Entries

野村ソロ1発に泣く カープが弱すぎて私も泣く C0-B1

1点も取れないチームは勝てません。それだけです。野村投手の投球内容が去年よりは格段に良くなっていたのが好材料でしょうか。前回登板がフロックでは無かったことを証明しました。ボール先行で苦し紛れの球を打たれる悪循環からは脱出できたようです。

悪循環から脱出できないのは打撃陣ですね。3連戦で2回も0-1完封負けを見せられるとか、こんなに酷いことがあるでしょうか。采配のせいで打てないのか、打てないから采配が振るえないのか、どちらにしても最悪です。本来は下で調整すべき選手が何人もスタメンで出ざるを得ないのが現状です。

采配についても消極的になってはいないのが救いと言えば救いですが、野球の「攻撃的」はそもそもヒットが打てることが前提の作戦が多いため、仕掛けても仕掛けてもうまくいきません。何を練習してきたのか分からないくらいことごとく失敗します。こんなに情けないチームだったかなと思うほどです。

連戦で切り替える暇もありませんが、なんとか勝って行かないといけません。最下位固めしている場合じゃありません。先発投手陣が安定しているので、せいぜい3点も取ればかなりの確率で勝ちゲーム進行になります。それぐらいやってくれよ、と言いたいですが。無理なんですかね。まあ、明日は勝ちましょう。
スポンサーサイト

艦これ イベント攻略初日はE3までで終了

2015春イベントE1クリア 2015春イベントE2クリア
2015春イベントE2クリア 葛城さんげっと 2015春イベントE2噂のオートメラーラ
今日の戦果はこのくらいです。高波さんもポロッと出たので一安心ですね。まだ1万も資源を喰っていない(遠征増加分で相殺したぶんもあるため)ので、今回は楽なのかなと若干慢心しています。E4をちょっと覗いてから寝ようかと思います。

オタクのアドバイス

野球も終わったし艦これのイベントの疲労待ちの間がヒマだったのでまとめサイトを見ていたら、「パソコンを買うときにオタクにアドバイスを求めてはいけない」という記事がありました。言わんとしていることは分かります。

すなわち、ここで「オタク」と呼ぶ人々は素人がとうてい使わない機能や性能にこだわるあまり、初心者の用途と合わないものを薦めてきがちだということなんですが、これは本当にそうですね。

ただ、当然ながらすべての人がそうだというわけではありません。一般常識がある程度備わっていて、相手を思いやる気持ちがある人同士での相談であれば、それなりに使えるものを薦めるはずなんですよね。

上掲の記事の中の「オタク」は、自分が良いと感じるものは当然相手も良いと感じるだろうと思いこむ人、相手にとって価値あるものとは何かを考えない人のようです。まあ、だから蔑称的に「オタク」呼ばわりされているんでしょう。同じ「オタク」でも、そのへんがしっかりしている人はそんなに叩かれないはずです。

また、アドバイスを求める側も往々にして「用途も予算も分からない」段階で購入に踏み切るという危険行為を犯そうとしているので、もしおかしなものを買ってしまっても罪は半々です。せめて「何ができるか、何をしたいか」くらいは調べておくか、購入相談の前に先に訊きましょう。

それらの条件を満たしても、「自分の金じゃないから高いものを買わせてしまえ」のような悪意に満ちた人も中にはいます。しかし、それは「オタク」の標準でもなければ普遍的なものでもありません。そういう人とは付き合わないか、少なくともお金の絡む話はしないようにしましょう。

ちなみに私も「USB3.0くらい付いてないと」「いまどきSSDも無いなんて」のような思いはありますが、相談者が「性能は気にしない、ネットが見られて無料のオフィスが使えればいい」のようなことを言っているときにこだわりはしません。一応必要かどうかは訊きますがね。一応。

ホントの身長は、ちゃんと172cm! 田中広輔の猛打もあり快勝! C9-B2

初回にエラーで貰った無死一、二塁のチャンスで、丸選手がバントを小飛球にしたときにはまたゼロかとも思いましたが、新井さんが四番の働きをしてくれたことで繋がりました。梵選手のまさかの3ランも出て、楽な展開になりましたね。快勝でした。

その後も相手のミスもあり、中押し点、失点直後の反撃点と、終始主導権を握るナイスゲームでした。展開的には言うことはありません。

ただ、多分にラッキーな部分もありました。これで大丈夫、ということではありません。特にシアーホルツ選手は深刻です。やはりまだ準備不足の感が大きいですね。松山選手が戻って来たらスタメン落ちもありそうです。菊池選手や丸選手もまだまだ去年の水準ではありませんが、一時期のどん底は脱したように見えます。

明日は野村投手です。前回は完璧に近い投球でしたから期待しています。巷ではベイスターズ三嶋投手との「遺恨試合」などという書かれ方もしていますが、前回のように淡々と投げていけば勝ちは見えてきます。多少は得点能力が出てきた打線にも期待しましょう。明日も勝ちましょう。

艦これ 舞鶴鎮守府も不安定

今日のメンテは長めだったようですね。21:20終了ということで何度か接続を試みていますが、先ほどようやく入れたと思ったら遠征確認画面で猫ってしまいました。リロードしても同じところで止まるので、10分くらい寝かそうかと思っています。今日のぶんの遠征と演習だけはやっておきたいのですが、どうなりますか。

イベントは明日から休みなので先行組の情報を読んでからでも遅くはない感じです。資源は自分史上空前の規模で貯まっているので、これでダメなら永遠にダメでしょう。諸提督の武運とドロップ運を祈ります。

見殺し、いや自ら殺しに行くチーム、その名はカープ C0-B1

9回の内野安打は田中選手の守備能力から考えればエラーにするべきものでした。あれで自責点が付くのは大瀬良投手がかわいそうです。田中選手もその前まで好守で大瀬良投手を盛り立ててきたので過度に責めたくはありません。ありませんが、あれで好投の大瀬良投手を殺したのは事実です。

どう考えても問題は攻撃能力です。いくら久保投手相手とはいえ、チームとしての工夫がまるで見えません。ただただ「狙い球を絞って積極的にいけ」とでも言っているような気がします。積極的にダバダバ空振りを繰り返すばかりで、相手投手をだいぶ楽に投げさせています。

紙一重の勝負なのかもしれません。しかし、今季はその紙一重でことごとく負けています。序盤からの大量失点をしないだけマシといえばマシですが、負けは負けです。勝たないことには話になりません。勝ちましょう。明日からは。

球審渡田 ストライクゾーンが狭すぎてカープ完封負け C0-T6

最下位独走への敗北となりました。まあ、能見投手にはよく負けているのでまたかという感じですが、「いいから打てない」ではいつまでたっても勝てません。

それにしても渡田主審のストライクゾーンは狭いですね。狭いし変動する、最悪の判定でした。優秀な審判だとは思いませんが、普段はもっとマシなんですけど、今日は調子が悪かったんでしょうか。困ります。「そのコースさっきボールって言ったじゃんか!!」みたいなのが何度もありました。

カープの方は能見投手のボール球をブンブン空振りしてますから、ストライクゾーンなんか関係ありません。「追い込まれたら三振するから積極的に打ちに行く」は確かにそうなんですが、結局それで追い込まれているわけで、まさに自縄自縛です。

打てないならセイフティバントで揺さぶろう、というようなシーンが無いのは工夫が無い証拠です。狙い球の絞り込みも甘いし、ここまでずっと点が取れないのも納得です。完封負けはやはり恥ずかしいことです。「あと1本が出ない」と何度聞いたことでしょう。どうにかしてください。

例年失速しやすい「鯉の季節」を迎えます。今季はここまでがまさに「失速」状態で、いつ墜落してもおかしくないのですから、逆にここから上昇する目もあると考えましょう。勝たないことには話になりません。先発陣がそろっているカープはGWの連戦に強いはずです。たぶん。勝ちましょう。

タイガース自滅でカープ今季初の大勝! C11-T3

拙攻拙攻で藤浪投手を攻めあぐねるいつものパターンになりそうなところを、タイガースのタイムリーエラー連発で助けてもらった試合でした。試合の流れがこちらに来て、ようやく打線にも火が付きました。点差が付くと相手の投手も格が落ちますし、追撃点も入ります。

それにしても、調子の悪そうだった黒田投手がランナーを出しながらも崩れず粘る様子はまさにエースの風格でした。制球ままならずという感じでしたし、今日は球審が外めに厳しかったので難しい投球だったと思います。勝ちが付いて良かったです。

会澤選手に待望の初打点が付いたのも大きいです。これで多少はリラックスして打席に入れますかね。打ちたい打ちたいで追いかけてましたからね。とにかくもう少し打線が上向かないと勝負にならないところですから、一人でも二人でも爆発してくれる選手が出てくれると助かります。

いい流れで明日はジョンソン投手です。相手は能見さんということで、折角長打が出たシアーホルツ選手がまた打てない予感しかしませんが、もし打ったならかなりの起爆剤になります。この調子で連勝と行きましょう。

まだ試合は途中ですが 解説の遠山さんのこと

遠山奬志さんの解説は初めて聞きました。語り口が優しく、否定的なことを言わないので良いと思います。ダメなことをダメダメ言うのが解説者ではないということをよくお分かりです。今日の相方の隆造さんが結構トボけているのでなかなか良いコンビかもしれません。

解説者の解説がダメだと、「試合の魅力」はともかく「番組としての魅力」は確実に損なわれます。怠慢プレーや危険行為、非紳士的な振る舞いはダメ出しするべきなんですが、技量の未熟から来る失敗をダメダメ言うのはそれとは違います。

なぜダメだったのかを言うだけでなく、彼がどうしようとしていたのか、狙いから間違っていたのか、それとも結果だけがダメだったのか、など、元プロであればこそ分かるということがあるはずです。そういうことを言わないなら元プロである必要がありませんよね。多くの解説者にはもっとそのへんを考えて欲しいところです。

遠山さんの解説は抽象的な言葉が多い気もしますが、前向きな言葉で締めるので聞いていて不快にはなりません。次も聞いてみたいと思います。

FC2動画逮捕

私はここに書き始めるまでブログの知識も殆ど無い状態だったので、しばらく経って「FC2ってアダルト動画で有名なあの」と知人に言われたときには軽くショックでした。まあでもブログと動画では別だということでそのまま続けています。

動画の方は有料の登録をしたことが無いのでたぶん見られません。普通のFC2 IDはありますが。

連鎖的にFC2ブログがなくなるのでは、という話も出ているそうです。引っ越しは面倒なのでできれば続いて欲しいですが、法的・社会的・倫理的あるいは会社的に問題があるなら仕方ありません。

ネット上のワイセツ動画などは長らく野放し状態なので、法に基づいた適切な規制は大歓迎です。違法ダウンロードももっと厳しく捕まえたらいいと思います。ソフトメーカーなんかが大打撃を受けていても泣き寝入りですからね。

佐賀県武雄市の小中学校にKEIANのタブレットを導入し大問題になった件

というニュースを読みました。まあ、ケイアンだしね… としか言いようがないのですが、どう考えても癒着・汚職がありそうですよね。そもそも市場価格7~8千円程度のモノを「専用モデルにカスタマイズする」というくらいで18千円で導入する当たりがお役所仕事です。倍以上ですよ?

パソコン自作者には「粗悪品メーカー」として有名な恵安株式会社。実際には安かろう悪かろうなので値段なりの性能はあり、粗悪とばかりは言えないメーカーです。安くサブマシンを作りたい時などはなかなか使えます。PC部品以外も基本的に安物が多いので、用途によっては使えるメーカーです。

学校で教材として使用するということは故障があったら授業に支障が出るわけで、定数の1~2割くらいの予備機は置いておくべきでした。それがKEIANとの向き合い方です。その程度のことはググれば簡単に分かるのに、知らなかったのか無視したのか、どちらにしても教材導入者はクビにするべきです。

そもそも論でいえば、一連の「学校にタブレット導入したけど失敗した」ニュースにおいて、なぜ導入の責任者に情報強者を充てないのか、愚か過ぎます。今のところニュースとして出てくる「問題」はどれも多少の知識があれば予測できることばかりです。

年功序列の弊害なんでしょうかね。いずれにせよお粗末なニュースです。子供にとっては最高の反面教師ですけどね。

連敗で中休み なぜこんなにも弱いのか

前田健太投手の「援護率」は0.6点台だそうです。すなわち「1点取られたら負け」ということで、北関東シリーズはまさにデータ通りの結果になりました。それにしても酷いですね。力負けではありますが、ミスが多すぎます。優勝候補とはなんだったのかと疑うレベルです。

こうなってくると不思議なもので、ヒット性のいい当たりがファインプレーでアウトになったり、ギリギリファウルになったり、微妙な判定が不利になったりしますね。打たなきゃ打たなきゃで返って相手の術中に嵌り、投手陣は1点もやれないと力が入る、悪循環のスパイラルです。

気の早い人々は既に監督の采配を批判しています。私も先日選手起用を批判してみました。ただまあ、これだけ主力陣が誰もかれも調子が悪いとなると、ジタバタするかしないかの違いしかなく、動いて負けるか動かず負けるかということになります。

まだ責任論は早いと思いますが、責任が重いとすればやはり打撃コーチ、1塁コーチだろうと思います。誰かがではなく誰もが打てないのは打撃コーチが悪いと言われても仕方ありませんし、盗塁の成功率が異様に低いのは1塁コーチの責任もあるでしょう。

逆に投手陣はヒース投手がダメなくらいで、去年の中継ぎ主力である中田投手がいなくても良くやっていると思います。先発陣に至っては文句の付けようがありません。打線が上向けば十分に連勝出来る戦力はあります。そんなに甘くは無いでしょうが、可能性という点では十分です。

何より大事なのは多すぎるミスを減らしていくことでしょうね。去年まで出来ていたことが出来ない、というミスが多いのが気になります。ミスが無ければ勝っていたであろう僅差の試合もあるわけで、とりあえずはミスを犯さない、やってしまってもリカバーする、そういう強さを出していきましょう。

ソニーからお買物券が来たので

なんでも、購入後一定期間内でソニーストアでの販売価格が下がった場合に差額分のクーポンを出してくれるそうです。テレビのぶんですね。だったらキャッシュバックしてくれよというのは置いておいて、丁度録画機器の新調を考えていたところでしたのでこれを奇貨として発注することにしました。

クーポン商法、つまり「新たに買わないと得しない」というポイント商法ですが、買いたいものが全くないと使えないリスクがあります。ヤマダ電機のポイントカードなんかはそれで失効しちゃうので、「ポイントを付けます」的な『割引』はノーサンキューです。

とりあえず前回の反省を踏まえ、該当商品が「翌日出荷」であることを確認しました。必要なものとはいえ、ちょっと予算が厳しいのでしばらくは節約生活です。

雨中の快勝 カープ勝って久々の気持ちの良い週末に C5-D0

今日は仕事のため、夜帰宅してから録画で試合を見ました。あわやミスになりそうな守備もあり、攻撃も無駄が多くて本来なら8点くらい入っていそうな試合ではありました。

が、同時に好守もあり、菊池選手以外初のホームランもあり、新井さんの激走からの先取点あり、ナイスゲームだったと言わざるを得ません。もちろん最大のナイスプレーはジョンソン投手の好投です。そんなに調子がいいようには見えませんでしたが、要所を締めてゼロに抑えてくれました。

打つほうでは何といっても小窪選手のタイムリーですよ。また今日も1-0では中継ぎ・抑えにプレッシャーがかかり、たった1点を守るために窮屈な投球になります。ジョンソン投手に代打を出す展開だったかもしれません。それらを防いでチームに価値ムードをもたらしたのは間違いなく小窪選手です。またお願いします。

悩める鈴木誠也選手のホームランも良かったです。野間くんはまだ怖いもの知らずでガンガンいける時期でしょうけど、誠也選手は立場が違いますからね。シアーホルツ選手が定着すると外野が2枠埋まってしまうわけで、野間選手、ロサリオ選手らに勝たなければ試合に出られません。

そうした中で、俺がいるぞ、俺を使えというアピールの一撃になった気がします。手術開けのロサリオ選手は恐らくまだコンディションがいまいちでしょうから、これで勢いに乗ることができればスタメンのチャンスもあるでしょう。

去年チームを支えてくれたエルドレッド選手が不在、キクマルはどちらも極端に調子を落とし、負けるのは当たり前と言えなくもありません。が、シーズンは待ってくれません。今いる選手でなんとか勝ちを拾っていかなければなりません。今日活躍した選手らがもっともっと躍動してくれることを期待しています。次も勝ちましょう。

選手層の差 またも延長で力尽く C2-D3

タイトルにつけた「選手層の差」というのは熱い監督批判です。さすがに毎試合毎試合ベンチとブルペンに戦力をわんさか残したまま負けるのでは、見ているほうとしては辛いです。少ない人数で、しかも調子の悪い選手主体で戦えば、分が悪いのは当たり前です。

まあ、「代えて負けるか、代えずに負けるか」の差なのかもしれませんが、人を代えないならやり方を変えるなりしないと、ただただ選手の調子任せのように見えます。去年、一昨年の野村監督が、最終盤に破綻するまでいかにうまく戦力を回していたかがよく分かります。

とりあえずチームの勝利に全く貢献しない梵選手は一度落としたほうがいいと思います。なぜトップバッターで起用していたのかもよく分かりません。打てない走れない守れないの梵選手より鈴木誠也選手の調子が悪いというのなら、なぜ赤松選手を上に上げないのかということに繋がります。

まだ終わる選手では無いと信じていますので、必ず彼の力が必要な時が来ます。しかしそれは今ではありません。

タイムリー欠乏症もなんとか守り切って勝利  C1-D0

さすがにそろそろ出るんじゃないかと期待して応援していたチャンスでことごとく凡退という、負けても何もおかしくない試合に勝ちました。今日はなんといっても福井投手です。後半に制球が乱れてきてからの投球は圧巻でした。次回も好投を期待します。

打線は依然として厳しいです。当たり自体は少し良くなってきている感じもありますが、繋がりません。シアーホルツ選手が上がってくるまでに多少なりともいい状態にしておきたいんですけどね。我慢のときは続きます。明日も勝ちましょう。

ゼロでは勝てない またもマエケンで負ける S1-C0

ゼロ点ではどうにもなりません。8回完投の前田投手は責められません。

と、いつもならそう書くところですが。

先頭打者に4連続ボールで四球を与え、あっさり1点を失ったのはいただけません。まあよく1点に抑えたのは流石腐ってもマエケンというところですが、ゴングと同時に先制パンチを喰らったようなものです。ただでさえ点が取れないカープには痛すぎる失点になりました。

追記を表示

何度も直面する「○○リンク」の罠

録画用のHDDレコーダーがSONYなので、SONYのテレビの設定時に「ブラビアリンク」をONにしてみました。

で、HDDレコのスカパーHDチューナーで野球を見ているときにテレビのリモコンから番組表を開こうとすると、勝手にリンクが働いてHDDレコの番組表(クロスメディアバー)が開きます。入力を「デジタル放送」に切り替えないと地デジの番組表は開かない仕様のようです。REGZAは出来たのに?

そうじゃないんだよなぁ…

東芝+東芝のときも結局リンクはOFFで使ってました。「リモコン1つで操作できる」と言っても、学習リモコン装備なのでもとから1つですし、意図しない電源ON/OFFが起こったりするので返って不便です。個別の機器/機能についてリンクのON/OFFを選択できるといいんですけどね。

メーカーを揃える意味があるのは録画した番組の転送ができるかどうかくらいですかね。

ソニーストア 出荷のお知らせの後は早かった

結局のところ、注文から約2週間で届きました。結果からいえばそんなに「遅い」と騒ぐほどでもなかったのですが、それならなぜもっと早く納期を確定できなかったのか、という思いは残ります。

製品はさすがソニーで悪いものではありませんでした。梱包にも問題なく、事前にだいぶ準備していただけに設置もあっという間でした。本体をつなぐM6ネジは同梱されていた専用壁掛け用ネジがそのまま使えました。これをL字ジョイントプレートにつなぎ、それをまたL型アングルにつなぎ、そしてモニターアームにつないでいます。

写真でも撮れば良かったんですけど、もう配線をし直して設置完了してしまったのでやめておきます。

今まで使っていたREGZA 32R1と比べると周囲のベゼル部分がすごくスリムで一回り小さい感じです。32R1の画質に不満はありませんが、やはり解像度が違うので並べて画像を見るとキレイさが違います。2Kでこれなら4Kは相当綺麗でしょうね。買わないけど。

あくまでうちのREGZAとの比較ですが、色味が少し薄めというか、明るい、あるいは寒い感じです。カープの赤がどのように発色するか、もうじきプレイボールなので楽しみです。

本体重量10キロ少々のREGZAとジョイント部のステンレス金具+傾き防止バラストのステンレス金具を支えていた耐荷重12kgのモニターアームも負担がだいぶ軽くなって角度調整が簡単になりました。今までは重量ギリギリ(アウトという説もあり)で「壊れなければよい」という状態でした。今までお疲れ様でした。今後もよろしくお願いします。

ようやく来た「打って勝つ」試合  T2-C7

黒田さんは今日も淡々と「ハイクオリティスタート」でしたね。なんかひとりだけ次元の違う野球をしている気がします。自援護もありましたし、取られた点も内容的にはやむなしという点でした。お疲れさまです。

そしてカープは3連勝。5勝8敗はまだ「負けてんな~」という感じですが、これが6勝8敗になればだいぶ印象は違います。というわけで明日も勝ちましょう。

追記を表示

天皇陛下とパラオのニュースを見て

まず朝日新聞は天皇陛下に敬語を使わない姿勢を正すべきでしょうが、朝日には無理でしょう。いつの時代も「最近の若者は敬語が使えない」みたいなことを言うものですが、新聞が使えていないのだから仕方ありませんね。これが日本で一番売れている新聞の実態です。

と、恒例の朝日叩きはいいとして。

どうしてもパラオ、ペリリュー島というとあの強制疎開のエピソードを思い出してしまいます。今日は仕事中に何度も脳内リピートされて涙を拭くのが大変でした。80歳を超えて南洋の島へ赴くというのは天皇という立場だけでは語れない行動です。「体調がすぐれない」「高齢だから」という理由で中止できるはずですから。

「天皇なんて要らない」という考えの人もいますけど、総理大臣以下誰が行ってもこのような交流にはなりませんよ。友好外交の切り札としていつも働いていただいているわけですから、ありがたく思いこそすれ「要らない」ことはないですよ。

私は「平成」という元号は響や字面がそんなに好きではありませんが、今回のことで「平成」時代が長く続くのもなかなかいいことなのではないかと思いました。

マエケン、中﨑、ヒース踏ん張りカープ連勝! C1-G0

今日も貧打というより極貧打の1得点止まりでしたが、ゼロに抑えれば勝てるんです!

前田投手はピンチの連続でピリッとはしませんでしたけど、そこからキッチリ抑えたところは流石にエースの風格でした。先発投手が長いイニングを投げてくれると、後ろの投手も調子の良い人を選んで送り出すことができます。そういう流れにしていきたいですね。

打つほうでは今季初登場の安部選手が、見事な3安打&決勝ホームインを見せてくれました。サードのレギュラーは空いていますしショートも田中選手が打てていないので奪い取るチャンスはあります。かつての高卒ドラ1がついに1軍に居場所を得るんでしょうか。期待しています。

しかし、、、今年は金城選手まで加わって、ジャイアンツは控えの層が厚いですね。羨ましい限りです。カープも怪我人が出来るだけ早く戻ってくることを願います。明日からも勝ちましょう。

勝ったぜ!! 待ちに待った連敗脱出!! C3-G2

申し訳ないことに正直そんなに期待していなかった野村祐輔投手で連敗脱出ですよ! 祐輔スマンカッタと言いたい! 次も頼みます!

今日も相変わらずの貧打でしたが、相手のミスもありなんとか勝ちました。逆にこちらは絶体絶命の場面で菊池選手の好守で同点を防ぎ、守備力の差が出た試合になりましたね。これまで拙守で落した試合が多かったので、これを転機にしたいところです。

追記を表示

天谷宗一郎いわく「負けたのは僕のせいです」

私もちょっと感情的に天谷選手を叩いてしまいましたけど、本人が一番分かっていることでしょうから、なんとかチームの力になるべく活躍して欲しいです。

基本的には守備力は高いほうの選手なんですがね。どうも、何も考えずフワッとプレーしている印象が強いんです。若いころからずっとです。「天谷はいつでもアマヤ」と言われるゆえんです。もういい年なんだし、そろそろ一皮むけてもいいと思います。

次の出番を注目しています。

大瀬良見殺しどころか自ら殺しに行くパターン C1-G2

ディフェンス力の差で負ける典型的な試合でした。大瀬良投手の激投を多とするしかありません。3敗目のイッチーも、もう少し楽な場面で投げさせてあげないと調子は上がって来ないでしょう。

点が取れないのはもう仕方ないにしても、今日は天谷ですよ。もう「天谷選手」と呼ぶ価値もないですよ。解説の前田さんが「あれは難しい飛球だから」としきりにフォローしていましたけど、守備固めで出た「好守」のベテラン選手がポロリでチームの勝ちを消したのでは存在意義がありません。

若くて経験不足の鈴木誠也くんとか野間くんがやらかしたのならまだしも、プロの外野手を13年も守っている選手があれでは白けます。「赤松がいれば」と思わざるを得ません。

決勝点の田中選手のエラーは、天谷のミスに比べればまだ理解できるミスです。ただやはり、失点に直結するミスは無くしていかないと貧打のチームが勝つことは出来ません。明日はミスなく勝ちましょう。

いい加減勝ちましょう。

ソニーストア遅すぎ

3/29の午前中には「ご注文ありがとうございました」のメールが来ていたのですが、4/6に「お届け日目安変更のお知らせ」というメールが新たに届きました。当初の「お届け日目安」は「入荷次第出荷(目安)」というものでした。

追記を表示

黒田見殺し完封負け  D3-C0

打つほうで仕事をしているのが実質的に菊池選手しかいないに等しい状況では、相手に重大なミスが出るか、相当なラッキーがないと点は入りません。打線の組換えもハマるまでしばらくやってみてもいいでしょうね。

ただ、「左投手だから」で好調の松山選手を外すのはいかがなものでしょうか。結果的に案の定のゼロ封ですから、今後は考え直して欲しいです。

新たにシャーホルツ選手を獲得するそうです。開幕後の緊急補強で当たる選手はそんなにいないので過度の期待は禁物ですが、長打が魅力の選手らしいということなので現状の打破を図れるかもしれません。なんとかしないと最下位まっしぐらです。なんとか勝ちましょう。

弱い ひたすら弱い ベイスターズに3連敗はいつ以来? B3-C2

「去年より弱い」なんて甘いことを書いてしまいました。野村政権発足以降一番弱い、が正解かもしれません。本当に練習してるんでしょうか。

まあまだ6試合ですが、巻き返せそうな要素が少ないんですよね。現状を打破してくれる選手が出てきてくれることを期待します。じゃないとヤバいです。暗黒時代の5位力を感じます。マズいマズい…

ソニーストアの評判が良くないという

酷い野球を見てしまったストレスもあったのか、発送連絡が来ないソニーストアの評判を検索していたらかなり悪いみたいです。特にカスタマーセンターと修理部門の連携の悪さが挙げられていることが多いようです。

まあネット上の評判というものは憤懣やるかたない人のほうが熱心に書き込むものですから、悪い評価が多い=悪い企業とは言い切れません。難しいところです。

今日見た限りでは、VAIOの商品クレームが一番多く、必然的に2年程度前の評判ということでした。納期に関してのクレームもあり、急な納期遅れは普通にあるみたいです。作って直出しというわけでもあるまいに、直販のアドバンテージは納期的にはあまりないようですね。

実機が家電量販店に陳列されているのは確認したので、週明けに連絡が無いようだったら面倒ですが催促してみようかと思います。納期問題は先に調べておけばよかったんですが、「直販だしすぐ来るだろう」という先入観がありました。うかつなのはこちらなので今のところソニーストアに責任はありません。

カープ弱すぎる ベイスターズに連敗  B7-C4

ベイスさんの好意でモスコーソ投手を代えてくれたために得点差には格好が付きましたが、実質的には完封負けに等しい大敗です。守っては連夜の拙守でやらずもがなの得点を与え、優勝候補に挙げてくれた人たちに申し訳のない、よっわいよっわいチームの野球をやってしまいました。

明らかに去年より弱くなっています。去年の序盤はこういう試合でエルドレッド選手の一発がチームを救ってくれていましたが、今年はそれが無いのでただただ点が入りません。それでもって守備のミスが過去最大級に出てしまっているので、そりゃ勝てるわけがありません。

相手があるので負けるのは仕方ない面もありますが、負け方が情けないですよね。まだ数試合ですけど、今のところ投手陣意外に期待できそうな要素が見えてきません。切り替えて行くと口で言うのは簡単ですがね。なんとかズルズルいくのだけは避けて欲しいです。

個人的には今日の木村昇吾選手の守備はあんまりでした。ベテランとはいえ、強いチームなら即日二軍行きです。堂林選手や赤松選手と入れ替えてもいいくらいです。明日もし出番があったらしっかり実力通りのプレーをして欲しいです。とにかく勝たないことには話になりません。勝ちましょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索