Entries

艦これ 期間限定龍田さんの描画位置がずれている件

2015夏 龍田さんの位置がずれている
こんな感じで出ました。たぶんすぐ修正されるでしょう。壊れたかと思った…
スポンサーサイト

マエケン大炎上 戸田も打たれ攻撃は残塁の山 B10-C4

13安打も3併殺9残塁では厳しいですね。外野フライでいい場面で三振、併殺崩れでいい場面で三振。2回表に木村昇吾選手がセイフティバントを決めた場面では流石にベテラン、一工夫してきたなと感じたものですが、その後はただただ思い切って打つだけでした。会澤選手なんかは全部リキんで強引に引っ張り引っ張りで、期待に応えられませんでした。

まあ今日は前田投手の乱調に尽きます。初回は不運もありましたが、2回を抑えられなかったことで試合の流れが決まってしまいました。3回以降はベイスターズをヒット2本に抑えながらも一方的にやられた印象しか残らない試合になりました。どこか痛いんですかね。

追記を表示

解説がどうもアレだと思ったら広澤氏

否定かバカなことか、どっちかしか言わんな~ あんまり聞かない(カープ戦では)声だけど誰だ?

と思って調べたら広澤氏でした。

内容のあることは言わない人なので聞き流すことにしましょう。

「解説」しなくてもなんとなくそれっぽいことを言ってればお金になるんだから楽な仕事ですよね。野球で名を揚げた人の余禄、天下り先のようなものですからね。しょうがないですね。スカパーさん或いはチューナーメーカーには解説カット機能を実装していただきたいものです。

レフト・グスマン、ファースト・松山、なぜ?

グスマン選手は一塁が本職、松山選手は外野手です。てっきり逆だと思っていたら外野をグスマン選手が守っていました。と書いている間にグスマン選手の拙い守備で外野フライが2塁打になってしまい、マエケン初回から4失点大炎上という苦しい展開になりました。

これは判断ミスだとしか言いようがありません。松山選手なら間違いなく捕っていたでしょう。ファーストの守備もだいぶ上達してはいますが、外野守備に比べれば松山選手のファーストはたいしたことがありません。なぜレフトに入れなかったのか、納得できる理由を提示して欲しいものです。

負けまくっているベイスターズだけに逆転したいところですが、長い連敗中のチームほどいやなものはありません。負けが続いているからそろそろ勝つかもしれないという気持ちがあります。そこをハナから叩きたかったところですが逆に先制パンチを強烈に喰らってしまいました。こういう試合を勝って行ければ優勝できますが… 期待しましょう。

給食費を納めない家庭の児童に給食の供給を停止するかもしれない件

まだ「そういう自治体がある」レベルですが、遅すぎるくらいですね。最初から「給食の供給に使います」というお金を、収める能力があるのに(無い貧困家庭は免除があるはず)納めないのだから、この家庭の児童に給食を供給する必要はありません。その子は可哀想なことに、他の家庭が収めたお金でただ飯を食べさせられていることになります。やめてあげるべきです。

「親の都合で子供に負担をかけるのはおかしい」という実に的外れで恥ずかしい批判もあるそうです。これなんかは目的と手段が全く分かっていないということをわざわざ表明しているわけで、私はバカですよと言明しているようなものです。この場合に子供に負担をかけることになるのは納めないバカ親であって給食供給側ではありません。

そもそも給食費を自治体ごとに設置し、個別に徴収するシステムが破たんして久しいのに何も解決策を打ち出さない自治体側の問題が大きいんですよね。「代償としての給食停止」はむしろ優しい解決で、私は過失による遅れには遅延手数料の追加、悪質なものには資産差し押さえ等の強制執行が適当だと考えています。、

当然そんなことまで教職員ができるわけもありませんので、きっちりと法整備をして然るべき執行人が行うことにするべきでしょう。市民税と一緒に天引きしてやってもいいですよね。「教育を受けさせる義務!」のために、学校に余計な負担をかけている現状を改めないといけません。

とか、もう何十年も前から問題になっていることですけどね。解決能力が無いのか、問題意識が無いのか、両方とも無いのか、割を食うのは子供たちなので、ズバリ解決すれば十年後二十年後の支持率が上がるかもしれませんけど、オノレの票にはならないから興味ないんでしょうかね。次世代に重荷を背負わせるのが得意な国ですからね。

シアーホルツ熱中症だった

昨日シアーホルツ選手の早期交代を名采配と褒めたんですが、熱中症による「負傷」交代だったそうです。確かに神宮は熱いですが、単日の熱さだけじゃなく連日の疲労があってのことでしょう。

熱中症は、ちょっと休んで回復するものから何日もかかるものまで症状が様々なので心配です。酷い時には命にかかわりますからね。優勝するためには必要な選手なのでしっかり回復して欲しいです。

状態いかんによっては戦力の空白を埋めるために2軍から誰かが昇格するかもしれません。そうでなくとも先発を争う松山選手、野間選手にとっては千載一遇の大チャンスですから、大活躍してレギュラーをもぎ取るくらい奮起して欲しいですね。

追記を表示

緒方采配ピタリ! カープ終盤の逆転で強敵スワローズに勝利!

初回から薮田投手が乱調で、今日は負けっぽいなという展開でした。いつもなら最初の打席で代打を出されてもおかしくないところでしたが、4点目を取られても続投させた采配が当たりました。もちろん昨日投手を使い過ぎたからということはあるでしょう。結果で見れば5回4失点という予想の範囲内に収まりました。

追記を表示

打線組み換えカープ 打ち合いを挑み打ち負ける  S8-C3

1番・野間選手が出塁したところまでは良かったんですが、菊池選手の意味の無い三振で早くも魔法が解けました。打線組み換えが機能しなかったことは結果論ですが、昨日二桁得点したものを換えて打ち負けるというのは後味が悪い負けになりましたね。

ただ、全然ヒットの無かった新井選手にタイムリーヒットが出たことは好材料です。明日以降に生かしましょう。5番でもいいかもしれませんね。

現・解説者の田尾さんいわく「先発が打たれてもまだ負けだとは思わない。2番手3番手が打たれたら負け」ということですが、今日はその言葉通り永川投手が打たれた時点で半ば勝負ありという感じでした。戸田投手もそうですが、どちらも回またぎの2イニング目に打たれています。難しいとはいえ、そこを抑えないと勝てません。

切り替えて明日は勝ちましょう。薮田くんはノーコン速球系投手なので、バックがしっかり守ってやらないと早々に大炎上してしまうかもしれません。逆に打たせて取る展開にすると勝利が見えてきます。石川投手は何度か打っているので、打ち負けないようにしましょう。

昨日の神宮観戦補足

●千駄ヶ谷の駅に「チケット完売」の立て札を持ったスタッフのお兄さんがいた。
 カープ戦は良く入るというのはもはやここ数年の常識ですが、スワローズが好調なため1塁側も早々に売り切れたようです。

●始球式が「緑と赤」ということで髭男爵だった。
 冒頭のアナウンスでもったいぶってボヤかしていたのに、発表・登場前に畜ペンことつば九郎が紙芝居でバラす、というネタのようでしたが、絡んでいた球場DJさんがスルーしたためスベったみたいになっていました。髭男爵も「赤」要素が無さすぎたので、せめて男爵さんのネクタイくらいは真っ赤なやつを買って来たら良かったように思います。それなりに盛り上げてはくれましたが、ちょっと引っ張りすぎていました。

●花火のときに元whiteberryの前田さんが歌った。
 中継にも映っていたようでした。2番に入るところで花火が猛烈にあがったので、2番があまり聞こえなくて残念でした。私は前田さんのパフォを見ていたので逆に花火が見られませんでした。特にファンというわけでもなく曲に思い入れがあるわけでもありませんが、目の前で一生懸命やっている人は応援したくなります。

●東京エンプロジェクトの緑ユニを貰った。
 入場ゲートのもぎりのお兄さんが是非というので貰ってきましたが、これどうしましょう。

●新井・黒田への声援が特に凄かった。
 普段はもっと外野よりに座るのでそこまで聞こえないのですが、バックネット裏だと外野席の声が向かい側から、内野席の声が左から聞こえるので凄まじい大音響でした。たまにはいいですね。

●新垣投手の変化球が凄かった。
 成績を見て多少見くびるところがありましたが、やはり天才と言われた投手だけあり、キュキュキュキュと曲がってくる凄い球でした。あれを自在に投げられたら… という夢はまだ尽きない感じですね。スワローズが優勝するためにはこういう投手に勝ちを付ける必要があるでしょうね。

●山本投手の頭部打球直撃が心配です。
 直後は流石にカープ側も「得点時の宮島さん・バンザーイ」を自粛していたと思います。聞こえませんでした。私もほぼ目の前でパッタリと倒れたので「あれ頭だよな?ヤバいんじゃないか?」と注視していました。本人の足でベンチへ帰ったのでひとまず命に別状が無くて良かったです。ただアタマなので入念に精密検査をして、命と選手生命を守って欲しいです。

●神宮の老朽化がハンパなかった。
 内装はキレイでしたけど、造り自体がもう古くて頭上注意が頻繁にあります。バックヤードも狭くてフードメニューの拡充も限界ですし、早めに建て替えたほうがいいでしょう。外壁のヒビも結構ヤバいです。国立が更地になってましたが、できればこっちを先に更地にして欲しかったと思うくらいオンボロです。多少駅に近づくともっといいです。

7連勝スワローズを敵地で撃破! S2-C11

ヒーローインタビュー終了後急いで帰宅したのに、風呂で汗を流し終わると日付が変わるという…

狭山から神宮はまあまあ遠いんですよね。駅から駅までなら1時間ちょいなんですが、自宅~駅と、千駄ヶ谷~球場が結構あります。自宅~はともかく、千駄ヶ谷じゃなくて地下鉄に乗ればいいじゃないかという意見も聞きますが、地下鉄だと駅到着自体が千駄ヶ谷より10分くらい遅いので余計に時間がかかります。微妙に料金も高く、歩く距離が短い以外のメリットがありません。

さて、今日はバックネット裏のかなりいい席の券をいただいたので、投手の表情すら見え、投球のコースも高低も変化球の軌道もバッチリ確認できました。外角低めの変化球、たぶんスライダーかカットボールだと思いますが、これが引っかかって殆どボールになっていて組立てに苦労していた黒田投手が力投で勝利を手にした試合でした。

追記を表示

松来未祐さんの病気のこと

好きな声優さんの一人です。最近『肺炎で入院している』という記事を読んで心配していましたが、さきほどご本人のブログを読んだら「急性の肺炎で検査を重ねたところで、少しでも早く治療に取り組まないといけない病気であることがわかりました。」と書いてありました。

これを文章通りに読むと、「急性の肺炎ではない別の病気」ということで、しかも「少しでも早く治療に取り組まないといけない」ということは、進行性であり進行したら治癒しない、あるいは非常にしづらいという意味でしょう。何度か読み返して震えました。

もっといえば、長期にわたって仕事を休むということは、治療期間中病院から出られないか、そこまでではなくとも、通常通り仕事をすると治療が追いつかない、あるいは治療の副作用で仕事に支障が出るなど、かなり大掛かりな「治療」ではないかと推測されます。

縁起でもないことながら川上とも子さんの例が頭をよぎってしまいます。本当に心配です。きっと完治して復帰してくれるものと信じています。

明日は黒田vs新垣 そして堂林抹消

個人的に観戦予定なので気になっていました。今年見に行った試合の先発は前田投手、野村投手×2だったので復帰後「初黒田」です。好調スワローズ打線対黒田投手、低調カープ打線対新垣投手というハンディキャップマッチ気味な顔合わせですね。

同時に堂林選手の抹消が公示されていました。今回は何も出来ませんでしたね。次のチャンスに向けて課題の克服に励んでください。毎打席毎打席ストライクをファウルからのボール球を空振り、では流石にどうにもなりません。

明日は一時雨予報もありますが、まあなんとかなるでしょう。2戦目は恐らくライアン小川投手なので、なんとしても初戦を取って勝ち越しに繋げましょう。当たり前ながら、首位のチームを走らせるとカープ優勝の可能性がそれだけ小さくなります。カギを握るのは菊池選手、そしてグスマン選手あるいは松山選手が入るであろうレフトだと考えています。

なんとしてでも勝ちましょう。なんとしてでも。

「清宮はプロでは通用しない」と言う人がもういる件

1年生だからまだプロには行かないと思うんですが、既に3年後にプロに入り、そして活躍せずに引退する姿がはっきり見えている人がいるみたいです。予言者ですね。

私は一試合しか見ていないのでたいした感想はありませんが、まあ、「1年生にしてはなかなか凄いな」という感じではあります。昔見た清原選手のほうがだいぶ凄かった印象はありますけど、思い出補正があるかもしれないので正確な比較は出来ません。

まとめサイトを見ていたら「完成形はカープの松山」というコメントがあって「あぁ~」と納得しました。確かに似ているところがあります。もし松山選手並みの技術が身に着けば、体格が一回り大きいのでプロでホームランバッターになる可能性もありますし、レギュラーとしてチームの主軸を担うかもしれません。

いずれにせよまだ1年生ですから、あと2年しっかり練習を積んで課題を克服していく必要があるでしょう。守備はお話にならないレベルに見えましたし、早実はなかなかの強豪校なのでうかうかしていると誰かにレギュラーを獲られるかもしれません。

もしプロに進む気があるのなら、ファーストしか守れないのはかなりのハンディになります。センターラインは難しいとしても、サードかレフト、ライトを守れるようにしておかないとプロに入れても1軍へのハードルは極めて高くなります。それでもファーストで使いたいほどの打撃と言うと、それこそ高卒清原選手くらい打たないと、ということになります。

正直、課題は多いと思います。1年生ですからね。慢心せず、大きな怪我もせず、順調に成長すればプロでも活躍できる素材だとは思います。逆に2年経っても今の課題が課題のままであるならば、即戦力と言ってちやほやしそうなチームを避け、育成の得意なチームに入るか大学・社会人へ行くべきでしょう。

松坂選手や斎藤祐樹選手がそれぞれ世代を代表する存在であったのにプロ入り後苦しんでいる姿を見ても、前評判通り選手寿命をまっとうすることがいかに難しいかが分かります。そういう意味でも頑張って欲しいですね。

ちなみにジョンソン投手のコメントは

ヒーローインタビューで「カープファンが湿気と台風を呼んでくる」というコメントは、彼自身の英語が良く聞こえなかったので推測ですが、「カープのファンがこんなに熱いから、広島の夏は熱いんだろ?」という主旨なのではないかと捉えています。「おまけに台風も呼んじゃうんだろ?」と続くわけです。

北米住まいの人から見れば日本の夏の特徴は湿気と台風なんだろうということを踏まえた結果です。違うかもしれませんがね。短時間で西村さんが訳してくれる超意訳に異議は全くありませんが、もし最後のコメントが上の私の主張と同じならなかなかアツいコメントだったなと思います。次のヒーローインタビューも期待します。

ジャイアンツ自滅にも助けられカープ一矢を報いる C5-G0

むしろこの状態のジャイアンツ相手に連敗して3試合目を迎えるのが弱さの証拠なんですが、何はともあれ3連敗しなくて良かったです。7回にジョンソン選手に打たせたのは正解だと思いますし、選手交代もハマりました。ジャイアンツがミスだらけだったのに対し、こちらはミスというほどのミスがないナイスゲームでした。

打順が「1番・丸」になっていましたね。緒方監督の判断が当たった形になり、私も嬉しいです。ボールは見えているようですし、甘い球を振っていけてもいるようですが、しかしそれがなかなかヒットにならないというかなりの迷宮に迷い込んでいる感じですから、丸選手の起用法が難しいです。しばらくは1番がいいと思います。

菊池選手の打撃も問題かとは思いますが、これはフリーで打たせる首脳陣の問題でもあります。一昨日散々失敗した後、昨日のバントシチュエーションでバントをさせずにヒットエンドランを狙った辺りが強気すぎるというか、野球が粗いなという感じがします。2割5分の選手だと思って使ったほうがチームの戦術としては適性ではないかと考えています。

なんとか連敗を脱出して火曜からは神宮ですね。私も行く予定なので楽しみです。首位を叩くのが今のセ・リーグの礼儀なので、叩きまくって連勝しましょう。

また頭の悪いツイートがあるそうで。

某まとめサイトによると、共産党稲城市議会議員の遠藤さんという女性が調布で軽飛行機が墜落した事故に関連付けて「オスプレイも落ちたら大惨事になるのでは」とツイートしたそうです。またまた頭が悪すぎて閉口する記事です。記事と言うよりもはや事案、事件に近い気もします。

オスプレイを叩くなら「既存の輸送ヘリは安全で、オスプレイが極端に危ない」ということを言わないといけません。しかし上記のような内容のツイートでは「空を飛ぶものは墜ちるから危ない」ということになりますから、オスプレイどころか飛行機(ヘリなども含む)全廃を訴えないと意味が通じません。

市街地の上を飛ぶから、という意味だったとしても、市街地の上を飛ぶのがオスプレイだけだという事実はありませんので成立しません。ちなみに我が狭山の空には自衛隊機が飛んでいます。

議員というものは、話し合うのが最大の仕事です。矛盾した意味不明の主張をする人に勤まるとは思いません。ということで、オスプレイよりもこの人が議員を続ける方が危険なのでは、と私は考えます。

まあ、党の偉い人も頭が痛いことでしょうね、こんなのは。逆にもし何も感じていないなら党自体がおかしいということにもなりますけどね。

白岡高校が勝つ

というと県外のみならず県内でもピンと来る人は少ないかと思いますが、「浦和学院が負けた」ならば高校野球に一切興味のない人以外はなにがしかの驚きリアクションが期待できるかと思います。

見ていて圧倒的な選手はいませんでしたけど、よく鍛えられているのは分かりました。第二試合はどうやら花咲徳栄が勝ちそうなので公立校対決はおあずけになりそうですが、決勝でもいい戦いを期待しています。

4月の状態に逆戻り 拙攻続きのカープ、力なく連敗 C2-G3

なぜオールスター明けから丸選手を3番に戻したのか意図が分かりません。悪い時の並びに戻したので、悪い時の得点力に戻ったという見方もできます。確かに交流戦の最後は魔法が解けていた感はありますが、それでも「その前」よりは良かったんです。上手くいっているときには変えてはいけない、を破った結果です。

ただ、采配が多少マズくてもチャンスが全くないわけではなく、そこで選手が結果を出してさえいれば勝っているわけです。負け試合はどれも僅差です。チャンスで一打が出ないのは、メンタルか技術か、或いはその両方に問題があります。スコアラーが弱いということもあるでしょう。来る球の予測が出来ないとなかなか打てませんから。

若干調子が上がって来たエルドレッド選手がやむを得ない理由とはいえ帰国してしまったのも痛いです。しかし、やはり得点力不足の一番の原因は「3番・丸」だと私は考えています。出塁は確かにしてくれるので1番にいたほうがチームのためには良いでしょう。そして好調のシアーホルツ選手が3番のほうが怖いでしょう。少なくとも今は。

日曜はジョンソン投手ということです。3連敗はいけませんので、何とか先に援護点が欲しいです。黒田投手のコンディションに問題が無ければ次の神宮3連戦で姿を見ることが出来るでしょうから、巻き返しと行きましょう。

マエケンデーは雨天中止

知ってました。マエケンだしねぇ。

しかしそうすると、前田投手は飛ばさないでしょうから24日マエケンということでしょうか。ジャイアンツ戦の前田投手は結構一発を被弾するイメージなので、早めの援護で勝ちましょう。

それはそうと、なんかヌルッと丸選手が3番に戻ってますね。1番でそれなりに調子を上げてきた感じなのになぜ変えるのか、この辺りが素人監督の考えそうなことだといえばそうなんですが、もちろん当たれば「名采配」なわけです。そういう意味でも丸選手には奮起して欲しいところです。

もしかしたらマエケン・福井・ジョンソンとつぎ込むジャイアンツ3連戦になるかもしれず、打線の援護があれば3連勝もありかと皮算用が捗ります。現実になるようにしっかり戦い、勝ちましょう。

会澤翼、決勝タイムリースリーベース! C8-D5

帰宅したら大中断だったので中断後から見ました。なのでいいところだけしか見ていません。う~ん実にナイスゲームでした。残り(?)の中断前を録画でこれから見ます。

解説者大絶賛の会澤選手の決勝打は、まさに「まさか」の逆方向でしたね。会澤選手は倉義和選手の正統後継者かと思うような引っ張り一辺倒の打者だけに、今日のような打撃が常に出来るようになったならば心強い限りです。最近のファンは倉選手の打撃好調時を知らないかもしれませんけど…。

野間選手も今日は良い打撃内容だったそうですし、最終打席もしっかり追加点を決めて仕事をしました。どうやら2軍行きはないようなので、1軍で結果を出すしかありません。幸いチャンスはもらえるようなので、必死に食らいつきましょう。ところで彼はレフトは苦手なんでしょうかね。シアーホルツ選手のライトよりむしろレフトを固めたいシーンのほうが多いんですがね。

明日は高純度カープキラーの八木投手にエース・マエケンで挑む勝負の日です。勝てば上位を窺い、負ければ最下位争いと、ゲーム差以上にチームのムードが変わるかもしれない一戦です。必ず勝って次へ繋げましょう。

28日の神宮のチケットをいただいたので観戦に行くことになりました。報道によるとマエケンデーのようです。必勝です。

オールスター明け初戦は負け C2-D3

ストライクの入らない投手相手に会澤選手・初球バントからの代打・野間選手は痺れました…

会澤選手なら「ホームランだけはダメだ」とバッテリーが警戒することで再び四球になったり、カウントを悪くして甘い球が来たりという可能性が考えられたので、少なくともワンストライク取られるまでは見ていくのがセオリーではないでしょうかね。違うのかな。

解説の笘篠さんによれば野間選手はバッティング練習でかなり調子が良かったそうで、木村選手を差し置いて起用されたのはそういう理由でしょう。調子が良くても今日のようなバッティングになるのなら、しばらく二軍に落としたほうがいいですね。代走守備固めはいますから。

まあ最終回の攻撃はともかく、酷かったのは同点に追いつかれた直後の2回ウラです。無死一三塁からの石原選手三振は論外として、なぜジョンソン選手にバント指示だったのかです。明らかにバントが苦手でバットを振った方がいい選手です。これまでも結構惜しい外野フライも打ってます。相手投手は球速が出ないだけにチャンスはありました。

セオリーだから、併殺が怖いからということでしょうが、案の定のバント失敗からの三振でチャンスが潰えました。一番悪いのは何も仕事が出来なかった石原選手ですが、「ゲッツーでもいいから思い切って打ってこい」という判断が出来なかったものでしょうか。仮に併殺でも次の回がトップの田中選手からですし。

最下位相手に勝てそうな試合を落としたからには、明日明後日勝って勝ち越さないといけません。苦しい展開になりました。落ちてゆくのはカープではない、カープは上がっていくんだ、そういう試合を見たいです。明日は勝ちましょう。

「巨額国立競技場案を白紙撤回」 これを何故批判?

まあ確かに「時間が無い」「間に合わない」からの白紙撤回表明なので、そこを叩くのはいいとしても、撤回自体は正しい選択でしょう。

古人曰く「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」ということです。政治なんて殆どこれでしょう。これが分からないヤツは政治の才能がありません。すぐにやめないと国民の害になるレベルです。

そもそも批判の急先鋒が民主党だというところがおかしいです。現行案は民主政権が決めたことですからね。自分たちでオーケーしたのになぜか野党になったら「高すぎる」「本当に活用できるのか」などと意味不明の批判を始め、修正するといったらそれはそれで叩き、恐らく白紙にしなかったなら「なぜこんな無駄なものをつくったのか」とでも言うつもりだったのでしょう。

私は国立には行かないので分かりませんが、建て替え予定の神宮球場なんかもつくりが古くて座席裏の通路の通りにくさや売店スペースの狭さが目立ちます。建て替えるのは是とするしかありませんが、たとえばこれを900億かけて開閉ドームにするんだと言いだしたら頭がおかしくなったとしか思えません。

今回の国立のケースはそういうことです。もしかしたら最初の決定時には予想できないほど建築費が高騰しているということなのかもしれませんが、それならば何故最初に高騰時の対処ラインを決めておかなかったのかということになり、やっぱり民主政権がダメだったんじゃんと結論付けるしかありません。無責任な批判しかしない政党の存在意義って何でしょうかね。

本題とは関係ありませんが、新神宮球場は爆安マツダスタジアムを手本にしたらどうですかね。いいと思いますけどね。

芥川賞に又吉氏

「芸人」が受賞するのは異例中の異例だということですが、別に誰が書いたって良い作品なら受賞できるはずなんですから、そこは別にどうでもいいところです。私は読んでいないのでなんとも言えませんが、受賞に否定的な人たちは当然読んだ上で批判しているんですよね? まあ、そうじゃないなら頭が悪すぎて閉口するところです。

あと、「本を売るための話題作りの受賞はおかしい」みたいなお門違いのコメントもありました。この賞を作った菊池寛自身が「売る目的もある」という意味のことを言ってますから、「本を売るための受賞」なら賞の理念に適っているわけです。Wikipediaにも載ってることなのですぐに調べられるんですがね。

最近はマスコミですら極端に程度の低い批判コメントが目立つようになってしまいました。前からだという意見も否定しがたいものがありますので「最近『特に』目立つ」としておきましょうか。IT革命で、ちょっと調べる気があれば情報が得られる時代になったはずなんですがね。

フレッシュオールスター中止

丁度台風直撃ですからね。出場予定だった選手は、来シーズンは上のオールスターに出られるくらい頑張りましょう。

1日ずれていたら一軍のオールスターも危なかったわけで、興行的にはセーフかもしれません。黒田投手が投げますが、復調加減が心配です。後半戦の巻き返し、そして優勝のためには彼の力が必要ですからね。

拙攻の連続も投手陣が踏ん張りカープ勝利!  D2-C3

ドラゴンズの方はラッキーな得点が入り、こちらはチャンスを作るも拙攻拙攻で追加点なしと、悪い流れでしたがなんとか勝ちました。こういうのが序盤は全くできなかったので、チームの総合力は向上しています。エースの前田健太投手に勝ちが付いたのも大きいですね。好投しても勝てない試合が多かったので。

ドラゴンズにしてみれば大胆な打線組み換えで接戦に持ち込む狙い通りの試合だったと思います。再三のピンチを最少失点で凌いだ前田投手はもちろん、リリーフの大瀬良投手、中﨑投手、そして彼らを支えた守備陣の奮闘が光りました。この勢いで明日も勝ちましょう。

福井を飛ばしたのはなんでだろう

夜勤から帰って来たら連敗していたカープ。2試合とも負けるべくして負けた試合でした。立て直して金曜からまた勝って行きましょう。

それはそれとして、水曜はてっきり中5で福井投手なのかなと思っていたのですが、前回ピンチを凌いでギリギリ好投の薮田投手でした。金曜は前田投手と発表があったので、福井投手は飛ばされた形ですよね。今勝てるのはどちらかと言ったら、間違いなく薮田投手では無く福井投手のほうが確実性があるはずなので少し疑問でした。

黒田投手が離脱ということで福井投手の重要性はいやがうえにも増すわけです。何か飛ばした理由が日程以外にあるのかもしれませんが、ルーキー投手の育成をやっている時期ではありませんから、もっと福井投手を信頼して欲しいと思います。

なでしこ決勝の采配が批判されている?

私はサッカーに関してはカープの野球ほど詳しくないのでアレですが、佐々木監督の采配は妥当だったと思います。もちろん負けたことで様々な批判があるのは分かりますが、「采配がおかしかったから負けた」ということは無いですよね。ミス+力負けで序盤に大量得点差の試合に、監督が出来ることって何ですかね。

「こういう試合展開の時の戦術が無い」という批判なら意味は分かりますが、そもそも序盤の大量ビハインドを想定するよりはビハインドにならないことを目指すのが正道です。そうなってしまったらディフェンスを削ってオフェンスを増やし、点を取りに行くくらいしかないですよね。

男子が良く言うところの「自分たちのサッカーが出来ない」ときのシミュレートが不足していたのは結果から見ればそう言われても仕方ありません。交代選手の層の薄さ、もっといえばレギュラー陣の層の薄さをどうにもできなかったということでもあります。どちらも監督に責任がないとはいえません。

が、それこそ結果論です。結果に対して監督が責任を問われるという範疇では責任を問うべきでしょう。だからといって「采配がおかしい」は明らかに論点がズレています。チームとしての準備や完成度に苦言を呈すならともかく(その場合は大会前に言うべきでした)、決勝の1試合の采配に文句を言うのはもはやクレーマーでしょう。

意味が分かりません。

週5日程と5本柱

さいきんようやく勝てるようになってきたので、5本柱で5勝できるという期待に対する現実味がだいぶ増してきています。

やはり春先のアキレス腱だった救援投手の整備が出来てきたのが大きいですね。

大瀬良投手のリリーフ投入と中﨑投手のクローザー起用をボロクソに言ってた人たちは素直に眼力の無さを反省してくれるんでしょうかね。まあ、私も最善だとは思っていませんが、戦力のバランスを考えたら次善の手なんですよ。あとは勝ち継投以外の投手をうまく起用するということが出来て行けば一応の完成になります。問題はそこですね。

次回のマエケンデーはナゴドのようなので、雨でも大丈夫ですね。どんどん連勝しましょう。まずは今日の黒田投手から。勝ちましょう。

なでしこ 準優勝に終わる

仕事だったので録画で見ましたが、ヨーイドンで4点取られたら厳しいですね。石清水選手のコメント通り「来るのが分かって」いてもミスを見逃さず、そして確実に決めてくるアメリカの強さが目立つ試合になってしまいました。

数値的には何を取っても勝てる要素がない、デカくて強くて速くて巧い相手にどのような戦いを見せてくれるのかなという期待はありました。が、こちらのウィークポイントをしっかり狙われていて盤石のゲーム運びをされたあたり、戦力の上積みが少ないなでしこの構造的欠陥が出てしまった感があります。

主力選手がほぼ30歳前後のなでしこは次回までに大幅な世代交代が出来ないと先細りでしょうね。「昔強かった女子サッカー」になるのか、「昔から強かった女子サッカー」になるのかの境目がすぐそこにあります。「強かった」を挽回するのは途方もない仕事ですので、可能な限り強さを持ち続けたいですね。

決勝戦の大敗を「よくやった」というのは違うと思いますが、準優勝と言う結果に「よくやった」と言えないのは淋しい見方です。見ている側は「感動をありがとう」でもいいですよね。もちろん選手は感動を生み出すためにプレーしているわけではないので、次は優勝奪還に向けてしっかり準備して欲しいです。

女子のプロサッカー選手が「食える」職業と認知されて行かないと選手層は厚くなりません。選手や監督の努力だけではなかなか世界一にはなれませんからね。他のスポーツも同様に、負けないように頑張りましょう。

セ・リーグ全球団借金は史上初 カープ首位と0.5ゲーム差!

ちょうどチャンネルを合わせたらゴメス(後藤武敏)選手の同点ツーランが出ました。絶対的な抑えの投手が打たれているタイガースはまだまだモタつきそうですし、カープにも十分チャンスがあります。

「全球団借金は史上初」って、まあ当たり前ですね。恐らく年を取ってから「昔こんなことがあった」と話すネタになると思います。何度も同じことを話して若者に嫌がられるアレです。願わくばその話の結末が「その歴史的混戦を制したのがカープなんだよ」になりますように。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索