Entries

日韓戦を制しサッカー五輪代表がアジア王者に

日本サッカーは一時期をピークに成長が鈍化しているような印象があります。今回の五輪代表もいくつかあった「谷間の世代」のひとつで、しかもここ最近で一番弱いんじゃないかとすら言われていました。それが優勝ですからね。

予選リーグから中盤を制圧されることが多く、反省点や今後の強化ポイントがかなり多そうですが、自身をもって戦って欲しいですね。アジア王者ですからね。

五輪メダルもそうですが、その先のA代表が強くならないと日本サッカー的には成功と言えません。「やはり谷間は谷間」と言われないためにも今後の躍進を期待しています。2020年には代表チームの中核を為している世代です。彼ら次第では「W杯優勝の現実的可能性を語る」という時代になるかもしれません。
スポンサーサイト

レトロフリーク病

ゲームを遊ぶよりむしろ買い集めることが目的になってしまう、魔性の機械です。

最初は「まあ108円だし」とハードオフのジャンク箱から買っていたものが、徐々に300円台や500円台、1000円を超えるものでも「まあなかなか無いものだし」という感覚になってきます。「新品当初は数千円~1万円以上したものだし」という逃げ道もあり、多少お金が自由に使える社会人にとっては浪費システムの構築にうってつけです。

気付くとかなりのお金を使ってしまっています。買うのに忙しくて遊ぶ暇がない、という本末転倒の事態にもなっています。私の場合はそろそろ欲しいRPGやSLG等が少なくなって来て先が見えていますが、アクションやシューティングなども遊ぶ人は我が家の数倍危険ですね。

先ほど改めてamazonレビューを見てみたら、結構な数のレビュアーが何の手入れもせずにカセットを抜き差しして端子を壊しているようです。「サイバーガジェット」という企業をよく知らない、昔のゲーム機の堅牢さを認識していない、カートリッジ側端子の経年劣化を甘く見ている、というところでしょうか。

どれもユーザーを責めるほどのことではありません。サイバー社が昔の任天堂並みのモノづくりをしてくれればいいだけの話なんですが、ただ残念ながらサイバー社はそういう会社ではありません。安いものではないのでこれから購入しようかと思う方はそのあたりをよく認識してからにしましょう。

私が見る限り、レビューにはよく「端子が固い、抜けない」と書いてあります。個体差もあるのかもしれませんが、カセット側端子に酸化膜と汚れが付着して太っている(厚みが出ている)可能性が高いです。接点復活剤のスプレーと綿棒があればかなり状況は変わると思われます。

良くも悪くも自分で手入れをしながら優しく使う「大人の道楽」の機械だと私は感じました。機能面では申し分ありません。もうちょっと安くなったら2台目も欲しいくらいです。

琴奨菊関が優勝

日本人の優勝は10年ぶりだということです。優勝の可能性がありそうな日本人力士がいわゆる「クンロク大関」的な存在になる時代が長かったですからね。最近は優勝候補がモンゴルモンゴルモンゴル…でしたし、今回の優勝は破天荒と言うべきでしょう。おめでとうございます。

この快挙に続く日本人力士が出てくるともっと盛り上がりますね。もちろん外国人力士もですけど。

真田丸

実に久しぶりに大河ドラマを見ます。「真田太平記」世代の私としてはかつて真田左衛門佐を演じた草刈正雄さんが今度はオヤジの安房守を演じるということで放送前から大いに期待していました。

結論から先に書くと、1話は面白かったです。普段ドラマは全く見ない私でも飽きずに楽しく見られました。時代ものだからといって重ければいいというわけではないので、軽めのタッチでコメディっぽさを出したのも頷けます。ただし1話最大のコメディは榎木孝明さんの「一門衆筆頭」の重々しい演技ですね。しれっと裏切るのが分かっているだけにね。

追記を表示

久しぶりにハードな通販に当たる(買ったのはソフト)

レトロゲームソフトを通販で買うということは必然的に中古品を求めることになるわけです。メーカー直販や大手通販ならばある程度品質や配送状況には期待できます。しかし、個人を含む零細企業から購入する機会が多い中古ゲーム通販になるとそうはいきません。

今までもあまりよろしくないこともありましたが、今回amazonマケプレの「コメクマゲームズ」というところから購入したファミコンカセットはなかなか閉口する配送形態でした。箱ナシのソフトのみ、汚れや経年劣化等がある説明は明記してありました。汚かったけど手入れをして接続したらしっかり認識し、「遊べる」という点では問題がありませんでした。

しかし、薄い茶封筒にむき出しのカセットがそのまま入っているというのは想像しませんでした。明記がなくても今まで買ったところはエアーキャップや発泡シート等で一応の緩衝材を入れてくれていました。そういうのが常識だと思っていたので、なかなかのショックを受けました。

ソフトの角に打痕と思われる白化があり、配送時についたものではないかと疑っています。茶封筒に破れはないものの、激しく打ったからといって外装が破れるとは限りません。こんなお粗末な梱包でも壊れないファミコンROMカセットは流石です。

「新品」と書いてあるのにキズだらけの粗悪品が来るなど悪評のある出品者だということは承知していたものの、所詮中古カセットだから動きさえすればいいだろうと思って注文しました。予想通り目的は達したので問題ないといえばないのですが、流石にもう一度この出品者からモノを買おうとは思いません。

いまだにamazonが販売するものとマケプレの区別がつかない人もいるなんて話も聞きます。まあamazon本体なら何の問題も無い、というわけではありませんが、マケプレ利用時はくれぐれも注意しましょう。

レトロゲームに大浪費

レシート集計をしたわけではないので精確ではありませんが、レトロゲームの総数とだいたいの購入金額割合を概算したところ、およそ10万円程度はかけているかもしれない計算になりました。これは過去に新品で購入したソフトを含みます。概算とはいえ無駄遣いですね。

しかしそろそろレトロフリークで遊べるゲームの限界が近づいていますのでこのまま青天井でお金をつぎ込むということは考えられません。私は基本的にアクションやシューティングはやらないため、遊ぶソフトの総数がだいぶ少ないほうです。もうあとは数千円する希少ソフトを除けばそれほど欲しいものがありません。

こうなってくると希少ソフトも欲しくなるものです。前の記事にも挙げた「蓬莱学園の冒険」なんかはTRPG版も持っていましたし遊んでみたいゲームです。ただ、このような4~5千円するゲームを買いだすと流石にそれまでの安価な中古ソフトとはわけが違いますから、当面の間は自粛して様子を見ます。

レトロフリークにゲームギア等の新アダプターが発売されるということですが、これらのソフトは更に希少なので元々ソフトを所持している人じゃないと費用対効果が悪いような気がします。うちはセガ派じゃなかったので見送ります。ディスクシステムのアダプターが出るらしいという噂を聞いたので更なる新アダプターは買うかもしれません。

客観的に見ると実にしょうもない浪費ですが、上限が見えていること、費用対効果がそれなりにあること、何より自分にとってそのくらいの価値があることで個人的には無駄遣いではない気がしています。子供のころに遊びたかったけどお金が無くて買えなかったあのゲームが遊べるわけですからね。

新年からレトロゲーム

明けましておめでとうございます。今年こそはカープ優勝といきたいところですが、戦力的には例年より厳しいですね。しかしそんな年こそ意外と勝てたりすることもありますし、悲観せずに応援しましょう。

さて、「レトロフリーク」購入以来せっせとレトロゲームを探しに主にハードオフを回っています。初期は狭山周辺、続いて川越周り、そして多摩地区と次第にチェックして回り、この年末年始の休みに県東部・南部・北部を制覇しました。ホームページで「駐車場有り」と書かれている店は深谷・本庄を除いて県内は全て回ったことになります。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索