Latest Entries

D7-C4 ミス連発のカープ 力なく3連敗 弱すぎる

谷間の試合なんてこんなもんだといえばそうなんですが、昨日もミス、一昨日もミス、今日もミスで3連敗というのは非常にストレスが溜まります。打線の調子がいい時はミスの失点をカバーする得点がありましたが、それがないとこうなるという典型的な試合でした。

岡田投手・九里投手は責任を果たしましたし、福井投手もまあまあ責任の下限くらいはやってくれました。試合はつくれているのに競り負けている、弱いときの負け方に戻ってしまいました。ナゴドの敗戦にはいい思い出が無いので、次の機会にさっさと止めて欲しいものです。

負けが続くとついつい犯人捜しをしてしまいがちです。「誰が悪い、誰を代えろ」というようなことではなく、「二軍の誰が好調だから上げて欲しい」と言いたいものですね。

今はカープ全体が疲労のピークに見え、菊池選手以外にも体調が悪い選手が何人かいるはずです。一般人でも疲れる時期です。必ず巻き返しの時期は来ますので、しっかり練習して技能向上に励んでもらいたいです。

来週はいよいよ交流戦前の最終週です。強い強いパ・リーグに勝ち越すためにもしっかり準備しましょう。
スポンサーサイト

「京田の内野安打は誤審」

スロー映像で明らかにアウトだったのは中継でも流れていたので、言うまでもなく誤審です。

ただ、従来~現状のルールであれを「誤審だ」と騒ぐのは審判に酷なレベルの微妙なジャッジでしたから、あえて言うなら「仕方のない誤審」でしょう。まあ、私は正確さが確保されるべきだと考えていますので、早くチャレンジ制を導入して欲しいです。

民進党について補足

私は別に「反ミンシン」というわけではないのですが、あまりに支離滅裂で存在価値のない政党が税金を無駄に使っていることへの憤りを隠すことが出来ません。そのため、民進党の人たちが繰り出す様々な自虐ブーメランに過敏に反応しがちです。雉も鳴かずば撃たれまいとも言いますし、大人しくしていれば叩きませんがね。

なんか例の学校の件は民進党も推進側だったそうで、地元では「裏切られた」という声もあるそうです。少なくとも現状の民進党は「反アベ」以外に動機がない政党なので、利用できそうな(彼らの主観でそう見える)ものは悉く利用します。その結果、自らの首が更に絞まろうとも、そんなの関係ないんですよね。

組織としては完全な末期症状なので、ここから離合集散を繰り返して泡沫政党になるか、突然変異的に現れるきわめて強力な指導者に換骨奪胎されて生まれ変わるか、あるいはただただ支持率をすり減らして自然消滅するか、いずれにしても現状の枠組みで「野党第一党」立場を保つのは難しいでしょう。

一生懸命メディアを動かして印象操作に励んでいるのも、IT革命が浸透した結果有効打とは言えない時代になってきましたし、むしろ嘘がバレて逆効果になることが増えています。手法の行き詰まりを自ら感じてパラダイムシフトするほどの人材も組織もないようですから、もう時間の問題ですね。

残念ですがこれが現実です。

「これが法治国家か」 という憤りを示したらしい

民進党の逢坂誠二・野党筆頭理事という人が「これが法治国家か。はらわたが煮えくり返る思いだ。」と言ったそうです。

記事を見る限りでは、法に従って行った採決で決定されたとしか読めないのですが、法に従ったら「法治国家ではない」とはこれいかに。謎かけのレベルが高すぎます。

たとえば「反対派議員を全員暴力で議場から追い出し、むりやり欠席扱いにして採決を行った」くらいのことがないとね。無法無道の国というのはそういうのがまかり通ります。反対派首魁を暗殺したり、家族を人質に取ったりして「お前らも自分や家族を殺されたくなければ退場しろ」と脅すとか。

極めて平和的な採決に「これが法治国家か」などという大仰な台詞を吐いてしまう痛恨のミスでした。無道の国家や権力に抗して無念にも仆れた偉大な先人たちに極めて失礼な結果になりました。まあ、もしかしたら民進党にとっての法治国家とはなにか違う国家像なのかもしれず、危険なので彼らを権力に近づけてはいけませんね。再確認しました。

D5-C3 カープ9回に追いつくも決め手を欠きサヨナラを許す

ジャクソン投手が打たれたのなら仕方ありませんね。また明日です。明日は勝ちましょう。それしかない。

共謀罪法案成立を急ごう♪

民進党の蓮舫代表は「今急がれるのは『共謀罪』よりも加計学園や森友学園の真実の究明だ。」と言ったそうです。

これを聞いて『うん、そうだな』と思う人は誰かいるんでしょうか。

核の脅威が迫るという、戦後最大級の国際的危機の中、いざというときに国内をテロでかき回されたりしたら致命的です。共謀罪法案が成立しないと、長年養った国防力を発揮することなく、多大な犠牲と共に国が亡びるということにもなりかねません。

国家の存亡より「学園の真実の究明が重要だ!」とは、よくも言ったものです。ラノベに出てくる異能力生徒会長あたりが言うならまだしも、リアルな政治家の口からこんなことが出てくるなんて、日本もファンタジックな国になったものですね。

少なくとも私は自分が生きているうちに祖国の滅亡を見るのはイヤなので、上記の事実を周囲の人に広めて民進票を1票でも減らすことに貢献できればと考えています。ワイドショーや新聞の大見出ししか見ないと偏向報道に騙されますからね。

艦これ 春イベント掘りも終了

E-3攻略中に占守さんE-3掘り 神威さんE-2攻略中に藤波さんE-2掘り 国後さんE-1掘り 伊13さんE-5ボス一発目で択捉さn

前回発見できなかった藤波さん・伊13さんを含め、とりあえず掘りは終了しました。うちの艦隊にはRomaさんがいないのでE-5も何回か行って見ましたけど、周回時間・損耗とドロップ率情報を見て今回は見送りました。いずれ会える日もあるでしょう。

海防艦が比較的出やすかったということは、今後海防艦の活躍場所があるであろうという期待をもっていいということだと思っています。丙型丁型も含め海防艦には圧倒的劣勢の中ギリギリの戦いを潜り抜けて来た「ぜひ知って欲しい」艦が多いので、艦これの力に期待します。

週末最後の攻略・掘りを残している諸提督に武運とドロップ運がありますように。こちらは一足お先に通常任務へ戻ります。

打線・打順と監督の気持ち

打線が噛み合わない、不調な打者がいる、点が入らない、そういう試合が続くと勢い「〇〇を代えろ」「打順を代えろ」というヤジが飛び始めます。

もちろん私はプロの監督などやったことはありませんので想像に過ぎませんが、この「代える」ということがいかに監督にとって大きなことなのか、ここ5年ほどでようやく分かるようになってきた気がします。出来ることならベストメンバーの9人で試合が終わればそれに勝ることはないのです。

追記を表示

名将ラミレス叩かれる

今日の試合のまとめ記事を辿っていたらベイスターズ視点のまとめでラミレス監督がだいぶ叩かれていました。

部外者なので何を叩いているのかはよく分からなかったのですが、私はラミレス采配は結構怖いと感じています。冷静にデータ重視ですし、結構我慢して選手を使います。今のチームの基礎をつくったのは中畑さんでしょうけど、Bクラス脱却監督はラミレス監督ですし、残念ながら総合的な勝負勘は恐らく緒方監督より上です。

筒香選手を始め去年活躍した主力に不調者が多いため、チームが勝てないのは仕方ないと思いますがね。あの名将伊東監督ですら連敗地獄を脱出できないというのを目の当たりにしていれば分かりそうなものです。まあ最終的な責任は監督にあるでしょうけど、彼が辞めれば勝てるようになるとは思えません。

カープも数年前までそうでしたが、主力が不調だからといってベンチに下げたり二軍に落としたりした場合、代替要員のレベルがグッと下がります。必然的に代打も層が薄く、主力がうまく活躍しているときは強いチームですが、誰かが不調になったらチームの調子も落ちます。今年のベイスターズはそういう段階でしょう。

2001年以来勝ち越しの無いチームですからね。この程度で悲観するとしたら、いったいいつからのファンなんでしょうかね。陳腐な表現ですけど「オールスターまで五割」が現実的なラインだと思いますよ。今日で借金3ですから、どこかで谷間の投手を勝たせることが出来れば交流戦前に貯金生活に転換できる可能性もあります。

去年のカープの優勝にしても色々なことが上手くいきすぎていた面はあります。焦っても仕方ありません。勝てないことに文句を言うだけならクレーマーと同じです。私はやはりファンは応援してナンボだと考えています。罵声ではなく声援を届けましょう。余計なお世話の話でした。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索