Entries

燃えろ!カープナイン

ブラウンがまたやってくれました!


彼は実に何かをやってくれる男ですね~。昨日に限らず、もやもやっとした判定の時には間髪入れずに抗議に出ます。以前の試合で判定に憤激する緒方を制止しに飛び出してきたときには感激しました。本当に熱く格好いいです


ハートホット男ブラウンここにあり頭脳クール

追記を表示

スポンサーサイト

読みやすい字を書かないと

字の上手下手ってありますよね。自分も決して上手なほうではありません。でも、やはり社会人としてあまりにも小汚い字を書く大人はダメだろうと思うのですよ。

追記を表示

上田城雑記

上田城下での感想他をいささか補足します。まず、今回は目的外だったために全く素通りした城下の寺社群のことです。


上田市街地マップ市のHPにあった地図に線を入れてみました。城の東側、ちょうど駅前通りのあたりに寺社による外郭線がたどれます。川越城下にも寺社がたくさんありますが城域がよく分からないのでこのようにくっきりとした配置は見られません。この寺社群の内側(城側)に例の入り組んだ縦深陣地的な町屋が広がっています。これ、もし城下町建設時から変わっていないとしたら、その戦闘施設としての利用法は恐らく次のようになるのではないでしょうか。


●惣構えとしての寺社ラインで第一次防衛を行う。これは攻撃側の漸減を図ると共に後退誘引を狙うものである。 ●寺社ラインを突破した攻撃側の攻勢衝撃を迷路のような町屋で吸収し遅滞させる。 ●可能であれば生き残った寺社拠点からの逆撃を行い、攻撃側前衛部隊と後続の連絡線を断つ。 ●町屋では小規模な戦術的奇襲を繰り返すことにより撃側の混乱と分断を狙い、損害を強いる。 ●城そのものは戦闘指揮所および出撃拠点として用いる。


ちょっと専門用語チックに(笑)してみました。インチキですけど説得力が出ませんか? ま、それはともかくこの地図を見て思ったのは、戸石の城とでは隔世の感がある先進的な城だな、ということなのです。



追記を表示

信州上田の旅(日帰り)②

昨日書き忘れてしまったのですが上田市街の目抜き通りには六文銭のマンホール蓋がありました。上田市のマンホール街区の小路地のは普通の幾何学模様でしたけど。古くなって交換するときが来たら徐々にこの模様に変わってゆくのでしょうか。
さて午後2時過ぎとなり、この時点でのプランは3つありました。


①上田市街でアクセスの容易な史跡を訪ねる ②晴れたので戸石(砥石)城へ登る ③小諸市・佐久市など帰路方向へ移動しつつ史跡を訪ねる  このうち、体力的に②は難しそうでした。結局①と③の折衷のような形でまず旧 真田町へ移動しそこから小諸市方面へ向かうことにしました。

追記を表示

信州上田の旅(日帰り)①

水曜日に日帰りで信州上田へ行ってきました。真田氏ゆかりのあの上田です。


大手口から入った二の丸が駐車場になっています。そこへ駐車するとすぐ目の前が
正面の櫓群復元櫓群です。なかなか凄いですよ。本丸周囲には本丸東側の堀  真田石  櫓群を内側より
広い水堀があり、櫓の基部石垣には真田石という巨石がありました。↑櫓を内部から見たところです。本丸域には真田親子を主神とし歴代藩主を祀った真田神社があります。また、大小様々な石碑が立っていたのですが残念ながら書体が達筆すぎて読めなかったり無知のためなんだか分からなかったりで、たいへん申し訳ありませんでした。

追記を表示

夏近し

最近の大航海より。順不同でお送りします。


注視大仏、大道芸に興味あり一時期マルセイユを騒がせた(?)大仏です。大道芸をご覧になったり、酒場のイレーヌ嬢をビビらせたりしています。


会議会議もしました。先に言いたいことを言ってしまったので段々眠くなってしまうという醜態を晒してしまいましたが…。「人を致して人に致されることなかれ」というヤツです。こういうときはマールバラ公にでもなったつもりでガンガン行きます

追記を表示

みんなで見よう 楽しいプロレス

「DRAGON GATE 無限大」を見ました。例によって録画です。私は最初にCMを編集でカットしてしまいます。いちいちCMに合せて2分スキップするのが面倒くさいのです。


今回は6月の大会の模様でした。HPやニュースで試合の結果は知ってしまっているのですが、結果が分かってても面白いのがプロレスですよね~。戸澤塾の試合、レヴォリューションスペシャルマッチもいい試合でしたが、やはり今回の主役はCIMA選手でした。

追記を表示

問題の根は深い

大航海時代Onlineに新サーバーが出来るそうです。当面は新規さんのみが入れるということなので現状の旧3国偏重サーバーよりも6国が均等化するかもしれませんね。私も興味はあります。


一からのレベル上げはそんなに苦になりません。むしろ初期知識があるぶん楽ですし。やっぱり問題は人間関係です。せっかく知り合い、仲良くなった人と別れなくてはならないのは残念ですからね。もちろん新サーバーにもいい人はいるでしょうけど。

追記を表示

幕間

茨城ゴールデンゴールズの消滅は回避されるようですね。やはり一流の人は逡巡せず決断すものですね。解散を表明にも撤回にも気持ちのよい潔さを感じます。


の処分が確定しました。イタリア側の「甘すぎる」「マテラッツィの処分はおかしい」という抗議は今までの常識からすれば至極もっともです。私もやや甘いなぁと思います。MVPの剥奪はともかく、罰金と停止が倍でも驚きません。

追記を表示

あなたは誰だと思います?

昨日また「日本最高の名将は誰だろう」という話になりました。子供の頃から何度も繰り返されてきた話題ですが、昨日もまた熱く語ってしまいました。同じようなことを話しつつも、結論は毎回違います。新発見や新説、新しい切り口から見ると同じにはならかったりするのです。


「最高の名将」という表現がまた曖昧です。単純に分けても戦略能力と戦術能力は別のものだし、封建時代の武将には領主としての経営能力や政治力も求められました。独立した部隊を指揮するなら作戦能力と統率能力が重要ですし、個人的武勇や求心力も必要でしょう。近世以降は兵站能力も重要になってきます。近現代の軍人になると更に複雑です。「名将百選」のような本においては軍人さんを含まず、近世までの人物でまとめることが多いようなので私もそうしています。

追記を表示

雨に吠える

豪雨がもう少し続くそうです。「梅雨明けが大幅に遅れる」という表現が相応しいのかどうか。来週の中ごろに長野へ行こうと思っていたのですが… 当然城跡を見たいので多少は登ります。城の遺構自体はそうそう崩れないでしょうけど登り口の山とか大丈夫でしょうか。無理かなぁ。


雨が降るとプロ野球が中止になります。いえ、一部球団はドーム球場ですからやってますけど、我らがカープはお休みです。セ・リーグだとカープ主催のほかヤクルト・阪神・横浜の主催試合が主に野天なので、ごく単純に考えてカープの試合の8割は雨が降れば中止になる計算になります。

追記を表示

本来、野球は楽しいものなのです ということ

事件を受けて、茨城ゴールデンゴールズが解散するそうです。


どうしてくれるんだ山本


欽ちゃんの涙をこらえる姿は皆さんもご覧になったかと思います。至高のエンターテイナーの姿です。一流の人はやはり逡巡することなく決断するものなのです。

追記を表示

後半はドラマのはなしです

なんでも「極楽とんぼ」の山本氏がやってはいけないことをしたようですね。あのひとはテレビでも大のカープファンキャラで、「ああ、同志なんだ」と思っていただけに残念だし腹が立ちます。事件の詳細や真相には興味がありません。テレビの前の私にとっては解雇の報が全てです。山本氏には罪を償うまで、或いは万が一無実だとしたらそれが明らかになるまではカープファンだということを口外しないでいただきたい。出来れば応援もして欲しくないとさえ思います。


山本氏の事件は相方の加藤浩次さんにも相当な影響があるでしょうね。直接関係ないとは言えイメージの低下を理由に芸能活動に支障を来たすのは目に見えています。せっかく掴み取ったTBSのサッカー番組もどうなることやら。私は加藤さんの副音声が結構好なのでもし降板となったら残念です。少なくともアナウンサーの下手な実況を聞いているよりは何倍も面白いんですよ。

追記を表示

東京音頭を聞くと反射的にイラっとします(汗)

ガトームソンに手も足も出ずヤクルトに大敗した我らがカープ… オールスター前の残り二つを取って終わりたいですね。なんとなく、なんとなくですが後半戦はかなり勝てそうな気がするんですよ。こんなことはここ十年くらい感じませんでしたよ! 本当にファンなのか疑われるくらい常にネガティブな私をして、後半になにかあるような予感がします。数字の上ではまだまだチャンスもありますし、少なくともAクラスは十分取れます。


広瀬や緒方も戻ってきましたしね。打線も一時期より得点能力が上がった感じもします。あとは先発ピッチャーの踏ん張りさえ利けば勝率5割越えは堅いと踏んでいるんですが、希望的にすぎますでしょうか。

追記を表示

帝王の復活、そして

ん~ 折角の連休も南関東はどんよりどんよりしてました。どこかに行きたい子供と、来て欲しい観光地にとっては打撃でしょうね。私はゴロゴロ出来るので歓迎です。


帝王こと高山善廣選手がプロレス復帰しましたね~ 普段見ない日テレで試合を見ましたよ。豪華カードを組んだだけあってなかなかいい試合でした。NOAHには珍しく大技も多目でしたし、なにより高山の頑張が目を引きましたね。故障の内容が内容だけに「これで安心」ということはないのでしょうけど、高山選手らしい試合をしていって欲しいと思います。

追記を表示

☆ゼロ個差し上げます

BOOK-OFFで『ガンダム「一年戦争」』(円道祥之著)という文庫を買ってきました。


第一章 どんな国が、何を目的として戦ったのか? / 第二章 どんな軍隊組織で戦ったのか?  といった調子の本です。ガンダムの一年戦争世界を現実の尺度で分析するはなしは大好きなので期待していたのですが、

追記を表示

甥っ子はネギトロだと思っていたらしい

6歳になる甥っ子がどうしても長瀞に行きたいというので行ってきました。どうやらテレビで長瀞の特集をやっていたらしいのです。出発後10分くらいで「ねぇ、まだ~?」と言い出しましたよ。


なだめたりすかしたり、時に怒ったりしつつなんとか2時間ほどで長瀞町に到着。しかし駐車場が全部有料です。「川だしお金かからないよね」と軽い気持ちで出てきた私の財布にはわずかな現金があるのみ! どう見ても高そうな地点を避け、少し上流の河原へ車を停めました。それでも300円取られましたよ><


長瀞河原名所より少し上流なので岩畳が少ないです河原と甥っ子
折角来たのに水が怖いので入れない我が甥っ子。私もチキンですが、それはないだろうと。

追記を表示

どっちにしろお金は好き★

昨日は家康の経済センスを叩きましたので今日はちょいと擁護してみようと思います。まずその前に、家康の最大の政策「叛乱を防ぎ国家を安定させる」ことは素晴らしい成功を収めました。これを忘れてはいけません。江戸幕府が鎌倉幕府、室町幕府とは比べ物にならない強固な政権となった功績の大部分は家康に帰すでしょう。


そもそも後に江戸幕府の財政が行き詰まったことは家康の責任ではありません。現に家康没時には相当な遺産を残していますし、政府運営に必要な人材を登用・育成しています。ただ、家康の至高命題である「政権の安定」が後の代にも同じ密度で受け継がれたことが、米本位制や鎖国政策となって現れたことも否定できません。

追記を表示

お金が好き!

「信長・秀吉は本質的には商人だったけど、家康は農民だったんだよね」なんてことを先日話していました。信長や秀吉が呆れるくらい莫大なお金を持っていたのは学校でも教えるし、よく知られています。今日は徳川家康の経済感覚をネタにした無駄話です。


前述の通り、織田信長は信じられないくらいの金持ちでした。収入の柱を農作物に頼る時代に、通商拠点の支配と流通路の確保を軸に国家規模での商業経済を打ち出し、領地の石高に比べて凄まじく巨大なお金を動かしていました。寺社勢力との抗争をあえて避けなかったのも彼らが流通を握って莫大な富を手にしていたことが最大の理由で、宗教的な堕落などの観念的な理由は副次的なもののようです。


信長の路線をおおむね継承した豊臣秀吉は、信長以上にお金を上手く利用しました。彼はたいした身分でもない時代からお金のもたらす魔力をそれはそれは見事に御し、自分の力にしています。天下人になってからも貿易収入や金山銀山の開発など現金収入にこだわり、経済に明るい優秀な官僚を大勢登用して「お金による国家の運営」を確立しました。

追記を表示

やっぱり関東は土

金山城を後にして伊勢崎市内で食事をし、なんとか天気がもちそうだったので近くにある箕輪城跡へと足を伸ばしてみました。箕輪城はゲーム「信長の野望」シリーズにも登場し、武田や北条の攻撃を何度も退けた名将・長野信濃守の居城として割と有名な城です。


調査中の石垣ハイキングコースのような順路が設けてあったり一応公園のようなたたずまいもあるのですが、だいぶ整備されていた金山城跡と比べると発掘調査中の部分が多く、全体的に未整備でした。写真は残存石垣と思われる野面積みの石組みです。左側には補強用と思われる土嚢が積んでありました。


箕輪城は東西を天然の要害によって守られた台地に手を加えて作られたとのことですが、東側にあったといわれる沼は現在宅地・田畑になってしまったようです。西側は河岸の崖が雰囲気を残しています。防衛上の弱点となる南側には「大堀切」があり、城域を完全に二分しています。この大堀切のあまりの深さ、広さに驚いて写真を撮るものの…

追記を表示

小雨が降って滑落しました(汗) 山城恐るべし

群馬に城跡を見に行ってきました。関越道経由で約1時間半、群馬県太田市の金山城跡へ。太田市の市街地から北へ坂を登るとほどなく鬱蒼とした森林の中へ入ります。「太田金山城跡」の看板の前へ車を停め順路を登ると、そこは既に城域でした。


西矢倉台下堀切←堀切を越えると→石垣積みの入口が!馬場下曲輪入口復元崩れ石垣馬場下曲輪(ばばしたぐるわ)に入りました。見事な石積みです。馬場曲輪そして馬場曲輪、西矢倉跡にある物見台西矢倉跡の物見台を通って進むと…


追記を表示

マテラッツィはああいうヤツだよね…

青島アナの名実況と共にの夏が終わりました。退場は残念でした。あれだけ頭突きがクリーンヒットしたら言い訳できないでしょうけどね。レフェリーも「出したくないが仕方ないだろう」って感じでカードを出してました。試合の流れからしてジダンが最後までいても得点できたとは思いませんけど、やはり最後まで見たかったですね。最後のPK戦もキックミスをした選手は数cm外したトレゼゲだけ、イタリアは全員がピシャリと決めてきました。さすがでしたね。私は決勝戦はフランス2-0イタリアと予想していましたので大ハズレでしたが、皆さんはどうでしたか?


ジダンだけでなく、チームメイトのチュラム、マケレレ、バルテズらをはじめ他にも大勢のスター選手にとって最後のW杯になった今回のドイツ大会。前回より面白い大会だったように思います。もちろん日本が惨敗し素直に楽しめなかった部分はありますが、ドイツ・フランス・ポルトガルの頑張りで大会が非常に盛り上がりました。

追記を表示

よその心配をする余裕

長らく定位置だった5位から4位にあがりました。でもねぇ。全然勝ってる気がしないんですよね。カープが勝ちあがったというよりもジャイアンツがもの凄い勢いで落っこちてきただけなのでは…


それにしても読売さんはどうしたもんでしょう。私は別に「キョジンが強くないと面白くない」とは思わないのでいいといえばいいんですけど、心配にはなります。まだ2年目の楽天が負けるのとはわけが違いますからね。エラーだけではなく様々なミスを連発して自滅している試合があまりに多いですよね。典型的な弱いチームのパターンです。四番のイ・スンヨプだけが絶好調なのが逆に悲しみを誘いますね。

追記を表示

三十路工廠さん受賞

「たいちょー」様のサイトにて実施されましたガンプラコンテストで、盟友三十路工廠さんがまたまた最高賞を受賞なさいました。いやはや、さすがとしか言いようがありません。


各受賞作品以外もそれぞれに見るべきもののある力作ぞろいです。興味がおありの方は、ごめんどうですがリンクにある三十路工廠さんのブログから、さらにたいちょー様のサイト「MS in the MUD」へとお進みください。ガンダム好き、特にMS08小隊が好きな方にはオススメです。

追記を表示

「ベノワー!、ベノワー!」と叫びたい私

W杯の試合とかぶるためなかなか見られなかった「ECW ワンナイトスタンド」をようやく録画して見ました。なかなかでしたが旧ECWレスラーの試合は去年のほうが良かったような気がします。冒頭のタズと、後半のサンドマンの演出はどうなんでしょう。いらなかったようにも見えましたが。


それにしても凄かった会場のチャント。マリーンズの外野席みたいでした。あれだけショーに参加してたらお客さん大満足でしょうね~。WWEだとレスラー名か「最低」「超すげぇ」くらいですけど、やはり慣れたお客さんと小さな会場の一体感で何倍もの多彩なチャントが繰り出されました。


更に、カート・アングルの能力には改めて感服しました。もう本当に「アマレスが」とか「テクニックが」とかいう次元ではなく、なにをやっても凄いんだなと再認識です。RVDも本来やりたかったことをやれそうですね。


J-SPORTSでは今週から「VEROCITY」が無くなってその枠で「ECW」のテレビシリーズが始まるそうです。新生ECWの枠は一時間ですか・・ 4試合くらいですかね。新ブランド設立を機に日本人レスラーの起用があったらいいなと思うのですが試合数が少ないとレスラーの需要自体が少ないわけで。なかなか難しいでしょうか。流れやしがらみを無視して言えばディック東郷+彼の弟子に上がって欲しいリングです。


さて明日はこの「ワンナイトスタンド」の視聴が遅れたために撮り貯めた状態になっているRAWとSMACKDOWNを一気に見ます。試合以外は倍速です。寝ちゃうことだけが心配です。

鎌倉幕府のはなし

今日のお題は鎌倉幕府です。平氏、奥州藤原氏を滅ぼして武士による全国政権を打ちたてたというアレです。こいつもおかしいことがいっぱいありますよ。小中学校で鎌倉のくだりを聞いたとき、どうにも違和感があったんですよね。今日はそのはなしです。


「それまで貴族のボディーガードだった武士が地方領主となって武力を蓄え、貴族にとってかわった」と、我々の年代の教科書はこんな感じでした。ここでおかしい!と思ったのは「なぜすんなり地方で武力をもてたのか」についての解説がなかったことなんですね。主な貴族は京に居るわけで、ボディガードを生業としていたら近くにいないとダメでしょう。そんな都会生活者がいきなり草深い田舎へ行って兵団をもてるっておかしいですよね。いくらなにがしかの身分があるといっても。

追記を表示

「負けたから」ではなく

ジーコの日本代表を結果論で斬ろうと思います。うふふ、卑怯極まりないですね。「結果論なんて聞きたくないぞ」という方はおやすみなさい。また明日お会いしましょう。

追記を表示

引退

鎌倉幕府のはなしを書く予定でしたが中止中止!! 今日のトップニュースは他でもない


中田英寿の引退ですよ!


代表は引退するのだろうと思っていました。それは多くの人が感じていたと思います。でも現役引退とは…。中田にとってジーコの代表チームというものがそれほどに大きかったのでしょうか。ともあれ直接関わった人の談話は「彼らしい」という論調が多いのできっと「らしい」のでしょう。

追記を表示

まだまだ川淵さん

ポルトガル勝ちましたね! デコがいればたぶんPKになる前に勝ったんでしょうけど。イングランドは仮にここで勝っても優勝するような出来ではありませんでしたね。優勝候補筆頭のブラジルも消えました。ジダンはキレキレだったし、オッサンラン強かったですね。このままドイツが優勝、クローゼが得点王では面白くないので他の三国の意地を見たいです。特に優勝候補と言われなかったポルトガルには大いに期待しています。フェリッポンですしね。


日本代表監督がほぼ決まったようです。「ワールドクラスの監督」というのは日本にとって初の経験です。オシムが思うままに采配を振るうことが出来れば「強い日本代表」になることでしょう。

追記を表示

ライブイベントの憂鬱

カープが一回表に3点取ったときは「今日は勝てそうだ」と思ったのに、すぐに3点取られましたね…。ホント「弱いチーム」って感じがして悲しくなりました。でも強い中日に競り勝った粘りは素晴らしいです。新たな怪我人さえ出なければ後半はだいぶ闘えそうな気もしますよ。


さて今日は空前の大艦隊に遭遇しました。                            イベント大艦隊1イベント大艦隊2イベント大艦隊3                                            
まだ来ます。。。イベント大艦隊4 どうもライブイベントらしいです。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索