Entries

タイガース自滅で連敗ストップ  T1-C5

それは裏を返せば今日はカープが自滅しなかったということです。大事なことです。

岡田投手も怪しかったのですが、今日くらいの内容でずっと投げてくれたら合格点でしょう。先頭打者を四球で出しても次を打ち取れば良いわけです。良いとは言い難いが、良いのです。リリーフ陣も内容はちょっと怪しかったですけど、しばらく休んだこともありしっかりゼロで終えてくれました。重要です。

打つほうもまずまずでした。点が入ればいいんです。何試合か打てないからといって主軸を下げていたら今日の得点は無かったでしょう。逆に相手は「最近打ってないから今日は打たれるかもな」と思うかもしれません。昨日のように投手の調子が良ければそんなことも気にならないでしょうけど、少しでも不安要素を撒いておくことが重要です。

明日からは6連敗中のジャイアンツ、しかも菅野投手が相手というなかなかの悪条件ですが、あちらは13連敗の記憶があるでしょうから勝手に自滅してくれる可能性もあります。野村投手がいつものように最少失点で投げてくれれば勝てます。弱っているチームは弱っているうちに叩くのがセオリーです。勝ちましょう。
スポンサーサイト

カープ今日も四球で負ける  T4-C1

毎日同じ負け方だと気が滅入りますが、しかし開幕戦からずっとこんな感じで失点しつつも打って勝ってきたわけで、そういう意味では打てなくて負けたという解釈もできます。

中村恭平投手は内容もイマイチなら結果もイマイチでしたけど、私はもう一度チャンスがあってもいいのかなと思います。ただし四球から崩れることへの対策ありきですが。今日も四球で満塁にするくらいなら糸井選手にホームランを打たれた方がマシでした。少なくとも一二塁になったらクイックなんかやめてしまうべきですね。そうじゃないと制球できないのですから。

打者はお初の左という超苦手ジャンルに苦も無く料理されてしまって残念な試合でした。エルドレッド選手も好調だったらスリーランだったかもしれず、調子を落としている感じです。かといって二軍のバティスタ選手を見る限り、今交代しても大して打たないでしょう。新井さんが帰って来るまでエルドレッド選手に頑張ってもらわないといけません。

明日はタイガースがメッセンジャー投手で3連勝を狙ってくる局面です。岡田投手が四球を乱発するようなら3連敗必至となります。前のカードも2個負けているので5連敗です。なんとか食い止めないといけません。四球連発よりは気前よく打たれた方がマシだということをもう一度再確認して臨んで欲しいです。今はそういうチーム状態です。

うまくいかない時はいかないなりに勝つ方法を考えなければなりません。早くも3連覇への試練の時が来ましたが、なんとか勝って行きましょう。

昨日の田中広輔選手のエラーについて

昨日は夜勤明けで意識朦朧としていたので再度録画を見ましたが、あの突っ込む守備を責めるのはプロ野球を知らない人だけですよね。正面に入らなかったのもホームを殺すためですし、やろうとしていたことを理解しないで責めるのはお門違いです。ただ捕れなかった、前にも落とせなかったことは日本代表・田中広輔ほどの選手なら責められても仕方ないでしょう。

調整が難しいと言われる日本代表招集組の薮田投手と菊池選手は今のところ調子が出ていません。それに比して田中広輔選手は開幕にビッタリ合わせて来たとしか思えない好調ぶりです。それだけでも彼のプロ根性には頭が下がるところです。難しいプレーをひとつミスしたからといって「広輔のせいで負けた」のようなことを言うのは建設的ではありません。

田中選手はミスのことを引きずらない人なので次に切り替えていることでしょう。見る側も切り替えましょう。きっと次はファインプレーで投手を、チームを助けてくれるはずです。

それより薮田投手になんとか調整の余裕を与えて欲しいです。今のままではまた同じピッチングを繰り返すだけです。二軍で加藤投手や塹江投手が投げているのを見ましたが、あの内容では現状のストライクが入らない薮田投手のほうが断然上です。一軍ローテを狙う大チャンスなのに、高橋昂也投手しか出てこない層の薄さが心配です。

とはいえ我々には「誠也が帰ってくれば」「祐太が帰ってくれば」「新井さんが帰ってくれば」と、まだ戦力増強の望みがあります。調子を上げてくればバティスタ選手も上がって来るでしょうし。勝てそうな試合を落とさないこと、負けそうな試合でも粘ること、カープらしい野球ができれば戦力が整ったときに一気に勝ちを稼げる期待があります。

今日の先発は中村恭平投手です。背番号も大きくなり、一軍定着のチャンスはもう多くは無いと思われます。このチャンスを掴めばジョンソン~中村恭~高橋昂の左3枚ローテもあるかもしれません。長年カープファンが期待する、中村投手の覚醒が今夜みられることを願いましょう。

大谷翔平 週間MVP

月並みですが「スゲーなー」と思ってしまいました。小並感というやつです。

週間とはいえMVPですからね。並みの選手はまずメジャーに上がれませんし、その中で一番輝いた選手と見られたわけです。

オープン戦で苦戦した様子を見て「通用しない」とか言っていた連中はちゃんとゴメンナサイしないとね。所詮オープン戦はオープン戦だと何度言えば分かるんでしょうかね。

ただしMLBの新戦力研究はペースも精度も凄いらしいので、「二刀流最初だけだったな」とならないように大谷選手には力の限り頑張って欲しいです。イチローさん級のスーパースターになれるかもしれない選手ですからね。「なれるかもしれない」を、「なる」に塗り替えて欲しいです。

岡田病多少発症するも反撃を抑えカープ辛勝  S4-C5

この3連戦はストライクゾーンがいい加減なシリーズだったので投手の好調不調は参考記録のようなものでしょう。全体としてはカープ投手陣のほうが多少有利な結果になったと思われます。最後の打席で青木選手が怒っていましたけど、怒りたくなるのも分かる判定でした。

岡田投手の突発性四球連発症候群、いわゆる岡田病は今日も兆候がありました。無駄な四球の走者二人をしっかり還されて2失点ですから世話が無いとはこのことです。スワローズにもう一枚駒があればやられていたかもしれません。今年のスワローズが侮りがたいというのが最初のカードでよく分かりました。

田中選手の本塁憤死はバレンティン選手の好守備というより、いちかばちかの暴走です。バレンティン選手の守備にかける集中力が今年は一味違うのかもしれませんが、今まで当ることのほうが多かった超積極的走塁が今期は外れ気味です。サードコーチが変わったことで精度が鈍ったと言われないよう、確実に決めていきたいプレーです。

圧倒的な強さはまだありませんし、ミスも多く反省する点の多い神宮遠征になりました。それでも2勝できたのはカープの地力の強さです。明日からはホームでベイスターズ戦です。あちらはまだうまくいっていない感じなので、今のうちに叩いておきたい相手です。勝ちましょう。

最後に、登録抹消になった頭部死球の川端選手が一日も早く元気に一軍復帰できることを願います。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索