Entries

四番赤松にまでタイムリーが出る! カープ大勝利 C12-D2

エルドレッド選手の脚が心配ですが、終盤に休ませても勝つ展開になっていて良かったです。赤松選手にまでタイムリーが出ましたからね。今年は「ザコ専」とも言い切れない打線は12球団ぶっりぎりの最多得点を叩き出しています。ちょっと調子を落とし気味と感じていた丸選手も大爆発でした。失礼しましたと言っておきましょう。

4月が終わって勝ち越し4の2位というのは望外の成果だといっていいでしょう。順調です。ルナ選手の離脱が早すぎた以外は開幕前の予想範囲の上限に近い内容です。レギュラー選手の調子がみんないいので、昨日も書きましたが誰かの調子が落ちてきたときにベンチワークが重要になってきます。

明日のネイラー投手は決して打てない投手ではないと思いますので、福井投手に多めの援護をして3連勝と行きましょう。福井投手も苦手タイガース戦ではないのできっと見違える投球をしてくれるでしょう。どんどん勝って首位を捉えましょう。
スポンサーサイト

普段年下にも敬称を忘れない達川さんが

今日の解説は達川さんと金石さんです。現役時代の関係性(金石さんが5歳下)なのか、懐かしい話にノッて来たのか、序盤から敬称を忘れて「カネイシ~、カネイシ~」と呼び捨てになってしまいました。地の喋りや実況アナへは丁寧語なので完全にわざとですね。

昨日の達川さんはドラゴンズへのダメ出しがヒートアップし過ぎて普段の陽気な解説が影を潜めていましたが、今日は褒めるべきところも忘れずにいい感じで喋っています。金石さんも単体のときより笑いもあり的確な分析ありで仕事がよく出来ている感じです。なかなかいいコンビかもしれません。

試合は勝ちそうな流れです。このまま勝ちましょう。

シャープが中東にイチゴ工場

貧すれば鈍するということか、と早合点したものかネット上では「なんで?」という意見が多いようですが、中東の富裕層向けに日本のイチゴのプラントをつくる事業ということのようです。日本産の美味しいイチゴは国内でもびっくりするくらい高価ですが、現在でもアジアの富裕層を中心ににかなりの需要があるそうです。

プラント内の気候条件を日本のビニルハウス内と同様にすれば、理論上は地球のどこでも「日本のイチゴ」が収穫できるわけで、日本からの輸入より利益が出るということでしょう。たぶんですけど。そういうことじゃないとしたら素人にはなかなか理解しがたいビジネスです。

外国産のイチゴが将来軌道に乗った場合に、国産より安い「国産品種」が逆輸入されるハメにならないかという心配もありますが、シャープは別に困りませんからね。技術だけ盗られることのないようしっかり稼いで欲しいですね。

大量援護に救援ピタリで横山2勝目! C9-D4

ジャクソン投手、中崎投手は登板間隔が空いたからというのもあるでしょうけど、その前のヘーゲンズ投手がピシャリと抑えてくれて流れが来ました。ファームの中継を見て、ちょっと上では厳しいかなと私は感じていた投手なので、こんなに理想的に抑えてくれるとは嬉しい誤算です。外国人枠の問題もありますが、頑張って欲しいです。

打つほうはなんといっても四番・松山選手ですね。左の岡田投手からも打ちましたし、うちたい場面で四球を選んだのも見事でした。明日も右の伊藤投手だということなので四番でいいんじゃないでしょうかね。エルドレッド選手も一塁守備のほうが負担が少ないでしょうし。いいことしかないですね。

横山投手は疲労もあるんでしょうか、調子は良くありませんでしたけど、なんとか序盤のピンチを2点に切り抜けるところが岡田投手との差ですかね。これからも似たような試合が多いかもしれませんが、相手より1点多ければ勝てるわけで、常に最少失点でいけば今日のように勝つチャンスが出てきます。

まあ、なんといってもナゴドではないのでドラゴンズといえども負ける気がしません。明日も勝ちましょう。

岡田大炎上! 九里好投も反撃及ばず逃げきられる S6-C4

4安打、しかも2回以降は単打1本のチームに負けるというのはちょっと意味が分からないんですが、まあスワローズはリリーフ陣は悪くないですからね。8回の菊池選手、鈴木誠也選手の三振が結果としては痛かったですね。

岡田くんはアンパイアとの相性も悪かったようですが、そこから修正できるようにならないとローテーション投手にはなれません。もちろん捕手のリードの責任もあります。石原選手と比べてしまうと、どうしても「アツもっとしっかりやれ」と見えてしまうんですよ。強気のリードはハマるといいんですが、投手が上手くいっていない時は逆効果になることもあります。

打つほうはそろそろ誰かが調子を落とすかもしれないので、コーチの手腕が問われる時期です。結果はヒットになっていても丸選手あたりはだいぶ打撃内容が悪化しています。石井東出体制は今のところ去年より遥かに良いです。このまま打ち続けられるよう采配面でも援護が欲しいところです。

先週までの負けを返済しきるには至りませんでしたが、明日からまた勝って行けば上位争いに踏みとどまることが出来ます。いったん沈むと上昇が難しいのは誰もが知るところですし、勝って行きましょう。岡田くんはまた二軍でしっかり投げてください。いずれ上で勝つ姿が見られる選手だと信じています。

新井貴浩 2000本安打おめでとう!

タイガースにいたらまず代打専門だったでしょうし、カープに戻って良かったですね。我々ファンもこれだけ結果を出してくれたら感謝しかないでしょう。このまま突っ走って優勝しましょう!

日曜にマツダで新井選手が2000本を達成するには

3本打たないといけないので、早々に能見投手をノックアウトして5~6打席回すということを考えると、15点くらい取る試合にしないと厳しいかもしれません。今の調子だと3-3はなかなか難しいです。最近の能見投手は打てないわけではありませんが、やはり過去に何度もピシャリとやられた投手ですから必死に食らいついて倒しましょう。

横山大炎上 追い上げ実らずカープ連敗  C9-T12

まあ、12点取られたらなかなか勝てませんな。打線は好調で、あと1本出ていれば追いつけたかもしれない試合ではありました。一応試合の体を為す点差にもなりましたし、無抵抗で終わった一昨日の試合よりは遥かにマシでした。

2回の横山投手は代えるには早すぎるし、先日の黒田投手の時のようにロングリリーフ要員が待機しているわけでもなかったので仕方ありません。投げてくる球種とコースがバレていたら鳥谷選手クラスなら打ちますよ。いくら調子が良くないといっても。タイムリーヒットならまだしもホームランを打たれたのが致命傷でしたが、結果論でしょう。

タイガースは走者を出すと、仕掛けて二遊間の守備を動かし、いなくなったところに打球を飛ばすというプロならではのテクニックを見せてきました。もちろん偶然もあるでしょうが、噛み合った攻撃でした。カープも見習うべきです。ディフェンス面では金本監督が投手陣にイライラしている(というか呆れている)のは顔を見て分かりました。緒方監督もですけど。

ヘーゲンズ投手は走者がいなければ良さそうですね。今のままでは恐らく走者が出ると今日のように崩れるでしょう。使いどころが難しそうですが、貴重な外国人枠を使うのだからチームの力になってもらいましょう。

明日はなんとか勝ちましょう。関東遠征が1勝3敗だったので、ここで負け越すとダメージが大きいのです。勝ち試合で新井選手の2000本を決め、首位奪回に向かいましょう。勝つしかないのだから。

カープ投手陣 まだ5回無死で16被安打

以前田尾安志さんが「先発が打たれてもまだ負けたとは思わないけど、2人目がやられると負けたという気持ちになる」と監督のときの心境を語ってくれました。今日はまさに二人目も三人目も四人目も失点するという酷い試合になっています。負けかなぁという気持ちで見ています。

まあ、まだ5回表で5点ビハインドなので逆転がない点差でもありません。なんとか投手陣が踏ん張って、こういう試合を1試合ずつ拾っていけば… と書いている間に6点ビハインドになりました。守備は頑張っているんですがね。

今日に関してはもう打ち勝つしかないので打ちましょう。もう一回新井選手の前にチャンスを回せば次は打ってくれるでしょう。

みのもんた氏の謝罪コメントに不審な点

災害救助の自衛隊について「ちゃんとしてほしい」とツイートした件で、何でこんな余計なことを書くのかと思っていたら案の定謝罪する事態になっているそうです。バカですね。

で、そのコメント中で「世界中で唯一、今まで一度も戦死者を出さず人を救い続けてきた自衛隊だからこそ、その力をいかし、きちんとしてほしいね、という激励のつもりだった」という部分があったんですが、どう好意的に考えても悪意が無いと見るのは無理があります。

この人は仮にも喋りで生計を立てているプロなのだから、「きちんとしてほしい」は「きちんとしていないから」出る言葉であって、普通そういう時には「しっかりやってほしい」などの言い方になるであろうことくらいは知っているはずです。後付けで誤魔化しても印象の悪さは拭えません。

それに、自衛隊が戦死者を出していないといっても、殉職者は大勢いるわけです。戦死者がいないのは定義によるものであり、死んでいないのではありません。そういうデリケートな問題に触れるようなことを言い訳に使うというのは、ますます無神経だとしか思えません。バカなんでしょうね。

別に彼がバカだからといって私に何の損があるわけでもないんですが、私を含め人間だれしも自分のバカさ加減を積極的に世間に披露する必要はないわけで、余計なことはしないほうがいいでしょう。見苦しい言い訳をしなくて済みますから。

自分が散々批判してきた厚顔無恥な連中と違うことを示さないと、今までの「人気司会者」という肩書も死んでしまいます。ただの調子のいいウソつきということになってしまいますからね。折角の前半生がもったいないですよ。まあ、どうでもいいっちゃいいんですけどね。

またも鈴木誠也に送りバントを指示 → 案の定失敗

学習能力が無いのかと疑ってしまいます。バントが下手、しかしバッティングは長打もあり調子も数字もいいという選手に、わざわざ苦手なことをさせる意味が分かりません。結果は三振という最悪の結果になりましたが、バントくらい出来ない鈴木誠也選手の責任、とは言えないでしょう。采配ミスです。

現在7回ウラです。なんとかして取り返しましょう。勝てば「次は失敗しないように練習しよう」で済みます。負けたら尾を引きますよ。勝ちましょう。

四番サード堂林じゃなかった…

二軍でもずっと四番だったし、そのまま入れ替えで「四番・堂林」とするのがベストな選択だと思います。堂林くんのように色々考えすぎるタイプは「二軍と同じことをやってくれ」にしたほうが力を発揮できるはずです。八番でもいいんですが、変に進塁打を打てとか送りバントしろとか余計なサインを出さないで欲しいですね。

第一打席は先頭打者で村田選手のファインプレーに阻まれましたが、しっかり打てる球を待ってスイングしているので調子は悪くなさそうです。一発が欲しいです。現在3回までゼロです。福井投手が踏ん張れるかどうかという感じになっているので先に点を取りましょう。「1点もやらない」の構えは返って大量失点になりますから。

重要文化財倒壊

非常に残念ですが、国の重要文化財に指定されるほどの建造物であれば十分な調査がなされていると思われますし、後々復元することも可能でしょう。時間とお金がかかるので後回しになるかもしれませんが、こういうものを復興するのは有史以来為政者の務めです。ひとまずは一刻も早く災害が終息して復興にかかれることを祈るのみです。

壊れてしまったものは仕方ないので、復元修理という貴重なことを経験できるし、壊れた建材や土地の調査も出来ると前向きにとらえるべきでしょうね。当然生活環境の復興が先ですが、地域のシンボルとしてなるべく早く復元して欲しいと思います。

ルナ選手の怪我は

太もも裏のいわゆるハムストリングを痛めたということですから、程度にもよりますがしばらく守備走塁は厳しいでしょう。数日の怪我ならその間は代打専の可能性もありますが、その場合は先発サードが安部選手ということになり攻撃力はなかなかガッツリ下がります。

どうでもいいことですが、私が二十代のころハムストを痛めたときはびっこを引かずに歩けるようになるまでに半月かかりました。立ち仕事だったので辛かったのを覚えています。それ以降、身体の裏側の張りには敏感になり、脚の裏側のストレッチも入念に行うようになりました。

抹消ということになれば先発四番サード枠で堂林選手を上げるのか、外国人枠でプライディー選手を上げるのか、合わせて上げるために外野手を誰か落とすのかという感じでしょうか。左の外野手の抹消候補筆頭は恐らく松山選手になるでしょう。私は松山選手を結構押しているので、そうなったら残念です。

最悪なのが「軽傷だからそのままスタメン」からの「動けなくてエラー連発・打撃も精彩を欠き、無理をして本格的な故障・今季終了」という流れです。緒方監督は本人がいけると言えば意気に感じて使っちゃうタイプ(あくまで『タイプ』)の人なので、本人のコメントよりトレーナーや医師の見立てを優先してくれることを願います。当たり前のことですけどね。

とりあえず球団発表がまだないので明日を待ちましょう。

黒田打たれ首位陥落 G6-C5

首位云々はともかくとして、今日は疑問手がありました。横山投手をつぎ込めるのであれば、なぜ3回表のチャンスに黒田投手を代えなかったかというところです。明らかに球が上ずっていて2回裏も全く修正出来ていなかったし、他に投手がいなかったならともかく横山投手がいるならすっぱり代えるべきでした。

足の影響はあると思いますよ。打ち取った当たりがヒットになることが多いのはそれだけキレがなく思うような投球になっていないということでもあります。単に運が悪かったというだけではないでしょう。まあ、もう終わってしまったことなので次の投球に期待しましょう。

横山投手はなんだかんだで初見で攻略できる投手ではなさそうだということが分かりました。中継ぎでもいけないことは無さそうなので、チームの状態によってはブルペン待機組に、ということも視野に入れていいかと思います。

今日は田口投手を3回で諦めたジャイアンツと、状態の悪い黒田投手にこだわったカープの采配力の差が出た試合でした。繰り返しますが、次の投手がいない日なら仕方ありません。それは戦力の差です。でも、わざわざ登板間隔の空く横山投手がブルペン待機しているのに上手く使えないのは采配の差に違いありません。首位に相応しい戦い方では無いので陥落は必然です。

黒田投手を諦めて継投戦の覚悟をしていれば、3回表同点に追いついてなおチャンスの場面で代打・小窪選手を投入できたでしょう。黒田投手がそのまま打つより、一気に勝ち越すチャンスが何倍もあったはずです。

もしかしたら、そうしたことによって1点差のゲームに持ち込めた、あと少しで勝てたんだ、という見方も出来ます。が、私には勝ちにくい、難しい道をわざわざ選択しているように今日は見えました。明日は勝ちましょう。勝つだけの力はあるのですから。

熊本城崩落危機

亡くなられた方もいるので不謹慎かもしれませんが、城郭ファンとしてまず熊本城の崩落具合が気になってしまいます。石垣は崩れるものとは知りながら、崩れないことで定評のある加藤清正仕込みなら、という願望あるいは信仰があります。ニュース映像では大打撃を受けているようでした。それだけ大きな地震だということです。

熊本地方は折あしく大雨の予報ということです。救助活動を急いでほしいのと共に、二次災害が無いことを祈るばかりです。失われた命は戻りませんからね。

東北の復興もまだまだ道半ばというところでの大きな災害になってしまいました。津波が無かった分まだマシなのかもしれませんが、被災者にはそんなことは関係ありませんし。そもそも東北の復興はどうなっているんだというもどかしさもあります。国にも民間にもカネが無いというのは辛いことですね。

東日本大震災の対応で当時の与党が大きく期待を裏切った歴史があるように、このような災害のときには政府や地方自治体の真価が問われます。馬脚を何本も露すようなことになってしまうとすれば、それは災害の救済や復興ができていないということにもなりますから、期待通りの仕事をして欲しいものです。

先制を許すも直後に逆転しドラゴンズを粉砕 C10-D1

カープの投打が噛み合ったというよりは、ドラゴンズがちぐはぐだったという試合ですが、そういう試合をしっかり勝つことが重要です。11安打で10点と、貰ったチャンスをモノにしての大量点ですからいい感じです。

打つほうは達川さんも言ってましたけど、エルドレッド選手の一発が大きかったですね。ドラゴンズは以前のカープを見ているような「一点もやれない」という投球・リードでした。そういうのはひとつリズムが狂うと一気に崩壊します。5回の天谷選手のタッチアップも試合を決める1点になりました。あれもナイスプレーでした。

投手陣は今日は文句なしです。ただ、ルナ選手の4失策は「仕方がない」では済みません。あれが限界のプレーなら、先発出場は厳しいレベルです。特に最初のファールフライは、ホームグラウンドなら捕らなければいけません。ゴロのエラーも、こぼした後の反応が鈍すぎました。この後の試合でしっかり守って汚名を晴らして欲しいところです。

明後日からのジャイアンツ戦は、2つ勝てば首位独走の可能性がある大事な試合です。今日勝ち継投を温存できたので、接戦もスタンバイオーケーでしょう。チーム状態は悪くありません。叩くなら今です。勝ちましょう。

雨天中止・・・ そういえば今朝マエケン投げてたな・・・

現地時間だと日付は違うかもしれませんが、「マエケン登板日は雨」の法則が太平洋を越えて広島に適用されたようです。これで今週は4試合、来週は5試合と1勝の価値が高い週になりました。明日はスライドのエース・KJがやってくれるでしょう。

ドジャース前田健太 2勝目ならず

味方の好守もありなんとか抑えた、という感じでしたけど、それでも6回をゼロというのはさすがマエケンでした。

後続のリリーフが全員失点という惨状で、あっという間に負けゲームになったのが残念でしたが、自ら打つ機会もあるリーグなのだから前田投手は自援護しないといけません。打点を挙げつつ100球以内で完封すれば勝てるわけですからね。もちろん打点は冗談ですけど、球数は減らしていく必要があるでしょうね。

私は基本的にカープ以外の試合にはそんなに興味が持てません。ただ、今日の前田健太投手の登板試合はなかなか面白く見られたので、今後も中継がある日は録画しておこうと考えています。今後も好投を期待します。

カープ いつのまにか首位(同率)に立つ!

勝利数だけでなく、得失点差、打率、防御率、盗塁数など多くの項目でリーグトップに立っていました。今の時期はそんなに順位どうこうは見ていなかったので先ほど順位表を見るまで気づいていませんでした。まあ、つまり、スタートダッシュとまでは言えないが、去年の轍は踏んでいないということです。

なんでしょう、今はルナ選手が結果を出して打線に切れ目らしい切れ目が無くなり、弱点は救援陣だけとなっています。救援陣も微妙な判定や不運な当たりでやられている場合もありますから、立ち直れないという状態までは落ちていません。あと1枚好調な投手が出て来るとだいぶ違うんですけどね。今季は7回を誰が投げるかがテーマのようなので、そこを埋めて欲しいです。

ファンの間では二軍で好調な数字を残している堂林選手の待望論も出ているようです。実際私も序盤のルナ選手不調期には「このまま不調なら堂林と入れ替えるべき」と考えていましたが、幸いルナ選手が短期間でアジャストしてきたので、堂林選手は「もう二軍でやることがない」というところまで突き詰めてから上がって来て欲しいです。

首位ということで、このまま勝ち続ければそのまま優勝してしまうわけです。それもたまにはいいですよね。しましょう、優勝。

秋になって「開幕のころはこんなこと書いてたな・・・」と淋しい思いはしたくありません。お願いします。優勝しましょう。

カープ接戦を制し3連勝! C3-D1

初回不運な当たりもあり無死満塁から1点を取られたときには「マジか・・・」と戦意が萎えかけましたが、最初失点で凌ぎ直後に逆転するという、強いチームっぽい展開に持ち込めたことで勝てました。まあ、本当に強いチームならもう2、3点は追加点が取れたはずです。本当に強いチームを目指しましょう。

途中からは配球も外外外でもなくなって、野村投手の良いところが引き出せたように見えました。ギリギリ外れてるっぽい球もストライクと言ってもらえるくらいキレもありましたし、今日のような投球が出来ればそうそう崩れることはないでしょう。逆に若松投手は終盤にギリギリ入っていそうな球をボールと言われてしまって少し可哀想でしたね。

明日からは得意のホームゲームですから、きっちり勝って貯金シリーズにしたいところです。今年もナゴド勝率が厳しいかもしれないので、ホームのドラゴンズ戦では負けられません。今のチーム状態なら継投戦にならない限り不利はありません。先発投手にかかっています。ジョンソン投手ならやってくれるでしょう。明日も勝ちましょう。

昨日の福留選手のスーパーキャッチの判定についてカープが意見書を出す

昨日の流れは
福留選手がキャッチ → 一塁塁審がフェアのジャッジ → 金本監督が抗議 → 審判団が鳩首しアウトに変更
というものだったので、それについて緒方監督が抗議していました。

もちろん抗議の内容は「捕ってないじゃないか」ではなく「いったんフェアとジャッジしたものが抗議で覆るなんておかしいじゃないか」ということです。意見書もその内容で提出したようです。原則として、抗議によってジャッジが覆ることはないという決まりがありますからね。

昨日のプレーは恐らく一塁塁審からでは福留選手の身体とグラブが邪魔になって完全捕球かどうかが見づらかったと思われます。落下したエリアが右中間浅めだったので、二塁塁審がすかさずアウトのコールをしてしまっても良かったのではないかと思います。少なくとも金本監督がベンチを出る前に片付けておくべきでした。

誤審で意見書はもはや定番ですが、誤審を訂正するのが遅れてしまっても意見書をいただいてしまいます。「誤審をしてしまったら」というシミュレーションが不足しているんじゃないでしょうかね。KYTというやつですね。実際の映像を利用すれば難しいことではないと思います。まあ、ビデオリプレイを使うのは審判の技量向上の妨げになると言っちゃう団体なので無理でしょうけど。

やれるところを見せたカープ 延長戦を制す T2-C6

まあミス論でいうならばタイガースの継投ミスなんでしょうけど、ボールを見極めてしっかりチャンスをつくったことで勝つことが出来ました。明日勝てば結果オーライの勝ち越しが決まります。どう考えても負けの流れを覆したこの一勝は大きいです。どう考えても勝ちの試合を落とした後だけに。

明日は藤川投手対福井投手ということで、データ的には乱打戦の予想です。理想の投球にはいまひとつという福井投手には結果を出して欲しいところですし、打線勝負ならカープのほうが優位でしょう。勝ちましょう。

まだ試合中ですが、謎采配について

9回表無死二塁(赤松選手)、打者は今日二塁打と三塁打の鈴木誠也選手という場面で、なぜ上手くもない送りバントを指示したのかが全く理解できません。今日フェンス到達長打2本の当たっている打者がバント失敗でみすみすアウトを献上し、そして無得点という意味不明采配でした。

そんなに信頼がないんですかね。それとも鈴木誠也選手のバント能力を過信したかですね。もちろんバントを決めてさえいればその後に犠飛で得点した可能性もありますので作戦自体は間違いとは言えませんが、バントの成功率が低い打者、しかも今日当たっている打者にバントを指示して失敗したのは采配ミスでしょう。

ここからなんとか勝利しましょう。やれるんだというところを見たいです。連敗はダメだ。

追加点の取れないカープ 不運なサヨナラに沈む T3-C2

今日は「勝てる試合」ではなく「勝たなくてはいけない試合」でした。中崎投手は責められませんし、投手陣は頑張っていました。野手も初回に2点を先制したまでは良かったのですが、その後は散発4安打で完全に抑えられました。

8回表二死からのチャンスに代打の代打・小窪選手を出さなかったのは何故でしょうか。菊池選手がいないとはいえ、まだ内野の控えは西川選手もいました。あの場面で使わずしていつ使うつもりだったのでしょうか。

サヨナラの前のレフトへのフライは、田中選手が捕るなら捕るでダイビングしてでも捕りに行くべきでした。大歓声で声も聞こえないでしょうから仕方のないプレーかもしれませんが、そういう仕方のないプレーをいくつアウトに変えられるかがプロの腕の見せ所です。

明日は黒田投手対岩貞投手ということで、どうしても勝たなければなりません。負けたら3連敗があります。勝ちましょう。

追い上げを辛うじてかわし、逃げ切り連勝! C6-S3

今日はジョンソン投手に尽きますね。球数を考えても本来なら9回は別の投手が行くべきところでした。明日は投げないわけですしね。チーム事情と本人の意思があったのでしょうが、結果的には余計な失点になってしまいました。ともあれ、3戦連続好投のジョンソン投手にようやく勝ちが付きました。

追記を表示

暴走知事

沖縄の知事が「辺野古の埋め立て承認以降の事由で私どもが了解できないことがあれば、撤回も視野に入れる」という考えだそうです。まあそれはそれとして、問題なのは、新たな国との訴訟に沖縄側が負けたとしてもこれを強行する、という部分です。ニュース記事にはそのように書いてあったたので、それは違うんじゃないかなと思います。

すなわち「俺は司法判断には従わない」宣言ですからね。沖縄県知事は法によって選ばれ、権力が保障されているんじゃなかったんですかね。このような、どう考えても自分に還ってくる攻撃をネットスラングで「ブーメラン」と言いますが、まさに大きめのブーメランを放ってしまった感じです。

あんまり現役の知事が訴えられるとか拘束されるとかいう途上国のような光景は見たくないので、法に従って粛々と行動してもらいたいものです。抗議するのはその後です。まあ、あんまり時世に合わない文句ばかり言うようなら沖縄県を廃止することを視野に入れたらどうですかね。法にのっとった方法で。

逆転満塁ホームラン! カープ猛打で勝利! C12-S5

先発全員安打で二桁得点、快勝!と言いたいところですが、3失策に山田選手は相変わらずのフリーパスと、課題が多く出た試合でもありました。エルドレッド選手のバックホームが逸れていたら、あるいは丸選手のホームランが出なかったら、また「勝てた試合なのに… ぐぬぬ」となってしまったかもしれません。

追記を表示

WWE NXTの中邑真輔デビュー戦を飯伏幸太が観戦していたらしい

JSPORTSでは放送がないみたいです。公式の有料視聴じゃないと見られないんでしょうかね。放送にはショー・フナキ氏と一緒に観戦する飯伏幸太選手の姿も映り、画像を見るとテロップ付きで紹介されたようです。現在はフリー状態の飯伏選手だけに、WWEと契約ということになれば楽しみです。

ただ、WWEのアメリカンスタイルな契約に飯伏くんが耐えられるのかという問題があります。「キャンプ場でやらせてくれないと契約しない」とか言いそうです。本人にチャレンジする気があれば間違いなくベルトを獲れるポテンシャルはあるでしょう。まあ、今回は単にプロレス研究のための渡米かもしれませんけどね。

DDTでのラストマッチの後のインタビューで伊橋くんがかなり激しく泣いていたので、私としては「たぶん他の団体に上がる話が出てるんだろうな」と考えていました。これがWWEだったらですね。しばらく見ていませんでしたけど、中邑選手に続き飯伏選手も、となれば、ディーヴァのASUKA選手やヒデオ・イタミ選手の動向も気になりますし、また見ようかなと思っています。

JSPORTS1の画像で

今季のカープの成績が「9試合 4勝 6敗」になってました。5敗だと思っていましたがどこかでもう一つ負けていたようです。なんかそう書かれると負けていたような気もします。本来勝てる流れの試合を3つくらい落としてますからね。今のペースでそれを続けると、シーズンで約50試合くらい無様な逆転負けを喰らう計算になるので、ぜひそれだけはやめて欲しいです。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索