Entries

カープ来季のコーチ陣固まる

ヘッドコーチの永田さんout、高さんinがかなり効いてくる気がします。高コーチは今のレギュラークラスと二軍の中心選手を両方見ているので、緒方監督に高コーチの意見を容れる度量があれば今季よりは余程選手の特長を生かした采配が振るえるはずです。

打撃コーチも意外と熱血で猛練習派の琢朗さんと、猛練習時代の選手ながら理論派の東出コーチという組み合わせはなかなか良さそうに見えます。野球ゲームなら選手の選球眼がグングン上がりそうな構成です。勝負弱さを解消するためにはチャンスで確率の高い打撃をすることが必須になりますから、期待しています。

投手コーチ陣は留任です。畝コーチについては罵声もありましたが、今季の投手陣の残した数字を見れば「無能」とは言えません。今季の大瀬良・中崎酷使から来季はもっとバランスのいい起用を見せてくれるものと期待しています。今季のペースで特定選手を酷使したら、来季は間違いなく故障します。

あとは先日も少し書いた河田コーチがどれだけの仕事をしてくれるかですね。一般的には走塁コーチの先任者が三塁コーチに立つことが多いのでセカンドランナーをいかに本塁に返せるかは彼にかかってくるかもしれません。今季はこの判断が走者の技術と見合わないケースがたびたび見られました。

まあしかし、実際にプレーするのは選手ですから、コーチだけが頑張っても意味がありません。まず怪我を直すところからの選手もいるでしょうし、フォーム修正や変化球修得、新ポジションに挑戦する選手もいるでしょう。たった一度の野球人生ですから、悔いのないシーズンにして欲しいです。

まだ補強も移籍もこれからですけど、ベテランが大量に引退したためにジャイアンツやドラゴンズは弱体化しています。カープで引退したのは今季一軍戦力になっていない選手だけなので、エースが抜けても相対的にそんなに弱くなっていないという可能性もあります。しっかり準備して勝負できる年にしましょう。
スポンサーサイト

「代走・河田 背番号50」でおなじみの河田コーチが来るらしい

ライオンズファンには色々言われてるみたいですが、今のカープにはこういう人が欠けているので嬉しいニュースです。恐らく守備走塁コーチになると思われます。足は速いのに走れなかったり守備範囲が狭かったりする選手の指導だけでなく、本来はもっと走れるはずなのに鈍足に甘んじる選手への指導もお願いしたいです。

私の年代だと選手時代も最も馴染みのある代走のひとりですし、帰ってくるというか、来てくれるのはとても嬉しいです。願わくばこの嬉しさに比例する結果を出してくれたら最高です。罵声で追われる河田雄祐は見たくありませんからね。よろしくお願いします。

日本球界最高の賞をひっさげ マエケンいざメジャーへ

二度目の沢村賞受賞が決定したそうです。情けない4位の負け越しチームからこのような名誉ある受賞者が出たのは嬉しいことです。おそらくベストナインやゴールデングラブなど、他のタイトルの受賞もあるかと思われます。メジャー行きの手土産が増えたというところです。

今年は誰にも後ろ指を指されることのない数字を残してくれました。ファンからすると期待が高すぎてもうちょっと頑張ってくれという思いもありましたが、エースに相応しい結果です。このうえはすんなり円満にメジャーへ行って、故障なく長く活躍して欲しいです。

欲を言えば活躍した上で最後はカープへ戻って来てくれると嬉しいですが、あちらで燃え尽きるまでやって欲しいという思いもあります。いずれにせよ故障しないことですね。日本人投手は殆ど誰もかれも故障に悩まされています。もっとも、気を付けてどうにかなることではないかもしれません。幸運を祈りましょう。

復活ならず 遂に篠田純平戦力外

復活を目指していた篠田投手がついに戦力外となってしまいました。残念です。ニッカンによると同じく武内投手、鈴木将光選手、育成のデ・ヘスス投手が戦力外とのことです。武内投手はもうワンチャンスあるかとも思っていましたがこのような結果になりました。

「左は篠田が戻ってくれば」と毎年のように言われていたファン期待の選手でしたが、戸田くんを始めとする後輩左投手の成長を見送る形で引退するようです。良い時は生活感のある投球をしてくれ、好きな投手でした。非常に残念です。

追記を表示

老害代表・張本さんが

例のテレビ番組でジャイアンツの賭博選手・笠原と松本に関して、まだ若いので更生の機会を与えたいという発言をしたそうです。

コミッショナーでもオーナーでもないのに何を偉そうにというのが私の感想ですが、まあ「更生の機会」は若さに関係なくあるべきです。与えられるものかどうかはともかく、更生を阻む社会であってはいけません。

もちろん重大な違反行為なので「そのまま選手としてプレーさせる」選択肢はありません。これをやられたら規則の意味がありません。少なくとも数年間程度の資格停止を含む処分が必要でしょう。普通なら解雇&追放です。

そもそもNPBの野球選手としてプレーすることだけが彼らの人生ではないわけで、まだ若いんだしやる気があれば転職は可能でしょう。今のところ刑事告訴を受けたわけではなく、あくまで「プロ野球選手としての規則を破った」だけということになれば他の業界で仕事をすることに問題はありません。

読売グループ内の通常求人を紹介し、履歴書経歴書の書き方と面接の教育程度はジャイアンツ球団でやってあげてもいいと私は考えています。それが「更生の機会」です。もちろん通常の求人なので採用されるかどうかは部署次第ということでいいと思います。

普通の会社はそこまで面倒を見ませんが、どうせ野球しかしてこなかった連中でしょうから、野に放つ前に教育を施すところまでがジャイアンツの責任です。「野球しかしてこなかった連中」といっても、同じように野球一筋でも賭博に手を染めない選手のほうが圧倒的に多いわけですから言い訳にはなりませんが。

まだ決着がつかない事件なのでどうなるか注目しています。厳罰で襟を正す必要があります。

「くまみこ」がアニメ化

面白いのは間違いないんですけど、なぜこれを…? というアニメが最近多いです。「くまみこ」なんかも面白いのは間違いありません。なんでこんなヘンテコな漫画を思いついたのか、作者の頭の中を覗いてみたい作品です。

予告映像を見たらキャラデザインは原作の雰囲気そのままだし、声もメインの二人(一人と一柱か?)は私のイメージに非常に近く、楽しみです。ショートアニメの枠ならうまくはまりそうな気がします。

とりあえず最新5巻もたいへん面白いので皆さん買って読んでください。

琢朗さん打撃コーチへ

晩年の琢朗さんのコースを見極めファウルで粘る技術は最高潮に達していた印象です。そこから甘い球を打ってもヒットにならなくなってきて引退を決めたように私は受け取っています。カープで粘る技術を持っているのはレギュラークラスでは丸選手と梵選手くらいなもので、新井選手ですらあっさり気味な時もあります。

好球必打は当然として、粘る技術をどうにか若手に植え付けて欲しいと願っています。球数を投げさせれば相手投手も先に降りますし、特に菊池選手や田中選手にはスワローズ川端選手や引退した井端選手のようないやらしい打者になってくれたら得点力はグンと上がります。

三塁コーチに誰が立つのかという話題にもなりますね。ところでサードコーチャーズボックスに打撃コーチが入っていたことはないんですかね。ヘッドコーチのような職の人なら入っていたような気がしますが。今季の憤死の山を経験にして成長した琢朗さんのコーチングも見てみたい気持ちもあります。成長していればですけどね。

他のコーチの情報も近日中には出揃うと思います。来季は厳しいシーズンになりそうなので、期待の出来るコーチ陣にして欲しいです。年功序列ではなくね。外部からの招聘も新井宏昌氏で終わりにしてはいけません。プロ球歴を問わなければ単純に人材の数は12倍くらいになります。有能な人が出る確率も12倍だとしたら、そうしない理由がありません。

ジャイアンツ高橋選手が現役引退・監督就任

悔いを残すでしょうね。なんか可哀想な気がします。まあ、本人が決めたことだから外野が、それも他チームのファンがどうこう言うようなモノじゃないでしょうけど。

来季はGTが新人監督になりますから、二年目の緒方監督は鼎の軽重を問われることになります。今のところはベリリウム並みの軽さなので、来季はタングステン級の重さを目指しましょう。

ドラフト終了

成功という人もいるし失敗という人もいるようですが、結局獲得した選手が一軍で活躍するかどうかを見てみないと評価など出来ません。4位5位くらいで獲った選手が数年後に四番を張るようなこともありますしね。今のところは全選手に期待しています。是非入団して一軍を目指してください。

注目はオスカル投手です。そこそこの球速にそこそこの制球らしいですが、ブラジル代表のプライドを持って大爆発するかもしれません。来季は最多勝エースの穴を埋めなければならないシーズンなのでこういう選手が出てくると助かります。

「(能動的に)戦争になるのでは」という不安より「某国が攻めてくるのでは」という不安のほうが現実的

観艦式に添えて、また平和ボケ連中から「戦争コワイ」という例の反応があったみたいです。まあ、ネット上の記事なので「ごくごく一部の意見が誇張されて書かれている」かもしれません。そう思いたいです。

戦争が恐ろしいのは当たり前で、別に否定するようなことではありません。

日本に防衛能力が無ければ某国が島嶼を占領して実効支配しても防ぐことが出来ません。盗られたらどうなるか、北方や日本海の島を見れば分かるのに、そういう方面での危機感がなぜ湧かないのか理解できません。平和ボケした上で直近の歴史すら学ばない馬鹿なのかなとしか思えません。

戦争を回避するためには周辺国との利害を調整する内政外交の能力が不可欠です。そもそも太平洋戦争に突入したのも外交の失敗と国内統制の失敗によるところが大きいわけです。だから戦争がコワイなら『利害関係』についての政策を注視するべきです。

同時に、あのフネが浮いているからこそ今の国民生活が守られているということを理解するべきです。もちろん沈んでいる(潜水艦のことね)フネも含めてですが。交番のお巡りさんを見て「警棒や拳銃を持っているからコワイ」と思いますかね。それと同じことなんですがね。

ジャイアンツの監督選びのこと

別に誰でもいいんですけど、暇な人が大勢いる中で現役選手に白羽の矢を立てるのはいかがなものかという感じはしますね。

高橋選手のコメントも主成分は「とまどい」ですし、兼任コーチをやっただけでいきなり監督というのはなかなか厳しいものがあると思います。カープで言うなら来季の監督が東出氏、というようなものです。まあ、東出コーチならそこそこやれる気もしますが。

個人的には次の次の監督あたりで、数年コーチを務めた高橋選手が監督に、という感じかなと予想していました。高橋選手も素晴らしい選手であることは間違いないので、悔いのない選択をして欲しいです。

とはいえ、断ろうにも「説得のために長嶋氏が出馬」のような事態になったらそりゃ断れませんよね。球団側がそういうことをしないよう願います。アンチ読売に燃料を投下するようなモノです。

お詫びと訂正

日頃偉そうなことを書いておきながら、昨日まで「中翔太」を「中翔太」だと誤認していました。お恥ずかしい。

いないとは思いますが、ここで読んだがために「中”﨑”」と覚えてしまった方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

「信頼している」「応援している」などと言いながら名前を間違うという失態をどうかお許しくださいませ。

今後はチームのホームページで確認する作業を怠らないよう注意します。

仮称NXのソフト開発キットが配布されたらしい

2016年の年末にも出るかもしれないと言われている任天堂の新ハードのソフト開発キットが開発者向けに配布されたというはなしです。私もファミコン世代なのでいい年なのにゲーム機は気になります。Wii Uが大失敗(営業的には「大」は付かないという説もあり)に終わった任天堂がどう巻き返すのか注目しています。

Wii Uを見れば任天堂はもう終わった、とか、どうせNX(仮称)も期待できない、などのコメントを出す一般人が結構いるみたいですが、どんなハードになるかの情報が殆ど出ていない段階で何故断定できるのか分かりません。内部の人ならともかく。

従来のハードの歴史を見れば大逆転がしばしば起こりうるということは分かるはずなので、そういうことを簡単に言う人は過去を知らない子供か、今しか見えない馬鹿か、その両方か、だと思います。ただ私も任天堂を擁護するつもりはありません。もうちょっと情報が出ないと論議のしようがない、という話です。

Wii Uもコンセプトは悪くなかったと思うのですが、結果は惨憺たるものでした。互換性がありながらWiiの置換も出来なかったわけで、失敗ハードの系譜に名を連ねるのは間違いありません。ゲームハードはもう時代遅れなのか、それとも再び任天堂の時代がやってくるのか、NXが命運を担うと言っても過言ではありません。楽しみです。

日本シリーズは優勝チーム同士の争いになる

チャンスにヒットが全然でないから「あれ?カープ負けたはずなのに出てる?」と思ったらジャイアンツでした。同じような打線であちらは2位、こちらは4位、その意味をよく考えて来季の糧にして欲しいです。

だいたいカープが出ていない試合を見るときはチームが弱いほうを応援することが多いのですが、残念ながら私もかつてはアンチジャイアンツだった時期があり、今でも積極的には応援しません。スワローズ一気に行け、という気持ちで見ていました。ホークスのほうが明らかに強いので、日本シリーズでは競り勝って欲しいですね。

追記を表示

小窪哲也FAせず残留へ

嬉しいニュースです。代打に甘んじることなく勝負してもらいましょう。

なんでも緒方監督が直接指導型に切り替えるらしいという報道もありますし、監督自身が「変わらなきゃ」と考えているとしたら来季はまさかの名将化がほんの少しだけ期待できるかもしれません。采配が冴えてくれば勝負強い小窪選手の打撃も今季よりはるかに機能するでしょう。期待しましょう。

あとは木村選手の動向がまだ不明ですね。今季の干されっぷりを見るに私が木村昇吾だったらFAします。残りの選手生命を干されて終わるのは無念ですからね。ですがチーム内の事情が今どうなっているか、来季への話し合いがどのように進捗しているかは分かりません。好きな選手なので残留して欲しいです。

小窪哲也FAか というまとめ記事

まあね。半分ヒゲを剃られてますしね。

という感情で決めることではありませんけど、唯一空いているサードのスタメン序列が梵選手や堂林選手より下という状態ではレギュラーは程遠いわけで、チームを出ていく選択には説得力があります。FA権行使の可能性は高いと見るのが自然でしょうね。

私はそんなに小窪選手の守備能力が低いとは思いません。確かにレギュラーを獲りかけた時期には守備力不足でしたけど、ファインプレーでチームを救ってくれたことも一再ならずあります。守備固めに出すほどではないかもしれませんが、守れない扱いは違うでしょう。スタメン出場時の打撃結果さえ伴えばカープでレギュラーを獲る可能性もまだありますよ。

赤松選手が残留確実ということですから、可能なら小窪選手も残留して欲しいです。明日には結論を出すということですから見守りましょう。

しかし、FA選手にパワハラまがいのイタズラを仕掛ける監督ってなんなんですかね。意味が分かりません。分かりませんね。

東出コーチは一軍打撃コーチか?という報道

私は基本的に指導歴がなく引退後の勉強期間もとれていない「名選手」のコーチ就任は歓迎しないのですが、この人は現役時代からそういうスキルの研鑽をしている人だと受け止めています。もちろん結果がどうなるかはやってみないと分かりませんが、選手からは慕われるコーチになるような気がします。

仮に即座に一軍打撃コーチになるとしても、迎コーチ補佐の昇任よりは期待できるのではないかと考えています。技術にしても選手時代の実績にしても遥かに上ですし、出てくるコメントにしても東出コーチのほうが現役時代からよほどコーチっぽかったですよね。

最大の敵は緒方監督でしょう。打撃コーチ時代は有能とも言われた緒方監督が実質的な兼任打撃コーチをやりだし、東出コーチが新米としての研修期間のような扱いになってしまうとポストの無駄遣いになってしまいます。まだ将来の監督準備には早いですし、そもそも監督は監督でもっと重要な仕事がいろいろあるはずです。

シーズンが終わって時間があるので野村謙二郎著「変わるしかなかった。」を読み返してみました。緒方監督も是非これをもう一度読んで欲しいですね。まさか一度も読んでないということはありませんよね。野村前監督の失敗と反省を今季の失敗に重ね合わせて、何がいけなかったのか、今から何をしなければならないのかよく考えて欲しいです。

東出コーチからすれば緒方監督は大先輩で、しかもめんどくさい系の大先輩だと思います。が、選手時代の東出コーチはそういうめんどくさいモノの処理をそつなくこなす印象がありました。知性の面ではどう考えても東出コーチのほうが優れているので、上手い具合に監督を補佐してチームを強くして欲しいと願っています。

まあ、二軍コーチからかもしれませんけど。そっちが普通ですからね。

僕らのたっちゃんが(解説席に)帰ってくる(かも)!

ドラゴンズのコーチを退任するそうです。記事によると自ら申し出てということです。今季の後半は若手捕手がだいぶまともになって来た印象があったので達川さんの功績もあるのかなと思っていましたが、本人は「育てられなかった」とコメントしているそうです。

またどこかのコーチなどになるかもしれませんが、正直達川さんの解説が無いシーズンは物足りないので解説者席に戻って来て欲しいです。またあの圧倒的な取材量と鋭い分析眼から導き出される、真逆の結果を見せつけて欲しいです。

達川さんなら難解な上に裏目に出続ける印象が強い緒方采配を的確に分析してくれるものと期待しています。一般的な目で見ると愚策にしか思えないその決断が、果たして本当にそうなのかどうか。楽しみです。

キングオブコント2015を見ました

なんかネット上では恒例の不評のようですが、そんなに悪くなかったと思います。例年得点と面白さが乖離している感が強かったんですけど今年はそうでもなかったし、順当な順位でした。まあ、10組全部が面白かったとは言いませんが。折角の決勝なのにもっともっと頑張らないといけないコンビが少なくとも4組ほどありました。

得点配分に納得しておいてアレなんですが、コントの日本一を決めるという大会の審査員がコンビ2組+松本さんというのはどうなんですかね。現役でコント番組をやっている志村けんさんとか内村光良さんがいないのを見ると審査員のギャラをケチってるように見え、権威が殺がれます。

こういう大会でいつも感じるのは「もっと面白いネタ持ってるだろ」ということです。ネタのチョイスが悪いというよりは、そんなに練られていない(比較的)新作を持ってきてしまうんだろうと思います。新しいもので勝負したいというプロ根性なんでしょうけど、それで負けていたらどうしようもないじゃんともいえますね。

もちろん賞を獲ったから終わりという世界ではありませんし、テレビでコントを披露する場所も多くありません。これから売れるには一苦労二苦労必要でしょう。決勝に残るくらいの実力があるわけですから、どのグループも頑張って欲しいですね。来年も期待します。

一日一秋刀魚を目指して

仕事の日は時間が無いので秋刀魚一個(一尾じゃないと思うけど単位不明なので一個)が獲れれば良しとします。うちは磯風さんがいないので1-5専と化していますが、果たして期間内に出るでしょうかね。

まあしかし、菱餅の時もそうでしたけど、軍艦が艦隊を組んでサンマを取りに行くゲームって何でしょうね。哲学的ですらありますね。

安打製造機、新井宏昌コーチ退団

「昨年までは楽しくやることができた。」「監督から代打の相談はほとんどなかった。」という新井コーチの退団コメントが流石にネットの捏造だろうと思いきや、中国新聞に載っていた記事からの転載だそうです。ということは事実ですね。普通はいい年をした大人のコメントでこういうのが出ることはありません。余程ですね。

これはつまり「今年は仕事が出来なかった」「代打の采配は監督が独断で決めていた」ということでしょう。あるいは永田コーチあたりが監督と相談してという可能性はなきにしもあらずですが、どちらにせよ今季のトンチンカンな代打攻勢の責任は新井コーチには無かったということです。

「貧打の責任を取る」という形で辞任したコーチの後釜ですから来季の打撃コーチは相当な大物が招聘されなれけばなりません。間違っても迎コーチ補佐が昇格などというふざけた人事になってはいけません。なぜならば今季不調に陥った選手を誰一人復調させられなかった実績があるわけですから、昇格などあり得ないからです。

打撃指導が出来ない迎、盗塁の仕掛けが出来ない玉木、ランナーの制止が出来ない石井琢朗、監督に意見が出来ない永田、このような機能不全コーチを抱えていては来季も期待など出来ません。選手の前にまずコーチが自身の問題を解決しなければなりません。しっかりやってください。プロのコーチなのだから。

一説には唯一の有能コーチとまで言われていた新井コーチの退団というのはカープ最下位への序曲かもしれません。丸選手や松山選手を育ててくれた恩は忘れません。お疲れさまでした。また縁があればよろしくお願いします。

オワコンゲーム機PS vita を買おうとしたら買えないはなし

発売がまた延期になり当初の発表より足かけ2年延びたことになる「艦これ」ゲームの発売予定日に合わせ、「艦これ」柄のPS vitaが出るというので一丁買ってみようかとソニーストアを見てみました。が、どうも瞬時に予約数完売となったようで、購入のアイコンすら出ませんでした。

うちにはvitaTVがあるのでいらないし、そもそも携帯ゲーム機は使わないので「艦これ」デザインじゃなければ購入意欲はありません。このご時世にせっかく無駄金を使おうと思ったのに使わせてくれないSONYはユーザーの財布にやさしい優良企業なんでしょうね。恐れ入りました。

皮肉はともかく、瞬く間に予約完売ということを受けて多少なりとも販売数を増やしてくれないものでしょうかね。登録者&前金で受注生産という方式でも別にいいです。いくら転売屋が買い占めるといっても、売り切れまでが早すぎます。

私もモノをつくる仕事をしているので、そうかといって予定の何倍も生産するには原価もあれば工数もあり、ラインが空いていなければどうにもならないことは分かります。だからこそ発売日に間に合わなくてもいいので、希望者に行きわたるように配慮してはもらえないものでしょうか。お金は払いますから。

「vita普及のために赤字だけど作ってる」という場合もあるかもしれません。でも今更vitaを普及させる意味は無いし、ソニーの偉い人もPS4に注力すると言っているのでそんな無駄金を使うはずはありません。素直に観念して予約を再開してくれないものでしょうか。ねぇ。

栗原健太退団

う~ん、そういうことになりましたか。

まあ、引退では無いので活躍の機会はまだあるわけですが、できればカープで戦う姿を見たかったので残念です。

4年間実績がない怪我明けの一塁専野手が現役契約を獲得するのはなかなかの難度だと思いますが、頑張って欲しいです。

トライアウトを経てまさかのカープ再契約とかは無いんでしょうかね。わずかに期待しています。

東出輝裕引退

あの骨折までは普通にスタメンレギュラーだったので、翌年の靭帯断裂がなければ一軍の出番は普通にあったはずです。記事では「低迷期を支えた」と書かれていましたが、実際あの頃は弱かったですね。「正田の引退は2年早かった」説があるくらいです。

世代的には石原選手より下だし、同学年の梵選手や木村選手がまだ戦力なので早い気はします。が、高卒入団ですぐにフル回転したダメージは相当蓄積されているはずです。そこに、内野手には致命的な膝の大怪我が止めを刺す形になってしまいました。

引退は残念ですが、二塁には東出選手の怪我をチャンスにしてポジションを獲った菊池選手がいます。菊池選手にポジションを奪われた安部選手も終盤は意地を見せました。限界を迎えてというより、後進に譲る形なのが救いです。

最初のころは守備も未熟で打撃も荒く、ドラ1でもこんなもんかという思いもありました。しかし、その後の成長は流石に天才と呼ばれた選手だけありました。チームは弱かったけど東出・梵の一二番コンビはしばしば素晴らしい攻撃を見せてくれました。

まだ引退のコメントはありませんが、長い間お疲れさまでした。カープファンとして感謝の想いしかありません。後輩の面倒見のいい選手でしたから指導者として成功するような気がします。今後の人生が素晴らしいものでありますように。ありがとうございました。

外国人選手動向の報道

エルドレッド選手とジョンソン投手は来季も契約が確実視されているようです。グスマン選手、シアーホルツ選手、ザガースキー投手は契約を更新せず、ヒース投手は新外国人投手の獲得次第という情報です。

妥当過ぎて特にコメントはありません。シアーホルツ選手はモノになりそうな感じもあり惜しい存在でしたが、金額に見合った活躍をしたとは言い難く、また来季在籍したとしても緒方監督に使いこなせるとは思えません。「熱中症で休養」というのもだいぶ評価を落としましたが、緊急来日の選手なのでどちらかといえば本人よりサポートの責任です。

追記を表示

総括というか苦言

今季のカープの最大の特徴は、好調な選手を使わないということでした。去年までもあったことですが、去年は主軸がそこそこ好調だったのでそれ以外の選手が不調でも勝てた試合が結構ありました。今季は肝心の主軸が誰もかれも不調になり、しかもそれが回復しませんでした。

そもそもオープン戦の段階から「何がしたかったのか分からない試合」が多くありました。結局最初から「使いたい選手」だけがシーズンを通してベンチに入り、新戦力の発掘は為されませんでした。負けたことよりもこちらのほうが大問題です。本来ならレギュラーを担っているべき鈴木誠也選手の伸び悩みなどは最たる例です。

最終戦まで繰り返された「牽制に誘い出されてアウト」も今季を象徴します。これだけをとっても玉木コーチはクビにするべきです。走らないし点が取れないタイガースが3位で、積極的に走ったカープが4位というのが現実です。自分たちの都合のよい希望的観測で積極性をはきちがえたのが今季のカープです。

レギュラーの不調はなぜ回復しなかったのでしょうか。丸選手はフォームがおかしい、かかと体重になっていると誰しもが指摘していたのに、結局最後までそのままで三振の山を築きました。140を超える三振のうち10個でもヒットに変わっていれば、カープは優勝を争っていたでしょう。しかしそれが出来ませんでした。

たとえば新井コーチに丸選手のフォームを矯正してもらう間は天谷選手で急場をしのぐとか、鈴木誠也選手をセンターで使って見るとか、それこそ野間選手をバント要員で2番起用してみるとか、「結果を出せない者はレギュラーにしない」ということを貫ければまだ良かったんです。

野間選手をずっと一軍で使って分かったことは、彼の打撃はプロでは通用しないということでした。少なくとも今のままでは来季も通用しないでしょう。起用法が悪いせいで一人の才能が潰されようとしています。たまに長打が出ればいい、というレベルでは一軍には残れません。

木村昇吾選手をフル活用した前任者に比べ、緒方という人は全く彼を使えません。使わないなら二軍に落とせばいいのにそれはしないんですよね。意味が分かりません。木村選手はベンチ漬けにするといざ起用しても働かないんですよ。それは過去数年の実績で分かっているはずなのに。

二軍選手の入れ替えをしないのは何でなのか、私も理解したくて何度も考えました。しかし、導き出されるのは「選手の調子が読めない」のだろうという結論だけです。調子が悪くて二軍へ落とすべき選手を「まだやれる、きっと復活する」と見ているから落とさないのでしょう。今季に限ればそのほとんどが間違いでした。

投手に関してもそれは同じです。序盤に最も叩かれた「調子のいい九里・今井を落として不調の一岡を使い続けた」こともその一つです。監督・コーチの信頼と、結果が出るかどうかは関係ありません。調子の悪い選手をいくら信頼しても結果は出ません。それは信頼では無く盲信です。

一度信頼しなくなると途端に使わなくなるのも大問題です。使えとは言いません。使わないなら二軍に落とし、二軍から調子のよい選手を上げるところまでがセットじゃないとダメでしょう。そうしてその選手がチャンスを掴めばチーム力は保たれ、復調へのインターバル期間も稼げます。

ベンチ内を代走守備要員で固めたがるのも意味が分かりません。おかげで代打陣が手薄なまま一年を戦うことになりました。小窪選手の調子が悪かったらと思うとゾッとします。まあどうせほぼ全員ベンチに残したまま終わる試合のほうが多かったので関係ないといえばその通りです。最初は守備固めすら稀という状況でした。

2014年の貯金6から、2015年は借金2となりました。戦力的には春先にエルドレッド選手とロサリオ選手が揃っていなかったのが響いているかと思いますが、盛り返すための策がなかったことも大きいです。バリントン投手に代わってジョンソン投手が入団したぶんの貯金では賄えない負け越しを喰らいました。

正直なところ戦力が潤沢だとは思いません。特に野手陣は主力が調子を落とせばこんなもんです。つまり、主力が調子を落とさないよううまくやりくりしないと優勝争いなど出来ないわけです。だからこそそれが出来ない監督では優勝は不可能だし、来季も大きな期待はしていません。

最後に繰り返しになりますが、今季と同じ失敗を繰り返すならば緒方監督というのは本物の無能だということになります。そうでないことを期待するしかありません。エースが抜けると思われる来季は3位以上になればオーケーくらいの緩いシーズンになると予想されます。そこでの惨敗はさすがに許されないでしょう。しっかりやってください。

カープ完敗でCS逃す 今季は4位に後退  C0-D3

お疲れさまでした。これが現実です。我らがカープが5割も勝てない弱いチームだという現実が辛いです。また来年から下位に沈む予感が重いです。勝負所で1安打完封負けですからね。

シーズン中には書きませんでしたが、4位敗退で首脳陣は責任を取るべきと私は考えています。別に緒方監督だけが悪だとは思いませんが、おかしな采配が多かったのも事実です。絶望的に打てなくて投手陣を苦しめたことで、打撃コーチを総入れ替えするくらいの異動があってもなにも驚きません。

大瀬良投手が涙を見せていました。が、本当に泣くべきなのは野手陣です。特に期待を大きく裏切った丸選手は、いくら総合指標が優秀でも糾弾されるべきでしょう。チャンスに殆ど三振する選手が称賛されるいわれはありません。加えて菊池選手もエルドレッド選手も、去年活躍した選手がみな数字を大きく落としました。

終わってしまったことは仕方ないので来季に切り替えるしかありません。「誤審がなければ」なんて言っても仕方ありませんし。もちろんクソ審判を許すつもりはありません。長く語り継ぎます。でもそれでカープが3位になるわけでも泣く、そもそも今季は「優勝候補」の前評判で始めたわけです。3位争いに意味があったかどうか。

うちのことだから緒方監督は続投でしょう。「変わるしかなかった」という著書の通り、二年目以降自らを変革して最後には名将と呼ばれるまでになった前任者のようになれるのかどうか。来季は前田投手がいなくなるでしょうから、条件は遥かに厳しくなります。最下位引責辞任のような憂き目を見ないよう頑張ってもらうしかありません。

少なくとも「結果論」のようなふざけたコメントを出すような語彙力はすぐに改善してもらわないと監督としての品位が損なわれます。もう損なわれていますけど、更に失墜します。指導する人がいないならカルチャースクールでも行ったらいかがでしょう。休日返上で指導する暇があるならそちらへ行った方がチームのためになります。

今季と同じ野球を今季と同じクオリティで見せられたなら、来季は序盤から絶望しかありません。そういうのは見たくありません。しっかり準備し、勝つための野球、勝てる野球をしてもらわないと。お願いします。

ハイ、3点目が入りました。

7回まで1安打のチームがこの後逆転する可能性がありますかね。ないですね。

でも、

3位に値する力があるのなら、逆転して見せましょうよ。ここで勝てないようなら所詮借金暮らしの負け犬チームですよ。負けて終わっていいなら負けましょう。いやなら勝つしかないです。

ふぅ、、、、

さて、2点取られましたよ・・・

これで終わりなのか・・・

打てな過ぎてヤバい 気持ち悪い 吐き気がする

6回1安打無得点…

ダメみたいですね…

と諦めの境地でいないとメンタルがもちません。血圧も上がって顔がカッカしています。調子が良いわけでもなさそうなのに淡々と投げているマエケンってやっぱスゲーんだなと感心しつつ最後の気力を振り絞って応援しています。大野投手が代わったので、次の投手がエルドレッド選手に甘い球を投げてくれることを期待します。

相手ミスでもなんでもいいので、なんとか点を取って勝って欲しい! 勝ってくれ! 勝つんだ!

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索