Entries

ワゴンセールにて

ジャストシステムから発売している「シナモロールのラベルコレクション」というwindows用ソフトが、ヤマダ電機の処分品ワゴンに入っていたので価格を見たら、これがなんと100円でした。もちろん買ってきました。

追記を表示

スポンサーサイト

早とちり

テレビを見ていたら「内川選手の去就は12月に持ち越し」と言ってましたね。ホークスで決まりというニュースは何だったんだ…

どちらにせよ、映像を見ても「ホークス濃厚」の印象はありましたね。カープも可能性が残っているなら踏ん張って欲しいものです。

無念… 内川選手獲得ならず

まあ・・・こうなるだろうとは薄々感じていましたが、実際に獲得失敗の報を読むと悔しいものです。ホークスは強豪ですし金銭面でも予算規模が違います。彼はカープ以上に弱いベイスターズにいましたから、より勝利に近いほうを選んだということなのでしょう。

しかしこれで中軸の補強はまた白紙に戻りました。今季そこそこ活躍した岩本くんがハマってくれることを期待したいですが、それだけでは危険すぎます。長距離打者の補強が焦眉の急であることに変わりなく、外国人野手を含めた新戦力の発掘には十分な注力が必要です。

もちろん岩本くんだけでなく、既存戦力から躍進する選手が出て中軸を打ってくれれば言うことはありません。今季の廣瀬選手の例もあります。「栗原頼み」を脱却し、チーム打率に見合った得点を得るためにはそれが絶対的に必要なのです。

「決めるのは内川」という姿勢ではダメ! 二の矢三の矢を放て!

王さんに請われて心を動かされない野球人がいるでしょうか。遅れをとった分あちらも必死だろうし、切り札の「王会長出馬」を出してきたからにはカープも対抗手段を講じなければなりません。「条件は出した、あとは内川くんが考えて決めればいい」という姿勢ではダメなのです。

安易な金額吊り上げは内川選手にも失礼なので慎むべきですが、それ以外の条件はどんどん出すべきです。すぐに思いつくところでは、背番号の提示があります。彼ほどの選手なら7番でも9番でも、それこそ東出選手の2番を剥ぎ取って(!)でも、欲しい番号を用意して待つべきでしょう。

とにかく、やるからには徹底的に、です。報道によれば3番・レフト起用の線が濃厚らしいですが、外国人選手の獲得状況によってはファーストでの起用もあるでしょう。打順は5番でも、栗原選手の調子次第では4番もあるかもしれません。いずれにせよ、逃してはいけない選手です。

プロ野球コンベンションを見ました

トロフィー授与のときに「福本選手の106個を目指せ」といわれて苦笑の梵英心選手。そりゃ、まあ苦笑するしかないですよね。ただ、もし福本さんが今現役でプレーしていたなら恐らく60~70個台は走ったのではないかと思います。当然その分、盗塁死も多いでしょうけどね。

追記を表示

補強着々

菊池原投手のトレード獲得に続き、元ライオンズ・ジャイアンツの豊田投手の入団が決まったそうです。ともに実績のあるベテランですから、力を発揮してくれたら頼もしい限りです。

石原選手の残留も決まりました。FAしないということは来季にFAを持ち越しという意味でもあるので「ずっとカープで」という保証はありませんが、投手陣再建に欠かせない正捕手の残留は素晴らしいニュースです。

ドラフト指名選手の入団も続々と決まり、来季に向けての戦力が着々と強化されつつあります。もちろんまだまだ主力級を含んだ補強が必要です。期待が膨らんで止まらないような続報を期待しています。

我が家のスカパーがHDになったことで

従来のVRモードやVideoモードではDVDに焼けなくなりました。我が家のVARDIAには東芝独自の(になってしまった)HD Recという規格でHD画像を焼くシステムが搭載されているのですが、如何せん互換性に大きな不安を抱えています。

追記を表示

ドジャース黒田投手は残留の模様

スカパーで何試合か見ましたけど、今年は例年に増して見事な投球でしたから残留は妥当ですね。報道によると1年契約だということなので来季以降の日本球界復帰の可能性はゼロではないようです。もし帰ってくることがあるとしたら、また赤いユニフォームで投げる姿を見たいものですね。

価値あるゴールデングラブ賞・赤松真人選手

カープから前田健太投手、梵選手、廣瀬選手、赤松選手の4名が受賞しました!

追記を表示

ホントにカネをかけるのか、覚悟の程は…

朝日新聞のスポーツ欄に「広島、内川獲得へ」の記事が載っていました。5番ファーストという今季どうしても埋まらなかったポジションに最適な選手の一人ですから、来てくれるなら心強い限りですが。しかし。

追記を表示

またもやスカパー!HDが録画失敗

帰宅してHDDの中を見ても、どうも番組が増えてないな~と思ったら案の定、昨日の夜の分から連続して録画失敗していました。「サーバー機器の不具合により」という前回と同じ症状です。前回散々設定を見直した挙句、コードの抜き差しで解消したという腹立たしい出来事を思い出しました。

追記を表示

マリーンズ日本一おめでとう

夜勤明けで一眠りし、夕方から観戦していました。渡辺俊介投手が降板したときにはダメなのかなと思いましたが、実に見事な勝利でしたね。流石です。日本一おめでとうございます。ファンの皆さんの声援も素晴らしかったですね。

シーズン3位からの日本一にケチを付けたい人もいるようですが、ルールですから何の問題もありません。下位に沈むチームのファンとしてはたいへん励みになります。将来的にはルールの改正もあるかもしれませんが、この制度のうちは「3位以内」を強く意識して戦ってゆきましょう。

「新」外国人選手ら4名 契約更新せず

野村謙二郎監督の肝煎りで獲得したヒューバー選手まで契約更新なしというのはちょっと驚きました。確かに成績は酷いものでしたが、「来季に期待」というのが今まで多かったように思います。そんな余裕はないということならその通り、強化に待ったなしの状況なのですから。

追記を表示

マリーンズ 長蛇を逸す

私が見るところ、第6戦以降に成瀬投手・渡辺俊介投手が控えるマリーンズのほうがまだまだ優勢だと思います。ただ、今日の10回ウラ、福浦選手で勝てなかったダメージもまた大きいように感じます。

追記を表示

20年

先日、撮り貯めたNHK「メジャー」を見ていたら、吾郎くんが言ってました。
「25年も優勝しないチームを、それでもずっと応援してくれてたファン達に、優勝を見せたいじゃんか」的なことを。もちろん感動で涙が止まりませんでしたとも。

とても他人事とは思えません。最後の優勝が1991年、最近は下位に低迷し続けるチームをそれでもずっと応援しているカープファンが、優勝を見られるのはいつなのか。

願わくば来年なのですが、私の分析では相当大規模な補強が無い限り「こうすれば優勝できる!」というところにとても至りません。現有戦力では、ファンの欲目をもってしてもギリギリ3位になれるかどうかというラインが精一杯です。

漠然とした希望だけでなく、しっかりとした期待を抱かせてくれるシーズンオフになることを願います。20年越しの喜びを予感できるくらいに。

野沢那智さんの訃報

大人になってからアニメを見始めた私には、渋い脇役のイメージが大きい方でした。もちろんそれだけではなく、数々の吹き替えやナレーション等、この方の声を聞いたことが無い人はいないだろうという名優さんです。

役柄ごとに全く違う貌を見せる、まさに「演じ手」と呼ぶに相応しい方でした。72歳での逝去は「夭死に」でこそないかもしれませんが、いまだ現役のベテランが病でこの世を去ったことは残念でなりません。お疲れ様でした、そして、ありがとう御座いました。安らかにお休みくださいませ。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索