Latest Entries

リクエストからのリプレイ検証で誤審

カープ戦で田中広輔選手が、ではありません。今回は。

パ・リーグの試合でリクエスト誤審ツーランが発生し、2点差でホークスが勝つということがあったそうです。試合終了後に審判団がじっくり時間をかけて再度検証したらファウルだったとのことです。リプレイ検証は結構有効に機能しているので軌道に乗ったかと思いきや、やはり誤審を免れることはないようですね。

まあでも、映像で検証するシステムができたことで、映像を見れば判断できる内容についてであれば、審判団もシラを切れないという時代になったのはいいことですね。試合後に認めたってどうにもなりませんけど、誤審であったことが明らかになるだけでも進歩があります。やられたチームや選手はたまりませんけどね。

折しもサッカーのW杯ではVARシステムが導入され、俗にいう「痛いンゴ」がリプレイ検証されることになりました。ゆっくり何度もリプレイされれば従来通用したシミュレーション行為がしっかりイエローカードになるでしょうから、少なくともこうした大きな大会では卑怯な欺瞞による有利展開が激減するのではないでしょうか。

野球もサッカーのゴールライン通過判定のようなファウル/フェア判定システムを作ったらどうですかね。不確かな審判団の目より正確ですよ。
スポンサーサイト

サッカーのこと

私も全敗予想の徒でしたので、とりあえず代表チームと西野さんにはごめんなさいと言っておきます。まあ、当たらなくて良かった方向の予想なので安堵しています。試合内容は本田選手のインタビューコメント通り、相手のプレッシャーが殆ど無かった試合で、プレッシャーを受けたシーンはミスも多かったので、次戦以降も簡単ではないと思います。

折角勝ったからには残り2戦をうまく戦って予選リーグ突破を果たして欲しいものです。岡田元監督が「今の大迫なら」セネガルから点が取れると書いていますが、確かに初戦のパフォーマンスが出せれば可能性は高いと思います。問題は相手がプレッシャーをかけてくる中で、守備に奔走しつつ初戦のパフォーマンスが出せるかというところです。

朝昼の番組でもサッカーの特集をしているところがありましたが、「エースキラーは酒井宏樹」ということを言っている局がありました。確かに彼の能力をもってすれば可能かもしれませんが、怪我明けの不安がある酒井選手よりもスタミナの尽きない長友選手にエースキラーを託す方がバランスが取れるはずで、単にトイメンだから彼の名を挙げたのではないかというところです。

開戦前に「相手がやらかすかもしれず」と張った予防線が当たってしまいました。こんなにやらかしたら相手の監督ペケルマン氏も辛いでしょうが、開始早々のレッドカードは監督の予想を超えるでしょうし、コンディション不良であってもエースのハメスを出さずに負けたら今後の監督生命に支障を生じるということかもしれません。日本にとってはラッキーでしかありませんでした。

サウジ0-5でアジア枠不要論がまた活発化しそうなところ、アジア最強の一角イランの勝利に続いて日本も勝ったことで、アジアのサッカーも捨てたもんじゃないということが出来ます。ケイロスのイランは昨日も惜しい戦いをしていましたし、日本もいい戦いをして上へあがりたいものです。

羽生さんは忙しすぎるから負けたのか

たとえば講演やテレビ・イベント出演などの仕事の多くは「将棋棋士の先生」ではなく「ハブヨシハル先生」個人への発注でしょうから、余人をもって代えがたく、断った場合は恐らく他業種の人へ仕事が回ります。折角の「将棋」の露出・普及チャンスが無くなるわけで、それは将棋界にも羽生先生にも耐えがたいことなのではないでしょうか。

とでも考えないと理解できないくらい忙しい生活を何十年も送っているわけで、今更「忙しいから弱くなった」とは言わないでしょう。将棋のプレイヤーとしての研鑽に充てる時間を稼ぐために他の仕事をセーブするという発想はないでしょうね。むしろ、重要な仕事である一般社会へのアピールを減らしてまで勝とうとしたところで、その勝ちにどれだけの価値があるのか、と考えそうではあります。

この問題の根は、羽生先生以外に将棋界のスターがいないというところにあります。七冠王、永世七冠に匹敵するスターとなると、二冠三冠ではなかなか届きません。ようやく現れた次世代スター候補の藤井七段にはその可能性がありますが、彼が首尾よくスターになったとして、年齢にして実に三十年以上の開きがあります。

本来なら渡辺棋王とか、その世代からスターが出て羽生さんの負担を分担するべきだったのでしょうが、圧倒的に将棋が強いことはもちろん必要として、それだけでは世間は理解してくれません。本人の風貌やキャラクターも重要ですし、タイトルで言えばやはり「名人」こそが一般層への認知度が高いです。

そういう意味では現名人の天彦さんにも期待したいところです。このまま順調に行って複数冠所持のうえ二十世名人ということにでもなれば、キャラクターや風貌はちょっと普通と違うところがありますから、スターになれる素材かもしれません。

もし藤井さんまで次のスターがいないとしたら、彼が講演やイベントに奔走するようになるのはまだ十年以上先でしょうから、羽生さんの将棋界の顔としての仕事は減らないでしょう。勿論負けが込むようになれば「強い棋士」を求める仕事は減るでしょうけど、一般社会は直近の勝敗なんか知りませんからね。

これを外野が「勝負に専念したらもっと勝てたのに残念だ」と言うのは勝手ですが、恐らくご本人が残念がらないでしょうから、無意味な『同情』です。そこまで踏まえたうえで、なお惜しむ気持ちがあるとしたら、その気持ちは今後の羽生先生を応援する方向で発露するほうが建設的です。根にあるのはそういう気持ちでしょうからね。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛

流石に名人戦にもなるとミスらしいミスは出ないものでしょうかね。天彦名人が史上初の6人プレーオフを勝ち抜いた羽生竜王の挑戦を退け、見事名人3期を達成しました。これで佐藤会長の2期を抜き、「二十世名人」候補の最右翼になりました。よく言われるように、他の棋戦でもこの強さを発揮してい欲しいものです。

羽生竜王の「無謀な」戦型選択ではというような見方もあった今回の番勝負でしたが、羽生さんの場合は今に始まったことではないので、恐らくご本人はいつも通り「また頑張ります」という通りことなのでしょう。棋聖戦の番勝負も並行して行われていますし、「頑張る」場面はいくらでもあります。まだまだ老け込む立場ではないので、また期待しましょう。

次の名人戦に向けたA級順位戦は四十代おじさん5人対三十代2人対二十代3人という構成です。ただし二十代3人と三十代広瀬八段はいわゆる「アラサー」なのでほぼ同世代と見る向きもあります。そうすると「おじさん」対「アラサー」対「あっくん」とも言えます。少数勢力の阿久津八段を応援したくなる勢力図ですね。A級未勝利記録もかかっているそうです。

個人的には会長による「佐藤名人争奪戦」が実現したら面白いと思っています。佐藤会長が名人に挑戦、奪取というようなことになれば、二十世名人資格へ二人の佐藤名人が3期ずつで並ぶことになります。まだまだ若手には負けない、というところを高いレベルで見せて欲しいと期待しています。

そして、冒頭にも書いたように、天彦名人の今季の活躍にも大いに期待します。他の棋戦で弱い名人はやはり嬉しくないので、名人戦での強さを常に発揮すれば、名実ともに将棋界の第一人者になるでしょう。「将棋ブーム」の時期の将棋界を強力に牽引する人になって欲しいと思います。

ブームだからなのか、販促広告に招かれてインターネット放送局で名人戦を日がな一日見続けたのは私にとって初の経験でした。もっと早くこういうものがあると気付くべきでした。名人、挑戦者両先生の素晴らしい対局を見ることが出来たのはネットのリンクのおかげです。今後も時間がある限り拝見させていただこうと思います。

大阪大地震

関東は感じ取れないくらいしか揺れなかったので、立ち仕事中の私は気づきませんでした。仕事が終わって帰宅したらこんな大災害だったのかと驚いています。これ以上の被害が出ないことを祈ると共に、被害に遭われた方が一日も早く日常の生活を取り戻せるよう願います。

倒れたブロック塀で小学生が亡くなったという痛ましいニュースも見ました。何度も何度も問題になっている「倒れやすいブロック塀」で被害が出てしまったというのは最悪の出来事です。こういう時だけ問題視し、時間が経てば忘れてしまうことを繰り返すのが世の常ですが、少なくとも学校の塀だけでも地震終息後速やかに全て見直し、同様の被害が絶対に出ないようにして欲しいです。

ひとつの災害から立ち直り切らないうちに次の災害がやってきます。努力や思いやり、助け合いだけでは間に合わないものには政府行政が手腕を発揮しなければならないでしょう。災害を復興しようとするのは誰か、足を引っ張り邪魔しようとするのは誰か、こういう時にこそ真価が問われます。見極めたいものです。

パ上位チームのスカウティング

追い込まれた後
田中  内角を見逃す
菊池  速球に振り遅れる
丸    低めのストライクゾーンが広がる
鈴木  外角のストライクゾーンが広がる
新井  外角を見逃す
野間  高めの釣り球を空振りする

というのがカープ打線の弱点の一例ですが、特にホークスなんかには全部ばれていて、しかも的確にそれを狙える投球をされてしまっています。「達川がおるけぇの」とかいうレベルではないですよね。逆にカープはローボールヒッターに低め勝負で打たれたりしているので、スカウティング不足なのか、分かっていても投手の制球がままならないのか、勝負になりません。

目下好調で追い込まれてもバッティングがあまり変化しない松山選手なんかはしっかり勝負を避けられましたしね。三振を取れそうな選手からしっかり三振を取られているので、打線がつながりません。誰が三振するかまで計算して打線を組むわけにもいきませんからね。

点が取れないと余計に積極的になったり、逆に普段よりじっくり見逃して行ったり、打撃を狂わせる選手が増えてきます。味方投手がすぐ失点するので尚更です。単に「パ・リーグの調査不足」というだけならリーグ戦再開で本調子に戻るわけですが、勝てない時期に打撃の調子が変わってしまうのでそうもいかないかもしれません。

こういうときこそ今までの経験を生かすときです。目の前の一戦に勝つことはもちろん、リーグ戦再開への布石も考えなければいけません。プロらしいプロとしての仕事を期待しましょう。

今村大誤算 泥沼5連敗で交流戦負け越し決定  H6-C2

チャンスと見るや三振三振の打線も厳しいところですが、今日は今村投手がぶち壊した試合だと言っていいと思います。相手が強いとごまかしは効きません。調子の悪い投手は捕まります。とはいえ代わりはいないのです。こういう時に頼りにしたい一岡投手は不調で二軍に落ちました。今村投手が自分で立ち直るしかありません。

このまま大型連敗が続くようだと優勝はありません。相手のミスとソロホームランだけの打線でどこまで戦えるか分かりませんが、細々とやりくりをして勝ちをもぎとるしかありません。辛いところですが、今こそ応援の力でチームを勝たせるところですから、選手やチームを罵るのはやめ、心を合わせて応援しましょう。そして勝ちましょう。

今村 あっという間に逆転される

制球が悪すぎますよね。カウントが悪くなってから甘いストライクを投げていれば打たれるのは当り前です。

とはいえ代わりはいないので我慢するしかないんですが、折角先発ジョンソン投手が狭いストライクゾーンにめげず1失点で凌いだのに、これでは勝ちようがありません。打線が逆転してくれることに期待するしかないんですが・・・

カープが弱すぎて辛い    H8-C0

大瀬良投手の日にこんな体たらくだと長い連敗になるかもしれません。最悪一旦首位を退く覚悟もするべきかもしれません。

ようやく安部選手を抹消して上げて来たバティスタ選手がベンチとか、つまりバティスタ選手がいいから上げたわけではなく安部選手が限界を迎えてしまったということです。二軍で打ったところであのレベルの選手であれば一軍で打てるかは分かりません。それでも決断せざるを得なかった、それだけチーム状態が悪いということです。

飯田投手が良かったのは好材料ですが、反面一岡投手が最近打たれ続けていますし、投手力に回復の兆しはありません。今は手を変え品を変え耐えるしかなさそうです。

監督は簡単に今の打線やレギュラーを変えはしないでしょうけど、大型連敗になってしまうようなら変化の時が来るかもしれません。

これだけ負けてもまだ首位であり、試合数も多く残っています。ネジを巻き直して勝ちに行くために、今は限られた戦力で頑張るしかありません。ホークスのシミュレーターは完璧なシステムで、恐らくジョンソン投手も研究済みだとは思いますが、明日はなんとか勝って欲しいです。

Appendix

プロフィール

伊勢守(いせのかみ)

Author:伊勢守(いせのかみ)
埼玉在住の歴史好き、かつカープファンです。歴史のはなしを書こうと思って始めたのにいつのまにかカープのはなしばかりに…。

最近の記事

過去の記事(月別)

現在の石高

ブログ内検索