Entries

意地は見せたがまたもや連敗  C5-B7

無抵抗のまま終わらなかったのは明日に繋がります。ただ、明日もし負けたら3連敗ですから、繋がるだけではなく勝たなければなりません。

今日のターニングポイントは2回表のルナ選手のしょうもないエラーです。4回に突如制球を乱した黒田投手は間違いなくあの接触でダメージを負っています。恐らく徐々に痛みが出たか、動きが悪くなってきたものでしょう。微妙に制球がズレた球は主軸打者には通用しませんでした。

ルナ選手はフォアザチームの良い選手ではありますが、今日のような姿を見るとエルドレッド選手が待ち遠しくなります。せめてそのぶん打ってくれるといいんですが、今日のミスを取り戻すには4点くらいは取らないとイーブンになりません。明日の試合で今日のミスを取り返してくれることを願います。

まだ7月なので、ゲーム差がどうこうという話をするのは早いです。他チームも負けることもあるし、まだまだ日があります。そうであっても、負け続けるのはダメです。勝ち続ければ優勝なのだから、勝ちましょう。勝つことでしか栄光は掴めません。勝ちましょう。
スポンサーサイト

ついに都知事選迫る   投票権ない県民だけど

民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちという、一応主要野党なんであろう四党が事実上敗亡する日があと一日に迫りました。明後日からの各党はもはや残滓に過ぎません。ギレン総帥風にいえば「カスである」というところです。

なぜ彼らはトリゴエなどというトンデモ候補を立ててしまったのでしょうか。インチキ候補ならまだ面白さもあるのですが、この人の場合は笑えたのは最初だけ、今はただただ見ていて悲しいです。ガンを克服(本人談)して生き抜いた末がコレかというね。人の一生ってなんなんでしょうね。

当然この擁立責任というか、推薦責任は四党が負わなければならないでしょう。「自民分裂で楽勝だ」のような甘い夢を見て何一つ知事の資質を備えない人を推したわけですからね。家系学歴捏造や淫行セクハラパワハラ問題等がもし全て無実だったとしても、そんなことはどうでもいいレベルで知事の資格がありません。

すなわち候補擁立に関してそういう審査をしていないのが公式にバレてしまったわけです。或いは審査をしていたとしたら、審査能力が皆無であるということです。これが現在の主要野党です。こうやって自滅することで間接的に与党を利するというのが彼らの主な活動内容ですから、もしかしたら「本当は与党」なのかもしれません。与党を利することしかしないわけですから。

野党が全滅し与党しかいなくなってしまったら、与党の政策に異を唱える人の民意を反映することができなくなってしまいます。野党の自滅は民主主義の危機です。自滅しない新たな野党が必要ですよね。今の主要野党はもうダメなので、日本の将来のことを本当に憂えるなら、死骸にしがみついていないで粛々と埋葬しましょう。

金本監督のこと

とはいえ今年起用している江越選手、原口選手、北條選手、高山選手らが来季レギュラーでやれるようになって、鳥谷選手が復活するのであれば、当然ですけど来季はかなり強くなりますよ。まだ衰えを感じない福留選手に外国人選手を加え、打順7番までが完全に埋まります。

2年目で優勝争いということになれば名将の部類になるので、今はあまり騒がない方がいいでしょう。私個人は金本さんは能力人格見識を総合して監督向きではないと思っていますが、それも来季の実績次第では評価を改めざるを得ないことになるかもしれません。

逆に来季これらの若手をレギュラー起用することができないならば、今季の起用は無駄あるいは不十分ということです。その時は暗黒期に入る可能性が浮上してきます。どちらへ転ぶか見ものです。

マエケン 勝ち運なし

6回一死からタイムリー二塁打を打たれた時点で交代し、6回3失点以内といういわゆるクオリティスタートは満たしたものの。

比較的良いと言われているドジャースブルペン陣がアウトを2つ取る間に6点も失うというまさかの展開で勝ち投手が消えました。

まあ、そもそも3巡目から滅多打ちされるというデータを作ってしまっていて、なおかつデータ通り打たれた前田投手自身が悪いので特に同情はありません。ただ、今季のカープは打線援護とリリーフがいいので、なかなか皮肉な結果だなと思います。切り替えて10勝目目指して頑張って欲しいです。

野村祐輔大炎上で稀に見る大敗  C3-B19

ロペス選手への明らかな失投、石川選手への無意味な四球、この二つだけは絶対に繰り返してはならない失敗だと思います。筒香選手に打たれたのはむしろ仕方ない部類です。それ以外が悪すぎました。後続もオスカル投手6点、久本投手5点と火消しならぬ類焼延焼で、清々しいほどの大敗北となりました。

打線が1点返した直後に失点するということを繰り返した結果、相手の石田投手はノープレッシャーで投げ続けることができ、お話にならないくらいぴしゃりと抑えられました。勝ち負けよりもこういうことが今後に響きがちです。筒香選手には強気で勝負に行ったのだから、なぜ他の選手に同じことをしなかったのか、あるいは出来なかったのか、反省すべき点でした。

明日明後日も同じ打線と戦うわけですから、場合によっては大型連敗にもなりかねず、昨日勝っておいて良かったということになりました。こんなところで負け続けていては優勝などできません。なんとしてでも明日明後日勝って、追ってくるものを突き放しましょう。

筒香選手と勝負するかどうかはよく考えてやってください。今は打たれる気しかしません。

カープ久しぶりの序盤大量失点

勝ち頭の野村投手がまさかの3被弾8失点です。筒香選手の最初のホームランはそんなに甘い球でもなかったし仕方ないとも言えますが、内角要求が甘くなり完璧に打たれたことでなのか、そこから石原選手のリードが外外内外外外内外外外という感じになってしまいました。まあ、いつもそうだといえばそうなんですが。

もっとも、構えたミットと投球が一致していればそれでも抑えられたのかもしれません。しかし、ロペス選手のホームランはど真ん中に入って来た完全な失投ですし、筒香選手の二本目も何故かストライクゾーンで勝負しに行って、構えた位置よりやや高めに入ってもっていかれるという「目も当てられない」内容になりました。

現在5回でオスカル投手に交代しましたが、完全に火の付いたベイスターズ打線を彼が止められるわけがなく、6点を失って試合がほぼ決まりました。

今季は失点しても取り返せるから勇気を持って勝負しよう、という投球がここまではいい結果になってきました。それが今日は完全に裏目に出ています。何事も程度の問題です。

試合前に筒香選手への対応をしていなかったはずはありません。それをはるかに上回ってきた筒香選手を褒めるしかありません。しかし、初回のホームラン以外は防ぐことが出来た失点だとも言えますし、大量失点は防がなければプロとして恥ずかしいです。今日の逆転は非常に厳しいですが、まだ明日からも試合があります。なんとか意地を見せて終わりましょう。

実況宮脇アナ、言い間違えたのか知らないのか

「May.Jさんが国歌を斉唱しました」と言ってしまいました。いったいメイジェイさんというのは何人組ユニットなんでしょうか。

もちろん正解は独唱です。ちなみに直前にたまたま見ていたタイガース戦のアナウンサーは、きちんと「水樹奈々さんが国歌(君が代)独唱」と言っていました。

ひとりで歌うのは独唱、みんなで同じパート(主旋律)を歌うのが斉唱、大勢で複数のパートを合わせて歌うのが合唱です。公の場で国家を歌う際は斉唱が多いので間違いがちですが、ひとりが歌い、皆が聴くという形を「斉唱」と呼ぶのは間違いです。言葉のプロであるアナウンサーがそういう間違いをするのはいただけません。

素人が間違える分にはそんなに気にはしないんですが、やはりそれでお金をもらっているプロはそういうわけにいきません。しっかり修正して次には結果を出して欲しいです。どんな職業でも同じミスを毎回していたらダメです。野球選手だったなら早々にクビになります。しっかりしてください。

黒光りでおなじみの橋本清氏に疑惑があるという話

暴力団関係者とのつながりがあるという疑惑がニュースになったあたりから姿を見ていません。カープ戦の解説もたまにしていたのに、急に今まで少なかった金石さん率が増えたのはこの関係だったんでしょうか。

真相がどうなのかは分かりませんが、喋りは特に面白くもなく(無能ではないが)平凡な解説者だと思いますので、枠が空いて有能解説者が登用されるのであれば結果オーライなのではないかと考えています。解説だけが仕事じゃありませんから、疑惑がシロならば他に働ける場所があるでしょう。

他にそういう疑惑が出てこないことを願います。

菅野撃破でゼロ封快勝! 今季まだ三連敗なし!  G0-C4

昨日私自身が「相手が誰だってどのチームだって、絶対に勝てないということはありません。首位にいるわけですから勝ち続ければ優勝です。ひとつひとつ勝って行きましょう。」と書いたのに、それでも福井投手を信じ切れていませんでした。いや、仮に福井投手が好投したとしてもどうやって点を取るのかイメージがありませんでした。

今日の展開を予想していたとしても、それはあまりに虫のいい想像でしかなく、ファンの欲目ありの願望と言われても仕方ない内容です。それを現実に起こすのだから今季のカープは強いです。かつての戦友・セ最強の菅野投手から二発の田中選手は不調の日もありましたが、今日で帳尻を合わせてくれました。

中5に繰り上げてまでエース菅野投手を当ててきたジャイアンツにとって、この負けはかなり痛いはずです。丁度去年まで「大事な試合でマエケンで負ける」という体験の多かったカープファンにはよく分かる感情です。しかも投手はゲームをつくっているという点も同じです。

ジャイアンツは連勝必須、こちらは連敗しなければ大丈夫という前提を考えれば昨日の負けを払拭する一戦になりました。明日からは本拠地に戻って、こちらも直接叩かなければならない相手のベイスターズを迎えます。勝ち越せば問題なし、もし3つ勝つようなことがあるとかなり楽になります。まず先頭を取って、ふたつみっつと勝ち続けましょう。

追記を表示

あまりにも無知で選挙前から失言しかしないのを「候補」に入れていいのか

私が都民なら「えっ? そんなこと言っててまさかトリゴエに入れるんじゃないよね? ・・・ブハハハハハ、冗談に決まってるよ、そんなのいるわけないし。ウハハハハ」のようなキャッチーな煽りをネタにしてひと笑い(愛想笑い含む)取れると思うんですが、所詮埼玉の田舎者なので資格がありません。やはり都民というのは選ばれし存在なのでしょうか。

あそこまで酷いのが「マスコミ選定・主要候補」に入るなんて歴史に残りそうです。政策から目をそらさせ知名度と表面的なイメージに終始する報道でも、この酷さはなんともできない感じです。逆にもしこれが当選したら、まだまだマスコミの影響力が大きいということになります。

そういう意味でも今回の得票結果には注目です。「テレビ選挙の時代だ」と言われ始めたのもそんなに昔じゃなかった気がしますが、もう次の「インターネット選挙の時代」によって駆逐されようとしています。時代は変わるものなので別に何の感慨もありません。ただテレビの影響力は永遠だと信じていた人たちの今後が哀れですね。

久本昇格!! 頼れるベテランが返って来た!!

戦力としてもそうですし、ブルペンのリーダーとしても期待します。勝ち方を知る男ですからね。力を発揮しきれていないオスカル君に仕事の仕方を教えてあげて欲しいです。良い球を投げることと抑えることの違いをね。

二軍の映像は殆ど見られていないのでどのくらい戻っているのかは分かりませんが、久本投手ほどの選手であれば今ある武器を最大限に生かして戦うことと思います。しばらくは大量リードか大量ビハインドが出番になるかと思われますが、できればリードで見たいものですね。期待しましょう。

石原謎の三塁進塁が一部で話題になる

こんな珍プレーはなかなか無いですからね。実に石原選手らしいというか、珍プレーを引き寄せる謎の力がありますね。

石原選手は「一塁走者フォースアウト」のアウトコールで「自分(二塁走者)がアウト」と思って、歩いて三塁側ベンチ方向へ向かいました。その途上にたまたま三塁があり、近づいたところでインプレーかつアウトになっていないと気付いたか、或いは河田コーチかベンチの誰かに「三塁上にいろ」と指示されたものでしょう。

対して一塁走者の小窪選手は、「石原さんがアウトだとしたら、二度目のアウトコールが無いので自分はアウトになっていないかも」という判断だったと思われます。ただ恐らく完全には状況が判断できておらず、そういう時の鉄則として「自分からは離塁しない」ということを守ったわけですね。コーチから何らかの指示があれば従ったでしょうから、指示がなかったか動くなの指示だったと思われます。

ジャイアンツ側でも気づいているっぽい選手がいるような感じはしましたが、石原選手があまりにもトボトボ歩き、小窪選手があまりにも堂々と塁上に居るので瞬時の状況把握を阻んだというのが、昨日も書いたように私の見解です。いずれにせよかなりの珍プレーです。いわゆる石原選手の「インチキ」がまた増えてしまいました。もっとやりましょう。

札幌ドームからの解放

正確性は保証できませんが、ある資料によるとカープがマツダスタジアムを使用するためにかかる費用は年間で8~9億円くらいということです。これには球場使用料だけでなく興行運営の諸経費を含みます。これは前置きです。

北海道日本ハムファイターズの本拠地、札幌ドームの使用量が今年から値上げされ、新球場構想が出ているのは結構報道されているのでご存じの方も多いと思います。こちらも正確性は保証しませんが、ある記事によるとファイターズが札幌ドームを使用するためには年間26億円以上がかかるそうです。

しかも、マツダの興行運営がカープに殆ど一任されていて様々な活動が自由(そのおかげでヘンテコな人形が量産されている弊害?もありますが)なのに対し、札幌ドームはあくまで市の施設のため何をするにもいちいちお伺いを立てて許可を得る必要があり、また場内飲食等の収益が全て吸い取られる構造になっているそうです。

追記を表示

埼玉県代表は花咲徳栄

プロ注目の高橋君に隙が無く、守備も高校レベルではかなりいいチームでしたから妥当な優勝です。夏の埼玉県勢は弱いイメージなので、去年より強い(と思う)このチームに優勝まで行ってもらいたいですね。一発勝負の甲子園に順当はありませんが、勝つ力はありそうです。

他にテレ玉で見た選手の中では市立川越のメンディス君が良かったです。投手としては今のところそこまでではないでしょうけど、守備の動きや打撃走塁はなかなか優秀な素材だと思います。あと少し背が伸びるか球速が上がれば投手としてもドラフト候補になるかもしれません。フィールディングが良いので内野を守れればもっといいですね。

もちろん他にもいいプレーはありましたしいい選手がいました。今後の人生および野球人生の糧になるといいですね。

カープ連敗で今季何度目かの正念場を迎える

2戦目は菅野投手対福井投手という、誰がどう考えてもジャイアンツ有利な対戦になりました。菅野投手のときの無援護・勝ち運なしと、年に何度かあるとされる福井投手のいわゆるスーパーエースモードが噛み合えばチャンスがあるか、というようなオカルト要素込みで「勝ってくれ」と願うばかりです。

打線も冷える冷えると言われつつ相手が緩ければそれなりに点が取れていますので、直ちに心配することはありません。無論、明日の菅野投手から大量点は望めないでしょう。チャンスがあれば必ず拾う、ということをしないと点を取ること自体が難しい投手です。

今日の試合はあまり実りの無い内容でしたけど、その中でも小窪選手に久々の代打クリーンヒットが出て、直後の走塁でも準備に怠りが無い姿を見られ、後半戦の代打起用にも期待が持てそうな点は評価できるでしょう。石原選手のインチキ進塁はその副産物です。アウトの小窪選手が塁上で平然としていることで「石原アウト」という誤認が生まれたのでしょう。

追記を表示

ポケモンGOをやっている人を心の底から軽蔑するか

もちろんこれに夢中になるあまり死んだり事故を起こしたり逮捕されたり、あるいは人を殺したり傷つけたり迷惑をかけたりする人は軽蔑されて然るべきです。そんな本物のバカあるいはクズと、社会のルールを守って節度を持って遊んでいる人を一緒にしてはいけません。

タイトルは漫画家・コメンテーターのやくみつる氏の言葉からとっています。私はこの人の人間性にはそんなに興味はありませんが、クイズ番組等で見せる知識には感心しています。ものを知らない人は「そんなこと知ってて何の役に立つの?」のようなことを平気で言って無知をさらしますが、ものを知っているというのはそんなに単純なことではありません。

テレビの番組で「心の底から軽蔑する」などという強烈な言葉を発するのは難しいことです。タレントがひとつの失言で人気と収入を大きく損なうのがテレビの世界です。事なかれ主義で日和っていたらそういう言葉は出せません。この人は自分のキャラと役割をよく理解したうえで、話題になりそうな強いコメントを出したものと思われます。

まあ、コメントとしては不適切な部分を含むのでしょうが、仕事で言ったことですから過剰に反応するのはどうかと思います。まして咬み付いて言葉を引用したうえに、面白くも無くオリジナルを下回るコメントしか出せなかった水道橋博士氏にはがっかりです。仕事で喋るならもっと気の利いたことを考えておかないとダメですね。

そういえば以前深夜の討論番組で逃亡したのもこの人でしたよね。昔は結構面白いことを言う人だと思っていたんですが、もう終わりなんでしょうかね。やはりお笑い芸人という肩書を背負っているからには、あからさまなギャグじゃなくても面白さを含んだことを言ってもらいたいです。じゃなきゃテレビに出る意味なんてありませんよ。

日曜負けからの火曜中止はしんどい

まあ、数年前までは日曜負けからの火曜負け、そのままいつまで負け続けるんだというのもよくあったのでその頃に比べたらマシです。が、やはり火曜の中止は月曜の野球なし日を挟んでいるだけにカープ成分が欠乏します。

あちらはどうか分かりませんが、こちらは普通にジョンソン投手・岡田投手がともにスライドして福井投手がキャンセルでしょうね。こういうスライドからの中5をうまく乗り切れるかどうかが重要です。2戦目は菅野投手らしいということですから、ここで2連勝できればほぼ優勝です。勝ちましょう。

ポケモンGO のポケモンが田舎にはいないらしい

なんでも基になった位置情報アプリに登録されているスポットに出現するらしいです。田舎だと登録されたスポットが少ないそうです。

特に興味はないのでどうでもいいちゃどうでもいいんですが、これ、仮に田舎でしか出ないポケモンとかがあれば地域振興的なタイアップが出来たのではないかと思いました。たとえば埼玉なら東秩父村でしか出ないとか。埼玉県唯一の村です。都心から2時間もかからないのになかなかの山の中でいいところです。

まあ東秩父村はちょっと極端ですけど、元から観光地としてある程度の設備があるところならお客さんが増えてもそんなに困らないでしょうし、スタンプ代わりにポケモンを捕まえる旅行が流行ったりすれば相当の経済効果になります。(決して東秩父村を侮っているわけではありませんが、観光地とはいえません。)

今からじゃそういうことも出来ないでしょうし、もうすぐ流行りも終息するでしょう。これ自体はたぶん後に何も残らないと思いますが、これをヒントになんらかの大ブームを起こす後発が出るかもしれませんね。知恵は生きているうちしか使えないので、資本と知恵がある人は頑張ってみてはどうでしょうかね。

個人攻撃はしたくないが、昨日の試合についての苦言

仕事だったので昨日の試合を今見ました。3回表に、やや難しい当りだったとはいえ捕ってダブればチェンジだったゴロを外野へ抜けるヒットにし、裏の攻撃では同点に追いつきなお一死一二塁からボールをブンブン振って三球三振の安部選手が「やっちまったな」という感じに見えました。

こういうのを私は「水差しプレー」、そういう選手を「水差し野郎」と呼ぶことがあります。こういう品の無い言い方をするときはまずまずのストレスを感じています。

もちろん全てのプレーを完璧にするのは難しいですし、情けないミス連発ということでもないのですが、今季の彼の出来からしたら昨日のこのプレーは良くなかったと思います。ゴロ捕球はやや後ろに下がっていたところからの突っ込みという三塁手の見せ所ですから、これが下手だとスタメンが遠のきます。

打席のほうは実にしょっぱい内容でした。前の打者までメッセンジャー投手が制球と審判の判定に苦しみ苦笑い状態なのに、「打ちたい打ちたい」が先に出て怪しいコースに手を出し、挙句の果てにハーフスイングで三球三振と、内容はまるで初打席のルーキーのようでした。

新井選手が粘って四球、鈴木誠也選手は三振でしたがやはりかなり粘っていました。球数が気になるメッセンジャー投手としたら、一番嫌なのは安部選手も粘りに来ることです。ストライクを確信したコースを何度もボールと言われていた投手にとってはギリギリのコースには投げたくないでしょうから、粘ってカウントが整えば甘い球が来たはずです。

二死一二塁になったことで次の会澤選手もストライク勝負をする必要がなくなり、厳しいコースを責められて簡単に打ち取られました。自分の三振だけでなく、次打者の三振をアシストすることになった結果を、安部選手には深く反省して欲しいです。もうそれくらいの結果を求められてもいいはずです。そのくらいの力はあります。

安部選手が一皮むけるには、菊池選手のような「崩されながらなんとか喰らいつく」打撃を修得することです。気持ちいいスイングばかりでは一昨年までと同じです。一流投手の一流の球を、インチキでもラッキーでもいいからヒットにする、それが安部選手のこれからの役割です。

今季はその「役割理解」が結構出来ていただけに、昨日のプレーは解せません。まだ反省を生かす機会はあるでしょうから、しっかり修正して欲しいです。

途中出場の西川くんがいいヒットを打ち、サードスタメンに名乗りを挙げています。ボヤボヤしているとあっという間に抜かれますよ。才能を生かすも殺すも、自分がどういう役割を求められているか安部選手がもっと深く理解し、いかに最適な選択をするかにかかっています。出来るはずなのだから毎試合毎プレー、やって欲しいのです。お願いします。

結局横綱が優勝する名古屋場所

「白鵬が せっかく いつつ負けたのに 夏の賜杯を 逃す稀勢関」

という俳句っぽいものを考えたのですが、夏場所じゃなく名古屋場所だったので季語が決まらない感じになりました。稀勢の里関が優勝するかもしれないというので久しぶりに千秋楽を見ていたのですが、案の定優勝しませんでしたね。横綱にならなくても名力士という人は何人もいましたが、そういう人たちは頻繁に優勝争いに顔を出していた印象があります。

まあ、最近の大相撲には全く詳しくないのでそれ以上の言及は避けますが、横綱以外の優勝、特に日本人力士の優勝が出ると世間が盛り上がるので期待しています。稀勢の里関は弱くないはずなのに全然優勝しないせいで負けのイメージがあります。なんとか打破して欲しいです。

雪に耐え梅花麗し 黒田博樹200勝!  C7-T0

理想的な展開でしたが、今日は試合の詳細うんぬんよりもやはり黒田投手が勝ち、最後は珍しく笑顔まで見せたということに尽きますね。セレモニー、泣かずには見られませんよ。私は仕事で9回しか見られていないので、後ほど初回から録画を見ることにします。もちろんもう一度泣いてしまうでしょう。

しかしシーズンはまだこれからが佳境というところです。黒田投手自身が言っていたように、次に目指すのは「次の1勝」です。かなり調子が悪そうな時でもローテを外れないという状態は、すなわち少しばかり休んでもどうにもならないということです。それだけ身体はギリギリなんでしょう。

体調が悪かろうが、調子が上がらなかろうが、それでも投げ、そして勝つ。200勝するというのはそういうことです。最初のノーコンぶりを覚えている世代からすれば、並大抵の努力では成し遂げられなかったであろうことは想像に難くありません。大投手たらんとする若者には見倣うべき点が山ほどあるでしょう。

シーズンオフにもう一度黒田投手の200勝には触れることになると思います。メジャーにいれば恐らく今季「メジャー100勝」のシーズンになっていたでしょう。それよりも余力のあるうちにカープで優勝したいと思ってくれた、選んでくれたことを私は生涯忘れません。願わくば来年以降も元気な姿を見たいものです。

まあしかし、生きている間にカープの投手の200勝が見られるとは正直考えていませんでした。しかも低迷期に入団した大卒ノーコン(当時)投手がですよ。本当に偉大な選手だと思いますし、本当に感謝しかありません。この先も往けるところまで勝ちを積み重ねて欲しいです。

ポケモンGO問題?

興味が無かったので知らなかったんですが、「皇居の中にもスポットが設置されている」というニュースがありました。ということは、私有地とか立入禁止の管理地にも設置されてしまうということなんですかね。だとすれば不法侵入の幇助ということになりはしませんかね。

普通に考えて余人が立ち入るべきではない場所にスポットを設置するのはおかしいですよね。犯罪が起こる前にシステム側で調整するべきですし、出来ないなら廃止するべきです。とにかく早く対応するべきです。

また虎退治で虎絶滅危機か  C4-T2

初回の投球を見たら「藤浪復活か」という感じでしたけど、剥がれるタイプの化けの皮でしたね。味方にだいぶ足を引っ張られた点は同情しますが、エースはそれでも抑えるからエースなのであって、藤浪投手はそれをやらないといけない選手です。この壁を打ち破ってもらいたいですね。

カープの盗塁時の梅野選手の送球コースは悪くなかったと思うんですが、ことごとく鳥谷選手が捕れないところをみると球筋が変化しているのかもしれません。こればっかりは藤浪投手のせいではないし、もし捕球側が悪ければ梅野選手のせいでもありません。まあ、この様子なら明日も足で仕掛けるでしょう。

打つほうも休養十分の左打者がしっかり仕事をしたし、特に言うことはありません。上位がダメなら下位で点を取ればいい、それだけのことです。リリーフ陣も失点はしましたが、追いつかれなければいい、それだけなんです、うまくいかないことをチーム全体で補完できる、今はそういう状態です。このまま勝ち続けましょう。

明日はなにより黒田投手の日ですから、5回までにしっかりリードして勝利で飾りましょう。そろそろ決めないと重くなってきます。勝ちましょう。

ああ、面白すぎる都知事選  投票したいなぁ

やり手vs傀儡vsボケ老人 という感じにしか見えません。ボケ老人が勝ってしまったらどうなるんだろうと思うとワクワクが止まりません。なぜ埼玉県民には投票権がないんでしょう。特別永住者(外国人)参政権なんかより埼玉県民に都知事を選ばせるのが先だろ!という主張はおかしいですか?こんなに投票したいのに?

毎日のように出てくる過去の悪行報道に、人を叩くのは慣れていても叩かれるのはダメなのか、まさかのコメント拒否で答える鳥越氏。こんなのが当選したら、世界に恥をさらしますね。首都とはいえイチ地方選挙で世界に発信できるのは稀ですよ。それが恥だというマイナスを除けば貴重な機会です。

私は別に与党支持者じゃないので、非自公の別の泡沫候補が当選する分にはそれもまたひとつの選択だと思いますが、さすがに支離滅裂言行不一致、都合の悪いことは皆忘れちゃうボケ老人が首都の首長になったら閉口するしかありません。狼を追って虎を養うじゃありませんが、マスゾエより更にヒドイというまさかの事態になりますよ。

Adobe Flash がついに終わりかけているらしい

主要ブラウザから「デフォルトで無効」とされる時代になってしまったので事実上の終息状態ですね。時代の流れです。

別に困りはしませんが、艦これがFlashなので、今後どうなるのか心配です。一応それなりにアクティブユーザーがいるコンテンツなのでいきなり終了はないと思いますが、技術的に不具合を抱える可能性も考えられます。頑張ってしっかりやってほしいです。

本格的にIoT時代になってくるようなら「脆弱性」が問題視されるツールは積極的に排除されてゆくに違いありません。むしろ基本設計的に堅牢性がウリのツールのほうが、仮に総合性能が劣っても採用・普及していく可能性もあります。容易に他者にコントロールされるモノに囲まれて生活はできませんからね。

まだタバコを吸っている高校生がいるらしい

佐賀県ベスト4の私立高校で、野球部部室での喫煙が発覚したそうです。これ、勝っても辞退の流れでしょうかね。むしろ準決勝を辞退かもしれません。ごく一部の部員がこっそり喫煙していたということだったら、しっかり野球をやっていた生徒はかわいそう過ぎます。そうじゃなかったら自業自得、自分が吸わなくても黙認していたなら同じことです。

とはいえ、摘発したら「対外試合停止6か月」みたいな処分が出るので、なかなか自浄作用が働きにくいというのも分かります。校内でどうにかなるうちに対処することですけどね。

まあしかし、大人ですら殆ど底辺層しか喫煙しなくなっている今のご時世に違法と知りつつ(知らないってことはないよね…?)喫煙するのだから、間違いなく社会の底辺予備軍でしょう。ちなみに私の職場は喫煙者のほうが多い底辺会社ですけど、何人か最近やめた人もいます。底辺ですらやめていくのが最近の傾向です。

こういうのは「一罰百戒」ではないですけど、絶対にダメ、妥協は無いということを知らしめなければなりません。高野連の罰則は部の活動をメインに考えるとなかなか厳しいですけど、それだけでは不十分ですし、根絶のためにバンバン刑事罰を科してもいいと思います。立ち直る可能性があるうちに鍛え直すのが社会のやさしさというものです。

調べたらまだ法の改正が時代に追いついていないみたいですね。ただでさえ若者が減って行く時代なので、限られた資源として有効活用する必要があるでしょう。タバコというアイテムそのものが悪だとは限りませんが、ルール通り運用できないなら制限を厳しくするしかないでしょう。もう時代は変わったのですから。

手負いのタイガース

西岡選手がアキレス腱断裂ということで、前田智徳さんの復活を見守って来たカープファンの一人として、ここで終わって欲しくない気持ちがあります。もちろん元通りにはなりませんし、前田さんも「終わった選手」「こんな選手」と口には出していましたけど、脚が無くなるわけではありません。本当に終わってしまうかどうかは自分次第です。

それに、単純なスプリント競技ならともかく、野球は様々なプレーの複合競技ですから西岡選手ほどの技術があれば復活することは可能だと思います。過去にもベッカムさんとかクルム伊達さんとか、一流選手として復活した人もいます。年齢的にもまだなんとかなると思いますので、しっかり治して復活して欲しいです。

可能なら前田さんにも励ましに行ってあげて頂きたいです。同じ怪我を経験した人からの声は、痛みを知らない人からのものとは違って聞こえるでしょう。

カープとしては相手の調子のいい打者がひとりいなくなったことで、金曜からの3連戦に弾みがつきます。ただ、「西岡(さん)のために」とチームが団結する可能性もありますし、代役の上本選手や大和選手にもそれなりに打たれてきたのがカープです。なんとしてでも叩き潰して現実の厳しさを教えましょう。

先ほど戸田くんの怪我のことを書いたばかりです。今シーズンの怪我人がこれ以上増えないことを願います。したとしても軽傷で済みますように。

戸田くん よりにもよって左手の靭帯をやる

好事魔多しということでもないでしょうが、戸田投手が寮で転んで左手を怪我したということです。靭帯の部分損傷ということなのでいわゆる捻挫の範疇だと思いますが、場所が場所なので加療期間+αの間は登板不可能でしょう。そこから二軍調整を挟むと考えると次の登板は順調でも1カ月後くらいになりそうですね。

転倒と言うのは恐ろしいもので、私の職場の労災報告でもたびたび転倒災害が報告されますが、ヒトが二足歩行する生き物である以上どうしても起こりうるものです。これを排除するには寝たまま、あるいは膝立ちのまま全ての活動をするしかありませんし、余程特殊な環境でない限りそれは不可能です。

記事にあった写真では特に固定している様子はなかったので、選手生命に影響するようなことはないと思います。が、治療に再発防止、そして穴を埋める選手の確保と、チームのほうはやることが山ほどあります。長く熱い夏になりそうです。これ以上の怪我人がでないことを祈ります。

大瀬良一軍登板はまだ早かったのか

結果だけ見て「まだ早かった」と言っている人がいるみたいですけど、昨日の大瀬良投手登板に限って言えば、そういうことしか言えないヤツはプロ野球のシーズンというものを何も理解していないと宣言しているようなモノです。結果だけ見て後出しで苦言を呈すのは誰でもできる簡単な作業です。

昨日は「津田命日」というメモリアル的側面もありましたが、故障明けの初先発投手を試すには丁度よい日でした。チーム状態がよく下とのゲーム差があり、偶然ながら直前に連勝したので仮にひとつ星を落としても致命傷にはなりません。これがもっと競っている状況だったらこういうことはできなかったかもしれません。

二軍調整は数字上問題の無いレベルまで待って終えたので調整不足とはいえません。果たして一軍でどうなのかを試し、ダメだった場合にもう一度下で調整するとどうしても半月以上はかかってしまいます。その場合も一軍復帰登板日は昨日と同じようにお試し感は拭えないでしょうから、勝負のかかる大事な9月以降に試すわけにはいきません。

「まだ早い」「まだ早い」でもし初登板が8月以降になったならば、成功すればよし、昨日のようなことになれば再調整後の登板はシーズン最終盤になるかもしれず、今季の戦力とは考えにくくなります。今試しておけば、再調整後の再登板ということになってもまだシーズン佳境に戦力として働いてくれる可能性が残ります。

この「二軍調整完了」と「なるべく早く初登板を」がちょうど釣り合い、2度目の二軍調整まで視野に入れた場合、大瀬良投手の今季初登板は7月中にこそ望ましいということになります。あくまで今季中の復活を期待するならそういうことになります。今季はもう戦力と考えていないならシーズンオフ直前の消化試合(があれば)でいいわけですから。

実際に二軍の大瀬良投手登板試合を見た人が「早かった」と言うなら一理ありそうですが、昨日の試合だけ見てそう言うのは無理解という他ありません。ましてそれで首脳陣を叩くようなのは頭の悪さこれに極まる次第です。結果が悪かったのは残念ですが、そこへ至る経過は間違っていません。少し考えれば分かることです。

ガンサバイバーという言葉があることを知る

一般的な「ガンサバイバー」の方々は別として、鳥越氏に『病み上がり』と言うのは失礼極まりないですよね。小池さんらしくない勇み足でした。正しくは「認知症患者」であって、「病み上がり」どころか現役患者なのだから、言葉は正しく使わなければいけません。現在も症状に苦しんでいるのに「治った」扱いをしては可哀想ですよ。

まあ、自分が苦しんでいることにも気づかないほど症状が重いのかもしれません。苦しんでなさそうに見えますからね。まあ、見えるだけで事実は分からないので(認知症の人はそういうケースが多いそうです)、専門家の診断に任せたほうがいいです。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索