Entries

タイガースに連敗 下位まっしぐら

6回無死一、二塁からフライ3個でチャンスを潰したのが大きかった試合です。昨日の酷い試合に比べればどこにでもある普通のサヨナラ負けでしたね。普段なら悔しくてたまらないのですが、昨日の衝撃から立ち直れていないので今日はどうってことありません

しかし、今井投手も久本投手もリリーフから動かさないということは、先発ローテの谷間は中村恭平投手あたりを下から上げて賄うってことでいいんでしょうかね。誰かリリーフエースに名乗りを上げる選手はいないものでしょうか。

下で福井投手がいいらしい、と聞いています。このまま終わる選手だとは思っていないので、ほかにいい投手がいないなら上で使ってみてもいいんじゃないでしょうか。ともかくこのままでは5位定着の道が待っています。勝たないことには。
スポンサーサイト

監督擁護ではありませんが

野村監督のコメントです。「どうすれば勝てるのか分かっていない。無理にダブルプレーを取りに行ったり、状況を分かってない。あれでは投手も浮かばれない。情けない。」

これだけ読むと選手(安部・松山)のせいにしているように見えますが、プレーを実際に映像で見ていれば無責任発言とも言えません。明らかに草野球、それも野球非経験者が遊びでやってる草野球のレベルのエラーでしたから。

ただ、当然そうなれば「なぜ守備のいいエルドレッドをさげて、一塁守備に不安の大きい松山を入れたのか」ということが問題になります。エルドレッド選手ならばあのような見苦しい送球エラーはしなかったでしょう。

守備固めで「ルイス⇒赤松」の交代は順当として、次の補強ポイントは松山選手ですね。いくら9回の先頭打者が彼だからといって、打順調整で残すならレフトに回すべきでした。まあ、レフトでエラーしちゃう可能性はありますがね。ファーストよりはだいぶましです。

ところがここで問題があって、一塁を守るべき選手がベンチに残っていなかったんですよね。岩本選手が二軍落ちしたことによって、あえて入れるなら木村昇吾選手くらいしかいませんでした。そのほうが守備は良かったと思いますが、一塁の経験が少ないので不安が無いわけではありません。

或いは捕手の会澤選手を一塁に入れて、倉選手を出す選択肢もあります。結果論で言えば恐らくそれが正着だと思います。が、3点差と余裕がある試合で終盤の攻防を会澤選手に経験させたいこと、先日捕手を交代させて流れが変わり敗退した試合があったことが頭をよぎったものと考えられます。

そもそも打順調整を考える段階で「ミコライオの回またぎ」が前提にあるわけで、同点または逆転されることを恐れている弱気采配なんです。それにしたってミコライオ投手を投入するタイミングでエルドレッド選手を下げても十分間に合っただけに疑問手ではあります。

継投の判断は「間違い」とまでは言えません。武内投手はまだ実績がないので94球での降板は致し方なし、今井投手も内容が悪く左の代打・桧山選手に左キラーの河内投手を出したのも問題はありません。河内投手が仕事ができず四球を出したのは結果論上の失敗ですから。

まあこれも、同じ内容でも今村投手なら代えなかったのに何故今井投手はあっさり代えるのか、という批判は成り立ちます。今井投手は先発したときでも3凡連発という投手ではありません。3点差だから少なくとも1失点までは待っても良かったかもしれません。

私は以上のように見た(考えた)ので、監督のせいで負けた・野村辞めろ、とは思いません。交代起用に疑問は残り、最終的な責任が監督にあるのは間違いありません。が、なんでもかんでも、常識レベルのしょうもないエラーまで全て監督に帰するのは暴論に近づいてしまうのでやめたほうがいいです。

iPod shuffle ※第3世代 を発掘 復旧に手間取ること

先日片づけをしていたら、かつて一時期だけ使用していた iPod shuffle を発掘しました。iTuneがバージョンアップでありえないくらい遅くなった時期に耐えられなくなって使うのをやめたものです。それからWalkmanに乗り換え、今日まで使用しています。

追記を表示

ありえないエラー プロとして恥ずかしいプレー

逆転に直結した松山選手のしょうもないエラー、ただセカンドに投げるだけが出来ないという情けなさ、守備が悪いという評判を裏付ける見苦しいプレーでチームの勝利を消しました。そして、ただ捕るということが出来なかった安部選手。酷い守備でした。

エラーは出るものであって、してしまうこと自体は仕方ないと私は考えていますが、それでもエラーのしかたとか限度というものはあります。連続エラーなんてとんでもありません。失敗したから焦って追い詰められる、というのはプロのメンタリティではありません。

野球というものはエラーが出ると失点の可能性が上がります。アウトになるはずのところがならないわけで、そんなものが連続で出ればいかに優秀な投手でもそうそう無失点で凌げるものではありません。まさに自滅としか言いようがありません。

今井、河内、ミコライオと、3投手とも自責点はゼロでした。自責ゼロで6点持っていかれるようでは野球になりません。もしもう一度チャンスがもらえたとしたら、しっかりプロらしいプレーを見せてくれないと困ります。チャンスがもらえるかは分かりませんけどね

もう最後は「ミコ様なんとかしてくれ!」と祈っていました。ですが、既にその前に二度も打者を打ち取っているわけで、センター返しでしっかり狙われては分が悪い投球になります。今日は本当に、無意味な四球の河内投手を除いて、投手陣は責められません

タイガースもそんなに良い野球をしていたわけではなく、8回までは負けるべくして負けるという雰囲気でした。そんな試合をぶち壊した責任は、間違いなく松山選手・安部選手にあります。「一選手のせいではない」みたいな甘いことは言えません。猛省して改善しないと選手生命が終わりますよ。

我が家のLANが世代交代

FTTH(光ファイバー通信)開通後、ケーブルを交換した以外はずっとほったらかしだったLAN周りが変わりそうです。きっかけは某プロバイダから新規格の勧誘電話がかかって来たことです。いい加減そろそろルータを交換しようかと思っていたところでした。

そんなに凄くオトクというわけでもなく、実は今乗り換えるとNTTの割引の中途解約料も取られちゃって残念なのですが、こういう切っ掛けでもないと配線の見直しなども面倒くさいと思ったので勧誘に乗ることにしました。順調に工事も終わり、先日開通したのですが。

以前何度か計測サイトで測ったときは下り60~70Mbpsくらいで、ルーターの最大値が90Mbpsくらいと謳っていたので、まあそんなもんかという数字でした。で、どれだけ速くなったかと同じサイトで測ってみたら94Mbpsでした。おかしい・・・

新規格だからもちろん1000Mbps以上、俗にいうギガビットランを備えています。もちろん最大値が常に出るということはあり得ませんが、100以下じゃ今までとたいして変わりません。これでは意味が無いのでルーターから順にどこがボトルネックなのかを調べてみました。

ついでにケーブル配線の上に積もったホコリを掃除したり、かつて自分で壁に開けた配線用の穴を改めて整形したりしていたのでパソコン部屋にたどり着いたのは4時間後、なんとパソコンの一番近くにあったスイッチングハブが旧規格で、これが遅さの原因でした。

これ、昔PS2でネトゲをやっていたときに(懐かしい・・・)分岐させた小さなハブで、存在すら忘れていました。外して直結してみようと思いきや、それにはケーブル長が足らず、中継部品の在庫も無かったのでとりあえず今日のところは放置することにしました。

結局今日は配線周りの掃除をしただけ、ということになりました。午前中に判明すれば家電店で代替品を買ってきて置換という感じにしたかったのですが、もう野球の時間が近いため断念し、通販で発注することにしました。休みの日にカープを見ないなんてどうかしてますからね

このハブを交換して、もしそれでも速度が遅かったりしたらどうしようとちょっと思っています。心配性です。まあ、仮にそれでも損はしないんですけどね。現状でも若干速度は上がってますし。損はしていないのに損したような気になる、難しいところです。

今日はヒットすらろくに出ず いつになったら勝てるのか

「広島速報」さんによると野村監督になってから対ジャイアンツは17勝57敗3分だということです。確かにそんなもんですよね。ここ数年はジャイアンツ戦イコール3連敗なことが多く、閉口しています。確かに戦力の差はありますけど、ここまで差がつくほどでは無いと思います。

スカウト力が違い過ぎて、こちらは相手のことが分からず、あちらには筒抜けだという噂もあります。まあ、信じても良い噂です。そうじゃないと説明のつかないことが結構あります。サインがばれているという話もあるくらいです。

そこへきて、野村監督という人は「確率が高い」とされるセオリー重視の監督であるがゆえに「いつもの野球」をしたがるきらいがあり、すなわち相手も対処しやすい野球をしてしまうことが多いのです。選手個人の力で劣るため、余程のことがないと勝てない流れになるのも頷けます。

強いほうが万全の準備で向かってくるのですから勝つのは非常に難しいわけです。チーム予算の違いというのは単に選手の年俸だけでなく、こういうところにも影響しています。だから野村監督の好きな「確率」でいうならば、負けるに決まっている、ということになります。

ただ、そんな逆境の中でも惜しいところまで行く試合も多いのです。あと少しの差をブレイクするには何が必要か。選手の力だけでは崩せない壁を超えるには何が必要か。謀(はかりごと)多きは勝ち、少なきは負ける。そういうことなのではないでしょうか。

野村の好投フイ 継投大失敗大炎上でまたジャイアンツに負ける

もうだいぶ前から今村投手の調子が良くないのは分かっていました。こういうダメージの大きい負け方をして、ようやく監督からも起用法見直しのコメントが出ました。まあ、実際問題として代役は誰だというと難しいところですが、このまま使い続けても打たれるだけです。

ファームから誰か上げるとしたら中田廉投手あたりになるんでしょうかね。こういう局面で永川投手が使えると助かるんですけど。福井投手や横山投手ら、実績のある選手の復調も待たれます。ずっと待ってます。そろそろ、ね…。

ともかくも、このままジャイアンツに負け続けていては話になりません。相手のエラーがあったとはいえ、今日は4点取りました。打線は復調気味の選手が増えてきたので、きっちりチームバッティングができれば勝負になるでしょう。明日こそは勝ちましょう。

よくやった!! 堂林翔太 逆転サヨナラホームラン!!

全く申し訳ないことに、私は「ここ代打だろ!」と思っていました。外スラ来たら三振だろうと。彼を信じられなかった自分を恥じています。

堂林くんの会心の当たりって、いつ以来でしょうか。ちょっと思い出せないくらい見ていません。冷静に見れば外スラを投げられたら危なかった場面、今後はますます外スラが来るでしょう。さばければ飛躍できるし、少なくとも見極められるようにならなければ厳しいです。

ともかくも、マエケンがノックアウトされて敗色濃厚の試合をモノにしたことは非常に、非常に大きいです! 今井投手の好リリーフも効きました。今村くんはちょっと休ませたいかな・・・

連敗も止まりました! 止まっただけではダメで、貯まった負け分を返していかなくてはなりません。今日のような粘る試合ができれば、ビハインドからでもなんとかなります。勝っていきましょう!!

好調・松山 左腕登板で自動的に消える

今カープで最も怖い打者だと思われる松山選手。相手投手が左腕だと有無を言わせずにスタメン落ちです。昨日の試合でも内容は悪くなかっただけに、本当に「左は打てない」のかを試すいい機会だと思うんですがね。試さないようです。

堂林選手や菊池選手なら許されるアウトのうち、たった3~4個が松山選手には与えられないんですよね。「今までに十分チャンスはやった」という考えだったらまさに敗退行為に他ならず、試さないだけの別の理由があるんでしょう。私には理解できませんが。

とりあえず、連敗を続けてはいけません。今日はマエケンデーですし、投げるということはもう負傷は癒えたと考えていいのでしょう。勝ちましょう。

サッカーコンフェデ杯のイタリア戦 さきほど見ました

仕事だったので録画で見ました。結果は先に知ってしまいましたが得点シーンが多かったこともあり、なかなか見ごたえのある試合だと思いました。プランデッリ監督のコメント通り、誤審に近いおかしなジャッジが目立ったのが残念でしたが、まあ、それで試合が壊れたというようには見えません。

相手次第ではあってもポゼッションサッカーが出来るのが日本の長所、でも攻めていても得点は出来ないのが日本の短所、という時代が長く続いています。そういう意味では強豪イタリアからの3得点、そのうち2点が流れの中からのファインゴールだった点は好材料ですね。

イタリアを中心に、各国でこの試合の日本代表が高評価を得ているという嬉しいニュースもあります。ただ、やはり勝利しないといずれは忘れられてしまうのが勝負事の常です。次のメキシコ戦、そしてW杯本番で「勝利」という結果が出せるようレベルアップを期待しています。

野球が無い日にこのようないい試合が見られてラッキーでした。一応私も日本人として日本代表を応援しています。今日の(昨日の、ですか)パフォーマンスが発揮できればメキシコには勝てるような気がしますがどうでしょうかね。

背番号6 梵英心

カープファン、あるいは少なくともプロ野球を見る人じゃないと「そよぎ・えいしん」と読めないであろう奇姓珍姓です。「梵」で「そよぎ」と読ませるのは彼の一族だけという噂です。名前から連想される通り、広島県は三次市のお寺の子に生まれました。

追記を表示

ついに洪明甫さんが韓国代表監督に

「有力候補の一人」ということです。若い世代を率いて素晴らしいサッカーをしていましたからね。代表監督になったら韓国は強くなるんじゃないでしょうかね。日本も更にレベルアップして、彼の国を常に圧倒して欲しいですね。

現役時代、日本では同じように代表の中心選手で当時の最多キャップを誇った井原さんが「アジアの壁」と呼ばれていました。井原さんは現在レイソルのヘッドコーチですね。いずれは監督対決も見られるかもしれません。楽しみですね。

コメントにいちいち噛みつくのも大人げないと思いつつ

「こんな野球をしているようでは負けますよ。四球を連発して無安打で失点。こういう試合をしていたら上にいけない」とは野村監督の昨日のコメントです。けど、そういう投手をマウンドにあげちゃったのはアンタでしょ、って言いたくなります。

もちろん監督だから「責任はオレにある」ってことを重々承知の上でのコメントであることは分かっています。が、少なくともそう思っているなら連続四球の直後に小野投手を変えるべきでした(実際には続投して死球、無死満塁)。

19日、20日と二日の休みがあるので、連投が込んでいる今村投手以外はつぎ込める試合だったはずです。ロングリリーフなら今井投手がいたし、久本投手を先に投げさせても良かったでしょう。なぜ安定感のある投手から行かなかったのか、理由が知りたいところです。

前田投手、バリントン投手と体調に不安を抱える投手を軸にしなければならない我らがカープ。野村投手も万全ではなく、投球内容も良くありません。大竹投手にしても肩に疲労を蓄積させると危険なのは変わりありません。

4本柱をフル回転させなければならないような展開になると非常に厳しくなります。言いたくありませんが故障離脱もあるかもしれません。先発5番手以降の中﨑投手や中村恭平投手、戸田投手らがいかに一本立ちするかが勝負のキモになってきます。

脚を痛めていた篠田投手や二軍調整中の福井投手、齊藤投手ら一軍経験が豊富な投手の復活も待たれます。このまま終わるような選手じゃないと思っているんですけどね。若手に抜かれている現状を覆す活躍を見たいです。上を目指すにはそういう力が必要ですから。

キラ・カアイフエ選手 明日の由宇に登場か

まだ登録名が「カアイフエ」なのか「キラ」なのか、はたまた別の何かなのかも不明な新戦力の彼ですが、来日早々バッティングを披露したようで、貧打に苦しむ野村監督としては使えそうならさっさと一軍で起用したいでしょう。

明日明後日と由宇でブレーブス戦があるので、早ければ明日にも出場するかもしれません。21日のリーグ再開から大活躍、というのが理想なのですが、あまり急ぎ過ぎて怪我をしてもつまらないのでじっくり見極めて欲しいところです。

怪我といえば、またエルドレッド選手が手に死球を受けてしまいました。その後守備に就いていたので骨は逝っていないと思われますが、彼のことなので多少のヒビではプレーしちゃえる可能性もあり、油断はできません。不調とはいえいなくなると困ります。

今日の試合、ファイターズは打者が一巡して7つ三振を喫した後、急にボールを見極める方向に戦術を転換してきました。今のカープはそういう対応が出来ないので純粋に個人の打力が無いと厳しいのです。エルドレッド選手の無事&復調と、カアイフエ選手の活躍を願います。

試合をぶち壊した四球の山 交流戦負け越し

大谷君から先制本塁打、そしてミスに付け込んだ追加点、までは良かったんですが。

野村投手は初回から制球が悪く、相手が振ってくれて三振を奪うという結果オーライな投球で今後に不安を残します。案の定というか、連打と四球から押し出しで折角のリードを全て吐き出してしまいました。守備陣は奮闘していただけに勿体ない内容でした。

後を受けた小野投手は論外です。打者と勝負出来ず、余裕をもって見極められる体たらく。今日だけでは無く、毎回不安定です。今更ながら、なぜペローンを出してしまったのか。そしてなぜ獲ったのがあんな投手なのか。疑問です。もはや戦力として計算できません。

打たれて繋がれてというなら、まあ仕方のない部分はあります。どんなにいい投球をしても、打者の方が上回ればヒットは出るし、たまたま運のいいところに打ち取った当たりが飛ぶこともあります。四球も勝負した上でのものなら、出してしまうこともあるでしょう。

今日の試合ではまずその「勝負」ということが出来ていませんでした。何のためにプロのマウンドに上がっているのかと問われるレベルの投球でした。次の機会があるならば、ダメな印象を払拭するくらいの素晴らしい勝負を見せて欲しいものです。プロになるくらいの力は持っているはずなのですから。

無様な敗戦の中、ルイス選手の打撃の調子が良さそうです。2軍での調整が良かったんでしょうかね。彼の場合守備が下手くそ過ぎるので、相当打ってくれないと使いようが無い感じがします。再開リーグ戦でも打ってくれると大いに助かります。

まだだ・・・ まだ最終戦があるよ・・・

5連勝のあと、低迷中ファイターズに連敗ですよ。どちらも先制チャンスを逸してからズルズルと負けた試合で、悔いが残ります。失点も前田投手、バリントン投手と四球をあまり出さない投手の四球からと、雰囲気も最悪です。

仕事のため昨日の試合は今朝帰ってから録画で見ました。なぜ松山選手がスタメンから外れるんでしょうか。そりゃ、一番調子のいい打者を外すんだから「あと1本が出ない」のは当たり前ですよ。代役の右打者・迎選手が今の松山選手くらい打てるという判断なら頭がおかしいとしか思えません。

まあ、武田勝投手のような左の軟投派を松山選手が打てるかどうかと言われれば、打てない可能性のほうが高いでしょう。しかし、繰り返しますが今一番調子が良く、頼りになるのは彼なのです。左右病で有無を言わさずスタメンから外すのは謎采配でしょう。

それに、もし武田投手を松山選手が打ったなら。これは自信にもなるし、松山選手の格が上がります。右投手専用の選手から、常時スタメンを張れる存在になるきっかけが得られるかもしれません。他球団のスカウトだって見ているわけですから、より警戒されるようにもなります。

選手だって自分が調子のいい時にこそ使ってほしいはずです。それでダメなら納得もすれば、奮起もするでしょう。「使いながら育てる」ってそういうことですよ。得点は僅差でしたけど、とてもガッカリした試合になってしまいました。

しかし、交流戦の最後の試合がまだ残っています。これに勝てば交流戦を五分で終わることが出来ます。セ・リーグの下位チームはどこも交流戦で借金を増やしていますので、明日勝つことには大きな意味があります。勝って終わりましょう。

何より、ファイターズに3連敗はダメだ! 絶対勝つぞ!

新井コーチ退院

復帰登板のマエケンも心配ですが、やはり新井コーチがどうなのかということのほうが気になっています。致命的な怪我ではないようですが、何といっても「頭蓋骨骨折」ですし。再発防止もしっかり行ってほしいですね。

実際のところ、コーチが変わったからといって一年目から急に打線が打つようになるとは思いません。ですが、折角カープが重い腰を上げてOB以外のコーチを招聘したわけで、怪我が長引いて仕事に差し障るようでは困ります。早い全快を願います。

まさかの9回大逆転! 強いカープ!

昨日書いたとおりに「初回がカギ」になってしまい、1-3から点が動かずそのまま負けるかと思われた今日の試合。9回に4点取って大逆転ですよ。しかも四球や失策がらみの相手の自滅では無く、5連打で挙げた4点です。いや~、見事な攻撃でした。

ラズナー投手は制球がいまいちで甘い球が多かったとはいえ、超チョロいことでは定評があるカープ打線がよく打ち損じずに繋ぎましたね。則本投手が続投していたらそこまで打てなかったでしょうから、継投の難しさがモロに出た試合でした。

これで5連勝ですよ。6連敗の借金を返すまであと1、五割ラインまであと5まで戻してきました。これでファームから上がって来るべき選手が上がってくれば、力強い戦いができると思います。不安要素は色々ありますが、勝てないわけではありません。勝ちましょう。

掛布氏の二軍試合解説にうんざり

スカイAのウェスタン中継を昨日も今日も見たのですが、解説がタイガースOBの掛布さんでした。地上波の野球を見なくなって久しく、久しぶりに聞いた解説は以前にも増して酷いものでした。

掛布さんは、実況アナの言葉が終わらないうちに遮って話し出す癖があります。これが私には非常に不快に感じられます。とりあえず人の話は最後まで聞きましょうよ。で、遮ってまで たくさんたくさん しゃべる割には内容が全然ありません。

「四球をやっちゃだめ」「打たなきゃ意味がない」など、素人でも分かる否定的な状況コメントが殆どで、肝心の「なぜ四球になったか」「なぜ打てなかったか」を滅多に解説してくれません。二軍の試合だけに技術も未熟です。切れ目のない否定に聞くほうはうんざりです。

成功すればよくやった、失敗すればだめだった、というのはただの感想です。肩書が解説ではなく感想員なら正解なのですが。まあ、スカイAというタイガースファンメインの放送局・番組には馴染みのOBが好きにしゃべるのが合っているのかもしれません。

しかしまあ、これだけ野球理論の無い「雰囲気解説」をずっとやっていてはプロで指導者になるのはもう無理でしょうね。本人がやりたいかどうかは知りませんけど。年齢的にはまだ60前で可能性はありそうですが、チームを任せたい人物では無いと思います。

タイガース戦の解説をするタイガースOBは誰もかれも実の無いことしか話してくれません。伝統なんでしょうかね。実況アナはともかく、解説の音声だけ消したいです。

加藤コミッショナー 「俺きいてないし」

『統一球内緒で変えちゃった問題』での記者会見で、加藤コミッショナーが「ボールを変えることやその経緯の説明を受けた認識は無い」「申し訳ないとは思うが不祥事ではない」というようなことを言ってましたけど。なんなんだあいつ。

選手にしてみればボールが変わることは死活問題に繋がるわけで、しかもシーズン前ならともかく今頃言われても対応するための時間がありません。しかし、選手が苦しもうが、日本プロ野球機構のコミッショナーには関係ないらしいです。

不祥事では無いから責任をとる必要が無い、だから責任問題なんかない、ということでしょう。そういう人物の名前がボールに刻まれているかと思うと非常に不愉快です。ちょっぴりでも野球愛のある人がコミッショナーになるべきなんじゃないでしょうか。

そもそも、最高権力者たるコミッショナーがこんな重大事を「きいていない」のが事実であれば、まず報告を怠った、あるいは隠蔽した人物(部署)の譴責や懲戒を行うべきです。それは間違いなく職務上の「不祥事」です。

なので「不祥事ではない」という発言は矛盾しています。従来の「名誉職」から、本物のコミッショナーになるべく徐々に行われてきた改革も当事者がこの体たらくでは期待できないどころか後退する可能性のほうが高いでしょう。残念だし腹が立ちます。なんか昨日も書きましたけど。ほんとにもう。

ノムケン ようやく気付く

一番・菊池 (打率2割3分、出塁率3割弱、バントうまい)
二番・丸  (打率3割、出塁率4割ちょっと、現在リーグ盗塁王)

たまに菊池選手がノーアウトから出塁すると、チームでも一二を争う高打率の丸選手がバントをするという謎打線が、今日は

一番・丸
二番・菊池

になりました。初回から丸選手が出塁、菊池選手が送って(相手のエラーもあり)3番・松山選手の犠飛で先制と、理想的な「カープの野球」が出来ました。菊池選手の打撃が好調だったころはともかく、いったいいつまで一番で使うのかと論議になっていました。

が、ついに野村監督も打順の誤りに気付いたようです。一番に丸選手が入って入れば打順が下位でも「丸まで回せ」という攻撃が出来ます。菊池選手は守備貢献だけでなくまさかの長打もあるので使うのは構わないんですが、戦術理解や確実性では大きく劣ります。

菊池選手でもう一つ言わせてもらうと、5回二死三塁、ファウルフライに倒れた場面は絶好のセイフティバントチャンスでした。普通の内野ゴロでもギリギリアウトの菊池選手であれば、普通に打っていくよりも可能性があったと思います。

それにアウトになったとしても「あんな場面でバントしてくるとは、菊池は油断できない」の印象を与えます。まだ5回、明日も同カードが組まれていることからしてもトライする意味がありました。もちろんセーフになればイーグルスに与えるダメージはかなりのものです。

今日はミコ様が四球から失点し、エルドレッド選手の決勝ホームランでなんとか勝った危うい試合でした。こういう僅差の試合を確実にとること、それが連勝を延ばすことになります。明日は前回ピシャッと抑えられた則本投手が相手です。連続して抑えられるわけにはいきません。

勝って5連勝しましょう。6連敗していますからね、それでもまだ勝ちが足りていません。先発予定の中﨑投手は初回を抑えるかどうかがカギになって来るでしょう。だから1回表に得点を入れて気負わず投げられるようにして行きましょう。そして、勝ちましょう。

NPB 誰もが気づいていた、飛ぶボールに変わっていたことを今頃白状

一体なんなんでしょうかね。誰でもわかることを今更、それもシーズンの途中でバレちゃうっていうのは。

まあ、追及されれば「去年のボールが飛ばな過ぎた」ことが明るみに出るから隠したかったんでしょうけど。嘘にウソを重ねて責任だけ逃れようとしたってことですね。しかも簡単にバレちゃうという。どうしようもない組織です。改革も交渉も、何も出来ないわけです。

どうせ責任はとらないでしょう。うやむやのまま放置で終わると思います。機構側が野球をナメていることがよく分かりますね。機構組織に実権が無いいびつな構造に問題があるのかもしれませんけど、肩書と報酬が存在する以上、責務を果たさなくてよいわけがありません。

腹立たしくも情けない事件です。

タイガースを相手に猛打猛攻 大勝利

二軍の話です。今日はスカイAでウェスタンリーグの試合中継があり、先発の武内投手が淡白なタイガース打線を抑え、連打あり本塁打ありの打撃陣が効果的に得点を重ねました。タイガースが攻守に精彩を欠いたこともあり、完勝といえる内容でした。

ファームなのでプレーのひとつひとつをとると物足りなかったり危なっかしかったりする部分はありましたが、今日だけを見ればなかなか期待感があります。特に二番に入った小窪選手は相手を見下ろして鋭い打球を飛ばしていました。何で落としたのかと思う好調さです。

まあしかし、木村昇吾、小窪、天谷、栗原、ルイスと、本来一軍にいるべき選手がズラッと並ぶ打線を見れば打ち勝つのは当たり前な気もします。クローザーで登場した福井投手は相変わらずの乱調でいいところなく終わりました。

彼らが現状を打破して上に上がって来ないと、もとより選手層が厚いとはいいがたいカープにとっては厳しい状況になります。もしいい戦いをしていても、また夏場が秋口に大失速ということになりかねません。後がない選手もいますしね。

若手では2年目の土生選手が見事な打撃を披露してくれました。左打ちの外野手は飽和状態ということでなかなか一軍には上がれませんが、この調子だとそろそろお呼びがかかるかもしれません。捕手の磯村くんもなかなかの打撃ぶりでした。打てる捕手は貴重です。

ヤバいと評判の内野守備も今日は問題ない様子でした。明日と明後日も中継があるようなので、録画してじっくり見ようと思います。タイガース戦くらいしかウェスタンは中継が無いので、たまに見ると面白いですね。まだ映像で見たことのない選手もいるので今後の登場が楽しみです。

So-netの「世界最速」NURO

So-netさんから「今までの20倍速いですよ!」と勧誘の電話がかかってきたので色々質問していたら、いつのまにか契約することになった感じで話が進みました。まあ、事前に情報はチェックしていて悪くないと思っていたので騙されているわけではありません。

翌日になって「そういえばフレッツのにねん割とかあったな」と思い出しHPから条項を見たら、期間中の乗り換えには違約金が約1万円発生するとのことでした。で、このNTT東日本のHP、にねん割の開始・更新期の確認が出来ません。

探し方が悪いのかもしれませんが、一般的なサイトではログインすれば簡単に見つかるような項目だと思うので、なんとも使えないサイト・あるいはシステムだと言わざるを得ません。結局、なかなか繋がらない電話案内で訊きました。

この「にねん割」は申請が無い限り自動更新で、更新月にしか停止できません。こちらの意思を確認することなく勝手に延長されます。「どうせ2年だけだし」とよく調べずに軽い気持ちで申し込んだ私が悪いのですが、最初の説明では「自動更新」と言っていなかったような気がします。

結局、更新月にはまだかなりの期間が残っていたので乗り換えると違約金不可避です。ただ、それを踏まえたうえで色々費用を計算したところ、乗り換えたほうが間違いなくお得でした。「にねん割」の件で不信感が芽生えたこともあり、乗り換えることにします。

まあ、So-netさんもそんなに信頼している訳では無いんですが(なんたってSONY系だ)、パソコンが代替わりしているのにネット環境は光に変えた当初のまま、ルーターなんかもやや旧式化して来ているので良い機会だと感じています。

実際に使えるのは2~3週間後らしいです。わざわざ電話で勧誘してきたわりには悠長な話です。「20倍」速い必要は今のところ全然ありませんが、どのくらいのものか試したい気持ちはあります。どうなりますか。

新外国人選手獲得らしい

キラ・カアイフエというハワイ出身の選手と契約したとのニュースを読みました。190cm、巨漢のパワーヒッターで1塁手とのことです。報道ではルイス選手の不振で~と書いてありましたが、ポジションからするとかぶるのはニック選手、エルドレッド選手です。

今現在の各選手のプレーぶりからすれば、カアイフエ選手がフィットしたら恐らくニック選手をリリースということになるのかなと思います。また、もし松山選手がこの調子で打つようであればルイス選手も不要になるでしょう。

私としては未知の選手より今いる選手に愛着がありますので、必ずしも新選手だけでなく、調子の上がらない既存の選手にも奮起して欲しいと思っています。理想は新選手が「起爆剤」となって多くの選手のプレーが向上することです。いろいろ期待しています。

好調の梵を外す謎オーダー! 勝てるのか!

初回に野村投手がさっくり1点を失いました。まあ、無死一、三塁で1点止まりなところがライオンズ打線の不調っぷりを象徴しています。コースを突いて打たせるタイプの野村投手はライオンズ打線には強そうなんですが、援護なしでは勝てません。

そういう大事な試合に、今絶好調と言ってもいい梵選手をスタメンから外すという謎オーダーを組んだ野村監督。安部ちゃんの対戦成績がいいというデータでもあったんでしょうかね。2回を終わった時点では得点の香りはまだしません。

借金8なんで勝たないといけないんですけど、梵選手の膝への負担がヤバいってことなんでしょうか。負担軽減ということなら、堂林くんを外してサード起用なんてのはダメなんでしょうかね。廣瀬選手もそうだし、打線を「繋ぐ」役割の選手を簡単に外すから点が取れないんですけど。

「積極的にいく」というのは格好いい言葉ですが、ストライクならなんでも打っていく、というだけでヒットが出るほどプロは甘くありません。地味に球数を稼ぎ、時に四球を選び、走者がいれば進塁打を打つ。勝つためにはそういう選手が複数必要だと思いますが。

中崎くん まさかの7回ゼロ封! ライオンズ戦また勝った!

好投手ながら、もはや「カモ」といってよいライオンズ・岸投手が相手なので勝てるかも、という期待はありました。が、こちらの先発投手は代役・穴埋めであろう中崎投手ですから乱打戦の予感でした。乱打戦となれば、貧打のカープに不利なのは言うまでもありません。

ところが。中崎投手がやってくれました! 初回を併殺打で乗り切ったのが大きかったですね。守備陣もミスが少なく投手を盛り立てていたし、打線は打てない中で貴重な一発が出ました。ゼロで抑えれば勝ちが近づくという好例ですね。

今日の中継の中で「左投手が来ても松山を先発で使ってほしいと監督に進言する」との新井コーチの談話が紹介されました。やっとかよ、と思わないではありませんが、実現すれば左右病からの回復があるかもしれません。たぶんありませんが。少しだけ期待することにします。

明日6/9は野村祐輔投手、5月の西武ドームでは粘りの投球を見せてくれました。ライオンズ相手にまた勝ち星を挙げてくれるとチームも勢いに乗ります。しっかり守って、しっかり打って、勝ちましょう

バリントン気迫のプレー! 連敗脱出!

嬉しい! ひとつ勝っただけなのに、勝つのがこんなに嬉しいとは。今、ちょっと泣いてます。

負傷により早い段階で代打を送られたバリントン投手に勝ちは付かなかったものの、負傷の原因となった気迫のプレー(投ゴロ)を含め、勝ちに値する投球でした。攻守に輝いた梵選手も見事でしたし、チャンスに結果を出した岩本選手、2塁打級の当たりをもぎ取った赤松選手も素晴らしい活躍でした。

今日の試合はマリーンズがちょいちょいミスを犯し、押し気味のカープが付け込みきれないというよく見る展開でした。同点に追いついた直後のチャンスも三振、7回の追加点チャンスにも三振三振、8回ダメ押しのチャンスも三振三振。

ただ、8回のチャンスがノーアウトからで、三振三振の後に梵選手の打席が回って来たことが試合を決めました。1点差で外野手が極端な前進守備… 残念ながらいつもはカープが大量失点する側であることが多いシチュエーションですが、今日頭上を抜かれたのはマリーンズの方でした。

まだまだ反省点は山積み、ミスを少なく、粘っていかないとそうそう勝てない状況に変わりはありません。好調な選手を「左右病」で控えに回すことさえなければ、以前より打撃の状態は若干マシになりつつあります。再び浮上するため、なんとかして勝ちましょう。

カープ弱すぎ! またもや連敗中

れ、連敗ストッパー大竹はまだかいな…

4本柱揃い踏みで4連敗、しかも4連続大炎上。まあ、野村投手はなんとかギリギリ踏ん張っているところをエラーで潰された形なので今日は可哀想でしたけど、投球内容そのものが良くないのは他の3投手と似たり寄ったりです。

あれですね。投手が打たれた時に反撃する力があまりにも無さすぎるので、投げるほうも「先に失点しちゃダメだ」で雁字搦めなんですよね。1点ならいいや、で行けば抑えられそうなところをゼロに抑えようとして大量失点するパターンが結構あります。

その上、打てないからと言って打線を組み替えすぎるため、余計に打線がつながらなくなっています。メンバーを固定しすぎて叩かれているサッカー日本代表の歴代監督くらいどっしり構えて欲しいと思うんですがね。まあ、野村監督の病気の一種なので仕方ありません。

借金も8に膨らみ、交流戦だけで見ても負けが先行しています。このままだと来週には二桁借金に突入します。セ・リーグの他のチームも負けが込んでいるためゲーム差はそれほど変わっていませんが、そういう問題ではありません。勝たないと。勝ちましょう。

甘い期待は霧散して

前田健太投手が負傷・登録抹消ということになってしまいました。「交流戦は表四本柱で連勝が見込める」とか言っていられた頃が遠い昔のように感じます。試合も完封を逃れるのがやっとの大敗で、非常に厳しい事態になりました。

筋肉が複雑に絡み合う脇腹が痛いそうなので、最短での復帰がなるかどうかは分かりません。中村恭平投手ら、代わりに先発を務める選手の奮起が期待されます。2軍からの抜擢もあるかもしれません。ローテに名乗りを上げる大チャンスです。

とにかく、「マエケンがいないから負けました」では去年までと何も変わりません。変わらないということは優勝はおろか、Aクラスにもなれません。どう勝ちを拾うか、苦しい時こそ知恵と力を振り絞って戦う必要があります。期待しています。勝ちましょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索