Entries

フジの終わった長寿バラエティの件

「みなさん」も「めちゃイケ」も、楽しんで見ていた時期がある番組なので一応興味を持って最終回を見ました。

追記を表示

スポンサーサイト

もう終わるというのでめちゃイケを見ています

まあ常套手段ではありますけど「最後の」と銘打って過去の人気企画をやるのは悪くないですよね。今日の女子プロレスパロディは特に良かったです。突き飛ばされるだけだって結構受け身の練習をしないと怪我しますし、みんな努力してんだろうなというのがよく分かりました。要所要所の演出にはかなり笑いました。

私はAKBって全然分からないので、自分が見るバラエティ番組に出る人くらいしか分かりません。横山さんだけはクイズ番組に何度か出ていたので顔と名前くらいは知っていましたが、あんなに見事に仕事をする人だというのは存じ上げませんでした。HBKばりのスーパーキック(顔面へのトラースキック)5連発は演出とはいえなかなかできることではありません。

自分の親ほど年上の細身の芸人を蹴るという、きっと誰もがやりたがらないであろう任務をしっかりやり遂げたのは立派です。だいぶ好感を持ちました。

なんかネット界隈ではやりすぎだというようなくだらない反応があるみたいですが、まあ個人の意見を述べるのは自由です。ただ、あれを見て暴力と混同して的外れな批判をするような人はもう演出の入ったテレビ番組や映画などは見ないほうがいいでしょうね。今後の人生も生きにくいだろうなと思うと気の毒です。

「終わる」となってからは一応毎週録画して見ています。山本氏がぬるっと復帰しているのはどうなんだろうと思いますけど、今更復帰回をやる余裕もなかったでしょうし、そもそも求められていないだろうから仕方ありません。身から出た錆なので同情することもできませんしね。

昔おもしろく見ていた時期もある番組なので、最後はしっかり終わって欲しいものです。

R-1 純粋な話芸王者は初ではなかろうか

濱田さんという人は私は存じ上げなかったのですが、妥当な結果だと思います。R-1は毎回「優勝候補じゃないか」という人が準決勝までにいなくなる傾向があり、ピン芸の難しさを感じさせます。決勝進出者の名前だけを見たら粗品あたりが来そうかなと思っていたんですがね。

キャラの乗っていないスタンダップ漫談のR-1王者というのは初かもしれません。彼の場合は「盲目の」というのが最初に乗っかって来るので余計なキャラは要らないのかもしれません。ネタは自虐風でしたけど痛々しさはありませんし、練り上げた感じがあって良かったです。

彼が「盲目」だから何を言われても笑えない、というのはネタを聞いていないということでもあり、気の毒なことです。個人によって感性は異なるのでそれをもって何かを決めつけることは出来ませんが、「ハンディがある」=「可哀想で見ていられない」としか感じないのは、これからの世の中を生きにくいのではないかと思います。

R-1に限らず、賞を獲ってもその後に出演するバラエティ番組で何かを残さないとなかなか売れません。濱田さんのような人を起用すれば「障碍者を笑いに使うのか」のような批判をする人がいることは目に見えていて、制作会社は使いにくいと思うかもしれません。

しかし、そういう「配慮」はチャンスを与えないという差別でもあります。面白いことが言えるのであれば目が見えようが見えまいが関係ないのが「差別が無い」ということでしょう。番組の種類にもよりますが、クレームが来ないお笑い番組なんて見ても面白くないと考えているのは私だけじゃないと思いますがね。

濱田さんの今後の活躍に期待します。

昨日のW-1じゃなかった、「THE W」は意外と面白かった

「女芸人限定」というのはかなりの不安要素だったのでだいぶ笑いのタガを緩めて見ていましたが、事前の予想より面白かったと思います。まあ、ネット批判が大好きな層にはあまり受けない感じのものが多かったので評判は良くなさそうですが。

個人的には中村涼子さんのキレキレの動きが良かったのですが、ネタの最後がオチとして弱かったように思います。優勝したゆりやんさんのネタで笑ったことは今まで殆どありませんでしたけど、最後のドラ●もんはなかなか哀愁がありつつもイラつかせる内容で、笑ってしまいました。

牧野ステテコさんは惜しかったですね。「ポール牧野」からの指パッチンが鳴らない、というボケが誰にもかすりもしていなかったのがじわじわ来ました。1本目が抜群に受けていたので2本目に「裏切り」を持ってこれれば優勝したかもしれません。

ニッチェとアジアンは流石の安定感でしたけど、ニッチェはテレビで売れ始めたころと殆どネタが変わらず、アジアンはブランクなのか後半に切れ味がありませんでした。今回の顔ぶれなら優勝する実力はあるはずでしたけど、残念でした。

もっと面白い人たちがいるだろうにとも思いましたが、準決勝などを見た人の見解によると決勝進出者の顔ぶれは妥当だということです。それだけ鉄板ネタを複数持っている女芸人さんが少ないということでしょうね。

他のお笑い賞レースでは男女コンビを含めなかなか女性が優勝する機会がないので、企画としては面白いと思います、長く続けば「女芸人」の実力底上げに寄与するかもしれません。

M-1 は とろサーモン

今回は比較的妥当な結果だったのではないでしょうかね。ファイナル3組のネタはかなり拮抗していたように思います。若手のころの勢いが一旦止まっていたとろサーモンが獲ったのはなかなかの快挙かもしれません。私はミキかなと思いましたけど。

他のコンビだとゆにばーすが良かったです。優勝するほどではなかったかもしれませんが、トップじゃなければ点数の上積みは期待出来たでしょう。特に川瀬名人は最近注目の芸人なので次も頑張って欲しいです。

逆にジャルジャルはもうずっとパターンが変わらず、大オチがないので面白く感じませんでした。ここまで同じことをやり続けるからには最後までそれで行くんでしょうね。私には合いません。

総合的に見て今回はまずまず面白い回だったと言っていいんじゃないでしょうか。もし一組も面白いと思わなかったのなら、見る側の感性が怪しいので疑うべきでしょう。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索