Entries

私人のバカは避ければよいが公人のバカは害悪である

宮古島市議・石嶺香織という人の頭のおかしい発言について数日前に触れましたが、なんかまた炎上しているということで関連記事を読んできました。

それによると、もし中国が石垣島に侵攻してきたとしても「自衛隊がいたなら侵攻時に戦闘になるが、民間人なら攻撃してこないから戦闘にならない」「そもそも侵攻のメリットがないからしてこない」ということを主張していたそうです。どうも先日の発言は失言ではなく、芯から頭がおかしい、あるいは悪いようです。残念です。

すなわち『自衛隊はレイプ魔集団である』が『人民解放軍は民間人を攻撃しない』という謎の主張です。「軍隊とはそういうもの」はどこへ行ったんでしょうか。人民解放軍だって軍隊なのだから、やってきたらレイプしまくりというのがこの人の主張のはずなのに、無抵抗の人民は安全なのだそうですよ。超理論すぎて意味が分かりませんね。

侵攻のメリットについては歴史をカケラでも勉強すればいくらでも湧いてきます。これについてはあまりにバカかつ不快な発言で、許されるなら物理的に制裁を加えたい気持ちです。こんな愚物が当選してしまったという宮古島市の闇は深いですね。

「中国軍は民間人を攻撃しない」とか、どこの世界線から時空を超えて来た人なのか、そういう「正義の中国」が存在するパラレルワールドの住人なんでしょう。この人の脳内では天安門事件もチベットの虐殺も無かったことになってるんでしょうね。チベットなんかは分かっているだけでも民間人が何万人も殺されていますけど。

現実を何も知らずにイデオロギーだけで政治を行おうとした者はことごとく失敗してきたというのが史実です。まあこの人は現実なんかに興味がないでしょうから、言って治るものでは無し、政治ではなく夢を語る仕事(需要があるかは知らん)に転職するべきです。議席のためにこんな勘違いバカを送り込んだ共産党の責任も大きいですよ。
スポンサーサイト

国難の時代が来るかもというのに 特定野党は呑気だね

米大統領は方針「大転換」と言いながら、支持率が低く予断を許さないわけです。
露大統領はこちらに期待させておいて旨味だけ吸い取っていき、油断ならないわけです。
北の将軍サマは暗殺問題にミサイル発射と、米朝外交への失望を実力でどうにかしようとする可能性が見えるわけです。
南の告げ口コウモリおばさんはあんなことになり、政権空白状態なわけです。

隣国が問題だらけなのに、いつまでもブーメランをブンブン振りまわして国会を空転させようとするのは、まさに「国賊」という名称がしっくりくる振舞いです。問題があるなら「追及」に時間を費やすのではなくさっさとケリを付けるのが彼らの仕事でしょう。

「招致」が「喚問」になってなぜ不都合なのか意味が分かりません。蓮舫さん。お前ら解決するつもりないだろ。

もし会期中に北の将軍サマが南へ侵攻したらなんて言いますかね。「信頼できない総理に防衛の指揮を執らせるわけにはいかない」とか言いそうです。バカですからね。南北再戦は現実的には難しいでしょうけど、「ありえない」と高を括るのが一番危険だというのが歴史の教訓です。

「陸上自衛隊が宮古島に来たら、絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの」

これ、「軍隊とはそういうもの」だけをとればそこまで破廉恥な発言ではないのですが、現代の自衛隊についての言及でこれは失礼にも限度があるというものです。「表現に不適切な部分があったことは認めるが、自衛隊の方を侮辱したり差別する気持ちがあるわけではない」ということですが、どこをどう好意的に解釈してもこれは通りません。無理ですよ。

追記を表示

サウジアラビア国王がアジアを歴訪している件

あまりニュースになっていないような気がしますが、〇〇学園とかよりこちらのほうがよほど重要ですよね。代替エネルギーを確保できない限り日本にとって最重要の国のひとつですからね。

余談ですが、私が読んだニュースによると「サウジアラビア王家には皇太子が250人」と書いてありました。王の後継者なのだから王太子だろ、というのは置いておいて、中華帝国的な感覚だと『第一後継者として確定した王子』だけが太子なので複数いるというのは違和感があります。

誤訳なのか、あちらはそういう国なのか、少しググっただけではよく分かりませんでした。まだまだ勉強しないといけないことが多いですね。ちなみにサウジ王族は1万~15千人くらいいるそうです。臣籍降下みたいなのはないんでしょうかね。後継者のタネには苦労し無さそうですけど。

「教育勅語を暗唱させるような教育は偏っている」という声

いやいやいや、だったらキリスト教系とか仏教系とかの幼稚園や学校なんかは特定宗教の思想に基づいているわけだしあらかた偏っているということになりますが、そのへんは叩かなくていいんですかね。としか言いようがなく、このような無知なのか無恥なのか分からない偏見に満ちた批判には閉口せざるを得ません。

偏りまくった人が他人の偏りを批判するほど滑稽なことはありません。完全に平衡な立場の人などこの世には存在しませんから、自分の立ち位置がどれくらい偏っているかを普段から客観視するよう心がけていないと危険です。心がけている人たちは表題のような脊髄反射的なイチャモンを口にすることは少ないはずですね。ああ恥ずかしい。

と、スルーしてもいいくらいのニュースだったのですが、あまりの頭の悪さに少々腹が立ったので書いてしまいました。頭が悪いこと自体は仕方のないことです。私も賢いわけではありません。しかし、その頭の悪さをオオヤケにアピールすることもないのです。まして人様に押し付けるのはいかがなものか。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索