Entries

艦これ 秋イベント 掘り終了

すっかり冬ですが秋イベントです。さきほどE-2のJで松輪さんが出て、今回の掘りも目的を達成しました。副産物的に伊401さんが二人増えたので試製晴嵐が増えそうです。

クリア後E2掘りで松輪さん
いい区切りなのでこれにて我が艦隊のイベント全作戦行動を終了します。以後は通常体制に戻ります。

近いうちにレイテの後半も来るんでしょうかね。戦々恐々。

まだ激戦中の諸提督に武運とドロップ運がありますように。ではまた。
スポンサーサイト

艦これ 秋イベントなんとか完走

イベント完走 E-3 掘り 伊400さん
12/4の夜にようやく伊400さんが出て、ようやくイベントも一区切りしました。

うちは松輪さんがいないのであと数日の期間中Ē2掘りでもしようかと思います。天霧さんもいないのですが、今回のドロップまとめ記事に名前が挙がっていないので出ないようです。

今回の個人的最難関はE4ZZ3マスのゲージ1本目でした。攻略記事に引っ張られて装備を変えたのが失敗で、自分が思うベストの装備に戻したところ突破出来ました。どうしても「失敗したくない」という思いから攻略記事に盲従してしまいがちですが、記事をアップしている人の艦隊とうちの艦隊は違うわけで、必ずしもうちにベストな手段とは限りません。

「レイテ」と聞けばてっきり「栗田ターン」のネタが仕込まれてくるのかなというところ、まさかの西村艦隊が主役という、艦これ運営ならではのチョイスになかなかシビれました。未描写と思われるシブヤン海海戦やエンガノ岬沖海戦、サマール島沖海戦などもこれから戦うことになるかもしれませんね。

まだ激戦中の提督諸兄の武運とドロップ運を祈りつつ。

艦これ E4ゲージ1本目で苦戦中

いわゆるラスダンまではサクサク来たのですが、S勝利したのは初戦だけで、終わる感じがしません。最終決戦はスナイプに賭けて時雨を魚雷カットイン仕様にしたほうがいいんでしょうかね。夜戦スタートなので支援艦隊が大ダメージを与えてくれないと圧倒的に不利になります。困ったものです。

まだ終わっていないものの、今回のイベントは明らかにギミックが多すぎです。まあ、「運営西村艦隊好きすぎだろ」ってことなんでしょうけど、流石にこれは先行攻略組のギミック情報が無ければどうにもならない人が多いでしょう。私もそうでした。難易度がどうという問題でもないので、今後はほどほどにして欲しいものです。

史実の西村提督は、私は名将だとは思わないものの、いい意味でも悪い意味でも勇将であることは間違いありません。旧式戦艦と劣勢の艦隊で強大な相手の懐に無謀に飛び込んでゆくことなど、いくら作戦とはいえなかなかできることではありません。志摩提督や栗田提督の判断のほうが常識的です。

もちろん状況からして退却の選択肢が無かったのでしょうし、西村艦隊司令部は「作戦はうまくいっている」と判断していたような証言もあり、「死を決して無謀な突撃をした」というのとは違うのかもしれません。仮に反転離脱の意思があっても一瞬で艦隊が壊滅したのでチャンスが無かったのかもしれません。

あえて厳しく結果だけを見れば無意味な敗死でしかなかったスリガオ海峡夜戦ですが、仮に西村艦隊がここを突破するようなことがあれば連合艦隊の壮大な作戦が成功した可能性もあったのではないか、というのがこのゲーム内イベントの意味するところでしょう。普通なら最後の主役は栗田艦隊なんでしょうけどね。

とりあえずは突破・完走だけを主眼にもう少し頑張ろうと思います。伊400さんを掘るのはどうしましょうかね。余裕があればということになりますね。諸提督にも武運とドロップ運がありますように。

アズールレーン?

最近「艦これ」と比較するまとめなどが出ているのは知っていましたが、中華だということでそんなに気にしていませんでした。艦これ提督から移籍する人や、掛け持ち化する人もいるそうですね。一応どんなものか確認しておこうと思って先ほど公式ページを見ました。

絵面は艦これの「三番煎じ」と揶揄される印象そのもので特に目新しいものはありませんが、スマホの操作性を生かしたアクションが売りのようです。こういう入口から歴史に興味を持つ人が増えればいい、というのが私の常の思想ですから、艦これ模倣作に人気が出るのも悪いことではありません。

あんまり似ていると「パクリ」という人もいますけど、権利関係の侵害がないのであれば言っても仕方ありません。質の悪い「パクリ」であれば消えてゆくだけですし、後発のほうが圧倒的に面白ければ「オリジナル」が廃れるだけです。負け組のファンには辛いところですけど、そういうものです。

私なんかは「艦これ」のアクション要素のなさに魅力を感じています。育成し、編成し、艤装兵装を調整し、出撃し、進退を決し、修理し、補給と休養を与え、ときに改装し、というサイクルは地味ではありますがよくできています。提督の職分は多少超えていますけど、他のゲームよりは近い気がします。

あとは「しばふ」絵を代表とする、あまり萌えくさくない感じも「艦これ」っぽさの主要素です。どうしても売ろうと思えばキャッチーな絵柄を求めがちになるので、こういう絵柄で売れるというのは本当に珍しいことだと思います。これに関しては後発が太刀打ちするのは難しいでしょうし、下手に真似すれば爆死間違いなしです。

まあ、だからといって「艦これ」こそが至高にして唯一だと言いたいわけではありません。自分に合う好きなゲームをやったらいいのです。というわけで私はまだ当面「艦これ」にお世話になることにします。我が連合艦隊は来週からのレイテに備え、備蓄は万全です。いつもどおり時間と根気、そして運との戦いになりそうです。諸提督にご武運を。

キャラクター総選挙 今年も「かくりよの門」キャラが好調

336.jpg
今年は「濡女子」ちゃんという幾分地味っぽい子なのでどうなのかなと思いましたが、どうなんでしょう、やはりユーザー数の差なんでしょうかね。中間1位だということです。

地味っぽいと書いたのは、投票モノはプレイヤーだけが投票するとは限らないので見た目のイメージが重要なのでは、という意味です。PTに入れてちまちま動く姿は結構かわいいし、今回の特別版は保有スキルも使いようによってはなかなか優秀です。

折角なので最終1位になって欲しいものです。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索