Entries

ファイアーエムブレムヒーローズ アンインストールした

結局「キャラ獲得が基本的にランダムガチャ」というところが戦略性を大きく損なっていて、ファイアーエムブレム的なものを求める私には合いませんでした。

要するにつまんなかったということです。最初の最初は良かったんですがね。

敵LV40(最大)にもなると、戦術ではもうどうにもならず、敵に合わせて適当な強ユニットを編成して出す必要があります。その「適当な」ユニットがガチャで出てこないとどうにもなりません。ジ・エンドです。

まあ、ファイアーエムブレムの世界に触れるという意味合いではいいツールだったと思いますので、任天堂がスイッチ用バーチャルコンソールでファイアーエムブレム過去作を売るチャンスに繋げてくれることを期待します。今のところ従来タイプのバーチャルコンソール自体が実装されていないそうですけど、これを見逃すなら愚かなことです。

任天堂公式には「発売当時にはなかったオンラインプレイにも対応させた、ファミコンやスーパーファミコンなどのソフトを、月替わりで1ヵ月制限なく遊ぶことができます。」と不吉な文言が書かれています。「オンラインプレイ」「月替わり」の文字からはシミュレーションゲームを想定していないように見えます。

繰り返し書いているような気もしますが、任天堂の最大の財産は「過去作」なのです。ファミコンミニがどれだけ話題になったかは記憶に新しいでしょう。ダウンロー販路が確立されたことで、過去のカートリッジを読み取るスロットを実装しなくても過去作を配信することが出来るようになっています。

この偉大な財産を古いモノとして捨て去るのか、活用するのか、過去の任天堂は失敗している傾向が高いだけに見どころの一つとなってしまっています。この動向次第ではスイッチを購入しようと考えているだけに、続報を期待します。
スポンサーサイト

ファイアーエムブレムヒーローズ やることがなくなった

まあ無料にしては結構遊べました。このゲームはキャラクターガチャを引くのに「オーブ」という謎の球体を必要としますが、オーブは

①日々のログインボーナスで2個
②ストーリーモードの新マップ初クリアで1個
③ボーナスマップ等で不定期に数個

もらえます。ガチャは1キャラあたりオーブ5個で、5キャラまとめて引くと20個に割引されます。

追記を表示

ニンテンドースイッチで牧場物語新作が出る!

これはもう買うしかないね!!

でも発売日もタイトルすら未定。いつ出るのか全く分からないので今スイッチを買う必要は無いね!

と、一応発売したので発売予定タイトルのラインナップを見たらそんなことになっていました。ドラクエはPS4でも出るそうですし、ファイアーエムブレムの新作(無双とかじゃなく…)か、牧モノの新作が出たら買うかどうか考え始めるくらいで丁度よさそうです。この感じだとサードのソフトがじゃんじゃん出るということにはならないかもしれませんね。

そうなると任天堂は何度目かの「同じ轍を踏む」ことになるわけで、もう石畳の馬車道のように深く切れ込んだワダチから抜け出せないでしょう。とにかくタイトルが多ければ選択肢が多いわけで、万人が名作と感じる作品ばかりではなくてもいいんです。一般的には駄作とされていても、楽しいと思うこともありますしね。

ニンテンドースイッチは凄いらしい

フラゲによるリークという胡散臭いソースだったのでどうだろうと思っていましたが、どうやら「スイッチのダウンロード履歴はアカウント紐づけ」というのは事実のようですね。今までなぜか本体紐づけだったので、ようやく時代に追いついてきたと言えますかね。

これはつまり、スイッチでの購入履歴があれば将来的に次世代ハードでも何らかの割引や優待を行うことが出来る可能性を示したわけで、ソニーが「できるできる」と言っていてついにやらなそうなことに先んじる可能性すらあります。まさかのニンテンドー大逆転がいつの日にかあったら凄いですね。

まあ、そうはいってもスイッチで直ちにPS4を倒すことは出来ないでしょう。そういう想定もしていないでしょうし。思えば64、GC、Wii、Wii Uと、いずれも(相対的な)ソフト不足がハードの魅力を損なってきたような気がします。スイッチで同じ轍を踏まないよう、うまいことやって欲しいですが、どうなるでしょう。

ファイアーエムブレムヒーローズを少しやってみた

一応ファミコン版からやっていたオールドファンとして興味はありました。とりあえずダウンロードして少し遊んでみた感想です。

①知らないキャラのほうが多い
これは私の責任なので批判ではありません。GBA3部作までしか遊んでいないのでその後のキャラが出て来ても「誰なんだ?」が先に立ちます。もう少し絞ってキャラチョイスできると嬉しかったです。まあ、そのほうが「欲しいのが出るまでガチャ回す」に繋がるのでビジネスモデルとしては正しいのかもしれません。

②戦術ゲームではない
装備もスキルも戦闘中には変更できないし、命中/回避がないので基本的には力押しで決着が付きます。どんな敵が出てくるか属性アイコンは事前に出るので、対応する味方を柔軟に編成する余裕があればいいのですが、(課金以外で)ガチャを引くのは結構大変な上に当然ながら狙ったキャラが出るとは限りません。

③いわゆるリセマラ必須といわれている
★3~4編成で少しやってから★5のマルス様が出るまでリセットしてみました。★5の強キャラが最初からいるといないとでは別のゲームです。4キャラしか出陣できないため、ひとりでも強キャラがいると物凄く有利です。一応後から★を上げることは可能だということですが、もちろん簡単には上がりません。

④絵はわりといい
個人の好みや絵師による出来不出来は多少あるでしょうが、かつての我が軍のエース・カチュアなんかはかわいく描けているし悪くないと思います。私が見た限りではそれなりの絵師さんを起用しているようです。また、昔のチップキャラを彷彿とさせるアニメーションはなにがしかの懐かしさがあります。

という感じです。ファイアーエムブレムをやりたい人ほど違和感を感じる仕組みがどう出るかというところですね。任天堂がこういう集金システムをリリースするのは初という記事がありましたが、お金を稼いだら「スイッチ」でDS、3DSの旧作を遊べるように予算配分してくれませんかね。そしたら買います。スイッチ。

まあそんなこともあるので、FE愛がつい無差別に財布のひもを緩めてしまう人は適度にガチャ課金してもいいかもしれません。私はそういうタイプではないので課金はしない方向です。緩むとしたら「ねんどろいど」でペガサス三姉妹(主にカチュア)が出るときでしょうか。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索