G5

追加点を取らないといけないシーンで追加点が取れず、失点してはいけない投手が簡単に失点するというどうにもならない試合でした。エラーにならないミスも多く、チーム状態はかなり悪いです。まあ、悪いなりに接戦になったのは「頑張った」といえますが、頑張るのはだれでも頑張るわけで。

最悪でも明日は勝たないと、今季初の3連敗が今季初の4連敗になってしまいます。完全に追いついているエラーとか、捕れそうに見えるのに捕らないとか、疲れがあったり微妙なイレギュラーだったりは言い訳にできないのがプロです。出来ていたことが出来なくなっているので、これをどうにかしないとも優勝争いどころではありません。

解説の達川さんが言っていたように、一度ヘーゲンズ投手を抹消してエルドレッド選手を試すのもアリかもしれません。元々そういう構想で始まったシーズンです。そうしなければならないとは言いません。どういうやり方でも勝てばいいです。勝つのが首脳陣の仕事ですから。

明日はTHE裏切り者の大竹投手ですから許してはいけません。叩きのめしましょう。必ず勝ってもう一度チームに勢いを取り戻しましょう。

マエケン初年度10勝を達成

とりあえず今年は「おめでとうございます」と言いましょう。来年からは義務になるでしょうから、故障せずしっかり仕事をしてインセンティブをがっぽりもらってください。ダメになって戻ってくるマエケンは見たくないので、成功した上で、いつの日かカープに戻って来て欲しいです。

これが首位のチームなのか カープ弱すぎて連敗  S5-C2

福井投手は「まあこんなもん」と言うしかありません。数字的には責任の範囲内です。今日もミスでチャンスを潰し、ミスでピンチを広げました。明らかにスワローズのほうがいい野球をしていました。主力が何人も抜けているチームに劣っていてはいけないのではないでしょうか。とても首位を走るチームとは思えませんでした。

明日からはジャイアンツとの首位攻防戦です。本来はここで3つ負けてもまだまだイケるはずだったのですが、カープが調子を落とし気味で、ジャイアンツが絶好調なためにゲーム差が迫ってきました。少なくとも2勝1敗で行かないと「ヤバい」という感じになってきます。とにかくこうミスが多くては勝てません。もう一度シンプルに勝利を追及しましょう。

ミスまたミスでスワローズの連敗を止める   S6-C4

昨日の解説の達川さんが見ていたら厳しい言葉が並んだでしょう。攻撃でミス、守備でミスではなかなか勝つことは出来ません。明日は切り替えて勝ちましょう。

ヘーゲンズ投手は明らかに疲れが出ていますね。抹消するほどではないかもしれませんが、何日か完全休養を入れたほうが今後のここぞという時のためになります。このままでは故障しかねません。優勝するためにはそういう判断が重要です。

野球において誰か一人が敗因ということは無いんですが、それでも「今日は彼のせいで負けた」と言いたくなる試合があるのも事実です。今日は間違いなく安部選手です。最初に放った三塁打以外いいところが一つもありませんでした。次のチャンスに借りを返して欲しいです。出来なければ二軍が待っています。もう行ってもやることがない場所です。

明日は福井投手です。ジャイアンツ戦以外は打たれるというデータがありますが、懐かしの神宮のマウンドで情けない姿は見たくありません。カード勝ち越しを決めて健在というところを見せましょう。連敗はいけません。勝ちましょう。

石原慶幸 脳震盪と打撲

発表によると重症ではなさそうです。ただし、頭への打撃によるダメージは数日から数週間後に脳内出血という可能性もゼロではないらしいので、十分なケアが必要です。まず2~3日は安静、その後も緒方監督の言うように約1週間程度はプレーは難しいでしょう。

会澤選手、磯村選手に加え捕手を上げるとすれば、二軍の正捕手中村亘佑選手か元ポスト石原の一番手だった白濱選手のどちらかでしょう。期待の船越選手は死球を受けてから出場がなく、三軍行きはしていないが怪我だという噂です。ディフェンス力ならベテランの白濱選手、といいたいところですが。

正直な話、これまで一軍で見た白濱選手は多少キャッチングができるレベルのザコと言ってよく、期待が大きかっただけにガッカリ感がありました。攻守ともに石原選手より大きく劣りますし、じゃあ会澤選手よりディフェンス力が高いかというとそうでもありません。そこから大きく成長しているのかどうか、もし昇格するとしたら厳しい目で見ざるを得ません。

その点、育成から這い上がって来た中村選手のほうが現時点では期待感があります。競争相手の船越選手がいない(たぶん)という絶好のチャンスを生かすかどうか、第三捕手の座を掴んだらカッコイイですけどね。いずれにせよ更なる怪我人は困るので、セイフティに全力で、という難しい命題を両立させて欲しいです。公示までしばし待ちましょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索