Entries

昨日のW-1じゃなかった、「THE W」は意外と面白かった

「女芸人限定」というのはかなりの不安要素だったのでだいぶ笑いのタガを緩めて見ていましたが、事前の予想より面白かったと思います。まあ、ネット批判が大好きな層にはあまり受けない感じのものが多かったので評判は良くなさそうですが。

個人的には中村涼子さんのキレキレの動きが良かったのですが、ネタの最後がオチとして弱かったように思います。優勝したゆりやんさんのネタで笑ったことは今まで殆どありませんでしたけど、最後のドラ●もんはなかなか哀愁がありつつもイラつかせる内容で、笑ってしまいました。

牧野ステテコさんは惜しかったですね。「ポール牧野」からの指パッチンが鳴らない、というボケが誰にもかすりもしていなかったのがじわじわ来ました。1本目が抜群に受けていたので2本目に「裏切り」を持ってこれれば優勝したかもしれません。

ニッチェとアジアンは流石の安定感でしたけど、ニッチェはテレビで売れ始めたころと殆どネタが変わらず、アジアンはブランクなのか後半に切れ味がありませんでした。今回の顔ぶれなら優勝する実力はあるはずでしたけど、残念でした。

もっと面白い人たちがいるだろうにとも思いましたが、準決勝などを見た人の見解によると決勝進出者の顔ぶれは妥当だということです。それだけ鉄板ネタを複数持っている女芸人さんが少ないということでしょうね。

他のお笑い賞レースでは男女コンビを含めなかなか女性が優勝する機会がないので、企画としては面白いと思います、長く続けば「女芸人」の実力底上げに寄与するかもしれません。
スポンサーサイト

M-1 は とろサーモン

今回は比較的妥当な結果だったのではないでしょうかね。ファイナル3組のネタはかなり拮抗していたように思います。若手のころの勢いが一旦止まっていたとろサーモンが獲ったのはなかなかの快挙かもしれません。私はミキかなと思いましたけど。

他のコンビだとゆにばーすが良かったです。優勝するほどではなかったかもしれませんが、トップじゃなければ点数の上積みは期待出来たでしょう。特に川瀬名人は最近注目の芸人なので次も頑張って欲しいです。

逆にジャルジャルはもうずっとパターンが変わらず、大オチがないので面白く感じませんでした。ここまで同じことをやり続けるからには最後までそれで行くんでしょうね。私には合いません。

総合的に見て今回はまずまず面白い回だったと言っていいんじゃないでしょうか。もし一組も面白いと思わなかったのなら、見る側の感性が怪しいので疑うべきでしょう。

キングオブコント優勝はかまいたち

CSで関西の番組があるとよく見る顔のかまいたち、関東ではまだそんなに売れてないんですよね。今日のネタは優勝に相応しいものでした。個人的にはアンガールズが良かったんですが、得点は妥当だと思います。

まあでも、審査員がコンビ2組というのはやめたほうがいいです。どうしてもコンビで出ていると馴れが出てしまうし、採点に感情が入っていることを言葉にしてしまうのはいかがなものかと思います。たとえば三村さんと日村さんを外して竹若さんと飯塚さんを入れたら、もっと波乱に満ちた激動の大会が見られるのではないでしょうか。

本当ならテレビ番組における「コント」のレジェンドである志村けんさんと内村さんを招聘するべきだというのが前々からの私の主張なんですが、呼んだとしても恐らくご本人たちが辞退されるのでしょうし、生放送なだけに変な点を付けて炎上したらという周囲の配慮もあるかもしれません。想像です。

今回もたぶん「つまんなかった」「笑えなかった」ということを言うキッズ(比喩)がネット上に現れるのだろうと思いますけど、少なくとも上位5組のネタはそれなりに面白いものでした。あれで全く笑うところが無かったのなら、それはもう見る側の欠陥でしょう。社会経験や見聞を積み、コントの見方をもっと勉強してから見るようにした方がいいですね。

コントの多くは「普通はそんなことにならないでしょ」という面白さなので、「普通」が分からないと何も面白くありません。ただ大人が騒いでいるのを見ても面白くないということです。何を誇張しているのか、とか、そいつのどこが変なのか、は「あるべき姿」との対比ですからね。

かまいたちは関西の番組ではマルチに活躍しているので、これを機に関東でも露出が増える可能性は大きいです。2位のにゃんこスターもテレビではまだ知られていない「謎のコンビ」でしょうから、しばらく物珍しさで呼ばれるでしょう。チャンスを掴むかどうか見守りましょう。

ブラタモリのナレーションが変わるかもしれないという噂

元SMAP草彅さんが事務所を退所するそうで、ジャニーズの影響力からしたら仕事を外されるのではないか、というような流れの噂です。そうであればジャニーズはNHKより立場が上ということになりますけど、どうなんでしょうかね。

草彅さんのナレーションは、最初はヘタクソすぎて嫌悪感すら感じましたが、次第に上手くなってきたのかこちらの耳が慣れてきたのか、最近は問題なく聞けています。ただし単語のイントネーションや息継ぎのタイミング等には若干ひっかかることがあり、正直に言えば専門のナレーターのほうが聴きやすいと私は感じています。

まあでもタモさんと繋がりが深いということですし、事務所の関係で外されるということになれば愉快な話にはなりそうもありません。番組がよりよくする方向のナレーター変更ならいいんですがね。「タモリ」という稀有の存在をうまく生かせる番組がなかなかない中で、貴重な「ブラタモリ」に悪い影響がないことを願います。

また徳川埋蔵金やってました

まあ何も出ずに「確実に近づいている!」と終わるのももはや様式美のようですね。

磯田先生が出ていたので見ました。「新史料」の話は知らなかったので面白かったです。なぜ小栗上野介が殺されたのかは推測しか聞いたことが無かったので、風聞とはいえ当時の史料による解釈はただの推測より一歩前進ですかね。

番組でちょいちょい出てくる「庚申塔」ですが、関東だと結構あちこちにあるのを知っているので「庚申塔があった!!ここに間違いない!!」は牽強付会に聞こえます。或いはあの地域にはあそこにしかないんでしょうか。

小栗が罷免されてから3カ月の間に軍資金を埋蔵したというのもなんだかおかしな話です。罷免されたのに公金を動かしたら不正・横領ですよね。そんな権限はないと思いますし、清廉潔白な忠臣である小栗が本当にそれをやったというのなら、将軍か老中あたりの指示を受けてというのが自然だと思います。

記録に残る限りでは勘定奉行在任時に公金横領しているようなことは無いようですし、そもそも財政が火の車なので余裕がありません。苦しい金策の記録ならある程度残っています。なので私は小栗が個人的に「埋蔵金」を準備したというのはあまり納得できない説だと考えています。誰かの指示ならともかく。

今日の番組で出てきた「新城を築いている」という風聞は恐らく治水のため水路の修築を行っていたという工事のことが誤って伝わったものではないかと思います。工程や技術は近いものがありますからね。小栗ほどの大物が急に故地に引きこもって土木工事をしていたら「すわ合戦の準備か」と早合点する人がいても不思議はありません。

なかなか面白い番組でした。磯田先生は自分が好きなことは本当に好きそうに話すので好感をもっています。著書も以前読んだことがあります。続編も期待しています。埋蔵金は出ないと思いますけど・・・

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索