Entries

ヤマカン氏が体調不良で休養するそうですが

アニメ制作者のあの人です。休もうがどうしようがどうでもいいんですけど、WUGちゃんの活動は6年面倒みるみたいなことをインタビューで語っていたはずなので、今後のWUGをどうするのかはっきりして欲しいです。

理由が体調不良ということなので、(それを信じるとして)自分ができないなら誰かに託すのが筋というものです。自分で立ち上げた企画でデビューさせ、プロデュースを手掛けていた若い子らに対してすら責任を果たさないなら、かなりの信頼を減じることになるでしょう。

ネット上の評判ではもともとそんなに信頼度がない人のようですから、表面上のキャラはともかく、社会的地位相応の大人の仕事をして欲しいものです。

まあ、WUGちゃんたちも個別の仕事でぼちぼち売れている人も出てきていますし、騒動に影響されずにしっかり自分の道を進んでくれることを期待します。
スポンサーサイト

勝機はあったはず 接戦に弱いカープ連敗 B3-C1

ちょっと私生活がゴタゴタしていました。そんなときこそカープに力を貰いたいところでしたが、今日も惜しい場面がありながら負けてしまいましたね。最終回の攻撃には色々見方があるでしょうが、結果論でいえば山崎投手の力が上回ったということです。

最近鈴木誠也選手にバントをさせなくなったことを私は首脳陣の成長と捉えています。今日の会澤選手の打席も同様のケースですから、初球にバントの構えをしてからのバスターまでは好判断だと思います。問題はその後もバスターを続けたことです。会澤選手は狙い球を絞って一本狙うタイプなので、バントの構えから打つようなのは失敗の可能性を高めます。

監督采配に敗因を求めるのは今日に限っては上の一点くらいしか文句の付けどころがなく、私は違うと思います。1点返した攻撃も代打2連発が成功していますし、継投も失点した結果は残念ですが選択は間違っていません。疑問点が多々あった去年に比べたら格段に良くなっています。このペースで改善が進んだら来年は名将の誕生ですよ。

さて、明日は交流戦前最後の試合です。山口投手はそんなに苦にしない相手ですが、こちらの中村恭平投手がどうなのかが問題です。前の試合のようなことになれば、ベイスターズ投手陣を相手に大量ビハインドを追うという絶望的な試合になってしまいます。好投までは求めないので試合をぶち壊さないようしっかり投げて欲しいですね。

そして勝ちましょう。交流戦の厳しさに比べれば明日勝つことなんて容易いはずです。勝ちましょう。

阿部慎之助選手がまた故障を重ねているらしい

満身創痍という言葉がしっくりくる惨状のようです。古田さんの現役を見たことが無い世代は史上最高捕手に挙げるくらいの選手ですから、なんとかもう一花(カープ戦以外で)活躍して欲しいものです。史上最高候補には実働期間が短いので、あと5シーズンくらい好成績をあげてもらわないと候補にはならないと私は考えています。

一部のジャイアンツファンによると、阿部選手の一塁転向から居場所を失ったロペス選手の解雇が今の一塁手難を招いたということで、そこから阿部選手を中傷する人たちもいるようです。まあ、高額年俸を貰いながら全然プレー出来ない実態を見れば文句のひとつも言いたくなるでしょうが、今のチーム状態の責任を彼に全て負わせるのはどうなんでしょう。

当事者じゃないので確証はないんですが、当時ジャイアンツファンの多くがロペス選手の成績に満足せず「いらない・いなくてもいい」と言っていたような気がします。カープはだいぶ彼にやられていたので怖かったんですけどね。いなくなってくれて(ベイスターズで復活しましたが)ラッキーという感じでした。

代役のギャレット選手は外野本職の選手らしいので、一塁守備難だったら亀井選手あたりを一塁に入れて外野起用すればいいような気もしますが、彼にもカープは痛いところで打たれていたので二軍へ行ってくれてラッキーでした。ゴタついているチームに負けるわけにはいかないので、今日明日と勝ちましょう。

ホークスが先発全員打点を記録、なお

まだ試合中ですが、2013年のイーグルス以来らしいです。イーグルスの場合は先発全員安打も同時に記録しているそうです。その前は30年以上前ということなので、今回は短いサイクルで出たということでしょう。

ホークスの場合は安定の今宮選手が無安打で頑張っているので全員安打を達成できるかどうかは分かりません。今宮選手の打点は押し出しの四球だということです。

ジョンソン連続完封! 首位攻防戦緒戦を制す  C6-G0

特別解説の張本さんもウキウキでしたね。あんまり解説のイメージが無いので、たまに呼ばれて楽しかったんでしょうかね。打線は(石原選手を除き)チャンスを逃さず加点し、投げてはわずか3安打に抑えるエースの投球です。苦戦が続く東京ドームでもこんな試合がしたいですね。ナイスゲームでした。

エルドレッド選手の足はどうなんでしょう。今のところ守備範囲もまあまあキープできていますし、走塁も一生懸命走っています。今日はご両親も来ていたようですし、このままオールスター休みまで頑張ってくれると助かります。オールスターに選ばれるのも名誉ではありますが、休養のほうが大事です。私は票を入れませんよ。

新井選手が最後に1本打って追加点に繋げたように、どうにか石原選手もチャンスに1本打って欲しいです。かつてのシュアーなバッティングを見ているだけに、もう終わったとは思えません。今のままだと二死二三塁のチャンスでも敬遠されない安パイ中の安パイです。もう一度力を見せて欲しいです。

明日の野村投手はこのところ100球前後で崩れるパターンが続いています。球数なのか打順の巡りなのか、改善が見られるかどうかの答えは明日出ます。ジャイアンツはなかなかの貧打とはいえ坂本選手や村田選手の調子が良く、1発で持って行かれると苦しい投球になります。野村投手が強気に勝負できるよう、明日も先に得点し常にリードして勝ちましょう。

イチローさん 3試合で10安打 めっさ固め打ち

この調子だと「日本人歴代最高打者は誰か」の論争にも答えが出てしまうでしょうね。いまですら圧倒的にイチローさんでしょうし、NPB最高打者のひとりであろう落合さんや日本時代だけなら候補になる松井秀喜さんを含め、過去の偉人たちの誰もが認める記録と記憶を打ち立てるでしょう。

王さんや張本氏が日本人だったらまだ分からないんですけど、彼らは国籍が違いますからね。「NPB最高」の資格はあっても「日本人最高」だと外れます。もう今更日本人にはならないでしょうし。

イチローさんがこのまま元気に満足行くまでプレーしてくれることを願います。特に関節付近の骨折だけは避けて欲しいです。多くの選手がそれで選手寿命を著しく縮めています。イチローさんにはそういうのは似合わないので、「もう満足、お腹いっぱい」となるまでプレーし続けて欲しいですね。

Googleが組み換え式のスマホを出すというニュース

記事の題が「自作のスマホ」だったので「おおっ、これは買いなのか?」と思って記事を読みました。ちなみに私は携帯電話の類を持っていません。

ところが案の定というべきか、主要部品以外のオプション的パーツを組み替えられる、という非常にどうでもよい製品になるとのことでした。「自作」と言われたらやはりプロセッサやメモリを自分で指定したいしストレージの交換も必須です。

冷静に考えれば一社でそんなものを展開しても専用部品が相当高価になるでしょうし、そんなものを欲しがる人も少ないだろうし、全部品の動作検証などを考えればコスパが死んでしまいます。まあ、「自作なら安くできる」というのは完全な誤解なので多少高くてもいいんでしょうが、当然限度があります。

最近はスマホのナビゲーション機能がなかなか便利そうなのでちょっと欲しいなと考えているのですが、なかなかコレという機種がありません。ASUSが安いらしいので今調べているところですが、ユーザーが多くないのか情報が少ないです。何がいいんですかね。

子猫を海に投げ入れ殺した80代男性が逮捕される

今は動物愛護法(通称)というのがあるので完全に違法なんですよね。40年以上前からある法律なので知らなかったでは済まないのですが、私が子供のころは「野良猫の子供を川に流して殺すお爺さん」というのがムラムラに普通にいた時代なので、この人もそういう感覚のままだった可能性はあるでしょう。

昔は野良猫(犬なども当然含む)が今よりもっと野放しだったので、増えすぎを嫌って小さいうちに殺すということがありました。野良に庭や畑を荒らされたり、子供の安全が脅かされるような環境の人にとっては不倶戴天の敵ですから「かわいそう」なんて感覚があるわけもなく、保健所の手を煩わせるより自分で始末しようという考え方もそんなに不思議ではありませんでした。

私自身は自らの手で殺すということは出来ませんし、そもそも違法です。この犯人を擁護することはしませんが、だが彼の若かったころは今とは違う認識の時代だったということは理解するべきです。もちろんそれで罪が軽くなるわけではありません。でも「残虐非道で今すぐ殺されるべき」のような認識は行き過ぎでしょう。

勘違いするべきでないのは、「かわいそうだから殺してはいけない」というのは個人的な思想や規範であり、正解は「違法だから殺してはいけない」です。(自分にとって有害な)動物をむやみに殺してはいけない、というのは実は割と最近普遍化してきた思想だと思います。全ての人に浸透するまでにはまだまだ時間がかかるでしょうね。

松山大爆発でカープ首位奪還!  T5-C10

ヒーローインタビューももちろん松山竜平選手でした。左からも打って文句なしです。エルドレッド選手の守備負担も考えたらしばらく新井選手は代打でもいいかもしれなませんよ。

安部選手の疑惑の三塁打は映像を見る限りは三振に見えました。誤審じゃないかと疑っていますが、去年誤審で順位をひとつ落としているので揺り戻しの一部だと思うことにします。

磯村くんは走られ放題で課題が多く出た試合になりましたけど、ストライクの入らない中村恭平投手が相手では参考にならないかもしれません。継投采配も、他にいないとはいえ走者が溜まって戸田投手といういつもの失点確実コースでした。もう一枚中継ぎが欲しいですけど、今週は総力戦が多かったしなかなか難しいですね。

恭平くんは次があれば評価を取り返して欲しいですね。2軍でこつこつ投げてきた成果がこれでは淋しすぎます。下に落ちた元先発ローテ陣もこれといって上げたい候補がいるわけでも泣く、好投しないまでも最低限の投球をすれば1軍ローテに残れる可能性があります。

こういうチャンスの時期に四球を連発してそのまま消えて行った左投手を何人も見てきています。そうなってはいけません。

しかし、先発が試合をつくっても援護できない試合もあれば、早々に自滅しても打ち勝つ今日のような試合もあるわけで、何があるか分かりませんね。来週は中5で菅野投手が来るかもしれませんし、ベイスターズは表ローテ3本柱でしょう。厳しい戦いになりますが、勝って首位を突っ走りましょう。

松山竜平の会心の当たりを凡フライ呼ばわり

今さっきのことです。会心の当たりで、打った瞬間ホームランと分かるレベルなのに実況アナが「えええ~?あれが入るの!?」とまさかのリアクションで私は不快この上ない状態です。タイガース主催試合だからタイガースファンにおもねることも必要なのかなと疑っています。

まあ実況アナはともかくとして、タイガース主催試合の解説者が使えない件については以前にも書いたのですが、やはり相変わらず当たり障りのないことしか言いません。あるいは実況の鸚鵡返しか、です。タイガースのようなひとつの失言が致命傷になる球団のOBを長いことやっていると、そういう人になってゆくんでしょうかね。

試合は8回表に追加点が入って5点リードになったので、このまま勝ちましょう。では。

水谷優子さんが亡くなったという…

まさか、と思いましたが公式発表があるので亡くなったというのが事実のようです。信じがたいことです。

我々世代だとジリオンのアップルやナディアのマリーなど、あるいは天地無用シリーズの美星さんのイメージでしょうか。

まだお若い方でした。残念です。このところ若くしての病没を耳にすることが多いです。私も人の心配をしている場合ではない年齢になってきました。健康には気を付けましょう。特に多くの人に愛されるような職業の方は、できるだけ治せる病気は治して欲しいものですね。

カープサヨナラ勝ち!!! C7-S6

天谷がサヨナラとか涙が止まらんぜ!

とちょっと興奮状態&画面が見づらいので今日はこれで失礼します。明日も勝つぞ!

リリーフ陣いくらなんでも打たれ過ぎ C3-S11

解説の北別府さんが「キャッチャーのリードのせいもある」と仰ってましたが、このノーコンたちをどうリードするべきなのかをリード名人の古田さんに訊いてみたいですね。北別府さんは「狙って投げればいいじゃないか」と言ってしまえる人ですし、実績も十分なので非常に遺憾ながらノーコンの参考にはなりません。精密機械ですからね。

逆球逆球でストライクが入らず、たまに入れば甘い球で痛打、変化球は抜けるとなったらストレート一本槍でストライクゾーンを狙わせるしかないんじゃないかと思います。せめてそれっぽいところにそれっぽい球を投げてくれさえすればリードのしようもありますがね。別に会澤選手を擁護したいわけではありませんが、責任を問うのは酷でしょう。

今日はクッチャクチャに打たれた中継ぎ陣も、一軍にいるからには良い球を持っているはずなんです。一軍に上がれない投手だっている中、一軍で勝負できるチャンスをもっと活かすようしっかり準備して欲しいものです。こんなんじゃ困りますよ、ホントに。

あと、チーム戦術がいつもいつも「1点を守りに行って大量失点」なんですよね。これは野村時代からずっとそうです。しかし、今年に限って言えば打線が好調なのだから「できれば1点も失いたくないが、とにかく二人目のランナーを還さない」でいいと思うんですがね。前進して頭を抜かれるほうが多いですよね。

最近はズルズル負け越しが続いていますから、明日は勝って勝ち越しましょう。ライアン対アレンの再戦です。前回はエースの小川投手を向うに九里投手が勝つべき投球をしてくれました。こんどこそはしっかり勝ち星を付けましょう。

ジョンソン完封、新井ホームランでカープ大勝利! C9-S0

エースが完封でお疲れ気味のリリーフ陣が休めました。適度に荒れつつストライクを重ねてゆくジョンソン投手の本領発揮という感じでしたね。荒れすぎて試合をつくれなかった新垣投手とは対照的でした。100暴投に「おめでとう」というのもどうなのかと思いますが、新垣投手の記念の試合に黒星を進呈することが出来て嬉しく思います。皮肉では無く。

打線で心配なのは丸選手です。フォームは違いますが去年の「かかと重心」が戻って来たような感じで、引っ張りには体重が乗るが逆方向は打球が伸びません。前回「心配」と書いたら直後に打ってくれたので、明日以降も期待します。ここが繋がると塁上を賑わせてエルドレッド選手を迎えることになり、相手には大きなプレッシャーとなります。

明日の石川投手には結構やられていますけど、ホームではそんなに負けていなかったようなイメージがありますし、今回はきっちりノックアウトして試合も勝たなければなりません。リリーフ勝負になったら今のカープは不利ですから、今日のようにスワローズが勝ち継投をあきらめるような展開にしましょう。そして明日も勝ちましょう。

舛添都知事のやらかし

私は県民なので直接は関係ありませんが、これは最初から予測されていたことですよね。こればっかりは選んだ都民が悪いでしょう。前々から金銭感覚や人間性や思考の偏向性には問題があると散々指摘されていた人ですから。無能に文句をいうならともかく、こういうスキャンダルは出て当然です。

もちろん法を犯しているかどうかはまた別の問題です。法を守れない人には政治家たる資格がありません。あくまで「法の範囲内」でのやりたい放題なら、都民が悪い、という意味ですよ。やるに決まってますから。我が県の県知事のほうが(あの人はあの人で別の問題がありますが)だいぶマシかもしれません。

ハニートラップにひっかかったようなケースと違い、これは能動的にやってますからね。極めて悪質です。すべての疑惑が事実だとしたら政治生命どころか色々終わるでしょうね。まあ、タックルで「元知事」として失敗をいじられる側にでもなれればいいですけど。あんまり見たくはありませんがね。

海軍料亭小松全焼

さきほどテレビをつけたら丁度そのニュースをやっていました。

テレビ画面を見ながら「クァーッ」とも「ファーッ」ともつかない声が出ていました。高級将校のことを書いた本には必ずと言っていいほど登場する場所です。休みの日に出火し、消防署が近かったにもかかわらず全焼ということで、反射的に「放火か」と連想しました。続報が待たれます。

文化財指定こそされていないものの、建物そのものに加え歴代提督らの揮毫など貴重な史料が灰燼に帰したことに茫然としています。残念でなりません。

逆転裁判のアニメ

全体としては原作の雰囲気はしっかり再現されていて悪くないんですけど、肝心の

「もうダメか」
「いや、ムジュンしてるじゃないか!、異議あり!」
「そうきたか、やっぱりダメなのか」
「いや、まだだ、まだあるはずだ、異議あり!」
「ここまで追い詰めたのに、逃げられるのか…」
「待った! 見つけたぞ、決定的なムジュンを! これでもくらえ!」

という法廷パートの一番の盛り上がりポイントがあっさり省略されていて、なんか期待したのと違います。一週がっつり法廷でも問題ないと思うのでしっかりやって欲しいです。原作は間違いなく面白いので、その面白さをうまく伝えられたら面白いアニメにならないわけがありません。(それが難しいともいうが)ウデの見せ所ですよ。

入間のぐるぐる大帝国で進むレトロゲーの価格破壊

追記を表示

ネタとしても不愉快です

ニュースによると、老害で有名な張本氏が「キャッチャーも戸惑う。うまくなる走塁が少なくなる。アンパイアが困る」などの理由でコリジョンルールを廃止するべきと持論を述べたそうです。

コリジョンルールを廃止したほうがいいという意見は言論の自由が認められている日本なので構いません。が、

「キャッチャーが戸惑う」のはルールが変わったのだから当たり前で、これ以外のルールが変わったときも全て誰かしらが戸惑っていたはずです。今までのは良くて今回のはダメという理由にはなりません。野球のルールなんて結構ちょこちょこ変わってますからね。

「うまくなる走塁が少なくなる」のは全くのこじつけで、実態は逆でしょう。体当たりの恐怖が無くなるのだから以前より純粋にスピードと技術の競争になるはずで、どんどんうまくなる、が正解です。ぶつかって捕手が跳ね飛ばされて落球・セーフという意味の分からないことが無くなるだけでも改善でしょう。

「アンパイアが困る」のも変えた直後だけです。「キャッチャーが戸惑う」と同じですね。審判は微妙なプレーをビデオ検証できるので誤審を強引に推し通すことが減ります。現状の「観客がただただ待たされる」「映像の角度が限定的」というような問題を解決する必要はあるでしょうが、審判は困りません。むしろ助かります。


ただただ現状(というか、オレがプレーしていたころのプロ野球)を変えたくないだけなんで理論は存在しません。これが老害と断定するゆえんです。社会に有益な老人ではなく、害悪をまき散らす老人ということです。

この番組は思想の偏向がひどくてツッコミ疲れてしまう上にストレスがマッハで溜まるので長いこと見ていません。別に見る必要も感じません。大沢親分のころはそれなりに面白かった記憶があるんですけどね。台本なのかどうかは知りませんけど、この程度のことしか言わないのならもう引退すべきでしょう。

カズ選手に勧告している場合じゃなく、まず自ら手本を見せないと何の説得力もありません。先輩ヅラしてエラそうな口をききたいのなら、偉大な先輩としての行動が伴うべきです。早期の引退ニュースを期待しています。しても番組は見ませんけどね。

艦これ 2016春イベント終了

完了
ということで、E-6まで甲作戦、E-7のみ乙作戦と予定通り攻略完了しました。何軒かの攻略記事を参考にしましたが、スクショに写っている艦娘の運が全員改造済みというようなガチな艦隊を見ると「うちとはだいぶ違うなぁ」と感じます。

乙なら親潮さん掘りも出来るという感じで書かれていたのでクリア後にDマスに行ってみたのですが、全くS勝利を取れる気配がないのでやめました。何パターンか試したんですがね。何十周もしようという気力がありませんし、燃料が10万ほど減っているので回復に移りたい気持ちのほうが大きいです。

最近は改修でしか手に入らない装備を「持っているのが普通」のような風や、主装備品はフル改修が当たり前、のような風があります。うちは基本的に改修は一日一回で来ているので、そろそろ戦略的な改修計画を立てるべきなのかもしれません。まあ、改修なんかしなくてもなんとかなるのが艦これのいいところではあります。

基地航空隊が来たということは、将来的には陸軍航空基地+陸軍機も来ますかね。海軍と陸軍は機銃(機関砲)弾からして口径が同じでも互換性がなかったそうですが、ゲーム中だけでも仲良くして欲しいものです。

まだ攻略途上の諸提督には武運とドロップ運がありますように。掘り中の提督はそれなりにがんばってください。

二桁安打でわずか3点 カープ無念の引き分け  D3-C3

ビデオ判定でアウトのシーンは明らかな暴走でした。暴走を紙一重にした安部選手の走塁は良かったし映像では追いタッチでセーフのようにも見えましたが、あそこで流れが変わりました。そもそも平田選手からの返球があんなに逸れなかったら楽々アウトのシーンですから、まずコーチが止めなかったのが失敗でした。

中村恭平投手はよく頑張りました。正直なところ制球が以前より格段に良くなったという感じはしませんでしたし失点も四球連発からでしたが、そこから立ち直ってよく投げました。会澤選手のリードも全体的には良かったですね。やはり失点のシーンだけ外外外の単調リードを完全に読まれ、しかも甘くなって打たれたのが残念でした。

打つほうが一時期のバカスカヒットが出る状態ではなくなってきたので工夫が必要になってきました。その中でも鈴木誠也選手にバントを刺せなかったのは見事な采配です。誰でも分かることでも「野球の常識」に囚われて見失うことがあります。その呪縛から逃れつつあるということは、緒方采配も進歩しているということです。

先発投手がいない、どうなるんだ、という今週ではありましたが、蓋を開けたら代役はみな及第点、しかしリリーフが壊滅して5勝できそうなところが2勝にとどまってしまいました。この内容から見れば、恐らく来週は今週と同じ先発陣で戦うでしょう。今度こそは勝ちを付けましょう。もう一度ネジを巻き直し、しっかり戦って勝ちましょう。

勝ち継投崩壊 カープ早くも正念場を迎える  D6-C5

今日の継投は間違いでは無かったと思いますが、勝ち継投の投手が期待に応えられませんでした。特にジャクソン投手は失点する試合が続いているので何らかのテコ入れが必要かもしれません。

打線もチャンスに「打たなきゃ打たなきゃ」でブンブン空振りを繰り返す以前のパターンが戻ってきました。ここまでは調子の良さでカバーしてきましたが、そうそう続くものではありません。エルドレッド選手が空振り三振した直後に同じようにクソボールを空振りする鈴木誠也選手のような打撃はアウトカウントの無駄遣いに他なりません。

今日は「おかしな継投」ではありませんでしたが、おかしな継投で試合をぶち壊す采配が多いのも事実です。ランナーを溜めてから交代し、リリーフが打たれるパターンです。昨日もわずかアウト2個を取るために戸田投手に代走(代打)を出さないという謎采配がありました。

信頼できるリリーフが中崎投手を含め3人しかいないのがそもそもの原因ですが、信頼できないから使わないというわけにもいきませんし、信頼していても打たれる場合もあるわけです。そのあたりの運の無さというか、見る目の無さというか、勘の悪さというか、采配力の低さを感じます。

最近は負けが込んできて気分の悪い日々が続きます。それも、心配されていた先発投手の出来自体は問題なく、逆に強みだった打線が魔法が解けたかのように得点力を落とし、リリーフは本格的に崩壊しつつあります。うまくいきません。こういう微妙な勝負は監督力にアドバンテージの無いカープには厳しいです。

明日は吉見投手を向こうに回して中村恭平投手が立ち向かうという、これもまた厳しい試合になりそうです。ドラゴンズも色々おかしいのは試合を見ていて分かりますが、四番の一打でミスを打ち消されてしまっています。1点を守ろうとして2点取られたり、野球が下手なのかもしれません。難しい戦いですが、なんとか勝って連敗を防ぎましょう。

艦これ ようやくE-5攻略までたどり着く

流石に大規模というだけあってなかなかキツいですね。うちはE-2のラストでしばらく詰まっていました。どうしても睦月型が大破しがちで、これホントにイケんのかな?と色々試行錯誤した結果、どうにかなりました。

E-5のラストも600越えのボスをなかなか倒せず、攻略記事を見ながら編成してみたのですがうまくいかず、結局戦艦排除のカットイン駆逐艦×2とボスを叩く利根筑摩というダメージリソースにしてなんとか突破しました。

虎の子の雪風と綾波を使ってしまったのでE-6でカットイン駆逐艦必須と言われたらヤバいところですが、先ほど攻略記事を見たら航空戦主体とのことなのでやや安心です。ただ、航空巡洋艦をE-5までで使い果たしてしまったので重巡頼みになり作戦の微調整が効かない感じです。

まだ期間があるとはいえ仕事の日はガチ攻略する時間があまり取れないので実質7日くらいというところです。うちは甲種勲章はいらないので最終E-7だけは乙攻略の予定です。E-6までは実用に足る部隊が来るので仕方なく甲攻略ですが、正直自信はありません。最後は運頼みです。

資源も燃料が約5万、弾薬が6万以上減ってます。意外と鋼材・ボーキが減りません。この先何万消費するのかと思うと、回復のことを考えてしまい憂鬱になります。最近はもう満タンじゃないと不安になってしまう病気にかかっているのです。

明日は久しぶりの出勤日なのでE-6アタックは威力偵察程度になりそうです。諸提督の武運とドロップ運を祈ります。では。

来週のローテ

何も考えず今週と同じだとすると、
ジョンソン
野村
谷間(九里)
谷間
谷間

福井
という恐怖の谷間ラッシュになりますね。戸田投手が先発組に入り今日の中継ぎ待機が無かったそうなので、谷間の片方は戸田投手でしょう。中5で土曜に福井投手、中4で日曜にジョンソン投手という強行日程もないとは言えませんが、連戦が続く中でそういう無理は尾を引く可能性が高いのでやめたほうが無難です。

ここまでの二軍成績なら中村恭平投手が最右翼だと思われますが、今季は映像を見ていないのでいいのかどうか私にはわかりません。復活の久本投手が調子を上げているという話もあり、昇格即先発という可能性も感じています。いずれにせよ打線が強力に援護しないと勝てない投手陣になることは明白です。

必然的にジョンソン投手、野村投手で負けるようなことがあれば大型連敗になりやすいでしょう。早くも踏ん張り時です。焦って調整不足の大瀬良投手を引っ張ってまた故障、というようなことだけは避けなければなりません。必要なら捕手を1枠削ってでも投手の頭数を揃えるべきでしょう。

追記を表示

福井はいったい何と戦っているのか C1-B7

ストレートがバットの上っ面に当たるということは球に威力がある、或いは伸びがいいということなんでしょうけど、そういう球を投げつつ崩れる悪い時の福井投手がまたまた出てしまいました。恐らく次は無いでしょう。という内容ですが、黒田投手が落ちたので残るんですかね。次もダメだったら終了でしょうね。

流石に二試合連続でこういう試合になってしまうと連勝とは行きません。黒田投手が最初の3点で何とか凌いだのに対し、福井投手はそれ以下です。怪我人のおじさんよりなおダメという現実を受け入れ、再出発して欲しいです。

エルドレッド選手の好捕と安部選手の猛打賞以外にはそんなに見どころのない試合でしたが、磯村選手の養分になってくれたら意味があるのかもしれません。しかしまあ、ノーコン投手(元ノーコン含む)4連発を受けるのは大変ですよ。苦心して追い込んでも決め球が逆球だったりするわけですからね。お手上げです。

黒田投手の離脱で来週は厳しいローテになるでしょう。エルドレッド選手もかなり痛そうですし、休みの日もあるかもしれません。それでも試合は続きます。勝たなければなりません。雨を呼ぶ人はアメリカに行ってしまったし。勝ちましょう。

黒田やっぱり故障していた  今日登録抹消

まあ、黒田投手のレベルになると「痛くなった」ではなく「痛みが酷くなってプレーに支障を来すようになった」という意味だろうと思います。昨日の4回降板を不審がる声もあったようですが、試合を見ていれば妥当な判断でしたし、結果的に故障ということでした。大事にならないことを願います。

代わりに佐藤祥万投手が昇格しました。彼を含め、二軍戦士にはまたとないチャンスです。二軍の先発で好投している中村恭平投手に登板機会があるかもしれません。彼もそろそろ一軍で結果を出さないといけない選手なので、チャンスがあればしっかり実力を発揮して欲しいと思います。

黒田打たれるも大逆転! 連敗ストップ  C10-B4

同点に追いついた4回表もピリッとせず今日はダメなんだろうなという感じでしたが、まさか黒田投手を4回で代えるというのは予想外でした。そして今日はその継投がハマっての逆転勝ちです。結果的には黒田投手が悪いなりに3点で耐えたということになりました。

継投については6点差でもジャクソン投手、中崎投手、ブレませんね。昨日は投げていないし明後日は試合が無いので問題はないかと思いますが、3連投後にセーブシチュエーションになった場合など今後出てくる可能性もあるので、そこでどう起用していくのか注目です。

ヘーゲンズ投手も若くてイキが良く、どんどん使って行っていい選手ですが、やはり登板過多にならないよう注意が必要です。打線の調子次第では今後も逆転勝ちがどんどん増えていくでしょうから、彼の力が不可欠ですね。

あとはエルドレッド選手の足を休められるよう、6回くらいまでに勝ちが見える試合を増やして行きたいですね。打撃の調子は絶好調だけに、もし無理をして長期離脱ということにでもなれば大ピンチです。騙し騙しでもシーズンを乗り切れるよう願っています。

明日は問題の福井投手です。彼が勝って行かないとなかなか連勝が出来ません。ジャイアンツ戦の負け星を取り返すためにも明日は勝ちましょう。

九里好投するも2発に沈む 打線の援護も遅く  G4-C2

作戦的には坂本選手との勝負が疑問でしたが、結果論的にいえばその後のギャレット選手の一発が余計でした。とはいえ、しっかり試合をつくった九里投手の投球は立派でしたね。次回も先発の機会があるでしょう。そして、今日のような投球が出来れば勝ち星も挙がるでしょう。

打線は打てないながら天谷選手の一発で一矢報いました。開幕からどのチームも打てていない菅野投手なので、カープ打線がひときわだらしないとも言えません。ただ、当たり前ですが今後はどうにかしなければなりません。エルドレッド選手が4打席立っていたら打ったかもしれませんし、4三振だったかもしれません。怪我人のせいには出来ません。

明日は無援護ながら投球の冴える今永投手+梶谷選手が戻って来たベイスターズが相手です。まだ筒香選手がいないうちに叩きましょう。今永投手がいいとはいえ、菅野投手ほどではないでしょう。勝ちましょう。

大事に行くのは分かるが

6-1でジャクソン投手、中崎投手というのはどうなんでしょう。他の中継ぎ・抑えでは5点取られちゃうということなのか、それとも翌日(今日)は菅野投手対九里亜蓮投手なので勝ち継投が出る幕は無いという判断なのか、いずれにしても今村投手やヘーゲンズ投手に続く投手を整備するのが急務です。

もちろん投手の出来だけでなく、捕手のリードによる配球も大事です。力の劣る投手ならなおさら得意な球種やコースで勝負できるようにしなければならず、言うのは簡単ですが非常に難しいことです。幸い今なら打線が好調なので、相手の投手次第では点差に余裕がある場面で登板出来る可能性が高いです。バッテリー共に育てましょう。

今日の九里投手は、言葉は悪いですがそんなに大きな期待は持たれていないでしょう。首脳陣は試合をぶち壊さずに長いイニングを投げてくれたら十分という認識だと思います。逆にここで菅野投手に投げ勝つようなことがあれば一気にローテーション入りもあり得ます。魂削って将来と生活を賭けて投げる姿を見たいです。応援しています。

またまたまたまたジャイアンツに競り負ける G3-C2

チャンスを全て潰し、ミスが全て失点につながるいつもの負けパターンです。こうしてジャイアンツに負け続けて何年になるでしょう。根本的な問題は選手の技術とかそういうことじゃないでしょうね。もちろん圧倒的に技術が高ければ勝てるでしょうけど、そういうことはないし、チームとしての総合力では明らかに劣っています。

以前ペローン青木(元)投手がジャイアンツに移籍した際、自分も知らない自分のデータが完璧に揃っていて驚き呆れたという逸話があります。水面下のデータは素人の私には分かりませんが、表面的な「戦力」以外の部分の差はいまだに隔たりが大きいような気がします。

僅差の試合では一球、ワンプレーの差が勝敗に直結します。無死二三塁から堂林選手が内野ゴロに倒れた無念のシーンにしても、挟殺プレーを見越して堂林選手が全力で二塁に走っていたらどうなったでしょう。仮に首尾よく二三塁に走者が残れば、石原選手の場面は前進守備になるでしょうし、コースヒットの可能性がありました。

まあでも、あれがジャイアンツの攻撃であれば、同点の終盤、足に痛みを抱えるエルドレッド選手が無死から出塁した時点で代走を出したでしょう。ベンチが鈴木誠也選手にバントを命じなかったことは評価しますが、それでも采配的には敗着だったと思います。今年は代打成功率が低いというところも交代させなかった要因かもしれません。

すなわち戦力不足からくる采配ミスだというのが私の分析です。もちろん戦力が有り余っていれば何も考えずとも勝てたりしますけど、ホークスを除けばどこも戦力が充溢しているということはありません。ホークスだって怪我人がいますしね。戦力不足をなんとかやりくりして勝つのがプロというものです。

明日負けるといい流れが完全に終了し、3戦目は菅野投手だという予想なので3連敗濃厚となります。何が何でも勝たなければならない試合です。幸い東京ドームでの野村投手には勝つイメージしかありません。勝って3戦目に繋げましょう。菅野投手だって何試合かはよくないときがありますから、連勝しましょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索