Entries

今村しかいない!

私の持論として、クローザーでも1失点は仕方ない、というのがあります。もちろん毎回毎回1失点するようでは困りますが、投手というものが「失点する仕事」でもある以上、最小失点である1点をダメなことにしたら投げようがありません。

とはいえ、とはいえ。

今日は勝ちたかったですね。1点差の9回、その1点を守るのが今日の仕事ですからね。仕方ない1点すら許さない、それが「守護神」です。ミコ様が帰ってくるまで、今季の実績からいってもクローザーを勤めるのは今村くんしかいません。

それに、ミコ様が帰還しても、即全開とはいかないかもしれません。帰国中トレーニングやコンディショニングに費やす時間がどれだけ取れるかは分かりません。しばらくは今村くんが頑張るしか無いのです。経験値はメキメキ貯まるでしょう。チームの勝ち星も同じだけ増えることを期待します
スポンサーサイト

まず先勝!

何度も苦い思いをさせられてきた石川雅規投手に勝ったのは大きいですね。ミレッジ選手の攻守にわたるお粗末なプレーに助けられたとはいえ、実に大きな勝利です。同様にあまり打てていなかった押元投手からの5得点も大きいです。

明日は中澤投手と野村投手の投げ合いです。七條投手は抹消されていましたね。ヒーローインタビューでマエケンが言っていたように、「琢朗さんのためにも」Aクラスを死守しましょう。明日、明後日、ぜひとも3連勝してスワローズを徹底的に叩きましょう。

そして神宮決戦!

ローテ通りならスワローズはエース石川、七條、ロマン、カープはマエケン、野村、大竹、各投手の対決になります。七條投手、ロマン投手は今月前半にノックアウトしている相手ですから、それなりの対策を立てて来るはずです。野村投手、大竹投手の頑張りに加えて打線の奮起も必須になってきます。

なかなか打てない石川雅規投手をいかに打ち崩すか、そしてエース・前田健太投手がいかにスワローズ打線を抑えるかという当たり前のことが最重要の課題です。緒戦を勝てば圧倒的優位に立ち、負ければ「逆転されるんじゃないか」という雰囲気が出てしまいます。勝たなきゃダメでしょう

ここで3つ勝てば、もうスワローズは上がってこないでしょう。逆に3つ負けるようなことがあると逆転される可能性が限りなく高まります。シーズン終わりに直接対決を6試合残していますが、そこまでもつれたくはありません。ここで勝たずにいつ勝つのか。ベストな試合をしてベストな結果を出しましょう。

琢朗さん引退

いつかは訪れることとはいえ、寂しいものですね。残念ですが、これが最善と判断してのことでしょう。

堂林くんの守備を見る限り、出来ればもう一年「コーチ兼任選手」としてチームにいて欲しいと私は思っていました。東出輝裕入団と正田耕三引退の関係性を少し思い出しています。

長い期間ではなかったかもしれませんが、偉大な選手に声援を送ることが出来た幸せに感謝します。ありがとうございました。

ただ、まだシーズンは終わっていませんし、ここからが勝負どころでもあります。「お疲れ様」というのは最終戦まで待つことにします。必ず勝って終わりましょう。

またもや失策と拙い守備での敗戦

結局エラーと緩慢返球で失った点を返せずに負けてしまいました。敗戦投手のマエケンは自責点ゼロです。防御率は良くなりますけど、何の慰めにもなりませんね。梵選手の膝が悪いのは分かっていることですが、やはり出続けていることで更に負担は増しているのでしょう。

解説の達川さんが梵選手の膝の状態を話していましたが、庇っているのではなくあくまで「解説」であったところがプロだと私は感じました。意地のホームランの直後に雨で中断し、スワローズに立て直す余裕を与えて反撃ムードが潰れたのが痛かったですね。

直接のライバル・スワローズ相手に勝てる試合を落としたのは大きいです。明日は絶対に勝たないといけない、という状況になってしまいました。こういうところで勝つのが強いチーム、ズルズル負けてはいけません。幸い先発は野村くん、ある程度計算できる投手です。勝ちましょう。

雨天からのグラウンド整備能力は広島!

結構な量の水が溜まっていたのに、雨がやんでからものの30分もしないでプレー可能な状態にしてしまうのにはいつもながら感心します。流石にファウルグラウンドには水が残っていましたが、旧・市民球場時代からのまさに「お家芸」ですね。

1点差、追い上げムード、攻撃中での雨天コールド負けになっていたらフラストレーションが溜まるところでした。現在10時を回ったところですが、まだ6回裏です。試合が続くからには勝つチャンスがあるということです。なんとしてでも勝ちましょう。では。

江草 二軍で燻っている場合じゃない!

銅メダリスト、世界最高レベルの妻と2軍投手の夫じゃ格好つかないですよね・・・

1軍の左投手が手薄な状況の今、活躍のチャンスはあるはずです。竹下さんのファンに「この『江草』って人、誰?」と言われないためにも、やはり1軍で投げ、チームの勝利に貢献しなければなりません。発奮材料には十分過ぎるほどの結婚話だと思いますよ。

能見投手を代えてくれて助かりました

「よし、これでチャンスあるぞ」と思った、ホントに勝ちました。カープ強いですね・・・
いや、タイガース重症ですね、が正解ですね。

見ているタイガースファンは「何で能見代えるんだ」と愕然、その後に激怒(または諦め)だったんじゃないでしょうか。同情するほどの余裕はありませんが、なんかいつもはこちらがやられていることが多いのでよく分かります。このまま明日もいただきましょう。

ドラゴンズには勝てませんが、タイガースには勝てました

「ヒットは出ているが、チャンスに回ったバッターがピンチになってしまっている。誰かがカラを破ってやっていかないと…」とはニッカンスポーツに載っていたタイガース和田監督のコメントです。なんか、野村謙二郎監督がいつも言っているのと同じですね。

岩田投手は我らの大竹投手と大差ない投球をしているように見えましたが、援護ゼロ点ではどうにもなりませんね。こちらも連敗中の身としてはありがたい完封リレーの勝利でした。この調子で明日も勝ちましょう。今月はまだタイガース戦が沢山あります。弱っているうちに叩いておきましょう。

エルドレッドはまだ未知数の域ながら

今日は仕事の合間にタイガースファンの同僚と「球団首脳が選手を見る目」について話していましたが、やはりあれだけ負けが続くと選手起用への疑問も語らずにはいられないものです。

主力不在で「仕方なく」打線を組み替え、結果的に上手くハマってきたカープと対照的に、調子の上がらないベテラン・中堅をレギュラーで起用しつづけているタイガース。借金15でクライマックスも絶望的なのだから積極的に若手主体に切り替えるべきではないか、という結論でした。そうかもしれませんね。

まあ正直私はカープ以外のチームのことはよく分かりません。あくまで「敵として」外から見た印象しかありませんから、この先このチームがどうなっていくだろう、どうするべきだ、のようなことを考えることはあまりありません。つくづく自分が「野球ファン」ではなく「カープファン」なんだなーと思います。

外国人選手についても、たとえばマートン選手は外したほうが良さそうだとは思いますけど、代わりに誰を使うのか?ということまでは考えが及びません。期待の大きい選手に結果が出ないと厳しいですね。失礼ながら元々そんなに大きな期待はしていなかったエルドレッド選手の活躍は有難い限りです。

守れない一塁専門野手のハーパー選手を放出し、同じようなタイプのルイーズ選手を獲得したベイスターズなんかは混迷の極みと言っていいでしょう。ただでさえ「レフトあたりにいるだけ」のラミレス選手という弱点を抱えているのに、守れない選手を更に増やしてどうするんだろうと思ってしまいます。

まあ、よその心配をするほどカープに余裕があるわけではありません。せっかく3位に上がって、秋口に落ちていった、ではガッカリ感が増すだけです。なんとか上へ、ひとつでも多く勝つために、ここからが勝負のときですね。明日からも勝ちましょう。

得点が失点を上回った!

タイガースを撃滅して(滅んではいませんが)貯金も少し出来てきました。いい感じです。

あまり触れられませんが、今日の7-0勝利でチームの総得点が総失点を上回りました。やはりそうじゃないと勝っていかれないということですね。チーム打率も春先から考えれば「まさか」の.240まで上がってきましたし、調子のいい人が周囲を引っ張っている雰囲気があります。本当にいい感じです。

しかし、バタバタと連敗すればたちまち無くなってしまう程度の貯金でしかないことは、たとえば今のスワローズを見れば明らかです。月曜からは分の悪いドラゴンズ戦ですが、8月も勝ち越し、上位争いに名乗りをあげられるように良い戦いをしていきましょう。

会澤翼選手 ひとまず命に別状は無いようです

まだ深刻な状態には違いないものの、直ちに命にかかわる事態では無いようでひとまず安心しました。ちらっと見えた映像でも凄い量の出血でしたし、担架にすら乗せられないというのは初めて見る異常事態でした。

まずは会澤くんの回復が第一です。鼻骨が折れたとの報道です。当然頭蓋骨へのダメージがあるでしょうし、脳など中枢器官への影響が無いかどうかも心配です。骨はいずれ繋がると思いますが、「以前と同じ」状態に戻るかどうかは分かりません。

肉体的な回復の後の話になりますが、精神的な回復にも時間がかかるでしょう。PTSDを引き起こす可能性も十分あります。再び球場で彼の勇姿を見ることが出来るかどうかも分かりません。今は回復を信じるしかありません。

最後に、当ててしまった山口投手、二度とこのようなことが起こらないよう技術を磨いてください。制球力もそうだし、精神的肉体的なコンディショニングもそうです。プロである以上、そうすることでのみ「反省し、改善された」と言えると思います。超一流の投手になってください。お願いします。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索