Entries

送りバントが出来なすぎる件

プロとはいえバントの失敗はあるものです。しかし、三塁へ送るバントは殆ど成功せず、二塁へ送るバントも半々くらいの成功率ではもはやバントを選ぶ意味があるのかどうか。理由はさまざまあるのでしょうが、これだけ失敗が多いからには総合的な技術が低いのでしょう。

ファウルや見送りで送れないうちに2ストライクになり、打って凡打、更には併殺というのもよく見ます。最初から打たせたほうがまだマシな結果になりそうな場面が多過ぎます。100%に近い確率で成功するからこそのバントであるはずなのですが。

弱者の戦術として誕生した(らしい)バントですが、実際これをキッチリ決めてくるのは強いチームのほうです。強いチームと同じことをやって、そして失敗していたのではなかなか勝ちを積み重ねることは出来ません。同じアウトになるならヒットエンドランをしかけたほうが勢いが出ると思います。
スポンサーサイト

アメトークにて「カープ芸人」放送

私は元々涙腺が極めて弱いタチな上に、最近更に涙もろくなって来ました。いや、歳のせいではないですよ、いやいや、まだそんな。違いますよ?

で、こういう「カープを愛する人」の行動を見るともう涙がですね。じわじわとですね。徳井さんがテレビなのに本当に感激している姿を見たりすると、もうヤバいのです。笑いながらも涙が止まらないという不思議な状態になります。決して笑い過ぎて泣いているわけじゃないのに。

もちろんファンからすれば2週に渡ってもいいくらい(足りないくらい)やって欲しいことはあります。それに、こういう形で一球団・1チームにだけ焦点を当てた回が他にもっとあってもいいですよね。DVD(BD)に収録される期待値は低めですけどね。とりあえず私的にBD焼きして保存することは決定です。

ニック手術でしばらくは岩本四番か?

交流戦終盤の岩本選手は頼もしい打撃といわゆるノーカンジの三振が交互に来てました。守備も素晴らしいファインプレーとありえないミスがない交ぜで、正直磐石の信頼を置けるほどではないなぁとは思いますが、それでも今選びうる選手の中ではもっとも四番に据えるべき選手でしょう。

ニック選手の手術が決まり、今季はもうアテに出来ません。これから打率も上がってこようという内容だったので非常に残念ですが、しっかり治して戻ってきてくれれば来季また活躍してくれる期待があります。新人さんを探すよりはずっといいでしょう。まずは治すことです。

岩本選手をはじめ、今主軸を任される打者は、来季栗原選手・ニック選手らが戻ってきたときにあっさり2軍に落ちるようなことではなく、しっかりレギュラーを掴んで欲しいです。四番が相次いで長期離脱など、普通なら絶対に巡ってこない大チャンスです。

「あいつは四番でも遜色ないな」と誰もが思うような成績を残せれば最高です。チームも上位を狙えるでしょう。そうした上で故障者の帰還が加われば、今季も来季も素晴らしい展開になることでしょう。

清武さんのほかに誰がいるのか?

と、誰もが思う状況だけに逆に清武さんは怪しくないよね、と前にも書きました。読売は流石に新聞やテレビを持っているだけにメディアの力ということをよく知っていますね。

これはもちろん、
「潔く認めて反省し、毅然とした態度で応対している原さんは立派だ」⇒「そんな原さんを過去のスキャンダルで傷つけるなんて清武さんは卑怯だ」というすり替えを狙ってのことに違いなく、逆にそうではないとしたらどういう効果を狙って原さんにあのような声明を出させたのか私にはよく分かりません。

ただの想像ですが、もし清武さんが本気で読売に牙を剥こうとしているならば、もっと直接的で重大な切り札を切ってくるのではないでしょうか。そのくらいの重要機密に触れられる地位にいたというようなことをナベツネ氏も言っていました。

いずれにせよ、読売という巨大企業がグループあげて清武さんを叩こうとする姿は醜いというより滑稽です。そんなに恐るべき秘密を握られているんでしょうかね。そうだったら面白いんですけどね。どうなんでしょう。

Jリーグと佐藤寿人

この数日たてこんでいて先日の西武ドーム観戦記も書けていませんが、ちょっと気になったことを。

Jリーグが選手会会長の佐藤寿人選手に譴責処分を下したそうですね。スポーツ新聞の記事を読んだだけなので事実を正しく認識しているかどうかはわかりませんが、私は佐藤選手の発言の内容を非難するつもりはありません。

試合後の興奮もあったろうし、誤審および誤審と思えるジャッジに怒るのも当たり前のことです。そこまでは悪いと思いません。問題なのは彼がトップリーグの主力選手で元日本代表でもあり、更には選手会の会長でもあるということでしょう。

そういう人物が審判の権威を否定するともとれる発言をしたことの影響を考えれば、むしろ譴責で済んだのは寛大な処分だと言えます。佐藤選手自身は意図しないとしても「審判がダメなら批判する」ということだけが一人歩きしたらサッカーの根幹が揺るぎますからね。

それはそれとして、Jリーグ、いやサッカーに限らず審判の技術・技能の低さが試合をぶち壊すことがたびたびあるのも事実です。技術の向上ならびに均質化は必須です。その上で、技術が低くても誤審しないようなシステムの開発・導入を真剣に考えて欲しいですね。

そうじゃないと、魂削ってプレーしている選手やチームスタッフが浮かばれません。それに、素晴らしい技量を持った一部の審判にも失礼というものです。処分をするだけでは片手落ち、臭いものに蓋といわれても仕方ない状態になってしまいますから。

ニック重症だった・・・ 泣きそうです・・・

前十時靭帯と内側半月板損傷だそうです。「断裂」じゃなかっただけまだマシかもしれませんが、日常生活可能な状態に復帰するだけでもかなりの期間を要する大怪我です。まして膝は守備にも打撃にも重要な部位ですから、元通りのプレーが出来まで回復するかどうかすら分かりません。

せっかく日本の野球に対応出来てきて頼もしさを見せてくれてきたところでの、しかも全力プレーの代償としての負傷は残念で仕方ありません。なんとか軽症であれと願っていましたが、今季絶望もある重症と聞き、悔しさを隠せません。

栗原選手、青木選手に始まり、主力に致命的な怪我が相次いでいます。四番候補の緊急補強なんて噂もありますが、シーズン途中かつ金欠カープのことですから即戦力の獲得を期待するべきではありません。いる人でなんとかしないとダメです。

2軍でくすぶっている選手には絶好のチャンスかもしれません。チャンスに結果を出すか、力の無さを露呈するかが今後の野球人生の分かれ道です。何度もチャンスをもらえる選手は限られていますからね。これまでの努力に加えて、今からでも出来る準備はしておくべきでしょう。

たった今ニックが負傷してしまった

思いのこもった必死の走塁で、恐らく膝を痛めてしまったニック・スタビノア選手。悶絶しながら担架に乗っていたのでたいへん心配です。彼はいつでも全力疾走です。野球選手として当たり前のこととはいえなかなか出来ることではありません。軽い症状であることを祈ります。

選手会長 東出骨折

最近やっと少しだけ当たりが出てきたところで骨折とは…

木村選手も小窪選手もいますし、2軍で出番を待っている選手もいます。まずはしっかり休んで完全に治し、「本来の東出」をもっともっと見せて欲しいと思います。

堂林4打点で快勝!

毎度おなじみの拙攻を重ねに重ね、エラーから失点した7回表までは本当にどうしようもない最低の試合でした。7回裏に大きなチャンスを迎えて、廣瀬選手の情けなくもふがいない凡退に失望した直後、堂林選手がやってくれました!

前田さんの逆転打も最高でした。同点止まりでその後突き放されるのがいつものパターンでしたから、一気に逆転できたことが今日の勝因ですね。バリントン投手の会心の笑顔を見たのは随分久しぶりだったように思います。いつもながら勝ちにふさわしい投球でした。

私事ですが、土曜日に所沢へ応援に行く予定です。順番からすると恐らくバリントン投手の先発が予想されます。今日のような好投を、そして打線は今日以上の援護を見せてくれることを期待しています。ここからどんどん勝っていきましょう

ライオンズにオーティズ選手入団

一瞬「嶋重宣がヤバいのか?」と思いましたが、オーティズ選手は右打ちということで直接的なライバルではない模様です。出場機会が減っている嶋選手、ここぞという場面で結果を残して欲しいですね。もちろんカープ戦以外でね。

特に交流戦の残り試合、オーティズ選手ともども(カープ戦以外で)打ちまくってくれると非常に素晴らしい展開です。そんな他人を当てにするようなことを言っていてはダメなんですけどね。自力で勝って借金を返し、交流戦を勝ち越してペナントに戻りましょう。

野村投手降板は体調不良だったらしい

そうであれば、昨日の日記で「采配ミス」と断じたことを改めるべきかもしれません。まあでも、私は出した以上岸本投手を代えるべきでは無かったと考えていますしあの投手起用には納得していません。もちろん菊地原投手、今村投手がダメという意味ではありません。

そもそもここ数年に限ってもカープは「ワンポイントリリーフ」の使い方が下手過ぎるし、ワンポイントでしっかり結果を残す投手も少な過ぎます。捕手のリードもせっかくのワンポイントを十分に生かしているとは思えません。ワンポイントリリーフのリスクは他球団より高いと考えていいでしょう。

9回、あるいは延長に備えてミコ様を温存していたとすれば、私は失点するまでは岸本投手に任せるべきだったと思います。あるいは回の頭から今村投手でも良かったでしょう。今村、ミコライオとつぎ込んで、延長を岸本投手のほうが勝利への執念を感じます。

大学のシーズンオフの時期で野村投手は疲れのピークでしょう。大事に使ってほしい所です。ただ、急な先発降板であってもイニングは8回ですから「準備が間に合わなかった」ということも無いでしょう。ミスとまでは言えないかもしれませんが、やはり私にとっては疑問の残る采配であったことは間違いありません。

あまりに野球を知らない

2回以降被安打ゼロ、投球数100に満たない野村投手をスッパリ代えた結果、交代直後に得点されて敗れました。打たれたシーンも2-0になった時点で敬遠・中田翔選手との勝負を考えるべきでした。田中賢介選手とは単純に打率だけを見ても倍ほど違います。

何度も書きますが、送りバントはもうしないほうがいいんです。廣瀬選手のバントの下手さ加減を知らないわけではなかろうに、まして調子の上がらない選手はバントも失敗します。梵選手のバント失敗も然り、ヒットエンドランをかけたほうがどう考えても確率が高いでしょう。

ファーストストライクを見逃して打ち取られる打者が圧倒的に多いわけですから、当然初球から仕掛けていくべきです。空振りしたらセカンドアウトです。ですが、相手がミスをすれば走者2塁です。打率2割で本塁打のない打線が足すらも使わなければ、それはもはや「攻撃」ではありません

「ライナーで併殺」は心配しなくても大丈夫、芯で捕らえることなどそんなに多くありません。むしろセカンドかショートがベースカバーに入ることによって、当り損ないのゴロがヒットになる可能性が増大します。そういうのが弱者の野球です。何か勘違いしているんじゃなかろうかと思う今日の試合でした。

借金はまた増えましたがまだまだ残り試合はたくさんあります。次は勝ちましょう。

クレバリーさん倒産だそうです

先日店舗を統合して縮小営業していたパソコンショップのクレバリーさんが倒産してしまったそうです。こういう業態に付き物の賛否両論はありましたが、独自商品や珍しいキーボードなど「ここでしか買えない」というものがあった店なので残念です。

こういう店で売っているものは収入が厳しければ真っ先に削られる部類のアイテムが多いので、不況の影響を受けやすいのは間違いありません。私も薄給のため欲しくても買えないものばかりです。まだ頑張っている同業他社にはなんとか乗り切って欲しいものです。

ヨルダン対イラクを見ました

野球がデーゲームだったので3日夜のサッカー日本代表戦を見ました。その後、4日が夜勤で遅く起きないといけないため深夜のヨルダン代表対イラク代表戦を見ました。日本の試合は正直相手が弱すぎて「勝って当たり前」という内容になってしまいましたね。

イラク代表の監督はご存知ジーコさんです。イラクのほうが選手の個人能力は高いようでしたが、やっていることは結局あの「退屈でイライラする」ジーコジャパン時代の日本代表と同じようなサッカーでした。ヨルダンはイラクに中盤を完全に制圧されながらワンチャンスを生かして引き分けました。

クオリティからいえばどちらも日本の脅威になるようなサッカーはしませんが、現代サッカーが小得点競技である以上「まさかの1点」が生まれる余地は十分にあります。イラクのフリーキッカーの精度はかなり高いようですし、ヨルダンのシュートも見事でした。

昨日の日本代表の試合から今後の勝敗を予想するのは難しいですね。もちろん総合力ではオーストラリアを除く3カ国と大きな開きがあるでしょうが、スコアに直結するかどうかは別の問題です。決して楽ではないとはいえ、多くの他地域・他国に比べれば難関とはいえない予選です。勝ちましょう。

不調マエケン8回を零封 3連勝!

今日の前田投手は制球が甘くてピンチの連続でしたね。イーグルス打線にもう少し勢いがあったら危ないところでした。しかしそれでもゼロで抑えるのがエース、素晴らしい投球だったといって良いでしょう。味方の援護が遅くてもしっかり抑えることで勝利へ繋がりました。

しかし、初回の守備での連携ミスのような初歩的な失敗が攻守共に出ています。送りバントは相変わらず成功率が低いし、同じパターンでの三振を繰り返すのも広い意味では失敗の範疇です。もちろん野球にミスは付き物だし相手が一枚上手なところもあるでしょうが、徐々にでも克服しないと上へは行けません。

明日の先発はバリントン投手、最近は失点が増えて勝ち星も伸びていません。味方の得点力を考えれば失点を恐れる心理は当然あるでしょう。少しでも早く得点をすることで投手の心理的負担を軽くしたいところです。まだまだ借金生活真っ只中です。どんどん勝っていきましょう!

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索