Entries

それでも他よりはマシなのか…

冒険レベルが50になりました。


なんと50からは次レベルまでの必要経験値がそれまでの倍になります。バカにしてるんでしょうか。発見物5倍に増やせっちゅうの。私は怒っています。


直接の関係はありませんが、先日友人から「レベル上限拡大イベントをしたらどう」と言われました。残念ながら全く興味がありません。だって、レベルを上げたいのは私ではなく運営会社でしょ?? そもそも65までなんて上げるつもりがありません。というか上がりません。


なんと言いますか、「レベル上げ」って好きじゃありません。多くの人がそうだと思いますが、上げる意味が無いと上げませんよね。このゲームでレベル依存の要素は転職条件と船の運用条件です。あと、合計20以上でPKに襲われますね。それくらいです。レベル上げしなきゃってタイミングは、あと少しで次の船に乗れるときくらいですかねぇ。


むしろスキル上げの意味合いのほうが色濃いです。でもこちらも普通にやっていたら15までなんて上がりません。どうせ非優遇になれば10になっちゃうんだし、ほとんどのスキルは10まで上がれば御の字です。私はそう思います。


どれもこれもそうなんです。イージーにやるにはしんどすぎるしやりこみたくなるほどの深みがない。ライブイベントやアップデートの反応をアンケートするヒマがあったら、根本的なところをなんとかしましょうよ。

スポンサーサイト

主役はリーガル卿だと思います

WWE・「NO MERCY2006」を見ました。スマック単独開催で正直あまり期待していませんでしたが面白かったですよ!


オープニングのヘルムスvsM・ハーディ、良かったですね~ まるでHEATを見ているかのようなまさにプロレスという試合でした。これを見て思ったんですが、やはりマットは少し体格の小さな相手とやったほうが輝きますね。またミステリオと抗争しませんかね~。


タッグ王座戦も期待以上でした。一番動ける王者組のいいところを存分に見られた気がします。挑戦者はよく知らない人たちでしたが悪く無かったですよ。


ミズとMVPのくだりはどうでもいいです。面白くもなんともなかったですがミズのほうは会場が盛り上がっていたようなのでよしとします。MVPは…。

追記を表示

ナゲットは好きです

近所のスーパーでオージーのモモブロックが安かったので今日はビーフシチューです。やっぱブロック肉ですよね~^~^♪ 社食のカレーはいつも切り落とし肉ばっかりでガッカリです。


買い物帰りに、かなり久々にマックでハンバーガー他を買いました。たまたまクーポンがあったのでクーポン商品のみ試してみましたが…。味のほうは相変わらずですね。ビッグマックはそれなりに良かったのですが「おいしい」というには2段階ほど物足りませんでした。他も値段(クーポンでの割引価格)相応の味でしたね。しばらく行くことはないでしょう。


とはいえ、私も学生のころはちょくちょくマック商品を食べていました。やはり安いですし、全国どこでも味が変わらないのは大きな利点だったんです。ただ、どんどん安くなりそれとともに味も落ち、社会人になるころには行かなくなりました。一度の食事で食べられる量も減ってきましたし、どうせなら落ち着いて食べられるところのほうがいいなぁと思うようにもなったからです。


 またしばらくして気の向いたときに立ち寄ってみようと思います。

次のアンケートは何にしましょう

結構長い間放置していたアンケートを更新しようと思い確認してみました。お題は連邦軍の新米兵士だったら何に乗りたいかというものです。


●ジム…2票 ●ボール…3票 ●パブリク・Sフィッシュ・フライマンタ…各1票 ●その他…4票


61式戦車票は残念ながらゼロでした。自分で投票して置けばよかったですね…。あの主力戦車っぽいのに連装砲という不可解さが大好きです。


現代の常識から見れば、主力戦車に連装砲をのっけるのは失敗だと考えられます。そんな余裕があるならデッカイ砲を一門積んだほうが戦力として有効なのです。あれは「時代遅れだがかつて主力だった装備」ということで落ち着いている兵器ですので、当然かなりの量が配備されていたと思われます。すなわち、当時の(60年代の)認識では失敗兵器ではなかったらしいのです


例によって現代的視点から考えて見ます。まず、あれは失敗兵器なのか否かということです。旧式・時代遅れという表現はあっても「失敗」とは描写されていません。であれば、連邦軍人にとって61式戦車は「あの時代には立派に役目を果たしていた」存在なのでしょう。恐らくあの連装砲にはそれなりの意味があり、活躍していたのです。

追記を表示

心が折れそうです

今日は短時間のうちに2回も海賊被害に遭いました。裸のスループ襲っても儲からないのに…。しかも、2度目の被害の直後にサーバーダウンしました。


もう大航海やめようかなぁ;;


と思ってしまいますよ。なんだかなぁ。


修正で海賊(PK)を締め付けるのは別にいいんですけど、結果ますます弱いものいじめが進んでいる気がします。「上納品」システムは明らかに上滑りですしね。ごく一部の超金持しか常備出来ません。もうちょい効果時間を短縮して、調達を容易にしないとダメでしょう。


というか、どんどん海賊を圧迫するならいっそ前言を翻してPK禁止サーバーをつくったほうがいいでしょう。そのほうがお互いスッキリします。

追記を表示

書き散らす

ええー、クリス・ジェリコがTNAと接触ですか…。もし仮にジェリコまでもがTNAに参戦するようならサムライTVの視聴契約をしなければと思いますよ。視聴料が結構高いので迷っていたんですが…。


さてさて、カート・アングルに「落ち目」と言われてしまったWWE。私も2002年~2003年頃に比べると面白さに欠けるかなと思います。まあでも、まだまだつまらないわけでもなく。私なりの感想を好き勝手に書いてみます。


数年前とだいぶ顔ぶれも変わったWWE。私が好きなレスラーはほとんど姿を消しました。亡くなったエディ・ゲレロさんは仕方ないとしても、ジェリコ、クリスチャン、タジリといった仕事人を安易に放出してしまった感がありますね。ディーバの入れ替わりも激しいです。トリッシュの後を継ぐ器だと思っていたクリスティ・ヘミをあっさり退団させたのもどうかと思いますよ。


ECWは致命傷にならなければいいと思います。TV放送は全然面白くないです。PPVのときの「ハウス」的盛り上がりはどこへやら。HEATのほうがよっぽど楽しいです…。あんなもの(ファンの方ごめんなさい)にビッグ・ショーを投入するのはいかがなものでしょうか。むしろサブゥーやサンドマンの味を殺してはいないでしょうか。


次代を担う新たな人材って誰がいるでしょうかね。ジェフ・ハーディが戻ってきたのは朗報ですが、そのくらいです。ケネディはどうしてあの雪崩式カミカゼ(グリーンベイなんとかという必殺技)をやめてしまったんでしょうか。それだけでスケールダウンしてしまったように思います。クリス・マスターズも欠場が空けたらなんだか体がしぼんでしまいました。彼の場合は「完璧な肉体」が売りだっただけに今後が難しいですね。成長していただけに残念です。

追記を表示

スキルさえ上げれば っていうゲームは飽きられます

ちょうどサーバーが落ちてますのでこの時間を生かして大航海時代のことを書こうと思います。ほぼ毎日ログインすること8ヶ月、さすがにちょっと飽きてきた部分もあります。でも、でもね、まだまだこのゲームは良くなる余地が沢山ありますよ。


色々考えたんですけど、このゲームにおいて最も欠けているのは「運営コスト」なんじゃないかと思います。最初のうちのちっちゃい取引ならともかく、大規模な商圏を維持するのには莫大なコストがかかります。また、精鋭の士官を育成したり膨大な物資を集積したりするのも同様です。これはレベルアップではなく取引の規模、戦闘の頻度に応じて増加していくタイプの要素です。この「運営コスト」、大航海時代オンラインではほとんど省みられていません。


商人は取引スキルさえ上がれば(まあ、上げるのも大変ですけども)初めての街へいってもいきなり大口の取引が出来ます。ゲーム内時間で数年の間取引をしていなかった街でも、再び訪れれば昔と同じように取引できます。リアリティに欠けると思いませんか? そうでなくてもこういう時代の商人は海千山千の、利にさとく胡散臭さを持った人が多そうです。「そうおっしゃってもこれしかお売りできませんよ」「文句があるなら結構ですよ」て言われてオシマイのほうがね、それっぽいでしょ?


せっかく投資という要素があるのに、個人の商圏維持とはほとんどリンクしていません。投資をすることによって街ごとの信用とか友好とかそういうのが上がり、商圏強化・維持に繋がるようにしたらいいのにと思いますよ。当然ずーーっと投資しなければそれらは徐々に下がるでしょう。今の投資は、とりあえずレシピや販売物を出したらあとはあまり意味がありません。影響度維持を気にしてる人ってよほどの大金持ちと、自称上層部の人だけでしょ? 主要なお金の使い道になりうる「投資」が「運営コスト」と全く関係ないのが惜しまれます。今のままじゃ貯まる一方だってば。

プロレス感想あれこれ

WWEの興行が終わりましたね。武道館で9千人前後…。どうなんでしょう。成功なのか失敗なのか、次回以降の大会スケジュールinジャパン次第で判断出来そうですね。勿論会場は盛り上がったことでしょう。観戦された方の日記などをあとでチェックしてみようと思います。


今日のGAORAはプロレスだらけでした。全日本の「馳浩引退試合」は以前にダイジェストを見て凄いな~と思っていた試合ですが、今日はスペシャル版でほぼノーカットで見られました。この興行、ムタ対TAJIRIも面白かったしカズ・ハヤシと近藤修司のタイトルマッチも全日本の枠組みを超えるような凄い試合でした。ケア、川田の三冠戦が(これもいい試合でしたが)霞んでしまうほどでしたね。


ムタvsTAJIRIに関して言えば、やはりムタの土俵での試合だなという感想を持ちました。とてもファンタジー感溢れる、プロレスでしか為しえない試合でしたが、ムタが持ち味を十分発揮して自分のリズムで闘っているように見えたのに対し、タジリさんはWWEの時に比べて若干思い切りに欠けていたような印象を受けました。まあ、それでもあれだけの素晴らしい試合ですから不満はありません。シングルでの対戦はもう難しいかもしれませんが是非もう一度見てみたいカードです。


深夜帯にはJDスターとOZアカデミーの番組がありました。正直な話、女子の選手で「見たいな」と思う選手は多くありません。そんな中でもJDのメイン戦に木村響子選手が出ていまして、この人は凄く好きな選手の一人です。木村さんを見ているとプロフェッショナルさを感じます。女子の試合は選手間のレベル差がかなりある場合が多く、いい試合と退屈な試合が分かれてしまいがちだと私は思います。木村さんも技術や試合運びは最高レベルではないでしょう。でも、あの鍛えられた肉体と風貌、コスチュームとファイトスタイルに大きな説得力を感じてしまいます。レスラーが単なる格闘家じゃないということをよくよく理解して体現しているんだろうなと思います。素晴らしいです。


「どらげー通信」には川越市のバッティングセンターが出てきました。あそこは私の学校に近く、帰りに何度も寄った場所です。とりあえず友人にも見せようと重い録画しました。いやー、いつロケしたのか知りませんが来るなら教えてくれないと(笑)! 大野くんのサインが欲しかった~

追記を表示

釣り野伏せ

「少数の囮兵を敵軍に攻撃させ、後退することによって自軍の伏兵陣地におびき寄せ、突出した追っ手を伏兵で包囲殲滅する戦術。」と、これはウィキペディアより引用した釣り野伏せの解説です。


そういうことなのですが、この「囮でおびき出し、伏兵で奇襲」という戦術そのものは珍しいものではありません。しかし、島津の釣り野伏せはしばしばそうした戦術理論の枠に収まりきれないような赫々たる戦果をあげてきました。


以下は私の想像する「釣り野伏せ」です。

追記を表示

逃げ足は速めの私

今日もヒドい状態の伊勢守です。昔の人が隣人の死を嘆くあまり死んじゃったっていうのが今ならよく理解できます。まあでも、それは置いておいて。


来週の仕事量がもの凄いことはどこかで書きました。まるで数百の手勢で数万の敵と戦えと言われているような戦力隔絶さを感じます。残業は必至です。いや、必至どころか果たして帰れるのか・・・


普通、敵が数倍することが分かっていたら戦意を維持するのは難しくなります。古来の兵法にあるように、戦力が劣っていれば撤退するに越したことは無いし、兵力というのは戦力の最も分かりやすい要素のひとつであるからです。味方が100人で敵が10000人だと知ったら誰だって逃げたくなるでしょう


それでも寡兵で大軍を破ったという戦いは史上しばしば見られます。


私の場合、「寡兵で」イコール島津義弘(惟新入道)です。釣り野伏せですよ。戦国ファンにはおなじみかもしれない「釣り野伏せ」ですが、一応解説してみようかと思います。(明日に続きます。)

ダメだねぇ

なんだか精神的におかしくなっています。「記事内容を元に戻す」と決めたのですが肝心の自分が元に戻りません。今日も叫びだしたい・暴れたい・泣きたい衝動が交互にやってきてもう崩壊しそうです。ホントにダメですねぇ。強くはなれませんねぇ。


こういうときお酒が飲めれば飲むんだろうと思い、ちょっとだけ飲んでみましたが何の解決にもなりませんでした。明日はもっと飲みましょうか。


来週はもの凄く仕事が忙しいとのことです。一応今日は普通に仕事が出来てますのでなんとかなるでしょうかね。仕事の手際も肉体面も特に心配していませんが、精神面はダメかもしれません。


モチロン自暴自棄になったり死んだりすることはありませんが、今まで生きていてこんな状態になったのは初めてです。明日自分がどうなるのか、全く予想がつきません。


うじうじしてても仕方が無いので寝ます。食欲はあまりありませんが食べてますし、なかなか寝付けないけど寝てますのでたぶんそのうちなんとかなるでしょう。果てしなく暗く愚痴っぽい駄文にお付き合いいただきありがとうございました。おやすみなさい。

お世話になっております 学研さん

無事お給料も入ったので早速本屋さんへ行ってきました。とりあえず歴史群像シリーズの「戦国の堅城Ⅱ」と「闘神 武田信玄」を購入。結構痛い出費ですが仕方ありません。なにせしばらく節制していたので買って読まないと発狂してしまうかもしれないのです!


「闘神 武田信玄」のほうは別に目新しいところはありませんでした。史料の読み解きや研究が進んだことによる情報の更新が多少あるくらいです。武将の「正しい」名前がだいぶ変わっていましたね。でもこういうのって有名な「誤った」通称を拭い去るのは困難ですし、私が学者なら気にするんでしょうが、ありていに言えばどうでもいいです。これから武田信玄のことを知って行きたいという人には最新版ですしオススメですけど、以前の歴史群像シリーズ・武田信玄モノを持っている方はそれで十分かもしれません。


「戦国の堅城Ⅱ」は、これは良いです。「Ⅰ」もそうでしたが、実用品としての城郭という切り口で解説してくれるのでとても理解しやすいです。毎号雑誌のほうの「歴史群像」を買っている私にとっては城郭イラストのほうは再出になってしまいますがその他の読み物部分だけでも十分に価値があります。これは、戦国時代の軍事や城郭に興味があるなら読んでおいて損は無いと思います。


両書に共通することですが、学研が出しているから、ちゃんとした歴史研究家の先生が書いているからといって鵜呑みにしてはいけません。もちろん皆さんもお分かりだとは思いますけどね。その時代にリアルタイムに生きていた人だって全ての真実事実を知っていたわけではないのですから、いかにマジメな歴史研究雑誌だとはいえ読者本人による吟味の余地は大いに残されていると言っていいでしょう。


と、まあ、かっこよさげなことを最後に書いておきます。

失うということ

どうもあれですね。11年も一緒にいた愛犬がいないというのはもの凄く違和感がありますね。「おかしいな、どこにいるんだろう」「ここにいないならどこに行ったんだろう」という感覚です。慣れるまでには相当な時間がかかりそうです。


昨日の今日ですから全く立ち直れていません。出勤途中も涙で前が見えづらく、車の運転が危険でした。本日はたまたま自分の部署がヒマだったので出勤直後に帰宅させてもらうことにしました。睡眠不足を理由にしましたが、それ以上に精神的なダメージが大きく、とてもじゃありませんが仕事に堪えるような状態ではありませんでした。


ペットの葬儀屋さんというのも人間と同じく24時間受付なんですね。今日の朝には早々に火葬場へ出棺です。全くスピーディーです。引き取りに来た葬儀会社の人が、愛犬の名前の由来だとか生前の思い出だとかを尋ねて来たのですが、正直「黙れコノ」と思ってました。別に彼は全然悪くないのです。私がそうした普通のことに耐えられる状態じゃなかっただけです。


家族で相談した結果、骨を戻してもらったりせずにそのまま共同墓地へ入れてもらうことにしました。それとは別に自宅の一角、愛犬が生前いた辺りに尻尾の先の毛をひと房埋め、それをお墓がわりにしました。土と砂利を買い、穴を掘り、埋める、そういう作業を淡々としていると精神的に楽です。


まだ水飲み皿や散歩ヒモなど、どうにかしないといけないものが残っています。どうしましょう。自分は捨てたり出来ないので誰か自分の見ていない間に捨ててくれないものでしょうか。それとも梱包して押入れの奥にでもしまいましょうかね。


まあこういうことを毎日書いても面白くはないでしょうから、今日限りにします。次回の更新からはまた以前のような内容に戻したいと思います。


(もし仮に死後の世界というものがあるならば、今すぐには行けないけれど、必ず行くのでまた一緒に暮らそうね。)

我が家の愛犬「るる」が本日息を引き取りました。


生来病弱気味な犬でしたが、発病から闘病すること一年弱、獣医さんに「夏は越せないでしょう」といわれていた中よく頑張ったと思います。


衰弱して寝たきりになり、最後は息をするのも苦しい様子でした。治る見込みの無い看病が続き、苦しみ続けるならいっそ安楽死もと考えたこともありましたが、そのような決断をさせる前に逝ってしまいました。


飼い主の欲目だと思ってくださって結構ですが、賢く優しく忠実な、私にはもったいない犬でした。十分に可愛がって応えてやれたかと思うと慙愧に耐えません。


今はただ涙が止まりません。

衝撃 モペ氏引退

モペト・ゲンズブール氏(自称18歳)が引退を表明しました。


タンバリン演奏 こんな画像しかありませんでしたよモペさん(汗)。
わが商会の会長でありカリスマ的存在でもあっただけに、商会内には激震と動揺が走りました。なんでも、リアル結婚が最大の理由らしいです。自称18歳なだけにまだ若すぎるのではないかとの懸念がありますが、たぶん若すぎないのでそこは大丈夫でしょう。


 私は今年の2/15から大航海を始めました。モペさんと知り合ったのは3/4、それまではかなりヒマな時期だったのでそれなりにレベルも上がっていたものの、ソロ冒険ばかりでしたのでお恥ずかしいことに商人に転職する方法を知らなかったんです。「求・商人転職証」とコメント欄に書いてあった私に突然声をかけてくれたのがモペさんでした。


私は基本的にひとみしりなので積極的に他人に働きかけることはあまりしないのです。覚えていませんが当時は相当猛烈に商人になりたかったんでしょうね。転職証がどこにも売っていなかったのでそういうコメントを出していたような記憶があります。

追記を表示

パワーホールが鳴り響く

久々に新狭山の「チャーシュー力(リキ)Z店」で夕飯を食べました。お店の名前からも分かるように、ここはチャーシューが売りのお店です。なかなか美味しいので狭山にお立ち寄りの際はご賞味ください。ではまた明日。


 


と、、 これだけじゃダメですよね。読者諸兄はお気づきでしょう。もちろんこのお店の名前は革命戦士「長州力」をもじっているものです。店内にはプロレス興行のポスターが至るところに張られ、2台あるテレビのうちの片方はエンドレスでプロレスビデオが流れています。


サソリ固めラーメンを始め、長州さんにちなんだ名前のメニューもあります。詳しくは直接お店のHPを見ていただくのがいいでしょうね。プロレス興行の支援活動もしているようです。姉妹店ではノアやドラゴンゲートの選手との食事会イベントが開かれたり、プロレスファンにはとてもとてもオススメのお店ですよ。


さて、味の解説が「なかなか美味しい」だけじゃ寂しいので補足しておきます。自慢のチャーシューはサッパリ味ながら脂がしっかり乗っていてとろける軟らかさです。豚本来の味を生かした感じでしょうか。断じてハムっぽくはありません。メニュー全般は濃い目の味です。薄味好きな人はちょっと厳しいかもしれません。量も多目なので若い男性にはぴったりですね。あまり食べられない人はミニサイズを頼むかお椀をもらって分け合って食べましょう。


私はかなりの猫舌でアツアツラーメンはダメなので、大抵の場合チャーハンかチャーシュー丼を頼みます。欠かせないのが味噌キャベチャーシュー。これは美味いですよ~。キャベツのザク切りと刻みシャーシューを調味味噌で和えるだけ(だと思う)なのですが、おつまみにもおかずにも最高です。


夕飯はそれほど食べないのでミニチャーハンと、味噌キャベチャーシューをいただきました。満腹です。寒くなると多少熱いものでも食べられますので、寒い日にまた行こうと思います。

コメント書き

猛烈に時間がなければアレですが、基本的にリンク先は毎日訪問しています。ここの場合2件しかありませんし、可能なのです。で、三十路工廠さんのところは頻繁に更新されるので私も結構な頻度でコメントを書いて帰ります。


三十路工廠さんはマメな人です。コメントには全部返事を付けてくれます。多いときは10件くらいコメントが入るのに全員にお返事ですよ。きっと大変に違いないと思います。しかも当然相互リンク先にはコメントを書きに行ったりしてるわけです。いやはやバイタリティには感服します


敬意を表す意味でも私は他の方のコメントとなるべくかぶらないようなことを書くよう努力しています。他の常連さんはほぼモデラーさんのようですので、そういう人たちが思わないだろうこと、かつ自分が思ったことを選んでいます。だから「変化球」と言われたりもしますけど、「奇を衒って」という積極的な理由ではなく消極的な「かぶり回避」なんですよ。臆病でごめんなさい。

見たいか見たくないかといえば、そりゃ見たいですが

もうすぐ「WWEラーイブ、RAW&ECW、イン、ブドカーン」ですね。私は行きませんしあんまり楽しみでもありません。


WWEは2度見に行きました。最初は日本初のRAW収録のときです。シェイン・オマックのジャージーを着ていったのは私の他そうそう多くないと思いますよ?。2万円のチケットはとても高価でしたけどそれだけの価値がありました。特にベノワさんとジェリコのサブミッションマッチは素晴らしかったですね。このとき、ベノワさんのサインボードを作って行ったのですが、あろうことかスペルを間違えてしまいました(汗)。アメプロの本を見て確認したんですがなんとその本が間違っていたんですね。帰りがけに気付いて、恥ずかしいのとベノワさんに申し訳ないのとで家に着き次第廃棄しました。


で、2回目は「スーパーショー」です。さいたまスーパーアリーナでの二日間公演の片方に行きました。RAW収録公演に比べてだいぶお客さんの入りは少なく、当初は横ちょの席だったのですが係りの人に「こちらに詰めてください~」と誘導されてほぼリング正面の割といい席に移動しました。前回の雪辱を期してサインボードを3枚つくり、ハリケーンのジャージーで装備を固めていました。


TAJIRI ジェリコ~ ベノワさん~
特に上手く出来た訳じゃないですが、魂は込めました。暗闇でも見やすいように蛍光塗料などを使っています。たぶん見えはしなかったでしょうけど…。まあ、大事なのは気持ちです。

追記を表示

思い直し

リアル友人に「ファンタシースターユニバース」を勧められています。以前一時期ですがPSOをしていた時期もありまして、また一緒にやりましょうとのことですが。


うちのパソコンじゃ出来ませんよ(汗)


要求スペックが高いじゃないですか…。やるとしたら休眠中のPS2を引っ張り出してってことになるんでしょうけど。正直アクションやシューティングはからっきしの私としてはあまり魅力を感じません。「一緒に遊ぶ」のは楽しいですがね。


さて、釣り上げの大航海ですが、色々調べたところマグロが2匹釣れるランクになるまでシャケを釣ったほうが効率がよいだろうとの情報を得ました。カリブでも見てこようかと思ったのですが思い直してまたノルウェー海へ行ってきます。シャケはムニエルに。ニシンやタラもそれぞれ料理にしてみます。保管で魚肉にするべきかもしれませんけどね。保管は改めて新大陸で上げることにします。


余談ですがシビレナマズの獲得熟練が結構高めなのには驚きました。船倉に貯まらないのも好感触です。悪くないかもしれません。

小麦と木の実

調達上がんないっす!


誤解の無いように言っておくと、そんなにヒドく上がらないわけじゃありません。採集の上がりとそんなに変わらないと思います。でも、でもね。採集で採れるものと、調達で採れるものの間に差がありすぎじゃありませんか??


wikiとか関連ページを見ていただければ一目瞭然、「欲しいもの」の多くは採集で採れます。調達で採れるものでめぼしいものといえば「木の実」くらいなもの…。


こうなるとどうしても、調達にかける情熱が冷めてしまいます。だって木の実はランク1で採れますし。一時期ブームになった「ウマ」の調達も一過性のものでした。ランク8相当になったら「小麦」が採れるようになりましたが、なんでよりにもよって「小麦」なのさ???


常識的に考えると「ランクが上がるほどいいものが採れる」べきだと思うのです。誰でも結構な量を安価で確保できる「小麦」がなぜランク8相当品なんでしょうか。正直言って「小麦」は邪魔です。木の実が採れずに小麦が採れるとガッカリします。


そんなこともあり、調達修行はランク6をもって中断することに決定しました。6になり次第、本業の釣り修行に立ち返ります。現在修正込みランク9の釣りが、ひとつ上がって10になればチョウザメが釣れるらしいので、「チョウザメ」>「キャビア」を狙ってみます。あんまり釣れなさそうですけどねぇ。

リンク削除のお知らせ(悲)

大人気ブログ「モペトのナンパで難破 大航海」が事情により閉鎖されることになりました。急なことで非常に残念です。少なくともしばらくの間は復帰することはないということですので、遺憾ながらリンクも削除させていただきます。意味無いですからね。


さしあたって代わりに追加するようなところもありません。ますます寂れてしまいそうです(汗)。まあ、それはそれで悪くありませんがね。


お読みになっている方で、新たにブログを始めようと思う方、また始めた方がいらっしゃいましたら是非リンクの検討をお願いします。お伝えくださればこちらでも検討いたします。


明日から休みです。ひさびさに何か実のあることを書ければなと思っています。期待せずお待ちくださいませ。

ヒマな人は地図をめくってください

だいぶ仕事に慣れてきました。だがしかし!今日もグッタリです!


純粋に一日12時間というのは疲れますね。立ったり座ったり動いていればまだしも基本的に5mほどの範囲に立ちっぱなしです。疲れなくなる日は来るんでしょうか。


まあどんなに疲れても帰路5分なのでいいほうなのかもしれません。職場のエラいほうの人は東京都内の人が多いのですが、今日私の担当している機械を作った人に訊いてみたらなんと海老名市から通っているとのことでした。


どう考えても2時間コースですよ…


いやはや、参りました。近所に部屋を借りたほうがいいと思うんですけど…。老婆心です。


※関東の地理に不案内な方に一応補足しておきますと、我が狭山市は埼玉県の中南部(区分的には西部と呼ぶらしい)にあり、海老名市は神奈川県中部にあります。地図上の直線距離で約40kmほどあります。大した距離じゃないように思えますけど、元々渋滞しやすい地域ですし首都圏の常として交通状況は推して知るべしというヤツです。

ハンカチはどうなんでしょう(笑)

えーと、以前書いたようにコメントの反映は管理人の認可制にしてありますが「書かないで欲しい」というわけじゃありません。むしろ感想をいただけると嬉しいです。さて、では本題に入ります。


いよいよ4位が射程内に入りましたね。読売に勝ち越しです。今の読売の調子から考えて、カープが残りを5分で行けば4位にはなりそうです。まあ、4位で喜んじゃいけないんでしょうけど、順位はひとつでも上の方がいいですよね。


今日は齋藤くん(字あってますかね??不安)の快投・救援陣の踏ん張り・効果的な得点での快勝です。河内選手が先頭打者に3つボールを与えたときには正直ヤバいと思いましたが、伊達に場数は踏んでませんね。永川選手は自信がついたのでしょうね。どんどん安定してきています。


驚いたのは倉選手のホームランです。まさに会心完璧な当たりでしたね。それも絶好の場面での一打です。あれで試合が完全に決まった感じがしました。倉選手の打撃にはガッカリすることが多かったのですが、今日のホームランには感動しました


残りの試合にも恐らく若手の登用はあるでしょう。彼らが実績と自信を持つことによるチームへの利益は計り知れません。毎年のように繰り返されてきた「主軸の故障で穴を埋められず」という状況を来年は打開できるかもしれません。現に今年は「前田がいない試合」も普通に戦えてましたし、森笠選手や井生選手らが活躍したおかげで緒方選手の不在をそれほど痛切に感じることはありませんでした。


今年は選手名鑑の8割くらいの選手を一軍で見たように思います。来年は彼ら全員にとって正念場、チャンスが多い反面、ふるい落とされるシーズンになるかもしれませんよ!

目指すはギョシンさん

地理クエが一段落、地理学もランク8になりました。ランク11のクエだけ残してクエコンプしたのでひとまず地理学・測量士は終了です。また海域や発見物が増えたらやろうと思います。


で、何になったかというと 釣り師 です。上げたいスキル●保管 ●調達 ●採集 が全て優遇で、更に釣りは+1、優遇職の少ない操帆もあります。いいですね!これ。 学問系スキルの優遇が生物学のみ、しかし生態調査が優遇じゃないと、クエをこなすようには出来ていない職ですが遠距離クエにも少々飽きているのでちょうどよいかもしれません。


南米から一路ロンドンへ直行し、転職してオスロへ。折角なので「熟練漁師の釣具」を掘ってきました。以前掘ったときにはザクザク掘れたのになかなか出ませんでしたね。単なる偶然か、何らかの計算式が変わったのか…。結構粘って掘りました。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索