Entries

バファローズまたもやらかしてカープ3連勝! バ1-C2

たった3試合で多くは言えませんが、他チームと違ってバファローズは緒方野球の弱点を突いてきませんでしたよね。相当うまくいっていない印象です。セ・パ最下位同士の激突はカープが制し3連勝となりました。このままどこまでも勝ちましょう。

松山選手の2打席を見たら鋭敏な監督なら代打を送ってもおかしくないところでしたが、さすがは「地蔵の緒方」とも言われ始めている不動の構えが功を奏しましたね。

福井投手のエースらしい投球も良かったですけど、明らかに福井投手より好投しながら味方に殺された西投手は不憫でした。もしあれをやらかしたのが丸選手だったらと想像するとゾッとします。天谷選手なら「やっぱりやりやがった」ですけどね。

今日の中﨑投手を見てもまだ中﨑叩きをする人は、じゃあ誰が抑えをやるべきなのかハッキリ言って欲しいですね。確かに良かった時のサファテ投手やミコライオ投手のような「こりゃ打てないな」という感じはありませんが、今一軍にいる投手の中では一番のクローザーでしょう。

最下位でゲーム差をうんぬんしても仕方ありませんが、どうも今日は他のセ5球団が全てリードを許して終盤に突入しているようです。このまま終わればカープだけ1勝というとても良い一日になります。来週も勝って上昇気流に乗りましょう。
スポンサーサイト

カープ辛勝で実に久しぶりの連勝! バ3-C4

バファローズも大概暗黒ですね。内容が自滅ですからね。カープの攻撃も酷かったけど、相手のミスに助けられました。明日も勝って勢いをつけたいところです。

私は早くも4回の満塁のところから「代打・小窪シチュエーションだ!」と見ていたのですが、3度のチャンスに3回凡退した石原選手になぜ代打を送らなかったのか不思議でなりません。もちろん打てなかったのは結果論なので打つ可能性がゼロだとはいいませんが、小窪選手を出せばもっと楽に試合を運べた可能性が高いです。

会澤選手が怪我をしているわけではないようですし、いざという時のことなら一応中東選手もいます。パ・リーグ主催でDHがある試合ですから投手への代打を温存する必要もなく、打撃面だけを考えればどんな理由で代打を送らなかったのか全く意味が分かりません。

となれば、ジョンソン投手と石原選手の相性かとも考えましたが、ジョンソン投手が降りた後のチャンスでも代打はナシでした。よほど石原選手を信頼しているのか、いや、会澤選手を信頼していないのか、それとも単に勝負勘が鈍いのか、定かではありません。

まあ今日は勝ったから良しとしましょう。今は最下位ですから勝てば良しです。内容を考えるのはもう少し借金が減ってからですかね。明日も勝ちましょう。

タクローコーチ またやらかす

二走つまりセカンドランナーはサードベースを回る際に、ベースの位置を確認するために目線を下に落とします。なので、サードコーチャーはランナーがベース付近に到達する前に「GO」か「STOP」の判断を下さなければなりません。

そんなことは別にプロじゃなくとも知ってますので、百戦錬磨の石井琢朗コーチが弁えていないわけはないのですが、今日の試合で鈴木誠也選手のレフト前ヒットの際に二走エルドレッド選手がベースを確認するために下を向いた瞬間に、そこまでぐるぐる回していた腕をパッと広げて「STOP」をかけました。

三塁ベース到達直前まで「GO」のサインを見ていたエルドレッド選手はそのまま全力で本塁へ向かおうとし、オーバーランした地点で慌ててストップしたために三塁には戻れず、結局挟殺されて3アウトになりました。

次打者がそんなに打撃に期待できない9番石原選手で2アウトなので、いちかばちか間に合いそうになくてもヒットが出たら回す、というのならそれでも良かったのです。タイミングは確実にアウトでしたけど、送球が逸れたり捕球をミスする可能性もあります。コーチャー判断を叩かれるにしても、あり得ないプレーではありません。

まあ、エルドレッド選手の走力を考えれば常識的には早々にストップを決める場面です。二塁から三塁への走塁は打球を走者が見られるので、塁間の走塁に対してギリギリまで腕をグルグル回す必要はありません。

つまり、もう止まれないタイミングで「STOP」を出すというのはコーチャーとして一番やってはいけないミスなのです。ギリギリまでGOを出してしまった時点で「止まれないタイミングだ」と判断し、やけっぱちのGOを続けて相手のミスに賭ける、アウトになったらごめんなさい、が次善の判断でした。

どう考えてもやらかしに属する最悪のコーチングでしたので、琢朗さんは反省してください。ただでさえ1点差負けの記録をつくりそうな勢いのカープですから、そうした1点を左右するプレーの精度を高めないと勝てません。次に生かしてくれないとアウトになった選手が浮かばれませんから。お願いします。

緒方采配&緒方コメント かばいようがない

正攻法も奇策も重要な場面では大概裏目に出ているので、そういうときは老練な監督ならコメントで周囲を納得させるか、せめて「正当な批判だけ」受けるように矛先を逸らしたりするものです。が、緒方監督はコメント力が絶望的に低いのでどちらかといえば親緒方派の私でも「は?」と首をかしげざるを得ないということになります。

日曜の「エルドレッド守備固め事件」なんかも最たるもので、同点覚悟なら外野手(特に守備範囲の狭い外野手)は定位置をとるべきなのに、前進守備で頭を越されるという最悪の結果になりました。

ここでおかしいのは、9回に打席が回らないエルドレッド選手の「次の打席」のことを緒方監督が口に出したことです。こう言われたら「え?もしかして延長戦の打席を考えてたの?追いつかれるの前提で?」という反応を引き出すのは当たり前です。

「前進守備で勝負をかけていたから中東でも誠也でも追いつけなかった。中﨑も悪くは無かったが、ああいう打球を打たれてはいけない。」とでも言っておけばよかったんですよね。もちろん叩かれますが、叩かれるベクトルが少々変わります。

前述のコメントだと、「この人は抑えを信頼していないのか。チームを勝たせようとしていないのか。」ととられても言い訳が出来ません。非論理的支離滅裂で、確率無視の采配だと言われても、かばう言葉がありません。

まあ、コメント力はすぐに強化できませんから、監督としての采配能力を強化してください。おかしなことをやってしまっても、おかしなことを言ってしまっても、チームが勝って結果が出ていればそんなに叩かれません。そっちを目指しましょう。

明日からは交流戦です。これまでの借金とは別に「交流戦は貯金が出来た」という名目が可能ですから、何としてでも負の連鎖を断ち切って勝って行きましょう。それしかありません。

惨敗に言葉も出ず

エルドレッド選手への守備固めのことは確かにそうですけど、それ以前に今日はなぜ今井投手を出さなかったのか、私はそちらのほうが腑に落ちません。明日は休みなのだからリリーフ投手総動員で良かったんですけどね。何か事情があったのでしょうか。

どちらにしても、この体たらくでは今後も接戦での勝利はおぼつきません。とうとう交流戦まで不調のままだった丸選手をどうするか、火曜日のスタメンで監督の資質が分かります。もう分かっているという説もありますが。今のまま3番で起用するようなら「次善の策」という概念がないということです。

こんな試合を繰り返していては、何年経っても優勝などありません。去年の「イケそう感」が全く消え去りましたね。むしろかつての「5位力」のほうを感じます。6位ですけどね。野村前監督は「変わるしかなかった」という著書を残しましたが、果たして緒方監督はどうでしょうか。

カープ追い上げ実らず大敗  C8-S12

打線が活気づけば投手が崩れる、まさに最下位に相応しい負けパターンでした。が、やはり6回の梵選手のエラーに尽きますね。あれがなければまだ勝負になる展開だったかもしれません。最近采配への不信感が芽生えている私ですが、今日のような低レベルのミスが出てしまうと采配うんぬんは関係ないですね。

石原選手のリードも良くなかったように見えました。2回の集中打は良いコースをことごとく打たれていたので仕方ないにしても、6回は制球の定まらない投手に厳しいコースを要求しすぎているような気がしました。じゃあ甘いコースに投げろというのかということですが、必要に応じてそういうことをしていく場合もあるでしょう。

最終回にはエルドレッド選手のヒットも出ましたし、チーム全体の調子としては一時期より良くなっている感じはします。明日は勝ちましょう。

梵英心 ファインプレーの後に凡エラー

この人はこれがあるからな~と苦々しく見ていた顔が絶望とあきらめのの無表情に変わるまでものの数分でしたね。

4イニング12点は今のスワローズ相手には無理な点差ですが、なんとか奇跡を起こして欲しいものです。

そう、起こったら奇跡です。

ミレッジ、雄平に頭突き…

頭と頭(顔)の衝突です。起こりうることとはいえ残念なアクシデントが起こってしまいました。ボールがこぼれ、カープに点が入ったところまでは喜んでみていましたけど、こういう怪我があるとなかなか素直に喜びきれません。深刻な怪我にならなければいいのですが。

「万全の相手を倒さないとダメ」というほど正々堂々至上主義ではありませんし、相手の弱いところに付け込むのも野球の一要素です。しかし、当たり前ですが、担架で運ばれるような怪我は起こって欲しくありません。特に衝突の怪我は後遺症にもなりかねませんからね。

我々の世代だとジャイアンツの吉村選手と栄村選手の激突を思い出す人もいるかもしれません。他にも接触・衝突事故は結構ありましたけど、あれは全速力での激突で、しかも怪我の具合も酷かったので非常に印象に残っています。選手にはくれぐれも気を付けて欲しいものです。

国宝四天守が五天守に  松江城天守指定決定の模様

まあ、指定されていなかったのが不思議なくらい重要な文化財ですね。現在でも観光資源として立派なものがありますが、文化財保護と観光集客のバランスを今後もうまく取って欲しいものです。

とかく「お城(オシロ)」というと天守のことだと皆さん思ってらっしゃるので、私が「城を見るのが好き」というと、かなりの確率で「このへんにお城ありましたっけ?」「遠くまで見に行くんですか?」のような反応が返ってきます。埼玉だと行田に天守風博物館(復興天守)があるくらいですからね。それもたいして知られていません。

天守は確かに「お城」の象徴的建造物ですが、多くの場合、城郭の防御構造においてはひとつのピースに過ぎません。土の城の土木作業量(土を掘った・盛った具合)の凄さなんかはなかなか良好な状態で遺っている史跡もありますから、いずれそういうものも注目されてゆく時代が来ると嬉しいです。

松江城の場合も天守や建造物だけでなく、城下の町割りや堀跡など、防御思想を見ながら歩いたらより楽しめると思います。行ったことありませんけど。行きたいです。

ところで新井の指は大丈夫なの?

なんか普通に四番を張ってホームランも打ちファインプレーもありで全盛期バリの活躍をしちゃってますけど、ネットで調べたら1カ月くらい固定治療が必要とか書いてあった症状は大丈夫なんでしょうか。エルドレッド選手がイケそうだったら休み休みという感じですかね。

くれぐれも悪化>長期化>治らない>引退というのだけは勘弁して欲しいです。まだまだ必要な選手だということが分かっていますからね。

貧打カープはホームラン頼り! 今季延長戦初勝利! C2-S1

見逃し三振を取った後の投手はグイグイ来がちなのでワンチャンあるかなと淡い期待を抱いていましたが、まさかサヨナラホームランとは! 菊池選手のブン振りが生きた瞬間でした。1点差ゲーム、延長戦と不利なデータをものともしない素晴らしい勝利です。

対ライアン小川投手という絶望的な状況で勝ったのは大きいですし、カード初戦に勝ったのも大きいです。交流戦前にひとつでも借金を返しておきたいところですから、明日も明後日も勝ちましょう。エルドレッド選手も雰囲気は良かったので、きっとやってくれるでしょう。

今日の試合の攻撃面で凄く良かったのは菊池選手のバントヒットです。たまたまかもしれませんが、状況をよく読んで確率の高いプレーをしました。こういうバッティングが増えると得点につながるでしょう。守備は投フライのお見合い以外は言うことがありません。良い試合でした。

緒方監督のコメントに流石にイラッとしました

「1つのプレーで流れが変わった。その流れを止めることはできなかった」とはニッカンに載っていた20日の惨敗後のコメントです。

確かにそうなんですが、そのきっかけをつくったのは大瀬良投手への『謎のバスター指示』ではないのでしょうか。

オノレの指示がおかしいのに、まるで他人事のようなコメントに、コメント力の低さを感じました。監督はコメント力が低いと力を発揮しづらいポジションです。不適なのではないかと感じました。

逆にもし「大瀬良投手が独断でバスターを行い、結果としてバント失敗」であったなら、バント指示の不徹底ということになります。しっかりと「送れ」の指示が出ていたのなら、大瀬良くんほどの人が故意にルールを無視するとは思えないので、やはり指示がおかしかったか、曖昧であったと考えるのが自然でしょう。

逆に、大瀬良投手までもが指示を無視して「独断バスター」を試みていたとしたら、既にチームとしては崩壊しています。それこそ監督の統率力が問われます。このように、いずれにしても責は監督に帰せられるプレーですから、もっと「オレが悪い」と押し出したコメントじゃないといけません。

早く監督として成長して欲しいものです。

野村祐輔じゃないの?と思ってましたが勘違い

22日の先発は黒田投手だそうですけど、野村投手は飛ばすんですかね。土曜に使うなら先んじて天谷選手を抹消した意味がありません(1日だけ誰かを上で使うとかいうことをやるなら別ですが)。

と不思議に思っていたんですが、よく考えたらそもそも野村投手の抹消からまだ10日経っていませんでしたね。登録しようにもできませんよね。となると「天谷枠」は誰か野手、下で打ってるのは美間選手くらいなので誰になるか分かりません。

安定の代走守備要員・赤松選手かもしれません。この際だれでもいいのでチームの力になって欲しいです。

遂にエルドレッドが帰ってくる! カープ巻き返しなるか

正直なところ、2軍戦の数字だけを見ればまだまだ早い気がします。今年は慌てて昇格させた野手が明らかな調整不足で活躍しないというケースが多いので尚更心配ですが、起爆剤になってくれることを期待しています。

結果が出ない>焦ってイライラ>怪我というパターンだけは避けて欲しいです。

投手陣にも飯田投手が上がってくるという情報です。2軍セーブ王でいい投球が出来ているそうですので、1イニングをきっちり抑える役割を期待しています。一岡投手は抜ける球が多かった印象なので、きっちり調整してまた上がって来て欲しいです。

天谷選手の抹消枠は野村投手でしょう。明日からはガンガン勝ちましょう。

惨めな敗戦 惨めすぎる  D11-C6

嫌な予感はしたんですよ。5-0の6回表、一死一塁から大瀬良投手に送りバントをさせるシーンです。ワンストライクから、意味不明のバスターがあり、結果として三振しました。

そんなに調子のよくなかった大瀬良投手ですから、ここはさっさとバントさせて、次の回の投球に専念させるべきです。余計な負担をかけてはいけません。それがセオリーなのに、なぜバスターなのか。意味が分かりません。そのウラに滅多打ちを喰らったのもそのせいではないかと思ってしまいます。

とにかくこのチームはバント戦術が下手すぎます。何も考えずただただ打った方が点が入りそうです。無駄なバントをさせるベンチもベンチだし、失敗する選手も選手です。去年出来ていたことすらできないのです。そりゃ負けますよ。

夜出勤する前は5-0で勝っていたのに、帰って来て録画を見始めたら、まあ気前よくバカスカ点を献上するじゃありませんか。仕事中「今日は流石に勝ったと思うけど、これで負けてたら今年はダメだろうな~」なんて甘いことを言ってました。今年は多分ダメでしょう。

今日直ちにやるべきことは、シアーホルツ選手がいけそうなことが分かったので左打ちの外野手をひとり抹消し、盗塁の出来る代走野手を昇格させることです。調整不足のまま引っ張っているロサリオ選手も一緒に落としてもいいかもしれませんね。とにかく入れ替えをしないことには戦えません。

理解しがたい拙攻でまたも初戦を落とす D3-C2

どうしても分からないのが5回無死一二塁で菊池選手の場面です。

あの場面でのバスターは、ノーストライクからじゃないと成功率が大きく下がります。空振りが取れて制球の良いバルデス投手にとって平衡カウントにするのはそれほどプレッシャーになりません。ストライクが先行していれば次はボールでも良いわけです。

相手がボールを投げてくる可能性が高いカウントで仕掛けるのはリスクしかありません。なので、初球がストライクになってしまった時点で単純な送りバントか、バントヒット狙いのプッシュバントに切り替えるべきでした。特に菊池選手は三振率が高く、ポップフライも多いので今日のような最悪の結果は予想できたはずです。

もし送りバントが成功していれば、丸選手も「外野フライでいい」というスイングが出来ます。不調極まる丸選手をこのままスタメン3番で使い続けるなら、そういう戦術が必要です。戦術面でカバーできないなら下げるべきです。どちらもしないから負けるのです。

テレビで見ていて、初球のストライクは確かに厳しい判定でした。そして、次の外角高めのボール球を菊池選手がバスターに行った時点で私はこのイニングの得点の可能性が大きく低下したのを感じました。もっと「確率の高いほうを突き詰める」ということをやる時期なんじゃありませんかね。少なくとも今は。

あんまり采配批判とか戦術のことは言いたくないのですが、あのプレーだけはどうしても理解できなかったので書きました。今日はきっと勝ってくれると信じています。

琢朗さんが「壊れた信号機」と自らを批判

この表現自体は数十年前からスポーツ新聞で用いられていたものですから、「ネットの評判を気にしてる」のような勘繰りは当たらないでしょう。見ている時間など無かろうし、仮に見ていたとしても気にしている暇もありません。勝っていても忙しいのがコーチです。負けていたら尚更です。

サードコーチャーのホーム突入判断は、走塁指示の中で最も難しいものでしょう。琢朗さんの失敗で負けたといっていい試合も確かにありますが、その経験と反省を生かして今後の試合を勝ちに導いてくれれば問題ありません。むしろ、それが出来るかどうかのほうが私は気になります。

目立たないもののファーストコーチャーの玉木コーチにもミスらしい指示がありますし、どちらも今季からの配置ですからこれから良くなってゆくことを期待しましょう。というか、期待するしかありません。戦力的にはそれなりに勝てるはずのものがあります。戦い方です。

高校野球関東大会は埼玉対決

浦学と川越東の決勝だそうです。だからといって夏の甲子園で埼玉勢が強いかと言うとそうはいかないのが高校野球ですが、甲子園では負けてばかりの一昔前に比べると埼玉勢が勝つことも増えたので期待しましょう。

公立校にも頑張って欲しいですが。制度的に難しいですかね。

負けるは易く勝つは難し やっと勝ったカープ C2-B1

3連敗しなかっただけマシという、ジャイアンツ戦に続く1勝2敗です。今日はホームランが出ましたけど、チャンスに得点できないのは続いています。困ったもんですね。

ホームランの後もロサリオ選手は外角の届かないところをブンブン振っていました。相変わらずです。シアーホルツ選手のほうはどうも決め打ち型のように見えます。なので合う投手と合わない投手がいそうですね。いずれにせよ来日当初の当てるだけのスイングとはだいぶ違います。

ヒーローインタビューからは漏れたものの、今日のヒーローは中﨑くんだと思います。1点差で登板し、エラー(記録はヒットですが菊池選手の能力を考えればエラーでしょう)と不運な当たりで抱えた一三塁を、連続三振で切り抜ける姿は「代役」ではなく本物のクローザーでした。


追記を表示

誤審も響きカープまたも惜敗 C5-B6

石川選手の三振がファウル判定になったのは本当に酷い誤審でしたが、その後きっちり取られてますからね。直接の敗因は琢朗コーチの指示ミス(腕を回すのをやめ、指で本塁を指す)による本塁突入断念でしょう。また、あの場面できっちり丸選手を三振に取ったベイスターズも見事でした。

決勝ホームランは、その前に筒香選手とロペス選手を仕留めたことで勢いで行ってしまった感じがあります。調子も良くなかったのでしょうが、1塁が空いていてなおかつ2アウトだっただけに、慎重に勝負して欲しかったと思います。

何にせよ、ベイスターズに負けすぎです。例年開設されていた横浜銀行にかわり、もみじ銀行爆誕ですね。明日明後日勝てないと先週の連勝が完全に無意味になってしまうので、なんとか立て直して連勝といきましょう。

また0-1かよ  カープ元の状態に戻る  G1-C0

こういうときにベンチ前で次打者に一言アドバイスを送るようなことが去年あたりはだいぶあったように思うんですが、まあ今日も無策のまま負けたような印象が拭えません。チャンスをつくりながらあと1本が出ないのは去年もそうだったので「オガタの采配が~」というのは違うでしょうが、どうにかならないものでしょうか。

最後の場面で「代打・新井」が来なかったということは状態は相当悪いと見ていいでしょう。状態が悪くないのなら采配が悪いということになりますからね。あそこで使えないのなら1軍に置いておくのは戦力的にマイナスです。ベンチにいたら士気は上がるかもしれませんが、今必要なのは打てる選手です。

あと、野間選手は一線級の投手からはなかなか打てないということが分かって来たので、落とすなら今です。このまま打率が2割ギリギリに落ちるまで使い続けるとチームへのダメージが馬鹿になりません。代走守備固めなら木村選手と中東選手がいますから、打てる選手と交代させるのが常道です。

1軍を経験する>通用することとしないことが分かり課題が明らかになる>2軍で課題を克服する>1軍で大活躍、というのはごく一部の天才的打者を除いてみんなが通って来た道なので、野間くんのためにもどこかで落すべきだと私は考えています。落とさず乗り切れるほどの天才的打者ではありません。

もし明日負けてしまうと、先週の3連勝の意味が極めて薄くなってしまいます。今後のジャイアンツ戦を考えれば明日はなんとしてでも勝っておかないといけない試合です。そうでなくてもまだまだ借金を抱えた身、負けていい試合なんてありません。勝ちましょう。

私事ですが、たまたま明日のチケットを譲ってもらい、都内に行く用事もあったので夕方からドームに乗り込む予定です。勝って一矢報いましょう。

文科省がタブレット教科書の導入を検討しているらしい

特に反対する要素もないし特段のニュースではないなと思いますが、「早ければ2020年度から」というのは早すぎやしませんかね。佐賀の二の舞では。

追記を表示

上がり目カープ どん底タイガースに容赦なき3連勝  T2-C7

藤浪~能見~メッセンジャーという3投手は表ローテだと思うのですが、その3者を退けての3連勝ですから良い結果です。

今日は福井投手が崩れないうちに効果的な援護があり、援護を受けた福井投手が持ち直すという、まさに「投打がかみ合った」という試合になりました。併殺崩れ&ダブルスチールで2点というのがですね。恐らく緒方監督が目指す野球なんでしょう。ナイスゲームでした。

GTを倒しての6連勝で最下位を脱し、借金2というところまで盛り返しました。ここからどこまで連勝を延ばせるか、借金完済まで突っ走って欲しいですね。上を目指すには負け越していては話になりません。週明けからは再びジャイアンツ戦です。元気が無いうちに叩けるだけ叩きましょう。

今までの貧打がウソのよう もはや別のチーム カープ5連勝! T0-C10

殊勲の4打点新井選手が手の怪我、それも腱の脱臼ということで、一般人であれば数週間は固定するような怪我です。丈夫な新井選手とはいえ、恐らくバットを握るだけでも痛いでしょうから心配ですね。今彼に離脱されるとかなり痛いので、軽傷であることを願います。

試合の方はヨレヨレのジョンソン投手を全然攻略しないタイガースに助けられ、終わってみれば大勝利です。先週までのカープもこんなふうに見えていたんでしょうね。ゼロ点では完封しても勝てないわけです。だいぶ上手くいっていないタイガース、明日も勝たせてもらいましょう。

鈴木誠也選手にも満塁弾が出ましたね。先日のジャイアンツ戦から明らかにスイングが変わりました。ヒットになるかどうかはともかく、今までの「どうにか当てよう」というスイングではなくなりましたね。いいヒット、長打が増えれば相手投手が勝手にカウントを悪くしてくれるようになります。チャンスですよ。

明日はメッセンジャー投手対、復活のエース福井投手です。前回の反省を生かし、福井投手がエース級の投球を魅せてくれると信じています。内容次第では戸田くんに序列で抜かれてしまう可能性もありますから、きっとやってくれるでしょう。期待しましょう。そして勝ちましょう。

猛打爆発 カープ序盤の大量点で4連勝! 勢いMAXで巻き返しだ! T3-C8

ポイントゲッター松山が帰って来た!! という、まさに正義のヒーロー登場という大活躍ですね。今日は守備でもスーパープレーを披露し、レギュラー復帰に熱いアピールです。素晴らしいことです。

制球のままならない藤浪投手から、会澤選手の追撃の一打も効きました。ちょっと強引に過ぎる打撃が続いていますが、強引さがまた彼の持ち味でもあるので、常に強気に狙っていくスタイルのままでいいのかなと思います。

ここにきてようやくチームが良い感じになってきている感じがします。単純なことですが、投手が抑えても点が取れないと勝てないわけですから、点が取れるイコールいい状態なわけです。このままいつまでもどこまでも連勝と行きたいですね。

何にせよ2軍投手である戸田くんで藤浪投手を撃破したのは大きいです。3連勝の目もあります。勝ちましょう。

最下位脱出へ 明日からタイガース戦

ここまでで屈指のナイスゲームだった水曜日のジャイアンツ戦がまさかの録画失敗で見られなかったショックから、丸1日ほど経ってようやく回復してきました。機材のエラーログが出ていなかったので原因が分かりません。人的ミスの可能性があるので確認をより厳にしてゆかなければなりません。

巷の予想では藤浪投手、能見投手、メッセンジャー投手かもしれない明日からのタイガース3連戦、こちらは2軍で活躍中の戸田くんが上がってくるそうで、復活を期す福井投手、安定感の出てきたジョンソン投手と、一歩も引かないラインナップが予想されています。

当たり前ですが、間違いなく「打てば勝てる」3連戦です。打たれる前に先に打つ、そしてくだらないミスをしないという基本的なことをしっかりやっていくことです。それしかありません。3つ勝てば最下位脱出ですし、借金返済へ大きく近づきます。決してうまくいっていないタイガースですから、今のうちに叩きたいところです。

カープもうまくいっているとは言いがたいですが、一時期よりは良くなっている感じがあります。松山選手が帰って来たのが大きいですね。きっと勝ってくれることと信じています。どんどん勝って上を目指しましょう。

そういえば 野間擁護

今日の試合中に解説者の野村謙二郎氏が昨日の野間選手のサヨナラ走塁に関して「あれは野間のミス」と説明していましたが、残念ながらこれは事実と違います。野村さんはお忙しいのでチェックする暇が無かったからでしょうけど、勘違いがあります。

昨日も書いたように、野間選手の視界にいる主審は「インフィールドフライ」を宣告していませんでした。インフィールドを宣告したのは三塁塁審と二塁塁審ということですから、打球を見ている野間選手からはどちらも見えません。なので、野間選手は「インフィールドフライではない」という判断に基づいてスタートを切っています。

インフィールドフライではない場合、落球したらランナーは進まないといけません。だから走った、それだけのことです。すなわち、主審の判断を見て野球のルール通りにプレーしたわけで、野間選手にはミスはありません。

ミスったのは主審だけです。さすがに何らかの処分は免れないと思いますが、まあその酷いジャッジのおかげで1勝を拾ったので今回だけは大目に見ます。

蛇足ですが、インフィールドフライが宣告されていた場合にもし野間選手が走ってしまったとしたらただのアホです。だから主審が宣告を行っていたなら、ジャイアンツの送球エラーがあればホームを突く、という位置にいたはずです。

あのケースではセカンドランナーが迷走に定評のある天谷選手なので、ちょろちょろ飛び出して牽制死、というパターンも有力です。その一瞬前にホームインしてしまえばサヨナラですから、それを狙っても面白いところです。

蛇足が過ぎました。このように、「野間のミス」というのは実情と違い、誤認があるということだけ認識していただきたいと思って書きました。野村さんもそこまでチェックしていたらまた別のコメントになったと思います。

杉内滅多打ちでカープ快勝! C13-G1

中盤から「準備の出来た」中継ぎ投手が出てきたら点が取れなくなったので、決して打線が上向いた、とは言えません。良かったのは鈴木誠也選手が思い切りバットを振れるようになったっぽいことでしょうかね。前回9点取った次の試合は打線沈黙だったので、明日は打って勝ちましょう。

解決しなければならない問題は山積みです。一つ一つやっていかなくてはならないにしても、こういう絶好のきっかけを生かさない手はありません。「中軸に繋ぐ」という打撃を徹底すれば、今なら新井選手が還してくれます。確率の高いほうへ高いほうへと寄せていく必要がありますよね。

明日は超苦手の菅野投手、こちらは好調の野村投手です。分のいい顔合わせとは言えないものの、勝ち目がないともいえません。今のジャイアンツは守備に弱点を抱えているので、先にミスをしなければいい戦いが出来そうです。勝ちましょう。

初回に10得点! 野球がこんなに楽しいものだったと再確認

ある程度の期間カープを見ている人なら「杉内には結構強い」ということはご存じでしょうが、こんなに鮮やかにノックアウトしたのは久しぶりですね。僅差のしまったゲームもいいですが、今季はそういうゲームはだいたい負けゲームなので見ていてしんどいです。

やっぱり勝ちゲームが見たいですからね。初回から爆発し、押せ押せで勝つ試合がたまにあってもいいはずです。後は変なミスをしないよう、そして怪我をしないよう、きっちりリードをキープして勝ちましょう。まだ試合は序盤なので油断は禁物です。今日このまま勝って、明日も勝てば3連勝ですからね。

また、次回対戦で杉内投手にやり返されないよう、調子を上げて集中して臨みましょう。

珍プレーの幕切れ カープ今季初サヨナラ勝ちで連敗脱出! C3-G2

『送りバントも出来ないチームは勝てない』とでも書こうかという試合、最後は「インフィールドフライを落球し、守備側がフォースプレーと勘違い、サードランナーは何故か本塁突入して生還」というなんとも不思議なサヨナラになりました。結果的に「代打・小窪」は成功(?)したので、このまま代打の切り札に定着してくれることを期待しています。

状況からして野間くんは「インフィールドフライ(IFF)」の宣告を聞いていないようでしたね。進行方向にいる主審が宣告のジェスチャーをしなかったからでしょう。IFFじゃなければ、落球後に三塁にとどまっていたら連鎖的にダブルプレーの餌食なので進塁しようとします。そういう走塁だったのでしょう。

IFFだけど落球した、ならばインプレーだ、ともし判断していたなら、ボールがあってタッチされる危険のある本塁付近に近づくはずがありません。まだ2アウトですからね。そういう錯誤が重なった結果のタナボタ勝利です。まあ、初回の鈴木誠也選手のエラーをお返ししてくれたと考えましょう。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索