Entries

アニメ感想

ここに書くのは初めてかもしれないアニメ批評です。批評が(正しくは批判が)ライフワークの伊勢守は見た番組はなんでも片っ端から批評の対象にします。ただ、あんまりにも出来が悪くてどうしようもないものは黙殺します。叩く価値ナシってヤツです。


今回は全てAT-Xにて録画視聴、原作コミック未読です。それでは興味のある方のみおつきあいください。

追記を表示

スポンサーサイト

風薫る 空を泳げよ 鯉ナイン

またまたブラウン采配ドンピシャリの試合、点ってこんなに楽に入るもんだったっけかな~って感じの一回でしたね~!


なんたって五月は鯉の季節です!


調子は大概上向き、故障者も殆どいない、おまけに冴えまくるブラウン采配。勝たずしてなんとする!


四月最後の今日を勝って、いい五月にしましょう。来月も応援頑張るぞ~   

一番不安なのは体力

おもいのほか「城跡見学」に人が集まりそうなので城跡めぐりツアーの計画を練っています。近距離~中距離まで日帰りで2~3城のプランをいくつかつくって計画書にしようかなと。

追記を表示

初の連勝

あな めでたや~


まずはおめでとうございます。天谷選手のホームランはシビれました! 打線の中軸にも徐々に当たりが出てきた様子ですし、今日のような戦いをしていければ結果は後からついてきます。


借金返済まであと ☆6 です。一丸となって頑張れ頑張れカープ


■ 天谷くんのヒーローインタビュー、、ちょっと泣けました。デッカい選手になってくれ!!

なにもしない週末

数年ぶりに整骨院へ行ってきました。ちょうど時間帯が良かったようですぐ診察室へ。中学生のころから何かあるとお世話になっていたところです。先生方もお変わりなく。


幸い骨や腱には異常ありませんでした。酷使をやめてゆっくり休ませれば治りも早いだろうとの定番コメントをいただきました。前職の時代は無理難題だった「休める」ことも連休だから可能なのです。もう今週はなんにもしないぞー!


今右手はまるで骨折したかのように包帯でグルグル固定されています。湿布が剥れないようにと、可動域を制限するためのアレなんですけど、見た目が痛そうで人から実際以上に心配されるといういい仕様になっています。もっとも今はかなり痛くてそんな余韻的なものを楽しむ余裕はありませんが。


最後に、大河原整骨院開業六十周年おめでとうございます。あの凄く効く特製湿布には何度も助けられてきました。これからもヨロシクお願いします。

なにをするにも不便

右手の人差し指を痛めてしまいました。押す、握る、つまむなどすると痛みが走ります。この記事も9本の指で打っていて、かなりかったるいです…。


とりあえず今週中に整骨院で診てもらって、その後しばらく療養につとめようと思います。記事の更新やコメント返信が遅くなりますがどうぞご了承くださいませ。

呆然

またも、またも、またしても…


今日はなにもありません。勘弁してください。

さみしい出来事

先日、ブックオフで購入したあるコミックのはなしです。


カバーの折り返しに作者近況とか、作者からのひとことなどが載ってたりしますよね。たいていサラッと読み流すところなのですが、このコミックにはこう書いてありました。

追記を表示

2試合連続逆転サヨナラ負け

む~ ダメージが~


精神的ダメージが~! デカイヨー!!

追記を表示

落日

ひさびさに「ファイナルファンタジーXI(オンライン)」の情報でも見ようと思いスクウェアエニックスのHPなどを見ていました。ちょっと読んだら相変わらず「日本のピークと海外のピークが上手い具合に入れ替わってる」調の言葉が見られました。こういうことを言っている限り、私がもういちどプレイすることはないでしょう。英語を強制されてまで遊びたくないです。しかもお金払って。


それはともかく。なんですか、またFF2とか3とかをリメイクする(した?)みたいですね…。携帯機には全く興味がないし、どうでもいいっちゃ~どうでもいいです。でも、そろそろいい加減にしてほしいです。何年前のゲームですか?どうせまた「絵をキレイに」「エフェクトとムービーを追加」「おまけ要素を追加」みたいなアレでしょ?業界有数の大企業が、そんなんでいいの?

追記を表示

ナンバーワンは原監督(若大将)

そうえいば日刊スポーツ刊の選手名鑑を見ていてひとつ気づいたことが。


ジャイアンツの選手だけ、みんな「歯を見せて」笑っています。

追記を表示

がんばれ開発陣

アンケートを更新したところ早速一票頂いたので記事を書こうとは思ったのですが…


特に書くことなし!


注目すべきアップデートが何もないです。100枚くらいあったヴォレの写真館もハードディスクのトラブルの際に全部消えてしまったし


意見はないでもないですが、思いっきり批判記事になるので今は書きません。

逆転サヨナラ

8回までしょっぱい試合でしたね~ 抑えての投手戦じゃなくてチャンスを潰しあうもどかしい展開でした。劇的なサヨナラで負けてテンションは下がりっぱなしの私ですが、9回裏の攻防は見ごたえがありましたし、逃げずに勝負しての結果ですから納得しています。


倉選手の一発は意地を感じました。前の打席、無死満塁で併殺打に終わって燃えたんでしょう。あとは抑えて勝利!の流れだったんですがね~

追記を表示

レッソゥメニアー

唐突ですが、ある有名な歌の歌詞を書いてみます。原詞は英語で、ルミエールさんの訳です。


「おお 見えるか  夜明けの薄明かりの中で  薄暮の最後の輝きの中で  我々が誇り高く  呼びかけたあの旗が  太いストライプと光り輝く星  危険な戦闘を耐え抜き  あの城壁の上で  誇らしく  はためいている  砲弾が赤い閃光を放ち  爆弾が空中で破裂する中  夜を通して証明してくれた  我々の旗が  まだそこにあることを  星を散りばめた旗は  今でも  はためいているか  自由の大地の上で  そして勇者の 土地の上で」


区切りがわかりにくいかもしれませんが、絶対に聞いたことのあるあの歌です。

追記を表示

カープ 7-1 ベイスターズ

最悪な昨日から一転、快勝です! 素晴らしい~


なんとかねぇ、勢いに乗りたいものですね

追記を表示

伊勢守だって考えています  (ちょっとずつ)

「司馬遼太郎の考えたこと」をちょっとずつちまちま読んでいます。戦車兵時代のはなしは興味深いです。「日本の戦車」って航空機や軍艦にくらべてあまり話題にのぼりませんよね~。


知人友人に何人か戦車に比較的詳しい人がいますが、日本の戦車の話題はまず出ません。第二次大戦時代の戦車はやはりドイツ・ソ連・アメリカあたりが人気なんでしょうね。


まあ司馬先生が「素晴らしい性能だったが、ただひとつ、戦闘能力だけがなかった」というような意味のことを書いていらっしゃるような代物ですから、戦車好きの興味を惹かないのでしょう。やはり戦車は戦闘力(攻撃力と防禦力の意味)が命ですからね。


「歴史群像」で読む、元軍人さんのはなしもそうですが、「オオヤケの事実」と実際の体験談では同じできごとについてであっても印象が違うということがあります。どっちが正しい、間違っているではなく、歴史というものは元来そういうものなのでしょうね。

帰りが早かったのでプレイボールから見ました

まだ一度も同一カードの勝ち越しがないですよね? ヤバいね~


いくら序盤とはいえこのままズルズル借金が増えるのは厳しいです。もしオールスター前に負け越しが二ケタに達していたら… 「いや~勝負はこれからです。逆転優勝もあります」とは言えませんよ!! 現実的じゃなくなっちゃう!

追記を表示

ソセーランゾー

毎度毎度ガンダムネタはなかなか好評のようです。今日はボールばなしに関連してのことです。


ボールといえば短期量産、ソロモン戦の段階では恐らく粗製濫造の部分があったでしょう。


しかし、ボールなんかよりももっと凄い粗製濫造っぷりが期待される(笑)兵器がありますよね。そう、ジムとゲルググです。

追記を表示

ひさびさにガンダムばなし

うむうむ、流石は学研さん、よく出来ています。「一年戦争 全史」(上下)のことです。まだ全部読んではいないのですが、内容はほぼ私の考える一年戦争と一致します。


ちょっとインスパイアされちゃったので今日は連邦軍の秘密兵器「ボール」のはなしを書きます。


まずおことわりを。「コンセプトもなく間に合わせでつくられた棺桶兵器」という可能性は検討しません。インフラが崩壊し敗色濃厚なジオンがつくるならともかく、連邦がそんなものを量産する必要性がないからです。それに、それを言ったらオシマイですし。

追記を表示

我慢のとき

拙攻逸機とはまさにこのことです。無死二、三塁で点が入らなかったのにはガッカリというより驚きました。三振ゲッツーもあったし、まさに負けるべくして負けた感じです。


去年も首位ドラゴンズと安打数は20本しか変わらないのに得点は120点も少ないという「チャンスに凡打」体質でした。それを克服すべくブラウンは「ケースバッティング」を非常に重視しています。だけど、現状を見る限りではまだ効果は出ていないんじゃないかと思います。


さて、今日見た感じでのスタメン野手の調子について寸評を一行ずつ書いてみました。

追記を表示

カブせ芸

三十路工廠さんのサイトの150000hitへのコメントに『1500000hitおめでとうございます』と書いてみました。ゼロが一個多い~んです。誰か気づくかなと思いきやその後同様のコメントを書く方が現れまして。


カブせて来ているならば皆さん立派!!


逆に勘違いさせちゃってたらごめんなさい。ホントスマンカッタ!!

満員のファンに勝利を♪

私の中には「倉が打てば勝つ」という倉選手神話があります。今日は3安打猛打賞! 結果は快勝でした。やはりそういうことなのか…。

追記を表示

あはははは

テレビ東京でお正月にやっていた「もやもやさまぁ~ず」がなんとレギュラー化! これは凄いことですよ~


タイトルどおりのもやもやっぷりで好評を博した(?)らしく、レギュラー版も同じコンセプト同じつくりで安心の内容です。「さまぁ~ずが何の変哲も無いフツーの街をぶらぶら散策する」ことで番組が出来ちゃう不思議さ素晴らしさを存分に味わえます。


当然進行はグッダグダです(笑)。初回にしてからが目的地がスペシャルと同じ北新宿というもやもやっぷり。最高です。面白いッス。これ、たぶんさまぁ~ずじゃないとこの味は出せないんでしょうね~。


見逃さないように毎週録画して、もやもやもやもやしたいと思います。

死に至らない(たぶん)ヤマイ

疲れ眼で頭痛がします。痛みが治まってからもズーンと重い感じです。先週から職場でジッと細かいものを凝視する作業をしていて眼が休まる暇がありません…。でも、でも私は読書病なので何かを読まないと死んでしまうんです。たぶん。


いえ、まあ死にはしないだろうけど、何かを読んでいないとストレスが溜まったり生活へのモチベーションが上がらなかったりします。一応オオヤケには「趣味:読書」ということにしてありますが、本当は趣味などではなく病気です。

追記を表示

龍を受け継ぐ者たち

まさかこういう形とは… 


マグナムTOKYO選手がドラゴンゲートを退団したそうです。

追記を表示

書かずに寝られない!

ブラウンが~~


やりました!!

追記を表示

ニッカン式スコアは必ず見ます

帰宅したらカープ対ジャイアンツ終わってました。勝ってよかったですね~! スコアを見ただけなので映像はこれからニュースで見ます。新井選手は早くもホームラン量産体制ですね。しかも今日は試合の流れを引き寄せる一になったっぽい(見てないので確証なし)ですし、かねがね「勝利に貢献する打点が欲しい」と言っていた新井選手としては会心の一本でしょう。


前回の記事で「レギュラー獲りもある」と書いた大須賀選手、その次の試合でスタメン出場してましたね! さすがブラウンは打つ手が早いです。東出選手を休ませる意味もあったのでしょう。試合は大敗で、大須賀選手も打撃はそれなりによかったもののマズい守備がいくつかありました。もっともっと頑張って欲しいです。ブラウンは必ずもう一度チャンスをくれます。「一度でダメ」がない監督です。次はガッツリ結果を出して、東出選手を脅かしてください。


今日は仕事がはかどらず少しイライラしていたのですが、やはりカープが勝つと気分も晴れます


明日もがんばろ~! カープもがんばれ~★

ひさびさにアニメばなし

先日CSで「ロードス島戦記」のOVAを放送してました。90年ごろの作品でしたかね、懐かしいですね~ 当時第一話を劇場公開してまして、ファンタジー仲間たちと見に行った記憶があります。そのうちの何人かは今も変わらず友達付合いをしています。


この作品が元で我々の間で一時期大流行した台詞がありまして。それは、

追記を表示

やはり初物には弱い!が、、、

姪っ子(1歳)が遊びに来てました。なんであんなにかわいいんでしょうか。甥っ子もいたけどこの際どうでもいい! 布団に頭から倒れこむという遊び(?)でキャッキャと楽しんでいました。やがて布団の外にダイブして…。泣くもまたよし。かわいいのう。


さて先ほど終わった今日の試合のはなしです。増渕くん良かったですね~ さすが埼玉の星。選手名鑑によるとお母さんがヤクルトレディーらしいです(笑)。最終回はスワローズ投手陣の自滅みたいなところがありましたけど、とりあえず勝ててよかったです。


カープ投手陣は最後まで踏ん張りました。相手の拙攻に助けられた面ももちろんありますが、先に崩れなかったからの勝ち越し勝利です。やはりピンチで無駄な四球を出さないことですね。

追記を表示

うわ~ 

寝る前にカープファンクラブのページを見て、驚愕!


会員ブログ集に ここ が掲載されていました


ヤバいって! マジヤバいってば


アタシは確かにまごうことなきカープファンで、どちらかというとアツいほうだとも思います。だから嬉しいのですが、正直ここのカープ記事の比率は今のところ低い…。批判多いし。誰かにものすごく怒られそう。ヤバいな~。


申し訳ありませんがナニトゾ、なにとぞ暖かい目で、または生暖かい目で見守ってやってくださいませ。誹謗中傷は困りますが建設的な批判までも回避したいとは思いませんので、何かご意見アドバイス等(う~んソフトな表現だ)ございましたらコメントいただけると幸いです。


今後ともなにとぞヨロシクお願いいたします。


とか言ってすぐに削除されちゃったりして(笑)

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索