Entries

明智光秀から土橋平尉に送られた書状の原本が出て来たらしい

ニュースでは「本能寺の変の『幕府黒幕説』の裏付けが進む」かのような印象を受ける感じになっていますが、現段階では全くそのようなことはありません。発見者の藤田先生という方は本能寺の変を熱心に研究している人のひとりで、特に「〇〇黒幕説」を強力に推進しています。今回の発見もその熱意が実ったものだと思われます。

ただ、結構継続的に著書を出版なさっているわりに自説への疑問や反論に全く反論反駁せずスルーする悪癖があり、すなわち反論を排しえないということはその説が論証されないということになります。論証されない以上は極めて決定的な新証拠でも出てこないと自説の補強にはなりません。書状の本物、くらいではちょっと弱いですね。

私が以前から疑問だったのが、仮にこの書状が本能寺の変後に雑賀に送られたものであったとして、それが「将軍の意を受けて信長を殺した」ことの証拠にどうしてなるの?ということです。光秀ほどの人であれば『信長父子殺害後』に将軍の権威を利用することを考えて親幕系勢力に「実は将軍様の指示を受けている(ので私の指示を聞きなさい)」と書き送ることくらいはするでしょう。

実際、本能寺の変後に羽柴秀吉が書いた書状には「福富平左が比類なき働きをして信長父子は無事」という事実無根のことが堂々と書かれていると読んだことがあります。低度情報社会である当時は事実を確認するのにも時間がかかりますし、書くだけ書いておいて後から「事実」になるように工作することもできます。書いたもの勝ちのところがありますね。

藤田先生の「幕府黒幕説」を決定的に裏付けるとすれば、それは将軍足利義満の御教書そのものか、付随して書かれる書状群のいずれかが発見されることが必要でしょう。御教書に副状があるのかどうか私は知りませんけど、そんなようなものが出てきたらかなり有効でしょうね。逆にそうしたものが何も出てこない限り、この説は永遠に雑説のひとつでしかないでしょう。

こういう問題に興味がある方は「黒幕説」側の藤田先生の著書と、「黒幕説否定」側の代表的人物である藤本正行先生や鈴木眞哉先生の著書を読み比べてみるといいと思います。他にも「〇〇黒幕説」は沢山ありますが、状況証拠だけだったり史料の明らかな誤読やこじつけによるもの、単なる作者の思い付き、後世の創作物からの推測なども多いので注意が必要です。

数あるトンデモ陰謀説に比べれば藤田先生の著書はわりと説得力があると思うので、決定的証拠を見つけるその日まで頑張って欲しいと思います。ただし、上にも書いたように反論に対処することを怠ると多少の説得力など何の意味もないので、そのあたりはしっかりやっていただきたいものです。
スポンサーサイト

唐突に三国志のはなし

先日歴史系ブログを巡回していたら「関羽群雄説」を書いている方がいました。関羽は劉備の配下ではなく、義兄弟というだけの同盟者であり独立した群雄だった、という主旨です。結構詳しく調べられていてなるほどなと感心しました。

追記を表示

陸軍と海軍 降伏に対する見方の違い

以前元陸軍の方の著書を読んだときには「終戦工作に尽力した」ように書かれていた梅津大将・阿南大将(陸相)も、海軍側からすると「降伏に反対、戦争続行派」と書かれ、よく分かりません。自分の無知を情けなく感じるときです。

いくつかの本とネット上の文章を読む限り、降伏時も陸軍は四百万以上の兵力と三千機近い航空機を保有し、なおも戦意旺盛だったようです。もちろん末端の兵士の戦意は分かりませんが、帝国兵の規律と士気に関しては、明らかな捏造を除いていまだマイナスの記述を読んだことがありません。

対して海軍は重油不足で動けない艦艇と陸に上がった水兵しか持たず、一部を除きめぼしい航空機は陸軍に統合されていたそうです。このことだけを見ても、最初から最後まで陸軍と海軍は別々の戦争をしていたのだということが分かります。総力を挙げても勝ち目の薄い連合国相手に、半分の力で戦っていたわけですね。

陸軍両大将の「反対」は、「ポツダム宣言即時受諾・無条件降伏」への反対という意味であるそうですので、或いは陸軍の主張する徹底抗戦には反対だったのかもしれません。いずれそのあたりを書いたものを読みたいところです。いずれにせよ海軍はもはや抵抗する力を失い、降伏やむなしという状況でした。

阿南陸相は「長沙作戦」を読んだ限りは凡愚の将としか思えませんが、陸軍内では人望厚く人格に優れた好漢として名声を得ていたそうです。終戦時に陸相在職のまま切腹し、「死んで責任を取る」という日本人好みのエピソードも残しています。恐らく平和な時代なら名将と呼ばれたでしょう。

陸海軍に共通するのが「天皇の意思であるならば降伏する」ということであって、終戦時の叛乱が小規模で終わり内戦に至らなかったのは、この「天皇には従う」ということがしっかりしていたからのようです。連合国(GHQ)が日本の統治には天皇を利用すべしと判断したのはこの点では正しかったといえます。

なにぶんソースが不確かなことが多いですが、やはり繰り返し色々なものを読んでいると自ずから分かるようなところもあります。また何か感じたら続きます。

島原の乱のこと

先日「島原の乱」がどういう出来事だったのかを訊かれて答えました。私の理解では「徳川幕府の失政」が原因の最たるものなのですが、一般的には領主であった寺沢氏・松倉氏の失政と禁教令が大きな要因とされているようです。まあそれはそうなんですけど。

※文中では当時のキリスト教信者を歴史的用語として「キリシタン」と表記しています。特に他意はありません。

追記を表示

コーエー史観という言葉があるそうですが

先日さいたま市の県立「歴史と民俗の博物館」に行って来たら、関東代官頭として内政に辣腕を揮い、その赫々たる功績で関東各地に伝説を残した伊奈忠次(いな‐ただつぐ)が使用したという大身鑓(おおみ‐やり)の穂先が展示されていました。

追記を表示

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索