Latest Entries

講釈師は見て来たようなウソをつくのか

言葉の魔術師のひとり、古舘さんが自身のラジオ番組で「話を捏造している」として炎上しているそうです。こういうのが問題になるのもIT革命ありきのことですね。

私はどちらかといえば古舘擁護派なので、好意的に推理すれば「古舘さんは声優ユニットの件を誰かから聞いて頭に入れた」「情報の出どころの人物が話にフレーバーを加えたか、あるいはその人物も伝聞で情報を仕入れていた」「そこで古舘さんが情報を自分の脳内で整合した結果、見て来たようなウソになった」ということもありえます。

もっともそれで「古舘さんは悪くないんだ」という意味ではありません。悪意とまでは言わないまでも、声優ユニットが音楽番組に出ることへの違和感というものを持っていたからこのような言葉になったのでしょうし、もし伝聞であれば素直に信じてしまったのでしょう。イロモノゲテモノはイジってもいいんだということでしょうかね。

まあでも、この人は言い過ぎなことを言って叩かれるのも芸風のひとつですから、こういう余計なことを言わなくなったら存在価値がありません。礼を失して謝罪するときなんかの謝り方も古舘節です。もし今回の炎上が耳に入っていれば、独特の言い回しで不明を恥じるのだろうと思います。

「もう過去の人」「時代に合わない」というような短絡的なことを言う人もいますけど、「過去の人だと思ってたらそこから最盛期が来た」「時代に合わないと思っていたら時代が彼を追っかけてブームが来た」というような例もありますから、目の前の事象だけを見て脊髄反射でモノを言うのはやめた方がいいでしょう。そういうのは古舘さんのほうが得意です。

余談ですが私は最近再放送でけもフレを見ています。売れに売れているだけあって確かに見るべきところがありますね。話がいいのか、コンテを切っている人が上手いのか、声優さんもそんなに上手い人ばかりではないけどキャラの雰囲気に合っているような気がします。次回放送が楽しみです。
スポンサーサイト

今村復興相 不適切発言で辞意

この人は自分が狙われていることを全く理解していないんでしょうかね。あるいは分かっていても「言い間違い」が抑えられない程度の弁舌能力しかないのでしょうか。いずれにしても難局に当たる政府閣僚を担うには荷が重かったということです。

以前の「最終的には自己責任もある」発言にしても、今回の「東北だからまだよかった」発言にしても、『復興担当』の『復興』が何を意味するかを重く受け止めれいれば出ない言葉です。単に産業経済が被災前の規模になれば『復興』というわけではありません。被災した人々の生活を『復興』することもまた彼の仕事でした。

どちらの舌禍も、まあ本意ではないのでしょう。本意だったとしたら人間性を疑います。しかし、このようなまるで「被災者は所詮他人」とも取れるような発言を聞いてしまうと、この人を信頼して復興を任せようという気にはなりませんよね。悪意を持って解釈すれば、この人は九州人だから東北人などどうでもいいのかもしれない、とすら勘ぐれます。

「同規模の災害が首都圏を直撃したらもっとヤバかった」というのはその通りでしょう。段違いです。しかし、それをわざわざ言う必要があったのか、前後の文脈を知りませんので批判はしませんが、そうした比較をされる東日本の被害が軽んじられるような論調になる危険性は予見できるのではないですかね。

大臣をお辞めになっても議員として復興に尽力することは出来るはずですから、今後の巻き返しが聞こえてきたら「本意ではない」旨を信じることにしましょう。サンドウィッチマンがチャリティーイベント等の収益に私財を加えて総額4億円以上の寄付金を被災地に贈ったというニュースも読みました。議員ならただの一個人より出来ることは大きいはずですよ。

C0-G1 菅野の前に1点も取れず カープまた初戦負けスタート

被弾が本塁打か三塁打かの違いで負けました。野村投手は8回1失点ですし責められません。送りバントが出来なかったのも痛いですが、ボール球をブンブン振ってあっさり三振した菊池選手や安部選手の罪も重いでしょう。特に今日の安部選手を見ると、結果論として堂林選手か野間選手を入れたほうが望みがあったような気がしますね。一塁松山選手でね。

しかし、注文通りのコースに注文通りの球を投げる投手を相手にしたらカープじゃなくてもうそうそう打てません。戦い自体は互角だったので、明日はミスのないようにしっかり戦いましょう。気候の変動時期で今は最初の疲れのピークでもあるでしょうが、交流戦までの一か月を勝ち越すか負け越すかはかなり大きなファクターになります。

早速先発した西川選手、しっかりヒットを打ちました。もしかしたらこのまま一気にレギュラーを奪うかもしれません。膝の状態に問題が無ければ明日も起用して欲しいです。今日ヒットが無かった選手もいい当りがあったりもしていますし、打線が繋がるかどうかは紙一重です。明日は打って勝ちましょう。

西川くんは今年中にレギュラーを獲れるのか

今シーズンわずか1打席1安打でカープファンの心をグッと掴んだ西川くん。昨シーズンも代打メインながらその能力の高さは知られるところでした。もしレギュラーとなれば、調子の悪いときでも、苦手なタイプの相手でも、どんなときでも結果を残さないといけないので当然代打メインより条件は厳しくなります。

「レギュラーの誰かが怪我をしたら」という仮定はイヤすぎるので割愛します。プレーに影響のある怪我はしません。その場合、現状で可能性があるのはレギュラーが定まらない三塁手です。一軍出場がないペーニャ選手が今後どうなるかが未知数ですが、とりあえず現状のライバルは安部選手と小窪選手ということになろうかと思います。

追記を表示

S4-C7 希望の光・西川が打った! カープ連敗脱出

昨日は出番が無かったので昇格していたことを私は見逃していましたが、昇格後の初打席で即勝利打点の適時二塁打という「持ってる」ところがファン人気も高い所以でしょう。打撃力には去年から定評がある選手です。安部選手もうかうかしているとポジションを奪われます。あと、野間くんはもっと狙い球を絞って打席に入ろう。

何にしても勝ったのは大きいです。先発の九里投手が簡単に同点に追いつかれ、勝ち越しも許してからの逆転ですからね。カープはまだ落ちていかないぞという1勝です。8回松山選手のヒットなんかは執念以外の何ものでもないですよね。少しコースが寄っていれば併殺の場面でした。

「相手にミスが出たら勝つ」という今シーズンのカープは健在でした。杉浦投手から打った丸選手の本塁打も相手の配球ミスですし。来週はまたホームに戻って仕切り直しです。野球はミスの多い競技ですから、こちらはミスなく、相手のミスは見逃さず、勝つべき試合を確実に勝っていけば優勝への道は開けます。勝ちましょう。

感情だけの松山叩きは賛同できない

今日も松山選手は凡打に終始しチームに貢献できませんでした。守備も普通の深めフライを背走からの自動車バックでようやくキャッチする危うさで、一塁守備がある程度まともになった反面外野守備が衰えるという困ったことになっています。外野専任のころは上手くないなりにそこそこ守れてたんですけどね。

とはいえ、試合をしっかり見ていた人なら彼の打撃内容がそこまで悪くなかったことは分かるはずです。結果が出ない松山選手が二軍に行かないのはそこです。二軍に今すぐ上げるべき四番候補がいるなら別ですが、現状で松山選手にとって代わる選手はいませんし、怪我もなく、内容はまあまあ、ということですから落とす理由がありません。

それでも報道によると野間選手と西川選手が昇格間近ということですから、内外野が1枚ずつ降格すると言われています。左の外野手なので松山選手降格もありえるか、という可能性はありますが、チーム編成や内容・結果から考えれば先に落とすのは下水流選手か天谷選手であり、右の堂林選手が好調ゆえに下水流選手のほうが優先度が高いでしょう。

小窪選手もそうですが、結果が酷いだけに「二軍へ落とせ!」と言いたい気持ちは十分に分かります。ただし、そう口にする以上は代わりに誰を上げるのか、根拠を添えて言ってくれないと意見になりません。ただの文句あるいは暴言です。ここ数試合は相手投手も良かったですし、そう簡単に勝ち続けることなど出来ませんよ。

仕掛けのタイミングがおかしいのではないかという批判は私ももっともに思うところはあります。が、どう考えてもここで行くだろうというところは相手も警戒しているわけで、うまくいかない可能性もまた高いのです。「緒方の采配が気に喰わん」と思うなら、ただ見ているだけでいいくらい選手が打ってくれるように念や声援を送りましょう。

まあ今年の戦力ならそうそう長期連敗はしませんよ。明日勝ちましょう。

入間のイオンで暴走死傷事故

行ったこともある場所での事故なので驚きました。車の自動制御技術も徐々に普及/向上しつつあるので、そろそろこういう事故がなくなるような技術的解決が欲しいですね。今回は衝突後に暴走と書いてあったので、センサーやカメラ式の衝突回避ではどうにもならなかった可能性もあります。

「誤使用による事故」に製造者責任が認められることもある時代になっていますので、自動車産業は「どう間違っても」人が死なないようにお金をかけて欲しいです。内部留保もだいぶ貯まったでしょうし。遅れれば遅れるだけ死傷者が増えます。

追記を表示

C4x-B3 大残塁拙攻も最後に逆転サヨナラで勝つ!強いカープ!

再三再四のチャンスに456番が押し出し1点だけという15安打15残塁、なにやってんだという、普通なら負ける試合を勝ちにするあたり、強いですね。強いカープですね。

しかしベイスターズも、かつての「横浜銀行」はもう閉店してしまったようです。いくらカープがハツモノ・ヒダリに弱いとはいえ、大ピンチに456番を寄せ付けない投球が出来るのだから浜口くんもたいしたものです。苦手投手にならないように、次はスッキリ打って二軍へ追い落としたいところです。

今日の菊池選手のスーパープレーは、もう見慣れた私でも「うほぅ」と変な声が出ました。打つほうもどんどん調子を上げているので頼もしい限りです。救援陣も私がキープレーヤーに挙げた薮田投手・中田投手がぴしゃりと追撃を封じ、ディフェンス面ではカープらしさが出ました。

タイガースに貧打で負け越し、おやおやカープの勢いもそろそろ終わりかなという雰囲気も出ようというところでの勝利は実に大きいです。明日か明後日、どちらか勝つだけでも「まだまだカープの強さが続く」と印象付けられます。もちろん印象だけでなく貯金も増えますしね。3連勝なら言うことなしです。

相手の筒香選手もそうですが、鈴木誠也選手の不調が結構深刻なレベルです。しかし、それでも勝ちにつながるヒットが出ています。彼の年齢・キャリアで「調子が悪い中、出続けながら調整する」ということを体験できるのは非常にレアなことです。乗り越えた先には大きな栄光が待っています。

さて明日の床田くんはランナーが出てからの投球が課題です。ならば出さなければいいんですがね。相手は闘魂溢れるエース候補の今永投手ですから、これに勝ったら大きいですよ。勝ちましょう。

一番のがんは山本幸三

閣僚の失言は今一番やっちゃいけないのに、山本幸三という大臣がやらかしたそうです。

要約すると「観光立国のために学芸員が邪魔、あいつらは何も分かっていない一番のがん、一掃しなければならない」というようなことを言ったそうです。

ニュースに掲載されている文脈からすると「文化財を観光に利用しようとしても、頭の固い一部の学芸員が『文化財保護』を盾に何でもかんでも反対してくるから厄介だ」と言いたかったのでしょうけど、口から出てきたのはクズ発言だったわけで、やはり弁舌を武器に仕事をする人には向いていないでしょう。

学芸員に知り合いがいないので詳しいことは分かりませんが、文化財指定されたものをどう守るかは現行の法律で決まっているわけで、反対するのにもそれなりの理由があるでしょう。文化財に指定された結果守られたものもあるでしょうし、指定漏れしたために消滅したものもあるでしょう。

観光資源になればいいというものでもありません。よくたとえに挙げられる「鉄筋コンクリートの疑似犬山城天守風建物」なんて、建てた当時はまだしも、本当に歴史が好きなファンは特に見に行きたいと思わないでしょうし、これを建てるために破壊された城址があることを思えば憎しみすら覚えます。

もし文化財保護法に問題があるのだとすれば法改正すればいいだけの話です。衆議院議員なのだから、むしろそれが本来の仕事でしょう。反対派を一掃して物事を進めようというのは民主主義に反する言論であり、自らの立場を否定するものです。根っこの深いところでバカなんでしょう。

文化財を見て回っていると、私有財産や生活の場が文化財に指定されてしまったがゆえに『被害』を受けたと感じている方々もいると聞きますし、マナーのなっていない(というか社会常識がない)見学者が不法侵入やプライバシーの侵害、ゴミや騒音などの実害を与えているということもあるでしょう。

観光資源化が上手くいけば、そういう『被害』を地域産業に転換してプラスにできるかもしれず、好意的に解釈すれば山本氏の言いたいことは本来そういうことだったのかもしれません。そして、恐らく上のフレーズは本旨とは直接関係がない蛇足部分だったのでしょう。しかし、報道はそういうところだけを切り取って採りあげる、と、最近の流れで理解できなかったのでしょうか。バカですね。

こんなくだらないことで政権にダメージが及ばないことを願います。すぐに自ら発言をフォローしたようですけど、綸言汗のごとしの例もありますから、口から言葉を出す前に何度も考えることですね。マインドを入れ替えるのは学芸員よりも先に山本センセイのほうでした。残念です。

最後に、本当に学芸員が「不当に」全反対してくるというのなら、法改正をしておかなければなりません。仮に今観光立国の筋道を立てたとしても、その壁を崩さなければいずれ頓挫するでしょう。私はそこまで学芸員が悪辣かどうかは分かりませんが、そうであるならそうすべきです。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索