Entries

ベイスターズに3連勝! 行くぞCS!

「栗原が打てばカープは勝つ」を地で行くような3連戦でしたね。カープのみが苦しめられていたジョンソン選手もどうやら抑える目途が立ったようですし、もしこのままベイスターズ戦がもう10試合くらいあったなら余裕で3位になりそうな感じです。ないのが残念です。

ただし! 現実が依然として崖っぷちであることに変わりはありません。全部勝つのは至難、しかも勝っても保証のない立場です。相手より1点多く取れば勝てます。ここで踏ん張れるチームだけに3位の資格が訪れます。勝ちましょう。

スポンサーサイト

負けてたまるか!!

投手戦というより貧打戦、あんまり熱くない試合でも、勝ったことに意味がある!

追記を表示

ジャイアンツに3連敗 夏は終わった

望みはほぼ無くなりました。後はひとつひとつ勝って、大逆転を祈るだけです。

情けない状態ではありますが、選手が諦めない限り我々も諦めません。

最後まで全力で、奇跡を信じて

前田健太好投見殺し 大型連敗の予感

ノーアウトのランナーが出ても進めることすら出来ずの完敗です。延長戦0-1サヨナラとはいえ、決して接戦とは呼べない完敗でした。頼みのフィリップス選手を欠いて、残りの試合を全部勝てるのか。勝たなきゃ終わりです。限りなく終わりに近づきました。うむう・・・

大型連勝必須!

タイガース、スワローズが無様に大型連敗をするとは思えません。少なくとも7勝4敗ラインをキープしないことにはカープの3位はありません。いや、8勝3敗以上じゃないと殆ど無理でしょう。あと負けられるのは3試合だけです。

早々に脱落して、個人成績と来季の構想だけを楽しみに過ごすのはもう沢山です。去年の二の舞です。昨日も内容はひどかったけど点差は僅かに1点のみ。何か一工夫あれば勝てたかもしれない試合です。100%の力で勝てないのなら、それ以上を出すしかないのです。

差がありすぎる 2-3敗戦

残りのジャイアンツ戦、勝てる試合はあるのでしょうか…。チームとしてのクオリティが違いすぎます。もちろん資金面から来る選手層の差というものもあるのでしょうが、戦術的洗練の度合いが全然違いますね。今季の残り試合にもうひとつも勝てなかったとしても何の不思議もありません。

しかもタイガースとスワローズは直接対決を多く残しています。すなわち、両者ともが落ちてゆくことはないのです。非常に不利な状態、殆ど望みがない状態は依然として続いています。勝てない相手にも勝たないと先がありません。ここが切所、勝ちましょう勝ちましょう。

虎燕直接対決は3勝3敗 依然厳しい状況は続き…

決勝点は9回でしたが、実質的には序盤の1失点で決まってしまった試合でした。四球に意味のないエラーが重なって、無安打での失点という最悪の形でした。攻撃面も工夫なく、好調天谷選手の怪我も痛すぎます。ズルズル負けてはいけません。踏ん張らねば。

石井琢朗という芸術

今日(21日)は9時半に帰宅してからの録画観戦でした。厳しい試合でしたけど、なんとか踏みとどまりましたね。もうあと十数試合ですけど、勝ちを積み重ねて高みを目指しましょう

追記を表示

廣瀬純 大ブレーキ タイガースの猛打の前に屈す

タイガースに2-14の大敗、ただ2勝1敗は最低ラインをクリアで、望みは繋がりました。明日からのスワローズ3連戦に3つ勝って、堂々3位を目指しましょう。

追記を表示

背番号18を継ぐ男 前田健太 3発被弾も粘って勝利

甘く入ったところを一発カーンといかれるところはまさに佐々岡さんの系譜を継ぐ男だと言えましょう。すなわち、佐々岡さんのような投手になれる可能性があります。もちろんいい意味でですよ。

佐々岡さんは大きな故障がなく、いつもチームの苦境を救ってくれました。100勝100セーブという数字以上に偉大な選手でした。前田健太投手には背番号18にふさわしい、チームを救う真のエースになって欲しいと思います。佐々岡さんも応援してくれることでしょうしね。

緒方孝市 来季も現役の可能性!

球団が現役続行を打診しているそうですよ!

マイヒーロー緒方さんのプレーを来年も見られるとしたら、本当に望外の喜びです。是非1年でも2年でも長く活躍して欲しいです。同時に、若い選手は「緒方さんを試合に出しちゃダメだ、俺が出なきゃダメなんだ」という強い思いをもって彼を追い越さなきゃいけません。

勝率5割には届きそうも無い今年ですが、なんとか3位争いには喰らいついています。CS進出のため、そして来季の更なる躍進のため、緒方さんのプレーと存在感は欠かせないと私は思っています。吉報を待ちましょう。

栗原が打てば

やはり四番打者にはチャンスで打席が回ってくるものですね。最初のチャンスに得点すると、格段に有利になります。ひさびさ登場の琢朗さんも大活躍でしたし、連敗阻止に一丸となった試合でした。今日からも厳しい試合が続き、連勝しなければ意味が無い状態です。

「ここが踏ん張りどころ」と何度も書いてきましたが、今週末から来週にかけてのタイガース、スワローズ戦が最後の踏ん張りどころでしょう。ここを勝っていけば次の勝負どころに進めます。逆に負けてしまえば限りなく終わりに近づいてしまいます。勝つために出来ることは全部やっていきましょう。

内田クレペリン検査

たまにコメントをいただく、もぺさんがかつて「面白い」とおっしゃっていた検査を某所で受けてきました。

追記を表示

雨さまさま

ジャイアンツと打ち合いになったら勝ち目はほとんどありませんね。日曜の試合も点差だけ見れば惜しい試合でしたが、中盤以降ほぼ完璧に抑えられてしまって完敗といっても過言ではない内容でした。中止になった2試合目も、やっていたら勝てなかったのではないかと思ってしまいます。

明日からはドラゴンズ戦です。雑な攻めをしていたら3位戦線から取り残されてしまいますから、狙いを絞って効果的に得点してゆく必要があります。ドラゴンズもそんなに好調ではないものの、カープだってたいして良くありませんからね。ここで勝って勢いをつけましょう!

帰って来た14番

頼れる左腕、篠田純平投手が一軍に上がってきました!

怪我のリハビリ、調整段階から復活し、今日からの対ジャイアンツ3連戦での登板が予想されます。同時に期待されて久しい大島崇行投手も一軍に合流、左投手の層がグッと厚く(1人⇒3人)なりました。厳しい、非常に厳しい相手ですが、一丸となって勝利を掴みましょう!

ミラクル大逆転勝利でスワローズに3連勝!

この3連戦、前田健太投手もルイス投手も、そして大竹投手も素晴らしいピッチングでした。つい先日「全部勝てば何かが起こる」と書いたことが現実になりつつあります。

3位は目前、ツバメの尻尾はすぐそこだ!

ルイス完封! スワローズを連破!

序盤の拙攻がいや~な感じでしたが、今日はルイス投手が磐石でした。被安打5、無四球完封、打っては先制かつ決勝のホームラン。

完璧すぎる!

打線も天敵石川投手を打ち崩し、中盤までに6点取って試合を決めました。明日も勝ちましょう。スワローズは先発投手がいないのです。明日は勝てる試合、勝たなきゃいけない試合です。勝ちましょう。

この勢いで明日も!

9回2死からの内野安打は、あれは遊ゴロです。誤審でしょう。スワローズファンには気の毒です。アウトの判定ならそこで試合終了、石原選手に打席は回らなかったわけで。もう本当に気の毒としか。

だが、石原選手のホームランは確かにスタンドに入りました!

負けゲームをひとつ拾った!

勝ったぞカープ!!

追記を表示

1回裏1死3塁

拙攻の後の拙い守備。早くも敗北の予感!

粘れマエケン! 勝たないと終わる!

松方弘樹さんの家康は大悪人で間違いなし

大河ドラマで徳川家康が徹底的に悪役として描かれているのはそれなりに面白いです。過去に何度もそういう描かれ方をしているのになぜ今さらという感じもしますが、去年の「篤姫」から大河を見始めた人などにはそのほうが分かりやすいのかもしれません。

追記を表示

好きな選手なので残念、再昇格を目指せ!

昇格したばかりの井生選手がたった2打席で2軍に降格してしまいました・・・。競り合いになったら彼の勝負強さが必要になってくると思ったのですが、まだそのときではなかったようです。残念ですが、代わりに昇格してくる選手に期待しましょう!

逆に面白いかも?

北村一輝さん(40歳)演じる上杉景勝と、中尾彬さん(67歳)演じる毛利輝元は史実では3歳違い。まあ、お爺さんが幼児を演じるわけではないし、演技力でカバーできない年齢差じゃありませんが、カバーするような脚本も演出もないので見ていてちょっと辛いものがあります。

追記を表示

脆くも敗戦 虎の尻尾が遠ざかる

今日は典型的な拙攻での敗北、チームとしての収穫は何も無い試合でしたね。下柳投手を2回途中で変えたタイガースと今井投手を引っ張ったカープ。勝利への執念を感じたのはタイガースのほうでした

追記を表示

0-3完敗 日暮れて道遠し

前半かなり飛ばしてて、おいおい大丈夫かと思って見ていました。案の定いつもより早く足が止まりましたね。予想よりもだいぶ厳しい試合になりました。「無様な試合」とまでは言わないまでも「オランダを慌てさせ」ることは全然出来ませんでしたね。

追記を表示

超強豪との親善試合

結果論「だけ」を言って分かったようなフリをするのはかなりカッコ悪いと思っていますので、先に書いておきます。今日の親善試合の予想スコアは1-4、もちろんオランダが4です。(結果論を否定するわけじゃありません。結果も大事ですから。)

日本の1点はMF中村憲剛がミドルシュートあるいはこぼれ球を押し込んで決め、オランダはファン=ペルシーが2点取るでしょう。

日本代表にいい試合をして欲しい気持ちはありますが、親善試合とはいえホームで明らかに格下の日本に大勝できないとなれば監督の首も危険ですしオランダも必ず勝ちに来ることでしょう。日本は「無様な試合をしない」「オランダを慌てさせる」が現実的なところでしょうか。

一応公共の場所に書く以上、真面目に分析しての1-4です。ただし最近はカープの応援が佳境に入ってほぼ毎日野球漬けなのでプレミアリーグ以外の試合はほとんど観ていません。特に書き置くほどの根拠がない予想です。

正直そんなに自信はありません。勝つ可能性はありますかね。あと2時間ほどで試合が始まります。あなたの予想はどうでしょう。

ドラゴンズに連勝!

首の皮一枚の命が皮2~3枚まで回復しました! 残り30試合で借金10は20勝10敗で五割到達です。まだ7~8試合負けられると考えれば『ない数字』じゃありません。今日のドラゴンズ戦に勝ち、いい状態でタイガースを連破しましょう!

追記を表示

「文学少女」アニメ化するようですが(後編)

申し訳ありませんが前編からお読みくださいませ。

追記を表示

「文学少女」アニメ化するようですが(前編)

私はその作家さんの「初めての一冊」が好きで、特にライトノベルの新人賞なんかは興味を持って読んでいます。コミックもまた然りです。技術的には洗練されていないものが多いのですが、そういうところも含めて面白さを感じます。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索