Entries

粉砕骨折・大竹にゆっくり癒す時間を

彼が回復を焦らざるを得ないような試合を続けてはいけないということです。勝つことが必要だし、勝てない試合も、次に期待が出来る内容じゃなければいけません。同じようなミスを何度も繰り返し、消極的になるような試合はもう要りません。積極的に戦い、そして勝ちましょう。
スポンサーサイト

久しぶりに見た酷すぎる試合

ファイターズ戦の二試合目は再三の好機に無得点というよくある展開でした。1失点に押さえたマエケンを見殺しにして完封されたわけですが、その内容が酷すぎました。

追記を表示

3失点全てがミス絡みでライオンズに連敗

ボテボテのサードゴロがトレーシー選手のグラブの下を通過して適時内野安打

四球で出した先頭打者を三塁に進められ、暴投でホームイン

延長戦で先頭打者のイレギュラーしたショートゴロを梵選手がはじき、決勝点のランナーを許す


野球にミスは付き物だし、雨でコンディションも悪かったし、仕方のない部分も確かにありました。でも、ミスが全て失点になってはとても勝てるものではありません。ライオンズが強いのではなく、カープが弱いのです。もっともっと精度を上げて行かないと。

グラウンドコンディションで言えば、条件は相手も同じ上にホームグラウンドなのですから、本来地の利はこちらにあるはずです。野天球場を本拠にしているのです。バッドコンディションに強くなくてはウソでしょう。練習あるのみです。

ライオンズに完封負け

井生選手は出ませんでしたね。右左をあまり意識しすぎると勝てる試合も勝てなくなる気がします。そもそも涌井投手のような投法に対して右も左もあんまり関係ないと思うのですが、どうなんでしょう。

一軍当落線上の選手は調子のいいときに起用してあげないといけません。出ていても出ていなくても調子は変動するものですから、ベンチに置いている間に下降線、なんてことはザラにあります。誰しもが浅井コーチや町田コーチの現役時代のようにはいきません。

追記を表示

連勝と井生崇光

解説の達川さんが絶賛していたように、福井投手が四球連発で序盤に失点というしんどい試合を勝利に導いたのは井生選手の勝利への執念だと言っても過言ではありません。もともと「タマシイ」のある選手ですが、今、一番輝いていますね。

追記を表示

篠田・岩見 両左腕抹消

篠田投手は確かに2戦連続して不甲斐ない投球でしたが、彼は先発で投げるべき投手です。中継ぎのタイプではないので、仮に再調整を経るとしても、必ず先発候補に戻して欲しいと思います。岩見投手はとばっちりっぽいですね。そんなに悪くは無かったように見えたのですが。彼にも期待しています。

「よーいドンで7失点はキツイ」という野村謙二郎監督の言うことももっともなんですけど、打線が序盤に反撃していればまた違う展開になったはずです。「ダメだから外す」ではいずれ投げる投手がいなくなってしまうことは監督自身が一番分かっているでしょう。

今更ですが、投手とは「失点するポジション」なのです。だからこそいかに失点しないかが重要なのですが、どんなに優秀な投手でもプロレベルでずっと無失点というわけにはいきません。そこを他の選手がカバーして、最終的に勝つのがチーム力です。

彼らが2軍に落ちたのが彼らだけの責任でないことをチーム全員が肝に銘じて、交流戦を戦ってゆかねばなりません。この先もエースクラスが立ち塞がる試合が多いことでしょう。いい試合をして、勝利してゆきましょう

永川勝浩(永川兄) 復活のマウンド

昨日の6連続三振は圧巻でした。永川投手、劇的な復活ですね。

あまり対戦のない打者が相手で有利だったとはいえ、球速も球威もかなり戻ってきたようですし、これからの活躍に期待が持てます。援護点が少ないのはカープの倣い、1点を守る野球は避けられません。横山投手がいない今、彼の豪腕がカープの浮沈を左右するでしょう。

ごっつぁん勝利

途中経過はともかく、9回の逆転はほぼロメロ投手の独り相撲による自滅でした。
詳しい経過は省きますが、ヒットはサードの脇谷選手がジャックルしたエラーまがいの内野安打だけで、あとは四球が3つと暴投、そして最後に死球です。ご馳走様でした。

追記を表示

伊勢の旅①

 連休を利用して伊勢へ行ってきました。よりによって帰省ピークの5/4~5/5という日程になってしまい、これがいろいろと誤算のもととなるのですが…

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索