Entries

ドラクエXレンタル版

8月発売なので4ヶ月足らずでの実質値下げ、ということでしょうか。全然売れていませんからね。

レンタル無料、3800円で正規のレジコ購入可ですから、現在なお5千円程度するパッケージ版に比べて1千円以上の値下げになります。パッケージ版には20日間無料券が付いているとはいえ、それでもなおこちらのほうが安いという価格設定です。

あくまで勝手な邪推ですが、これって店頭在庫を狙い撃ちした仕打ちなんじゃないでしょうかね。「お前らいつまで在庫持ってんだ、早く売らないと利用料が入らんだろうが」というスクエニからの圧力のように思えてなりません。

レンタル版の反響が大きければ、店頭のパッケージ版も少なくとも同水準まで値下げせざるを得ないでしょう。それで販売店が赤字になっても、スクエニからキャッシュバックなんてことは考えづらいので泣き寝入りになるものと思われます。血も涙もないとはこのことです

スクエニにすれば、ユーザーの手に渡りさえすれば利用料収入の可能性が発生するわけで、極端にいえばゼロ円配布でも定着さえすれば将来的には儲かるわけです。スクエニに好意的に考えるならば、今回の3800円という価格も、恐らくは販売店に「配慮した」ラインなのでしょう。

いずれにせよ、「国民的RPG」がこんなに早く値下げを強いられるということは仕様や販売戦略に問題があったということです。ユーザーからのNOにどう対応するかが問われます。単に値段を下げただけでは「ドラクエ」というブランド自体が終息してしまうかもしれません。そんな残念なことになって欲しくはないですね。
スポンサーサイト

最近最も心を打った言葉

「みえないものあるいはみえにくいものを視るのが小説家の想像の目であるとはいえ、その目によってみえたものが、史実の制御力を失った空想や妄誕(ぼうたん)であっては、真実の地平から遠ざかるばかりである。」

これは宮城谷昌光氏の「三国志」文庫版7巻にある、史料に乏しく、あるいは全く欠落しているような場合に、その間隙を想像で埋めることに関する一節です。読んで思わず唸りました。宮城谷さんの文庫既刊はほぼ全て読みましたが、「とってつけたような新説」というものを見たことがありません。

歴史小説のジャンルでは、しばしば『全く新しい信長像を描いた』などというキャッチコピーがもてはやされますが、中には(というか多くは)「いったいどんな史料からひねり出したんだろう」と首を傾げざるを得ないようなものがあります。

小説なのだから創作することに問題は無いのですが、宮城谷さんの言葉を借りるならば「史実の制御を失った空想や妄誕」によるフィクションを、あたかも新発見による新事実であるかのように謳う歴史小説を見てしまうと、愉快な気持ちにはなれません。

しかしまあ、そういった派手な珍説奇説を扱うほうがアピール力があり、実際に売れているようです。そういう時代に冒頭のような言葉を書ける人がいることに私は唸ったのです。長生きしていただきたい、素晴らしい作家さんです。今後もずっと読ませていただきます

JINS PCを買ってみました

めちゃめちゃ売れていると評判の、ブルーライト低減グラス「JINS PC」を買ってみました。狭山のヤマダ電機の中にあるんですよね、JINSの店が。他のものを買いに行ったついでに、慢性的疲れ目がどうにかなるかもと期待してハイコントラストモデルを買ってみました。

3990円はテレビなど全ての出力画面に偏光グラスやフィルムを貼ることに比べれば格段に安価です。レンズに色が付いているので若干画面の色味は変わりますが、気になるほどではありません。私の場合は宣伝文句通り画面の文字がくっきり見やすくなりました

しかし、もともとメガネをかける習慣がないため、ごくごく軽いとはいえ掛けていること自体に面倒くささがあります。寝転がるとズレますし。普段からメガネの人は大変ですね。ためしに掛けたまま文庫を読んでも、別に文字はくっきりしませんでした。ブルーライトが出ていないことが照明されました…。

目の疲れ方がどうなるかはしばらく掛けてみないとなんとも言えません。値段分くらいの効果があれば、と思っています。

今年のクソゲーオブザイヤーが楽しみです

ご存知の方も多いと思いますが、クソゲーオブザイヤーというものがあります。簡単に言うと、その年で一番「クソなゲーム」を選ぶという2ch発祥の企画です。ゲーム業界さんが毎年毎年クソゲーを提供してくれるため、盛り上がりこそすれ無くなりません。

昨今の景気悪化もあり、クソゲーマイスター(見事なクソゲーを世に送り出す、そして送り出し続けるメーカー・ベンダー)数社の撤退や縮小などが聞かれます。しかし景気が悪いなら悪いなりのクソゲーが生産されるものなのです。名作が絶えることはあっても。

私は事前情報だけでゲームを買うことが無いので「前評判最高・実際極悪」系の被害を蒙ることは殆どありません。実際にプレーした人のレビューが複数あれば、好不評はともかくおおよその内容とプレー感は掴めるものです。その上で、ゲームが自分に合うかどうかの判断をすればいいだけです。

今年のノミネート作も幸か不幸か(たぶん幸ですが)私は未プレーです。選評を読めば読むほどヒドい(笑)ゲームばかりです。この選評も、努めて感情を抑え、読む人をニヤリとさせるようなものが多くて面白いのです。しばしば腹を抱えて笑います。

12月のWii U発売に合わせて送り出される「三國志12」がかなりの期待作らしく、滑り込み受賞もあるかもしれません。昔からのGAMECITY住人である私としては近年の三國志の凋落っぷりは見るに忍びないものがあります。どうせなら大賞を獲得して欲しいものです。目が覚めるかもしれませんし。

「クソゲー」で許せないのはバクです。進行に影響しない些細なものはともかく、普通にプレーしていて動かなくなる、進まなくなるなどは問題外です。セーブデータが消える、などというのもファミコン時代ならともかく、今のご時勢であってはならない現象です。

ハードのファームウェアごと壊れるなんていう更に凶悪なものもあります。車ならリコールでしょうが、ゲームでメーカーが交換や返品に応じたということはあまり聞きません。面白いかどうかというのは遊ぶ側の感じ方もありますけど、バグに関しては100%メーカーの責任です。しっかりやってくれないと困ります。

小学生が何ヶ月も貯めたお小遣いで、ようやく買ったゲームがバグ満載でマトモに動かなかったとしたらどうですか。どうしてもそういうことを考えてしまいます。目だったバグは無いが内容がしょうもないというものであれば、くだらなさを笑い飛ばして「愛すべきクソゲー」になり得るかもしれませんが。

京アニの「中二病だけど~」を見ています。

さすがの京アニクオリティながら、なんか登場人物のキャラ付けがしっくりこなくて、いなくてもいいキャラが多過ぎないかと感じていました。面白い話というのは、しばしば初回で既にキャラの相関図が想像できて、期待を膨らませてくれるものです。それを全然感じなかったのでwikiで情報を調べたら。

なんか原作にはいないアニメ版の新キャラとのことでした。なるほど納得です。「アニメの力があってこれだと、原作つまんないだろうな」と勝手に思っていましたが誤解のようです。アニメ版がつまんないという意味ではありませんよ。結構人気もあるようですし、面白い作品になってくれると嬉しいです。

「采配のゆくえ」をやってみましたが

いまさらDSゲーム記シリーズ

コーエー30周年記念作品ということで、中学生のころから光栄ゲームに親しんできた身としては見逃せないなと思っていた「采配のゆくえ」をやってみました。裏面のロゴがまだ「コーエー」でテクモの文字がありません。もう4年前のゲームなんですね。

DSを買ったなら遊びたいゲームのひとつでしたが、発売から時間が経つうちにどんどん悪評(がっかり評)が出てしまっていました。今回も新品が千円以下とバーゲン価格で手に入れました。まだ第三話とゲーム中盤に差し掛かったところですが、売れていないだけあってやはりそんなに面白くはありません

着想も題材もいいと思うんですがね。まず、なぜこんなにも「逆転裁判」っぽいインターフェイスにしたのかが大疑問です。パクリと言われても仕方が無いですね。もちろんまんまのパクリじゃないんですが、説得シーンなどは確実に類似しています。

で、似ているからには似ている部分が「逆転~」以上でないとダメだと思うのですが、弱い部分がまさにそこです。あっさり目のテキストに薄いキャラ付けで、謎解きも淡白です。非常に勿体無いです。各エピソードにもう少しボリュームがあれば多少は補えたのかもしれませんが。

何より萎えたのが、ごく一部の主要武将以外はオリジナルの絵が無いことです。第三話までの登場人物で言うと、石田三成が主人公であるならば配下の舞兵庫や蒲生郷舎、西軍の勇将・平塚為広なんかはちゃんとしたキャラ絵が欲しいに決まってます。むしろ、絵が無いなら出さないで欲しかったくらいです。

現時点で続編の話が無く、値段も下がっていることから、販売的にはこれは「失敗作」になるんでしょう。ですが、本当に着想はいいと思います。看板の「三國志」「信長の野望」シリーズがスベり気味のコーエーテクモさんには貴重な新ジャンルになるかもしれないので、諦めずに育てて欲しいですね

…まあ、看板タイトルのほうをどう改革するかのほうが緊要性が高いとは思いますけどね。

現在、第三話の途中、小早川勢を撃退したところです。そんなに面白さは感じませんが、直ちに投げるほどのクソゲーでもないのでとりあえずもう少しやってみようと思います。

一次トライアウト終了

カープを戦力外になった中では末永選手が出場、文字の記事しか見られなかったので詳しい内容は不明ながら2塁打を含む3安打を放ったそうです。怪我がちであることを除けば能力は高い選手ですので、プレーの場が与えられるといいですね。

FA、トレード、外国人選手獲得と、優先順位の高い選手補強策が終了してからがトライアウト参加者の獲得検討時期になるはずです。その前に声がかかる選手は事前に獲得計画があった選手でしょうね。全ての選手が満足のいく進路を見つけることは難しいと思います。せめて悔いの無い、いや、悔いの少ないことを願います。

デニス・サファテ投手退団・・・

キャンプでしっかり走りこんで下半身から鍛えなおせば、また去年のような素晴らしい投球を見せてくれるだろうと期待していたので非常に残念です。気持ちでグイグイ押すタイプの、実にカープにふさわしい投手でした。どんな球団に行っても、場さえ与えられれば必ず活躍できると思います。

既存戦力でも、復活を期すかつての守護神・永川投手をはじめ、岸本投手、ケガ明けの横山投手ら、穴を埋めうる選手はいます。もちろん枠がひとつ空くぶんの補強は必要でしょう。それ以上に、今季は実力を発揮しきれなかった選手の奮起をこそ期待します。ファンとしては当たり前の思考ですけどね。

キューバ戦代表に大竹投手ら3選手選出

顔ぶれを見ると大半は明らかな「テストメンバー」ですが、チャンスには違いありません。出場したなら力を発揮して欲しいですね。メジャーリーガーの出場はないかもしれない状況で、WBC出場の門戸は広がっているのですから。

カープ勢ではやはり堂林くんの守備に注目したいところです。強打者ながら守備力にも定評のある松田選手や、ベテランの”超”名手・井端選手ら、刺激になる選手と一緒にプレーできるまたとない機会です。もちろん守備だけでなく打撃にも期待します。

今村くんはWBC選出となれば間違いなくセットアッパーとしての起用になるはずです。彼の投げるような速球はえてして外国選手には打たれやすい傾向にあるので、どのようにして抑えるのかが見ものです。もう一皮向ける大チャンスです。

大竹投手は長年エース格とされながら、こうした代表的舞台にはあまり縁無く来た選手ですね。どんなシチュエーションでも平常心で粘ることが出来るようになったからこそ、今年の勝ち星があります。私が監督ならロングリリーフに充てたい投手です。

カープの選手以外だと、ベイスターズの加賀繁投手に注目しています。タフでいい投手ながらなかなか成績に繋がらないところがあるので、一流捕手のリードで投げることで変革を遂げることが出来るのではないかと思います。

正直なはなし、WBCに出場すると来季の調整が難しく、低迷することが多いのであまり出て欲しくないという一面があります。絶対優勝したいですからね。WBCで活躍、シーズンで大活躍、というのが一番の理想です。超一流の、そういう選手を目指して頑張って欲しいと思います。

井生崇光 引退

井生選手が引退だそうです。好きな選手だったので残念です。今季も「ここで井生がいればなぁ」と思った場面が何度もありました。戦力外ではなく引退ですから、本人としては納得してのことだと思います。今までお疲れ様でした。これからはスタッフとして、また共に戦いましょう。

蛇足ながら、この時期に「引退」というからには野手ばかり指名した先日のドラフトの結果がモロに影響していると思うのです。本人も「若い選手が入ってきて」とコメントしていますしね。ドラフト指名選手をはじめ、残された若い選手は井生選手のぶんまでやらなければなりません。期待してますよ!

10億円投手 黒田博樹

ヤンキースから日本円で約10億6400万円の提示を受けたほか、スポーツ紙によるとメジャーの他球団も興味を示しているそうです。それにふさわしい数字も残していますし、来季も活躍が期待されます。

我らがカープも依然として「黒田復帰」を待ち望む姿勢を保っているものの、具体的な話にはなりません。もっとも、10億以上の提示など夢のまた夢ですから仕方ありません。もし数字を出すとしたら、現実的にはせいぜい3億がいいところでしょうかね。

「現実的」いうことでいえば、黒田投手がカープに帰ってくるのは現役最晩年に「引退するため」ということになりそうです。もちろんカネの問題だけじゃありませんよ。メジャーで優勝を争うチームから移籍するほどの魅力があれば、すぐにでも帰ってくるはずですからね。

待望の逆転検事 その音のはなし

発売時から欲しくて仕方がなかったものの、DSが無い(買わない)ために遊べなかった「逆転検事」を今更ながらプレイしました。思うところは色々ありますが、やはりなかなかの良作ですね。難易度とか謎解きの強引さ(笑)とかがまずまず適度です。

GBA版の逆転裁判1~3をゲームキューブでプレイしてその素晴らしさに感動すら覚えていました。思わず全く同内容のwindows版を買ってしまうくらい気に入っていたので、なんとか4以降、および逆転検事もwindows版で出ないかなと待っていたのですが。出ませんね。

3DS LLでのプレイでは効果音の音量に合わせてスライダーを3/4くらいのところに合わせていました。そうるすと、期待していたBGMがあまり聞こえないんですよね。かといって音量最大にするとピコピコいう効果音がうるさくてゲームに集中できません。

しばらくは音量3/4で耐えていたのですが、ふと思いついて部屋の隅に眠っていたスピーカーを接続して見ました。すると、なんということでしょう。素晴らしいBGMとピコピコ効果音が、どちらも適度な音量で聞けるじゃありませんか。BGMが悪いんじゃなくて内蔵スピーカーのせいでした。

MS-76CHスピーカ メーカーHPより 繋いでみたスピーカーMS-76CHです。


ゲーム前半がなんだか少し味気なかったのは間違いなくBGMが聞こえないせいでした。いや~、いい曲ばかりです。3DS LLのスピーカーを酷評する人の多さにも納得です。携帯機とはいえ、まともに音を聞かせられないスピーカーというのはちょっといただけないですね。

パソコン用などのミニスピーカーなら500円くらいから買えますし、こういう音が重要なゲームを3DS LLで、なおかつイヤホンを使わずにプレイしようという方は是非、外部スピーカーを使うことを断然オススメします。「本当の音」で遊んだほうが絶対いいはずですから。

ゲーム機は暖房器具

会社の同僚のPS3がYLODで昇天したそうです。俗に言う「ソニータイマー」というやつですね。我が家でも過去にPSが1台、PS2が2台、それぞれ通常使用中に寿命を迎えています。ソニーとシャープはよく壊れるというのが私の認識です。

私の3000番台のPS3は熱対策として処分価格で安く買ったノートパソコン用アルミ板を敷き、パイプラックに載せています。背面スペースも窓まで30cm以上ありエアフローは十分です。寝起きする部屋にあるのでホコリの問題はありますが、一般的な家庭のレベルだと思います。

それでも稼働中はなかなかのファンノイズがします。まあ、パソコンを組む目で見ればシステム要項と消費電力にファンサイズが見合っていないので、当然高回転高ノイズになるだろうとは思いますが、ゲームを出力するテレビの音量を3つくらいは上げる感じになります。

畢竟、熱がこもりやすいメカなわけで、熱起因の故障には事欠かないでしょう。使うほうも最初から「壊れるかも」と思って扱うことは少ないでしょうから、なおさら壊れやすい環境が助長されます。昨今はコストダウンコストダウンで品質が下がっているなんていう噂もありますし。

安いものではないし、修理ともなれば修理期間中は遊べなくなります。本体依存の記録が消去される可能性も高く、保証期間内であっても症状によってはお金がかかることもあります。可能な範囲である程度の熱対策はしたほうがいいでしょう。

これからの季節、くれぐれもエアコンやファンヒーターの温風をモロに受ける場所に置くような自殺行為は避けるべきですね。逆に寒過ぎて結露するような場所もダメでしょうけど。スーファミくらい頑丈なメカなら何でもいいんですけどね。ゲームで遊ぶのも大変です。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索