Entries

艦これ 4-4突破

南方海域到達ついに瑞鶴ちゃん登場
苦節2日ほど… 意外と短かったですが。3-4に続いて4-4を突破しました。構成は3-4突破艦隊と同じです。ボス3回目に瑞鶴さんゲットのおまけつきでした。史実では小沢機動艦隊最後の輝きとなった艦ですね。ボスドロップのみでなかなか手に入らないだろうと思っていたので嬉しいです。

追記を表示

スポンサーサイト

艦これ 3-4突破

LV45近辺の艦隊で挑戦するもボスに到達するまでに力尽きていたので、少しレベル上げをしました。すると、全然当たらなくて艦隊から外そうかと考えていた大井さん北上さんの雷撃がまあまあ当たるようになりました。レベルのせいかたまたまかは検証していないので分かりません。画像はボス突破時の艦隊です。
3-4突破艦隊3-4突破

追記を表示

菊池涼介 補殺新記録

二塁手としての記録を7年ぶりに更新、それも名手・荒木博雅の記録を抜くという快挙です。とにかく彼の守備は頼りになります。走者ありのときの判断に課題を残すものの、「守備でカネがとれる」選手であることは間違いありません。

あと5試合を残して499個、全ポジション総合の日本記録が522個ということなのでこちらの記録を更新する可能性もありますね。1試合あたり5個で更新です。内野に打たせるのは特別なことではなく日常的に投手が狙うことなので、十分ありえる数字です。

もちろん大事なのは勝利ですから、個人記録より勝ち越し・5割到達です。でも既に3位を決めたわけで、狙える記録は狙うべきでしょう。丸ちゃんの盗塁も、あと3つくらいは走ってもらいたいところです。マエケンの最終登板に強力援護で必ず勝ち星をつけることも必須ですね。

シーズン序盤はありえないエラーもあり、「菊池の守備ゾーンはドーナツ形」などと揶揄されることもありました。ですが、今我々は球史に名を残す偉大な選手の誕生を目にしているのかもしれないのです。既にひとつ記録を打ち立てました。今後にも大いに期待しましょう。

ひとつの時代が終わり

3位の喜びも束の間、前田智徳選手が引退するそうです。まあ、予想されていたことではありますが、実際に決まってしまうと淋しいですね。CSでの登場はあるんでしょうか。最後にもう一度クリーンヒットを見たいです。

3位確定は夜勤明けで先に結果を知ってから試合を見たこともありしみじみと迎えました。優勝したわけでもないし、あくまで通過点ですからね。喜び過ぎてもいけないし、と思っていましたが、試合終了後にベンチで喜ぶ通訳の西村さんのいつもに増した笑顔を見ていたら思わず泣けてきました。

毎年のように入れ替わる外国人選手のケアをしてくれている通訳のポジションは、ある意味選手よりもハードで重要な仕事です。今年も外国人選手の力が無ければチームが成り立っていなかったでしょう。西村さんの功績も大なるものがあります。

そういう喜びの陰にチームを去りゆく人がいるわけで、しかもチームのヒーローである前田さんが引退するということで、これはどうしてもCSを勝って日本シリーズへ行きたい展開になりました。決勝打を前田さんが打ち、監督と一緒に彼を胴上げして、低迷の時代を終わらせたいですね。

なんか別のチームのように強い!

初回からヘロヘロの野村投手はどうなることかと思いましたが、生命線の制球力だけはなんとか2回以降持ち直したようで、粘って粘ってごっつぁん勝利を手にしました。やはりコントロールですね。粘れば勝利の可能性が出ます。明日のバリントン投手も粘ってくれるでしょう。

いよいよあと2つ勝てばCS決定というところまで来ました。数字の上でいえばほぼ確定と言って良いでしょうが、敗北の歴史を繰り返してきた我々はそんなに楽観的にはなれません。明日の試合に勝って、本当に3位が決まるまでは油断しません。

それに、残り7試合で借金3、5勝2敗なら五割到達という大きな目標も見えています。長らく借金10の壁を越えられずにいた、弱いカープとは別のチームのようです。ここはなんとか5割以上でシーズンを終わりましょう。敗北の歴史に終止符を打つのは今です。今なのです。

発熱マエケンを無理に投げさせての勝利

それで次は中四日、というのはいかがなものでしょうか。夢が広がる連勝中とはいえ、マエケンが壊れたらそこで終戦ですよ。3位確保も怪しくなってしまいかねないので、体調不良のときに無理をさせるのは今日かぎりにして欲しいです。

まあ、それでも抑えるのがマエケンのマエケンたるゆえんです。今年の杉内投手は全く打てないというわけではないので抑えてくれれば勝ちゲームになりますね。目の前で胴上げを見るのも癪なので、あと2試合勝って次へ進みましょう。

タイガースさんサイドの都合でこちらが勝っても胴上げという可能性もありますけど、やられるばかりじゃないんだよというところを見せましょう。日曜はド谷間の久本投手先発なので不安はありますが、波に乗ると結構抑えてくれますからね。期待しましょう。

ファインプレー連発の菊池! 連敗しないカープ!

タイガースさんサイドのミスで貰った勝利ではありますが、こちらはミスをしてもカバーしあう野球ができました。先発投手がいつも完璧とはいきません。良くない時にいかに守るか、そして1点でも多くとって優勢にすすめるか、今はそれがうまくいっています

ヒーローインタビューは投手陣と勝利打点の岩本選手でしたけど、バリントン投手自身が述べたように再三の好守で序盤の不安定な投球を救った菊池選手こそが今日のヒーローでしょうね。頼もしい限りです。このまま勝ち続けて上を目指しましょう。

難敵メッセンジャーを撃破!

とはいえ、メッセンジャー投手自身を打ったわけではありません。いい当たりのアウトを含めても5本くらいしか出ていないし、この先も厳しい対戦相手なのは変わりません。そういう試合を勝ったのは本当に大きいですね。残り全部勝って2位を狙いましょう。

なんて、少し前までは単なる夢想でしかなかった「2位」がかすかに見えてきました。タイガースさんサイドの負けっぷりもそうですが、やはりカープが勝ち続けていることが大きいですね。久しぶりのシーズン勝ち越しまでもあと4つです。

一般人でも体がきつい秋口ですから、選手はみな疲労のピークにあるでしょう。痛いところが無い選手もいないと思います。なんとかCS決定まで粘って粘って、勝ちを積み重ねるしかありません。このまま最後まで勝っていきましょう。

ドラゴンズ自力CS消滅

ベイスターズさんの奮戦により、あとはカープが勝つだけという局面になりました。明日からのタイガース戦は恐らく大竹・野村・バリントンの3投手でこのままずっと連勝が続くかもしれない期待があります。もしここで3つ勝つようなことがあると、主題は3位争いというよりむしろ2位争いになってきます。

まあ、そこまで上手くいくかは分かりません。が、今回のジャイアンツ3連戦を3つ取るなんて戦前に予想した人がどれだけいるかと考えれば、タイガースに3つ勝つことも無いとは言えません。若い力も結果を出しましたし、勢いに乗って連勝街道を驀進しましょう。

まず先勝!

杉内投手という難敵からキラ選手の完璧なホームランで勝ちました。やっぱアレですね、ホームランはデカいですね。いつもは打たれる一方なので、ホームランで勝つと物凄く気持ちいいです。

正直なところ明日のマエケン前倒し(マエダだけに…)はいかがなものかと思うのですが、要は勝てばいいわけです。もし無失点完封とはいかなかったとしても、相手より1点多く取って試合が終わればいいだけです。

エル・キラを並べるのは守備面での負担が大きいのは事実ですが、打球判断以外はエルドレッド選手のレフトはまあまあイケる範囲でしょう。一塁守備は栗原選手より上手いかもしれないレベルですから本当はそっちで出場して欲しいですがね。

明後日はローテの谷間になるようです。今井投手かと思っていたら先日中継ぎで投げていましたし、中村恭平投手もその今井投手が先発した一週間前に1イニング投げていました。まあ、間も空いているし調整していれば投げられなくはないでしょうけど。

他に誰かを上げるのだとしたら、打線が強力援護しない限りジャイアンツさんサイドのチャンスゲームになってしまう可能性極大です。それくらいチーム力の差があるのは明白です。それでも勝たないといけないのがプロです。勝ちましょう。

喜ぶのはまだ早い

今季初の同一カード3連勝です。バレンティン選手に本塁打が出つつの大勝利と、全て予定通りといってもよい展開です。ですが、明日からは勝負のGT9戦が待っています。ドラゴンズがぴったり着いてきているので負け越しは許されません。

この3連勝にしてもスワローズさんサイドが気前よくチャンスをくれたからこその大量得点で、内容で圧倒していたわけではありません。ジャイアンツのようなケチくさいチームはこんなにチャンスをくれません。無駄な失点を防ぎ、得点をもぎとる試合をしなければなりません。

出来れば来週のドラゴンズ3連戦を前に4ゲーム差以上にしておきたいところです。どうしても3つ勝たないと、ということになればあちらさんも普段の野球をしづらいでしょう。逆の立場にならないよう、なんとか食らいついて勝ちましょう。

マエケンを強力援護 大竹寛も援護しよう!

本人の言葉通り、前田投手は制球がままならず、打力のあるチームが相手だったらノックアウトされていたような内容でした。それでも3点にまとめるのがエースの投球ですね。打線もあまり打てないながら相手のミスを逃さず効果的に加点、主砲の本塁打でとどめを刺しました。

最近の大竹投手はピリッとしないことが多いですが、それでも序盤を3点くらいで粘ってくれています。打線が援護しないので5回までに降板せざるを得ない、という展開で負けるパターンが増えています。負けている場合ではないのでなんとか援護点をお願いします。

勝ちましょう。勝ち続けることでのみ、CSは見えてきます。勝ちましょう。

東京五輪 喜ばしいことではあるが

むしろイスタンブール不甲斐ないという思いです。まあ、国内に内政問題を起こしてしまうようでは仕方がないのかもしれませんが、あちらで開催するのが歴史的な流れとしては本流だったと思います。チャンスはあったはずなのに、掴めない。残念ですね。

決まった以上は「やっぱ日本でやって良かったね」と、殆どの国から(絶対言わないヤツらがいるので全ては無理)言われたいです。利権誘導と捉えて目先の利益だけに注目するのではなく、スポーツの祭典として恥ずかしくない準備をしましょう。

引導を渡すはずが

ドラゴンズにも勝ちきれず、ベイスターズにも勝てず。どちらも勝つチャンスがあった試合です。いかに「キラ頼み」だったのかがよく分かりますね。キラ選手一人が打たなくなっただけで得点能力が激減しています。

まあ、前田さんがもうすぐ戻ってくるらしいという期待はあります。左の代打の切り札が岩本選手では怖さがありません。右の廣瀬選手も調子は全然上がりません。投手が左だからと言って松山選手を下げるとどうなるか、監督は理解してくれたでしょうか。

もういい加減勝たないと後がありません。じわじわと「また今年もか」感が出始めます。マエケンいわく「CSに、いきたいです!」。いきたいよ、絶対に! 敗北の歴史には終止符を、負け越してもAクラスのチャンスなんてそうそうありませんしね。勝ちましょう。

マエケンスライドで必勝の構え

打線凍結中で「石原が送ってマエケンに回せ」みたいなことになりかねませんが、唯一松山選手が当たっていますのでなんとか1点でも多くとって確実に勝ちたいところです。スライド登板自体は問題ないとしても、もともと今季はあまりよくありませんから、エースとしての投球に期待したいです。

今日も広島は雨のようですね。多少の雨ならやってしまうのが広島スピリットですが、昨日も中止級の雨でしたから降り方によっては中止もありえます。ダブルスライド(二日押し)はちょっと投手には酷なので、是非とも今日はやって欲しいです。

ドラゴンズは「マエケンキラー」大島選手が先発復帰らしいです。正直『顔も見たくない』類の選手ですが、今季は攻守にミスが多く見違える感じがします。カープ戦では沈黙し続けて欲しいですね。こちらは勝つしかありません。必勝の構えで連勝と行きましょう。

勝負は来週の6連戦

チャンスにクリーンナップが音無しでの負けが込んできましたね。なんか去年を思い出しますが。今年は去年ではありません。今日は4位、5位が勝ったのでもともと無いようなゲーム差が殆ど無くなってしまいました。

ただ、負け数もCSナンバーでもドラゴンズとの実際の差はほぼほぼ1ゲームです。なので、来週のドラゴンズ3連戦で3つ勝てば良し、2-1でギリギリ、1-2以下だと立場は逆転します。それに続くベイスターズ戦も意味合いは同じです。

その後のジャイアンツ戦で連勝する可能性を考えるよりも、直接対決で叩くことが現実的です。勝てば上に行ける、実にシンプルですね。エルドレッド選手が戻ってきて、この先いい当たりが出るようだと勝利の期待が出来ます。

今日を含め、上位との対決はタイガース戦が5試合、ジャイアンツ戦が7試合あります。もちろんこれを全部勝てば3位は楽勝でしょうが、まあそうはいかないでしょう。なんとか五分で切り抜けたいし、勝ち越せればかなり優位に立ちます。

そして直接対決でドラとベイを叩けばいい、ただそれだけのことなんです。ここで勝たないと1年間苦しみながらなんとか戦ってきた意味がありません。「結局今年も同じ」だけは勘弁して欲しいし、野村政権の5年とは何だったのかということになります。勝たねば。勝ちましょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索