Entries

勝つことだけを考えるなら

勝つことだけを考えるなら、昨日の試合はエース前田健太を5回で代えるべきでした。そこまでに度重なるピンチを背負い、ギリギリで切り抜け、彼は疲れきっていました。1点しか取られていないエースを代えられないのは分かりますが。そういうことの積み重ねで、今の借金があります。

ただ、マエケンの今後のことを考えれば、早めに代えて勝ち星が付くことが(勝てる保証はありませんが)良いかどうかはわかりません。大エースとして期待しているからには、試合にカタがつくまで投げさせたいというのは日本のプロ野球では当たり前のことです。

かといって、今季このまま投げ続けていても、昨シーズンのような快投は恐らく望めません。「エースの責任」を言い続けてチームが負け続けるという最悪の展開もあります。エースとはいえ一投手、チームが勝つことこそ最大の目標であることを忘れてはいけません。
スポンサーサイト

オールスターも終わり

来月には廣瀬選手が戻ってくるかもしれないということで、彼が以前のようなパフォーマンスを発揮してくれればようやくまともに戦える打線になりますね。しかしまだ、梵選手、トレーシー選手、大竹投手、横山投手と主力級に怪我人がゴロゴロいる状況に変わりはありません。

「怪我人」じゃなくても、プロの選手はどこかしら傷めているものです。東出選手の脚だって、張りが引いても完全な状態じゃないでしょう。それでも一流のプレーを求められる、だからこそ高い給料が払われるのだし、憧れの職業なんだろうと思います。

リーグ優勝は厳しい状況になりつつありますがまだ諦めたわけじゃないし、2位以下は混戦でどこが抜け出すか分かりません。過去数年と比べても、クライマックスシリーズへの期待はかなり持てる展開です。後半の出だしでポンポンッと勝っていけば面白くなりますね。頑張りましょう。

駆け込み需要で地デジチューナーが売り切れ続出だそうですが

もちろんやむをえない事情で今まで準備できなかった人もいるんでしょうけど、今回のアナログ終了はかなりの準備期間があったわけで、今になって「チューナーが売り切れていて買えないと苦情殺到」なんていうニュースを読むと、のんびりしすぎなんじゃなかろうかと思ってしまうわけです。

追記を表示

フレッシュオールスターを観たんですけど

イースタンが7チームでウェスタンが5チームというのは別に問題ないんでしょうかね?

リーグ戦の対戦相手が6チームのイースタンのほうが、4チームのウェスタンより経験値が貯まりそうな気がするんですが。1.5倍ですからね。まあ、どちらにせよ試合に出て、しっかり課題を克服していかなければならないことには変わりありません。1軍に上がってこそですからね。

ゲーム機のはなし

だいぶ前にWIIを買いました。どうしてもやりたかった「ルーンファクトリー フロンティア」を遊ぶためでしたが、買った当初はバーチャルコンソールのファイアーエムブレム(紋章の謎とか聖戦とか)ばかりやってました。

追記を表示

新戦力 ブライアン・バーデン選手獲得

もちろん打撃を期待しての獲得ですね。なんせ点が取れないので。「内外野守れる右打者」ということで井生選手と思いっきりバッティングしますし、主に内野で起用するとすれば小窪選手や山本芳彦選手とも競合します。彼らを超えなければわざわざこんな時期に補強する意味がありません。

ともかく早急に順応することです。慣れるまで時間がかかり過ぎ、実力を出し切れずに「外れガイジン」の烙印を押される選手のいかに多いことか。もちろんカープが優勝を争うためには大活躍が期待されます。バーデン選手とカープ球団と、我々ファンの皆が喜べるような移籍になることを願っています。

日本代表 女子ワールドカップ優勝の快挙!

寝ずに観ようと思っていましたが寄る年波には勝てず、早起きして録画観戦しました。終始リードされる展開ながら、劇的とも言える粘りで栄冠を手にした姿には実に感動させてもらいました。女子の場合はオリンピックも同様のビッグタイトルですから、ロンドンでも素晴らしいプレーで優勝してくれることを期待しています。

三つ勝った!

あのドラゴンズに名古屋で三つ勝ちました! 
実況アナによると9年ぶりだそうです。確かに名古屋での3連勝なんていつ以来か思い出せません。
これは大逆転優勝の前触れかもしれませんよ…

井生がやった!

プロ初本塁打を含む3安打・3打点でバリントン投手の快投を強力に援護しました。怪我もあってなかなか本領を発揮できない時期がありましたが、今年はずっと頑張ってましたからね。こういう報いがあっていいでしょう。明日からも活躍が楽しみです

「水戸黄門」が終わるそうですが

私が子供のころから既に「江戸時代にはありえない」設定や展開で構成されていたので、特に「時代劇」だとは思ってませんでしたが(あえて言えばファンタジーでしょうか)、それでも地上波ゴールデンタイムに残った『最後の時代劇』が終わることには多少の感慨がありますね。

後継番組が面白ければ別にいいんですけどね。最近あまり面白いゴールデン番組ってないですよね…

間違いと訂正

昨日の記事で「全部勝てば借金完済」と書きましたが、嘘ですね。既にベイスターズ戦をひとつ落としているので全部は勝てません。夜勤明けで脳が働いてなかったということはありますが、見苦しい間違いでした。訂正します。まだ完済はできないけど、全部勝ちましょう。

マエケン力投で借金返済への足掛かり

昨日のゼロ封が頭にあって嫌なムードでしたけど、投打が噛み合って1点差の勝利、こういう試合はアリですね。本当は昨日も勝って「借金返済シリーズ」にしたかったところですが、ベイスターズとの力の差がそこまでないということなのでしょう。明日からまた勝ちましょう

ドラゴンズもタイガースも厳しい相手ですが、先発ローテーション的には付け入る隙がないわけではありません。もちろんカープの先発投手陣も隙だらけですが。青木投手やサファテ投手が安定している分だけ、後半勝負の接線になれば十分に勝機はあります。もし全部勝てば借金完済ですから、燃えていきましょう!

懲りずにあの会社にお金を払います・・・

WIIで9月発売のドラクエⅠ・Ⅱ・Ⅲを予約してしまいました。今更感はかなりありますが、Wiiであれば構造上「ぼうけんのしょ」消失の悲劇を回避できそうな気がするので昔を懐かしみながら名作を振り返れそうです。正直スクエニの延命に投資するのは気が引けるのですが… まあ、今回だけってことで。

あまりにミスが多すぎる

昨日の沖縄シリーズ2戦目は、まさにミスで負けた試合です。攻撃でもそうだし、守備に至っては失点の殆どを愚かで単純なミスで与えました。どれもファンとしてがっかりするプレーでした。プロの一軍の選手なのだから、しっかりしてくれないと困ります。

それ以上に困るのが失敗続きの継投采配です。昨日も福井投手の限界を見誤って致命的な3点を奪われました。前のイニングの投球を見ていれば、表の攻撃で代打を出すべき状況であったのは間違いありません。集中力を失った投手を引っ張りすぎました。

もちろん継投は難しいものです。変えて打たれたら変えたことを後悔せざるを得ないし、リリーフ投手の調子は一試合ごとに変わるものです。しかし「打たれてから変える」のであれば私でも監督が勤まるというものです。何のために前日豊田投手を1軍に上げたのか、こういうときのためではないのでしょうか。

右の代打がいなさすぎる

いわゆる「代打の切り札」が皆左打者ばかり、それもそのはずで右打者のレギュラー梵選手、廣瀬選手がいない分のシワ寄せがそこに来ているのです。『ここぞ』の代打が会澤くんではやはり物足りません。いっそ町田コーチが打ったほうが期待が持てる気もしますが。ダメか。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索